分析

これまでスイングについて、長い間悩んできました
特に指に全く掛からず酷い外ミスになることが多く、全くその原因が掴めずにいました。
このブログにも沢山のアドバイスをいただき、ひとしきり試みてきました。

その中で、この酷い外ミスについて、自分なりの答えは「サムが緩かったことが原因」だったかなと分析

思い返せば今年のゴールデンウィーク。
サムにキネシオテープを沢山貼ることにより、良いスコアを打つことができました。
その時は、「サムをキツ目に調整すれば、ええねんなぁ」と自分なりに納得をし、
すぐさま家で、サムホールをキツ目に調整
すると次に投げたとき、困ったことに親指が浮腫んでしまっていたのか、サムホールに親指が入らない状態に。
なんとか無理矢理入れて投げてみるものの、案の定、サム抜けが悪く酷い内ミスの連発
仕方無しに、サムホールに詰めた調整テープを剥がしてしまいました。

すると今度はまた、指に掛からず外ミスをする状態に逆戻り。
こうなると頭がパニックになり、腕の出し方やオーバーターン等、原因は別の課題にあると思い、
あれこれ対策をするようになったのですが、活路を見出すどころか、迷走ばかりでアベも下がりっぱなしでした

秋になり、サムについてまたブログでコメントをいただきました。
するとまたチラホラとプラスアベを打てるようになったのですが、やはりサムが緩いとスッポ抜けを繰り返し
またあまり詰めすぎると、サムが浮腫んだときにサムホールに入らない始末

要は「サムの調整が杜撰」だったことが原因であり、そのことが理解できなかったため、
「指に掛からない」だの「スイングが変」だの・・・その他諸々と悩んでしまっていたのかもしれません。
この悩みこそが諸悪の根源となり、ボールを置きに行ったり、タイミングが狂ってしまったり・・・と
色んなところに波及していきました

あとは肘から手首までの部分が、プッシュアウェーから極端に内側を向いてしまっていたことです
これもスッポ抜けを恐れるあまり無意識にやっていたと思うのですが、
これはオーバーターンを誘発するだけですね。すべてが悪循環です。

以上、今週の練習で気が付いたことです
関連記事

コメント

難しい
親指の調整、難しいですね。

指穴詰めすぎて、親指故障しましたv-12
かずっくすさんへ
あらら・・・故障されてしまいましたか。
どうか御自愛なさってください。
しかし、そういう意味では本当にサムの調整は難しいですね。
良い方法があれば、また情報交換をお願いします。
感覚の違い
僕のイメージですが、緩いと落とすことはあってもすっぽ抜けにはなりにくいです。

親指が簡単に抜ける分回転がかかりやすく、その代わりスピードが出ないです。

やっぱり感覚が違いますねv-10
やはり…
いい時を思い出したようですね(笑)
私の知り合いの方もサムが浮腫んでくるようでテープを細く切って貼っていてゲームが進むにつれて少しずつ剥がして調整を行っています。
私の場合、以前にもコメントした通りサムの変化が少ないので何時も同じ調整ですが、サムだけでボールを持ち上げられるほど超キツめに調整しています。
そうすれば多少、スイングスピードが遅くても落とすことは少なく勝手に抜けてくれます。
多少緩くてもスイングスピードさえ合っていればボールは落ちないはずですが、ボールを握ってしまう恐れがありますよね。。。
なので、私のサム調整方法の目安はサム1本でボールが持ち上げられるキツさです。
先日、全部同じ調整をしているボールのうち1つだけ落とし気味のボールがありましたがサムホールの腹側のテープを1枚から2枚へ変更した結果、落とすことはなくなりました。
落とし気味の時はダウンスイングの時にサムからボールが「ズルっ」と動く感覚です。
すみません、長くなってしまって…(汗)
かずっくすさんへ
感覚の違いはありますね。
あと私が思ったのは、フィンガーがどのような形になっているかでも
違いが出るのかもしれません。
よく「グー」「チョキ」「パー」で分類されますが、私は「パー」です。
スッポ抜けは、この影響も大きいと思っています。
のぶたさんへ
スコアに現れていませんが、「こう投げていたなぁ・・・」という感覚はありました。
サムの変化が少ないのは羨ましいですね。
私の場合は投げるごとにサムが痩せていくので、サムをキツ目に調整すると
投げ始めにサムホールに親指が入らないという事態が起こってしまいます(汗)
なのでやはりサムホールは、ある程度余裕を持った大きさで調整しておき、
キネシオをサムに貼り重ねる方法が合っているのだと思います。

あとすべてのボールのサムホールを同じフィールにするのは難しいですよね。
私は昨年から「it」を使用しているので、この点は随分マシにはなっていると思うのですが・・・。

最後に私のスッポ抜けの感覚です。ダウンスイングの途中で、サムもフィンガーも全て一気に抜けてしまっている感じです。フィンガーに掛かっていないので、ボールは走るのですが曲がりが少なく、かつ威力がありません。このことについては、相当悩まされました。
龍田さん
なるほど~

確かに僕は「チョキ」ないしは「グー」タイプですわ!!
かずっくすさんへ
前にプロに聞いた話なんですが、グーチョキパーはどれが正解でもないとのことでした。
但し、サムがきちんと抜けているという条件なんでしょうけどね(汗)
サム抜けでしたか・・・
すみません、コメントが大変遅くなりましたm(_ _)m

ご不調の原因はサム抜けでしたか・・・なるほどです。
私は新フォームを試行錯誤中ですが、新フォームはストローカータイプに近くなりまして、
よりサムをきつくしないといけなくなった感じがしていました。
龍田浩史さんの記事を見て、それがしっくりいきました^^
今までのフォームは、かずっくすさんのようにやや緩めで、回転がかかりやすくなってました。

これでボウリングを楽しんでいけるといいですね^^
ちなみに、私は今までのフォームはチョキで、新フォームはパーです(笑)
寡丹生さんへ
確定とまではいきませんが、大きく外ミスしていた原因は、ほぼサムだと思います。
かなり苦しめられましたので、これからはマメにサムホールのことを
研究していきたいと思っています。
おかげで最近は、レンコンの状態を感じることができてきました。これがボウリングの醍醐味ですからね。

寡丹生さんの新フォームの参考にしていただいて良かったです^^

管理者のみに表示

トラックバック