スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは現実逃避?

前回のブログでも、様々な意見を頂戴しました。みなさん、ありがとうございます
その中でも「サイドローテーション」というキーワードが気になりました。
恐らく、サムが抜けてから10時の方向でリリースすると、うまくサイドローテーションが入り
強いボールが放たれるのだと思います。
しかしリリースは、コンマ数秒の出来事であるため、意識的に確認するのは私にとって至難の業
それが故に、何年も何年も「リリースがわからない」と悩み続けているのです。

さて、今日も朝から練習に行ってきました
課題は沢山あるのですが、前述の如くリリースばかりを気にしても仕方が無いという思いで
「一旦、リリースに注意するのをやめて、ボールの重みで振り切ること」を意識してみることにしました。
GW中に同じ意識で投球したところ、自分でもビックリする位、良いリズムで投げられたから・・・でした。

結果です

AVE:206.0 ST:46.7 SP:42.0 OP:14.0


まずまずの結果が出ました
序盤は200UPしているものの、悪い癖である外ミスが多くノーヘッドが3回。
この外ミス、「どうしてこんなに多発するのか・・・?」と試行錯誤しながらの投球。
特に頭から突っ込んでいないつもりでいるし、ボールを背中に抱え込んでいないはず。

真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ前に出す・・・。
この単純でいて、とても難しいスイングに集中して、投球を繰り返しました。
時折、真っ直ぐ振りたいが故に、力でボールを振ってしまうことが多々あり、今度は内ミスを併発する始末
ホントに1つのことに集中すると、他が疎かになるダメパターンの繰り返しです

しかしながら、プラスアベという結果がついてきたので、しばらくはリリースのこと拘らず
ボールの重みで振ることと、真っ直ぐ前に出すことを課題としていきたいと思います
関連記事

コメント

スコアを見る限り「リリースに注意するのをやめる」と言う判断は、サイドローテーションも含めて悩みの解決に向かうと思いますよ。

また、外ミスの原因は、ちょっとしたことで外を向いているだけの話だと思うので、リリースほど対応は難しくないはずですよ、きっと。
真っ直ぐ通す
いいスコアが並んでいるじゃないですか。
サイドローテーションを入れるぞ。などと考えるといらない力が入りますよね。
サタデーの練習で10時方向に押してみたらど真ん中に行きました(笑)

真っ直ぐ出す意識だけに集中するのはいいことだと思います。
狙ったところを同じように通せるかが重要ですからね。
トータルで真っ直ぐ
4ゲーム目はボールチェンジ直後ですから除外するとして、
他のゲームはしっかり200アップされていていい感じですね^^

真っ直ぐ出す意識を強めるのはいいと思います。
力でボールを振って内ミスをするというのは最近私もよくやります(汗
特に遅いレーンのときにやる傾向があります・・・。

サイドローテーションを意識する場合、スイング軌道にも大きく影響するのではないかと
個人的には思ってます。
通したいライン通りに腕を振って、その上でサイドローテーションをかけると、
ラウンジさんがおっしゃっているようにど真ん中に行ってしまうと思います。

個人的には、リリースの最後にボールを行かせる方向とサイドローテーションをかける行為を合わせて
トータルとして真っ直ぐ狙ったライン上を進むようにするイメージを持っています。

フォワードスイングの始動タイミングや、キック後の体の前への行かせ方も
スイング軌道に影響してくると思っていて、私も最近は内ミス・外ミスが多いので、試行錯誤中です。
つうやんへ
「リリースにばかりこだわってはダメ」とは、某プロから何度も言われている事でした。
しかしながら、ある意味「頑固」な私であるが故に、こだわりを捨てきれずにいました。
(ちなみに、今でも捨てきれていませんが・・・)
外ミスですが、これが一番厄介です。
今日もH○Cに参加したのですが、外ミスが多く、ボウリングになりませんでした。
ラウンジさんへ
サイドローテーションに対して、色々試してみようと思いましたが
一転、「あまりこだわらないでおこう」と思い直しました。
現状では、正解だったのかもしれません。

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す・・・これって、意識してやると難しいです。
特に力が入るとダメですね。
しばらくは、この練習を主にやっていこうと思っています。
寡丹生さんへ
今回はプラスアベを残せたので、総じて良かったと思います。
調子に乗って日曜日も投げたのですが、ボロボロでした(汗)

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す・・・ですが、あまりに酷い外ミス対策として始めました。
自分では意識していないのですが、身体が外側に開いてしまっているのか
それともリリース時に腕が外側に向いて出てしまっているのかわかりませんが
とにかく、外ミスがあまりにも酷いのです。

サイドローテーションの話ですが、最近の傾向として
ポケットを突いても10ピンや7番ピン残り、薄めなら良くてバケット、悪ければ5-7スプリット。
とにかくボールに力が無いのです。
その対策としてサイドローテーションが目に付いたので、試してみようと思ったのですが。

この辺を含め、まだまだ検証しなくてはいけませんね。
内ミス
こんちわ~

僕はほとんど外ミスはないんですけど、外ミスするときはほとんどがリリースタイミングが早すぎる場合ですね。10ピンを取りに行くときによくやってしまいます。あとはアプローチを知らず知らずに内に斜行してたり~。
アメリカン時は右レーンが外ミス多いですね。ボールリターンを避ける、右側に開放感がある等言われますが~。
それよか内ミスがひどい。なんとかして~。
だいたい肩が落ちて内ミスするんですよ。左手が上手く使えてないんですよね~。

以前よく外ミスしていたときにプロに「親指が内の方向(いわゆる10時)向いている限り内ミスはあっても外ミスはない」と言われたことを思い出しました。
親指の方向はどうですか?



こんにちは。
いつも興味深くよませていただいております。
私はまだボウリングをはじめて、1年と3ヶ月ほどですが、3月は月間アベレージ181まで行って「よっしゃ!」と思っていたところ・・・
今は大スランプでついに170を切ってしまい、情けないやら悔しいやらで 悩みまくりの毎日を送っています。

私も斜め回転の強いボールを投げたくてリリースをあれこれいじっていたらドツボにはまってしまったようです。
同じ悩み中の記事 すごく参考になります。
私も少し前「ボールの重みを感じてダウンスイングするように」とプロにアドバイスをいただきました。

ところが!大会になるとスコアやボールの曲がりが気になって忘れてしまうんです(^▽^;)

ボール以外の身体のリズム、手と足のタイミングが頭で考えなくても自然な流れでできるようになるのを目標にとりあえず頑張ってみようと思っています。

ボウリングって・・・難しいですね。
現実逃避っていうのか…
現実からではなく現実へ逃避すればいい

>重みを感じる事
これが良い方法としてあちこちで説明なされているが表現が今一つで感覚として伝わりにくいものだったりするんですよね

自分も時間をかけて悩みましたが何かを得られたみたいですね
結果ともに良かったじゃないですか〜

>外ミス 内ミス
脱力だったりします
投球においてどこかに問題が生じると発生するアレ…
イイものではないですよね
しかし何が原因か
気づくことが出来ればなんてこと無いと思える日がくるはずです

アドバイスをしたいがコメントの文面上
表現が難しいのでやめておきます

自分は週末荒れに荒れたレーンで散々な結果でしたよ

ラウンドワン○○○店
アベ175
ハイゲーム214
10ゲーム

ポケットジャストインでビッグ4とか
はあぁぁぁぁぁ〜
な、笑えたゲームだったよw
かずっくすさんへ
こんばんは。

外ミスの原因は、リリースタイミングが早すぎる・・・。
そうなんですよ。本文中では「スッポ抜け」という表現を用いていますが
明らかに自分のリリースポイントよりも早く抜けてしまいます。
サムが抜けると同時にフィンガーも抜けている感じです。
どうしてそうなるのか、未だに謎です。
恐らく、サムも内側を向いているはず・・・なのですが。
本当に原因がわかりません。

内ミスの理由、私の場合は「力み」がほとんどです。
力が入ると、サムの抜けが遅くなり内ミスになってしまいます。
こちらは原因がハッキリしているのですが。。
びおらんさんへ
こんばんは。ご訪問ありがとうございます!
ボウリングを始められて、1年と3ヶ月ですか。
でもきちんとプロレッスンも受けられているとのことなので、すぐに上達されると思います。
私は、ずーーっと我流で投げていましたので、気が付いたときには
フォームはバラバラ、力はガチガチに入っていました。
勿論スコアもボロボロでした(笑)

私のブログは日々の結果を、主観的に(愚痴ばかりですが)綴っておりますので、
ご参考になるとは到底思いません(汗)
しかしボウリングという共通の趣味を通じて、お話うをすることができれば、
こんな素晴らしいことは無いと思っています。

それでは拙いブログですが、今後ともよろしくお願いします。
モーティバーさんへ
こんばんは。
ボールの重みを感じ打て投球すること・・・確かに、あちこちで書かれている言葉ですね。
しかしこの表現が、とても曖昧で難しい(笑)
これは感覚の問題なので、人それぞれ感じ方が違うものと思います。
また、一度得た感覚でも、持続して感じることができるかどうかも難しく、それがまた悩ましいものであります。
とにかく自分の感覚を頼りに、投げるしかないんですよね。

外ミスの原因は、まだ定かではありませんが
「力み」との関係はありそうですね。
まだまだ検証が必要ですが、方針を決めて取り組んでいきたいと考えています。

ちなみに私も日曜日、ラウンドワン某店で、アベ170台でした。
遅いレーンでしたが、10枚目付近が延びており、四苦八苦しました(笑)
すいません
再コメすいません。

僕がそのリリースミスをする場合ですが、親指先行になっている場合が多いです。

僕はそれを「ハウスボール投げ」と勝手に呼んでいるのですが、コントロールを親指でつけてしまってるんですね。

これは個々のクセの部分だと思いますが、ハウスボールで投げていたとき僕はそういう意識で投げていたのでハウスボール投げと呼んでいます。

本来固有のクセとして親指基準がある⇒コントロールを定めようと思うと投げるスパットに対して親指から置きに行ってしまう…。これが僕のダメパターンです。

結構緊張した局面とかで出てきます。自分でもいやになっているんですがw

コントロールをどこでつけるか…人差し指や薬指と言う人もいますね。

その辺の問題もしれませんね。
かずっくすさんへ
私もずっと以前は、親指先行でリリースしていました。
親指を狙ったスパットに合わせるようなリリースでしたが、オーバーターンの併発が酷く
また力むことも多かったです。
かずっくすさんの仰る「ダメパターン」そのもので投げていました(笑)
そこから、人差し指でコントロールや腕の振りを意識する等々、色々試行錯誤しました。
今は人差し指を意識するに戻しているのですが、相変わらず外ミス連発中です。
多分、何かが狂っているのでしょうが・・・その何かが全くわからないのです。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。