精神的に弱い

お盆休みから1週間。ようやく通常の週末がやってきました。
しかし早いもので、夏休みも終盤ですね。
子どもの頃からの習慣でしょうか、夏休みが終わりに近づくと物悲しくなってしまいます

R1カップ予選会の無料券があったので、参加してきました
最近は全然打て無くなった中環店、まずは結果から

AVE:173.8 ST:31.3 SP:42.5 OP:27.5 11位/11人


やってしまいました、6の字です。しかもベッタ

練習投球のイメージは早くもなく、遅くもなく。5枚目も7枚目も10枚目もポケットに入ってくれます。
隣のレーンでは「早い早い」という声が聞こえてきましたが、こちらは全然。  ←そもそもオイルの引き方が違う?
ボールはミディアム用の「トータルリスペクト」を選択、7枚目通しの方針でゲームスタート。

1ゲーム目、ストライクスタートでしたが2フレで内ミスでスプリット
そこから10ピン飛ばない&厚め薄めの繰り返しが続き、そして8フレオープンにしてしまい170ピン。
全くレーンに合わせられないまま1ゲームが終了

2ゲーム目、10枚目を通しに掛かりますが、ここでも7ピン・10ピンが飛ばず、更には投げミス多数
投げミスは、飛ばないことによる精神的な焦りからきているに違いありません
このゲーム、更に合わせられず155ピン。

3ゲーム目、ボールを「アウトキャスト」にチェンジ。
序盤はボールチェンジが功を奏したのかストライクが来てくれましたが、6フレで外ミス。
そして7フレと9フレで7-10残し  ←決して真ん中ではなかったのですけどね。
これでは点数が伸びません。166ピン。

4ゲーム目、7-10がかなんので「トータルリスペクト」に戻し、12枚目通しを探りました。
しかしスペアミスが目立ち、意気消沈モード
終盤に裏ストライクを含むハムボーンで、なんとか200UPはできたものの、時既に遅し。蛍の光です・・・

とにかく、全く合わせることができませんでした
オイルが短く、奥で切れる。内ミスも外ミスも救われず、コントロール重視になりすぎて力んだ結果です。
自分自身の負のスパイラルは理解しているものの、治らないですねぇ。
もっと思い切り、小気味良いボウリングがしたいものです!
関連記事

コメント

今のR1の大会は…
大会参戦お疲れ様ですm(_ _)m

マイボウラー専用レーンで開催されたと思いますが、
2,3種類のオイルパターンが何レーンかずつ引かれているので、
レーンによってレンコンが違うというのはありえます。

ホームページで見た感じでは、龍田浩史さんがお投げになったのは、
小林よしみプロからの挑戦状のレンコンっぽいです。
38フィートで、先の動きが結構出るようです。

隣のレーンは小林哲也プロからの挑戦状のレンコンっぽいですね。
48フィートで、相当オイルが入っているみたいです。

レンコンがレーンによって違う状況で大会は不公平でありえないと思います…。
他の要因もあるものの、私はR1ではもう大会に出る気がしないです。。。
寡丹生さんへ
特にこの日は、マイボウラー専用レーンという設定は無かったと思います。
しかし「R1カップ予選会レーン」として、朝から稼動していなかったはずです。

参加者が11人だったので、最初のレーン抽選で3BOXにわけられました。
しかし練習投球の直前で4BOXにするということで、私を含め偶数レーンの第2投球者が
レーン移動になり、本文のレーンに当たった次第です。

しかし、書かれていたようなプロからの挑戦状レーン設定があるとは知らずに
「何でやろう?」と思っていた次第です。
でもまぁ打てなかったのは、自分の技術が無いからなんですけどね・

しかし「大会」と銘打つものであるならば、極力同じレンコンを整えるのが
センターの努めですよね。ましてや最終的にはJPBAの本戦に参加する資格を決める予選会なんですから。
この辺がR1クオリティなんでしょうね。
No title
お疲れ様でした。
コンディションに大きな違いがあるようでは
大会そのものが成立していないように思えますね。
めげずに頑張ってください。
ラウンジさんへ
今年、1カップに出たのは、来年の地区大会に出場したいためなんです。
厳密に言えば、コンディションが違う予選会なんてありえないのですが
やはりそこは、R1クオリティなんでしょうね。

管理者のみに表示

トラックバック