スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思し召し

本来なら第2土曜はR1中環店で開催される「ミリオンカップ」に参加するのが常でしたが、
アローM原の競技会で付くハンデが、2ヶ月間で20ゲーム参加しなければ無くなってしまうため、
今週の土曜日は「おはようボウリング大会」に参加することにしました

いつものように準備をし、いつもの時間に出発。
しかし・・・
いつもの道が、いつも以上に混雑
15分もあれば到着するのですが、この日は30分以上掛かってしまい受付に間に合わず
(ハンデ、ピンチ

そして向かったのは、結局R1中環店。お昼からの「ミリオンカップ」に参加です。
ミリオンカップの内容は、従来からのサムの抜けが定まらず散々
とにかく抜ける時と抜けないときの差が激しかったです
あれだけ色々な方からアドバイスを頂いているのに、全く身に着ける事ができません。

そこで中野プロに「サムの抜け」について相談を持ちかけてみました。
するとプロからは「後ろから見ていて、バックスイングのときに、何か変なことしていますね。」と言われました。

私自身、ダウンスイングの時にサムがずり落ちるような感覚があるため、後ろに飛ばしてはいけないと思い
ちょっと握ってしまっている感覚があったのです
もちろんサムホールの調整は怠っていないですし、テーピングによる調整もしています。
しかし、投げて行く毎に痩せて行くサム。
そのことを伝えると、「指の太さが変わることも含めて、一度ドリルを見直してみたら?」ということでした。

ピッチとかサイドとかフォワードとか、ドリルに関しては全く無知なので
プロに「どういうことか紙に書きますので、詳しく教えてください」とお願いすると
「そんなん直接電話して伝えてあげる」ということで、直接ドリラーさんに伝えていただきました
(内容はもちろん???)

ミリオンカップ終了後、車でプロショップまで移動(小1時間)して、ドリルし直してもらいました。
このボールで投げるのは来週になりますが、どのように感覚が変わるのか、今から楽しみです


さて投球の方ですが、「バックスイングで握りなおしている?」という指摘を受けたため
その点に注意をしながら投球し始めたところ、なんと良い感触が戻ってきたような感覚でした。 ←点数度外視
ドリルの変更も含め、これが良い方向に向かってくれることを願っているところです

当初は違うセンターに足を運ぶ予定だったのですが、思わぬ渋滞により、、
バックスイングの指摘を受け、そしてドリルの変更を行う運びとなりました。
これが神の思し召しと思い、良い方向に向かうことを切に願っています。  ←もはや神頼みしかありません
関連記事

コメント

読んでいて、「人間万事塞翁が馬」が浮かびました。
何が幸いするかわからないものですね。
新しいドリルのボールで投げる日が待ち遠しいことでしょう。
ドリル
ドリルの見直し…もしかしてこれが答えだったのかもしれないですね!
ラウンジさんへ
そうですね、何が起こるかわかりません。
バックスイングを修正したことで、感触がグッと良くなりましたので。
ドリル変更後は、どうなるか・・・です。
かずっくすさんへ
バックスイングの見直しが大きかったので、ドリルレイアウトの変更に期待しています。
調整
すみません、コメントが遅くなりましたm(_ _)m

バックスイングのときに握り直している?というのが不調の一つの原因みたいですね。
また、リバースかフォワードかで親指の抜けやすさが変わると思うので、
親指の抜けに関してドリルレイアウトも重要だと思います。

これで上向くといいですね^^
寡丹生さんへ
原因の1つは間違いないと思います。
先週は、そのアドバイス1つで随分と良くなりました。
しかし今週は、またもやボロボロ・・・。
レイアウトを変えたボールも、全くダメでした。

うーん、どうしましょうか。
コメント遅くなりました♪
ホール調整もダメでしたか…
先週だったかな!?リーグの合間にたけやんさんと龍田さんの話になって1投だけの動画ではあのアドバイスが精一杯で、もう少しリリースが見える動画とか連続で投球していればもう少しアドバイスが出来るかも!?って言ってました。
近くだったら直接アドバイスも出来るのにちょっと遠いですからね…と。。。
ボウリングは投球リズムとリリースのタイミング次第です。ホント難しいですね!!
のぶたさんへ
やはり直接お会いしないと無理でしょうね。
でも、ちょっと距離がありますからねぇ・・・
ボウリングはリズムとタイミング。
判ってはいるものの、実践できずにどころか、完全に糸が切れたタコ状態です(汗)

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。