ラビリンス

前回の記事では「可能性」として、サムの付け根へのテーピングを記しました
その後2週間、キネシオ貼付け位置の試行錯誤を繰り返したのですが・・・。
「今丁度良い具合」と思っていても、すぐ次のゲームで緩く感じてしまう等、一向に安定しませんでした
丁度良い具合の時は、そこそこ打つことができるのですが、
サムの抜けが気になり出すと大きくローゲームなんてこともしばしばでした

土曜日のミリオンカップ参加時、プロに「サムの抜けが気になります」と思いのまま尋ねました。
するとプロからは「あれこれ考えるからダメなのです。もっとドリラーさんを信頼して投げればいいのです。」
との答えでした。
実はこの話は、これまで何回も尋ねており、そして何度も同じ答えを返されていました。

もちろんこれまでも、ドリラーさんを信頼して投げています。
でも信頼して投げても、サムがストンと抜けてしまい外ミスのオンパレード。
外ミスを嫌ってコントロールをつけてもフィンガーに掛からずスッポ抜け。(感覚的には、ボールが真下に落ちる)
スッポ抜けないようサムホールをきつく詰めると、今度はサムが抜けずに、いわゆる「3本同時抜け」となりました
これではボウリングにならないのです。ただボールをレーンに向けて放っているだけなのです。

このことを相談しても・・・
「サムが早く抜けるのは良いことです。早く抜けてフィンガーに乗る時間が長いほど良いのです」とのこと。
サムが早く抜けても、どうしてもフィンガーにかからないんですよね・・・。だから困っているのです


その夜、mixiコミュのSBA月例会に参加しました。
同BOXとなった「Blueさん」にその話をすると、彼女も同じ悩みを抱えられているようで、
大いに共感していただきました。(禿同ってやつです)
彼女のご主人さんはドリラーさんなので、「そこの所、尋ねてみたらどう?」と聞いてみました。
すると何回か尋ねられたらしいのですが、ご主人さんは「そうなった事が無いから、どうアドバイスして良いのかわからない」と応えられたそうです。

そうです。これはもう感覚の問題なので、初めから上手くリリースできる人(フィンガーに掛かる人)に
この質問を投げかけても答えは返って来ないのです。
私も投げ友達に尋ねたとき、全く同じ答えが返ってきたのでした。
結局、リリース(サムの抜け)が判らないもの同士で、傷口を舐め合うだけなのかもしれません。

この迷宮はまだまだ続きそうです。
関連記事

コメント

自分の苦労、人知らず
>この質問を投げかけても答えは返って来ないのです。
そりゃそうでしょうね・・・。どんな質問でも同じだと思いますよ。
後ろから見ていて見抜いてもらったら話は別ですが・・・。

ただ、すっぽ抜け問題は去年から、私も苦労している問題なので、よくわかります。
バックスイングで最高到達点でボールが後ろに飛んで生きそうな勢いでサムがすっぽ抜けそうになってました。
投球を途中で止めたり、実際にボールを後ろに投げた(落とした)こともありましたし・・・。

さてさて、私はTA-2C+サムクッションで、かなりマシになりました。
クッション(スポンジ)がよかったのかもしれませんね。
とりあえず、だまされたつもりで一度試してみてはどうでしょう? 
一枚300~400円ぐらいだったと思うので・・・。

なお、私はボウリングマガジン(2013年8月号47ページ)に書いてあった自作のクッションを作ろうと思ってます。
サムを抜くということ
確かに感覚の問題だと思いますが、一つ気づいたことがあります。

サムを抜くということを、サムホール中から親指を全て出すことだと思ってませんか?
その状態だと確かにフィンガーにかけるのは無理だと思います。

私的には親指の背にも腹にもボールの感触を感じない「浮いている」状態のときに
サムが抜けていると思っています。
たとえば、親指の先っちょがサムホールの中にあっても、ホールドしていなければ
既に抜けていると思います。
つうやんへ
なかなか、「言いえて妙」ですね。
スッポ抜けの共感ですが、私も後ろにすっ飛ばすのが怖くて
無意識に握ってしまうのでしょう。
さてさてサムクッションですが、先々週に見せてもらって以来、早速購入しました。
率直な感想ですが、「緩く感じるときもあり、またきつすぎることもある・
まだまだ調整が必要なようです。
寡丹生さんへ
サムを抜くと言う事ですが、サムそのものがどう抜けるとかに拘っているのではありません。
要はサムが抜けた後に、フィンガーに適当に掛かる事が重要と考えています。
リリースという、その一瞬の出来事が未だに理解できておらず
どうすれば上手く行くのか、試行錯誤を繰り返してばかりなのです。

管理者のみに表示

トラックバック