スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏ん張り所

ボウリングについて書くのは久々です
と言っても、非常に厳しい状況なので、試合内容については深く書くことができません。(後で薀蓄は書きます)

まずは土曜日、R1カップ予選会に参加してきました
結果です

AVE:184.8 ST:25.0 SP:60.0 OP:15.0 5位/7人

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ8を加算。

とにかくストライクが出ません。ST率25%では話にならないです

続いて日曜日は、プライベート大会H○Cに参加してきました
結果です

AVE:186.5 ST:36.1 SP:46.7 OP:16.7 順位確認せず
130915.jpg
※点数はスクラッチ。大会ではハンデ24を加算

土曜日、日曜日を通じて・・・というか、ここのところずっとですが、
残りピンを見ると、ノーヘッドとバケット崩れが非常に目立ています
これはレンコン云々と言うよりも、リリース時にフィンガーに掛からず抜けてしまっているのです。
なのでポケットに入っても何某かのピンが残り、ST率の低空飛行が続いている状況なのです
こんな状態なのでアドレス時のボールの握り方、バックスイングの頂点時の腕の向き、リリース時の手の平の向き
などなど、色んなことが気になってしまって、全くボウリングになりません

土曜日、中野プロと少し話をしたとき・・・
プロから「スキッドが全くできてません。ボールがほぼ真下に落ちてます。」と指摘されました
まさにその通りで、ボールを前に出すことができないために、力の無いボールを投じているのです。

こうなるとプロレッスン。幸い今週は月曜日が休みだったので、R1駅前店まで受講に行ってきました
プロからのアドバイスは2点。
 ①ダウンスイングを素早くすること。
 ②人差し指にボールの重みを感じて投げること。

①は、以前「ゆっくり・ゆったり」スイングすることを心掛けていたのですが、その弊害としてダウンスイングで
ボールの重みを感じることなく、腕の力で「もっさり」とダウンスイングしてしまっていたようです

問題は②です。私の長年の悩みの一つだったので、かなりプロに突っ込んで話を伺いました。
話の内容は長くなるので割愛しますが、人差し指にボールを乗せてそのまま投げると、私の場合は歪な回転と共にほぼストレートボールになってしまうのです。
するとプロからは「人差し指の付け根でcontrolするのです」とのこと。
ここの点は、親指10時だとか色んなことが言われています・・・等々、一生懸命伝えようとしてくださるのですけれども、どうしても私の固い頭では理解することができませんでした

とにかく実践してみるのですが。人差し指の付け根でcontrolしながら「押す」という感覚が得られません
そして、こちらに集中すると①が疎かになる始末。 ←相変わらず。
しかしボール自体は走ってくれるようになり、力あるストライクもチラホラと・・・
こうなると感覚の問題になるですが、私としてはどうしても②のことを頭で理解したいという思いがあります。
(固い頭ではムリムリ)

最近は色々と失望することが多いのですが、何はともあれ、この辺が踏ん張りどころ。
持ち前の探究心を奮い立たせて、頑張っていこうと思っています
関連記事

コメント

こんばんわ。
プロレッスン、受けたんですね。
一番の早道かと思います。

>①ダウンスイングを素早くすること。
と言う事はやはり以前、コメントした通りボールの落下速度と腕の振りが合ってないのかと思われますね。

>②人差し指にボールの重みを感じて投げること。
ブログには書いてませんが実は私もしばらく前から人差し指の使い方を変えたんですよ。
要は親指の付け根と人差し指でボールを押さえると言うか人差し指を曲げてボールに押し付けるような形でリリースしてます。
そうするとサムの抜けもよく人差し指で押せるようになりました。
人によっても違うかも知れませんが、私は今のところその投げ方でいい感じが続いてます。
参考までに…
のぶたさんへ
いつも、ありがとうございます。
①については、「手遅れ」を意識しすぎていたのも原因の一つと思っています。
上手く行かないものです。
そして②ですが、やはり人差し指の使い方がキーポイントなんですね。
アドバイスありがとうございます。
恐らくこれから試行錯誤が続いて行くと思いますが、とにかく避けて通ることができない課題と認識しています。
昔、龍田さんが埼玉に来られた時の強いボールを投げていたイメージが強くて今の状態が信じられないのですが、何かきっかけを掴めれば…と思ってる次第です。
色々な事を書いちゃってますが他の人が実践している事を試すのも手かな…と思いますので気になったらやってみて下さい。
皆さんのアドバイスからきっと何かを掴めるはずです。
頑張ってる人に頑張って…とは言いづらいですが、持ち前の探究心を奮い立たせて頑張ってください。
こんちわ
龍田さん、こんちわ~v-222

ダウンスイングがもっさりは、確かに力が入っている証ですね。

あと人差し指v-154ですけど、僕も人差し指を意識してやってきましたがどうもしっくりきません。

人差し指を意識しすぎると力が入ってしまい、手首が固まってやわらかいスイングが出来ず、球が行かなくなります。あと外側から押してしまうような感じになって、脇も開きがちです。

僕の場合、早めのターンを抑えるため、薬指の先をスパットの方へ向けて投げることを心がけているのですが、その際、結果的に人差し指と付け根に重さが残る感覚になっています。

まあそのおかげかターンがヘタクソで横回転がイマイチつきませんv-12

ここらは人によるんでしょうね~v-218
のぶたさんへ
もう約4年前になりますかね。
富○ボウルでのマラソン大会。
少し調子が上がりかけた、あの時のことは鮮明に覚えています。
とても懐かしいですね。
あれから自分なりに色々な経験を重ねたのですが、昨年から感触がおかしくなり
現在に至っています(汗)

皆さんのアドバイス、本当に参考にさせていただいています。
のぶたさんのコメントにも感謝しています。
それでなんですが・・・
のぶたさんには、個人的に質問したいことがあるのです。(昔、ブログで書かれていた記事のことです)

巨匠Y島プロにワンポイントでアドバイスされて、「そんな極端に真っ直ぐ投げなくても・・・」の件を覚えています。
今回の記事にも非常に関係してくるのですが、その時と今とでは、スイング(腕の振り方や向き等)、どのように違うのでしょうか?

なかなかコメント欄では書き辛いと思いますが、いつの日か教えていただければ幸いです・・・。
かずっくすさんへ
こんばんは。
ダウンスイングの件、なかなか指摘を受けないと、わからないものですね。
しばらくは意識して「もっさり」を解消したいと思います。

人差し指ですが、私の場合はバックスイングまで重みを感じるのですが
それ以降、感覚が消えてしまっているように感じます。
まさに「しっかり押せていない」状況だと思います。

以前は「中指の先」や「人差し指と中指の谷間」をスパットに向けるよう投球していましたが
今それをするとボールが抜け落ちてしまいます。困ったものです。

人に因るところ・・・まさにその通りですよね。これがあるから、ボウリングは難しいのだと思います。
二兎追うもの
プロレッスン、参加しようと思っていましたが、仕事になったので、参加できませんでした。

力のあるボールが出始めたのであれば、感覚がなくてもきちんとできている証拠だ思いますよ!
後、2つの課題を同時に解決するのは、相当な天才でないと無理な話なので、1つずつ解決しましょう
こんばんわ。
早いもので4年になりますかね。。。
懐かしい…

ところで質問の件ですが…
先ほど昔のレッスンの記事を全て読み返してみました。
多分、オーバーターンを指摘され、それを直そうとしている時だと思いますが、今はオーバーターンはほとんどなくなりました。
なのでローリングトラックも随分サム近くになりました。
たまにやっちゃうときはありますが、やったときは明確に分かるようにもなりました。
なかなか書くのは難しいですが、バックスイングまではゆっくり目ですがフォワードスイングはボールの落下速度に合わせていると思います。
ボールを落とし気味の時もありますが、その時はタイミングが合わずフォワードスイングが遅すぎてボールが押せてないと判断してます。
昔の記事にも書いてありましたが、人差し指を曲げることによりボールを押せてる押せてないと言う感覚が明確に分かるようになりました。
それと投げる方向ですが、私が注意しているのは構えた時の腰の向きです。
外に向けたい時は若干、右に開き気味にして構え、内に向けたい時や真っ直ぐ投げたい時は腰を左に向けると言うか絞り気味に向けて構えて方向を決めています。
なので、スイングの向きと言うか腕の振りは腰の向いている方向と言う事になります。
レッスンで指摘されていたことが全て出来ているか…と言えば嘘になりますが読み返してみて教えられた事が根底にあるように思えました。
その当時は理解出来なかった事が今では「指摘された通りだったんだ…」と思えるようになりましたし…
質問の回答になっているか分かりませんが、今はこんな感じです。
長くなって申し訳ありません。
つうやんへ
お仕事、お疲れさまでした。
月曜日は台風の影響で、なんと受講は2人だけでした。とても得したレッスン(笑)

力あるボールは出るものの、再現性が非常に乏しいので、まだまだ検証が必要です。
欲を出して「二兎追うものは・・・」にならないよう、気をつけます。
のぶたさんへ
月日の経つのは早いものですよね。
今でも富○ボウルで投げてられるのでしょうか??

さて、早速のご返信ありがとうございました。
当時の記事は、オーバーターン修正がテーマでしたね。
現在は克服されたようで、羨ましい限りです。私は相変わらずのオーバーターンです(笑)
このオーバーターンの克服。
今回の記事に書きました「人差し指にボールの重み」と関連性があるように思います。
と言うのも、人差し指に重みを最後まで感じて投げた場合は、歪なローリングで、ほぼ直球になります。
(これが、Y島プロから「そんな極端にしなくても・・・」と言われたという件だと思っています。)

では、どうすれば「人差し指に重み」を感じながら、歪ではないローリングで投げられるのか?
すなわちY島プロの言う「極端でない投げ方」ができるのか?
というポイントに、ずっと呪縛されているのです。

そこで、のぶたさんに質問を投げかけてみたのですが、コメントいただいたように
「フォワードスイングの速さとボールの落下速度とを合わせる」ことがポイントだと読ませていただきました。
これ即ち、私がこの記事で書いたプロレッスンで教えたもらったことに繋がってくるのかな・・・と。

ボールが指に掛からずに抜けるという悩みも、フォワードスイングがボールの落下速度より遅く振っているため
ボールを押せずに足元付近に落下するのだと。
これも、リリース時の手の向き云々を気にしすぎていて、スイング自体に力が入ってしまい
フォワードスイングを阻害してしまっている・・・と理解しました。

あと腰の向きですね。これは私も中野プロから随分と教わりました。
ですが最近はリリースばかりに気をとられてしまい、なかなか腰にまで気が回らないと言ったところです(汗)

最後に、私の急な問いかけに対して、親切にコメント下さりありがとうございました。
とても嬉しかったです。

それと・・・
また機会があれば、ご一緒させていただきたいと思っています。
いつの日にか、近い内に^^
こんばんわ。
龍田の現在の投球を見ていないので憶測でしか言えませんが、、、
リーグで一緒に投げている方にも同じようにボールを落とし気味の人が居ます。
多分、その人と同じような気がしてイメージをダブらせてます。
その人もサムが緩いかフォワードスイングが遅いかどちらかだと思ってますが、私が見ている限りではスイングが遅いように見えました。
前のコメントにも書きましたが一度、人差し指を曲げてリリースしてみたらどうでしょう?
押せてるか押せてないか分かると言うか多分、押せるはずです。
引っかき上げない程度のスイングスピードも必要だと思いますが…
ただし、極端に人差し指を曲げて投げると筋を痛める可能性がありますので十分、注意してくださいね。
ちなみに私も調子に乗って曲げ過ぎて筋を痛めた事がありますのでほどほどに…
それと腰の向きですが内側に絞るというか足は真っ直ぐで腰から上を左側に向けるように投げると私の場合は外ミスが少ない気がしてます。

車を買い換えたのでドライブがてら私も大阪まで行ってみたい気持ちもあります。
またご一緒したいですね。
長々とすみません。。。(汗)
すみません。。。
>龍田の現在の投球を見ていないので憶測でしか言えませんが、、、

「さん」が抜けちゃいました!!(笑)
ゴメンなさい!!

【正】
龍田さんの現在の投球を見ていないので憶測でしか言えませんが、、、

に訂正させて頂きます!!
人差し指
試行錯誤が続いていますね。
それでもプロレッスンでどう改善していけばよいのか見極めが出来て
良かったですね。

人差し指の件ですが、私の場合、手が小さいので人差し指を開きすぎると
ボールの重さに負けて右にこぼすミスが出るので気持ち閉じています。
そして人差し指で押す感覚はリリース後パーからグーにすることで
感じやすくなりますよ。
アッパーカットを打つ感覚です。
フックはいけません。(笑)
のぶたさんへ
以前、「サムが緩いのではありませんか?」とアドバイスいただきました。
あの後早速、サムをかなりキツく調整して投げたのですが・・・
実は、サムが抜けなくて内ミスのオンパレードでした(汗)
なので現在、ホールを元に戻してサムテープで調整するようにしています。

フォワードスイング遅いに関しては、ダウンスイングからの関連が深いと思います。
これは記事にも書きましたプロレッスンでのダウンスイングを素早くすることにより
フォワードにも繋がって行くと理解しています。
この部分は今後の練習のテーマにしていきたいと思っています。

人差し指を曲げる・・・しばらく前にアドバイスいただいたかと思います。
曲げるというのは、指を丸めるということですよね?
多分、私がやり方を間違っているのだと思いますが、人差し指を痛めそうな位痛みが走ったことを覚えています。
(後ろ向きな発言ばかりで、すみません)

ともあれ、当面はダウンスイング・フォワードスイングに気をつけて練習していきたいと思っています。
方針が決まると、気持ちも楽になります。ありがとうございました。

※美味しいカレーうどんがあります。大阪にも是非お越しください。
ラウンジさんへ
試行錯誤の真っ只中。なかなか抜け出すことができません(汗)
プロにも悩みを聞いていただき、都度アドバイスを戴いているのですが、モノにできずにいます。

パーからグーですか。
アッパーカット、イメージしやすいです。
是非試してみたいと思います。ありがとうございました。
こんばんわ。
美味しいカレーうどん食べたいですね!!(笑)

>プロレッスンでのダウンスイングを素早くすることにより フォワードにも繋がって行くと理解しています。

早くダウンスイングをすると全体的に忙しい動きになってしまい結果、コントロールの乱れにつながるかと…
なのでダウンもフォワードも両方共ボールの重さで落ちてくる感覚と言ったらいいのかな…
で、トップではフワッとした無重力の感覚を一旦作って後はボールが落ちる速度に手を合わせる。。。こんな感じが私の中であります。

>曲げるというのは、指を丸めるということですよね?

丸めると言うか人差し指がボールに触れているところは指全体ではなく指先だけ(ちょうど指紋の辺り)です。
ただあまり人差し指を開きすぎるてこれをやって私は筋を痛めました。
なので今はあまり指を開かずにやってます。
分かりづらい説明で申し訳ないです。
なんか色々継続的に悩んでいますね…
まずは前向きに行きましょう
ミスったっていいじゃないですか!

ここで思うのですがせっかくいろんな方々にアドバイスをもらえるわけですから多くのヒントがもらえるように

使用したボール
リスタイ等を使用したかどうか
テープ類を使用したか?
その他使用したアイテム
攻めたライン
イメージしたライン

など細かく書いてみてはいかがでしょうか?

力になりたいのですが机上論とイメージだけで話を進めるのはどうも苦手でして…
(^◇^;)
のぶたさんへ
ダウンスイングですが、ボールの重みで下ろすことができず、力が入りもっさりした感じだったので
プロの修正が入ったのだと思います。
同じことがフォワードにも言えるのだと思います。
自分自身では「脱力」をしているつもりだったのですが、なぜか逆に力が入ってしまっていたのかもしれません(汗)

人差し指、ようやく理解できました。
完全に間違っていたようです。私の理解力がなさすぎです(^^;
モーティバーさんへ
悩みが多すぎて、情けない限りです。
思うような投球が全くできなくなったため、ストライク率が極端に減少して
レーンを読む等の本来のボウリングの楽しみができなくなってしまっています。
ただ単純なミス投球じゃなくて、根本的にボールに指が掛からないのです。

使用ボールは、スコアに記しています。
リスタイはバイオリスト(最も小さいもの)
テープはサムホール内、背側はTA-1c、腹側はノンスリップシリコンテープ、サムはキネシオ、フィンガーはテアライトテープ。
以上、毎回同じです。
ラインについては、以前書いていましたが、今は先ほど書いた理由により書かなくなりました。

いつもアドバイスありがとうございます。
実際の投球をご覧になられていないので、難しいですよね。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。