スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向上心だけは保とう

心が折れながらも、投げずには入られない龍田です
前回はアドレス時のボールの持ち方を記事にしたところ、色々とご意見やアドバイスを頂戴しました。
ありがとうございました
「何故、持ち方なんだ?」と思われた方もいらっしゃったことでしょう。
要は、私の永遠の課題であるリリースに繋がると考えたからです。

リリースについては、数年前、このブログ上で本当に沢山の方々のアドバイスをいただきました。
しかし未だに自分の中で消化できずにいて、今現在では訳がわからない状態に逆戻りしてしまいました
理論的には「サムを抜いて、前に押し出す」というのは良くわかっているつもりです。
しかし実際のリリースにおいては、フィンガーに掛かるという感覚に乏しく、酷い外ミスに悩み続けています

よく「考えすぎ」とか「もっと楽しくしよう」というお言葉を頂戴します。
しかしながら思いように投げることができないと、やっぱり人間、凹むと思います。
そしてその期間が長くなれば長くなるほど、「どうすれば良くなるのか?」と考えてしまいます。
何も考えず、ただボールを投げているだけのボウリングなんて、私にはできません。

リリースを上手くするためにはどうすれば良いのか・・・
プロのようにフィニッシュで、手の甲がレーン方向を向くにはどうすれば良いのか・・・
理想とする形は判っていても、全く実践できないでいます。

さてさて、前置きが長くなりました
第2土曜は、恒例のミリオンカップに参加してきました

結果です

AVE:191.0 ST:36.1 SP:53.3 OP:10.0


みなさんが口を揃えて「遅い、遅い」と言われていたのですが、私はそうは感じませんでした。
やはりフィンガーへの掛かりが弱いのでしょうね。
実際、縦回転ばかりが目立ち、「ショボいボール投げてるなぁ」と自分で思う位でした。
その証拠にポケットに入っても、何某かのピンが残ってしまいます。
いわゆる「ボールに勢いが無い」という状態です。

こんな状態ですけども、前向きにだけは行きたいと思っています
関連記事

コメント

ボウリングって悩めるスポーツだよな…
行きつけのプロショップにてよく言われる
なるほど…それでアドレスだったワケだな

>考えすぎとか
何か目標を立てたはいいが
なかなか前に進めない時にはいつも
アベレージ180を目指してみる
それは無理に一投でストライクに仕留めるよりもスペアを多く稼ぐことに努めてみる
ノーミスを何回出せるか?
こんな練習をいつも俺はしている

>親指を抜いて指にかける
投球においては実に7つのパーツに分けられる
どれか一つがバラバラに動いていてはこの感覚がわかりにくいようです
実際、かきあげる感覚はかなり時間がかかりました

これだけいろいろな情報が上がってくるブログなのですからいろいろ試してみればつまらないミスも減ると思うしボウリングの要素の一つにボールとレーンとのマッチングがある

自分が投球に対してより良い操作性を感じられるようにいいところを取り入れて試してあなたがより良いバランスを保てるよう祈ります
手の甲がレーンを向くと縦回転が勝ってしまうのではないですか??

横をつけたいのなら手が横向くようなフィニッシュになるかと。

もちろんローダウンリリース(?)のようなスタイルなら横もついて甲も向こうを向くと思いますが(誤解あるかもですが…)、普通のリフタンだと手が横を向くと思います。

かくいう僕も縦が強いです。

オーバーターンを嫌って、ボールの後ろから手で押すを意識していてそうなってしまいました。

オイル多いときはいいんですけど、遅くなってくるとしんどいですね。

今は少しターンする練習中ですv-222
まず、リリースを含め、調子の良い時のフォームに戻そうとしてますか?
それなら、6月号のボウリングマガジンの30ページを読んでみてください。
私が一番凄いと思う女性プロの記事なのですが、そのプロでも元のフォームに戻せず余儀なくフォームの変更をし、3年も要したそうです。
フォームの変更というか改変している点では同じなので「プロでも3年かかるのだから・・・。」と思ったら、気が楽になりましたよ。

それから自分の感じ方が少数派だからといって、何が悪いのか?
投げ方、攻め方は人それぞれ違う。もちろんコンディションの感じ方も違って当然では?
それゆえ少数派になる場合も十分考えられる。
ひょっとしたら諸悪の根源は「考え方のズレ」ではないでしょうか?
ミリオンカップに参加したのなら、N野プロに会えたはず。相談はされましたか?
一人で考えて埒が明かないはずなので、相談することをお勧めします。

疑問ばっかりぶつけましたが、率直な意見です。

モーティバーさんへ
本当にボウリングは悩めるスポーツですね。
メンタルの部分が大きく関わってくるスポーツなので、悩ましいことが多いのでしょう。
悩みの渦の中にドップリと、はまってしまっています。

「考えすぎ」と、色んな方から声を掛けていただきます。
確かに自分自身でも、考えすぎと思うところがあるのですが
これは性格上の問題なのでしょうかね。あれこれ、あれこれと考えてしまいます。

ある一定の目標は私も持っています。
その目標を達成するためには、どういう状況にならなければいけないかも、なんとなく理解しています。
しかし今は、その状況に程遠く、スタートラインにも立てていないとさえ思います。
何か違う指標を見つけて、取り組めるようにならないとダメですね。

投球には7つもパーツがあるのですか。
それは初めて聞きました。その7つのパーツがタイミング良く機能すれば、良い投球となるのでしょうね。
ボウリングはリズムとタイミング。いつも教えてもらっている言葉です。

本当に嬉しいことに、色々な方からのコメントを頂戴しております。
自分の思いだけをツラツラと書き綴っているだけなのに、本当に感謝しております。
おっしゃるように、沢山の情報を書いてくださるので、しっかりと生かしていかなければなりませんね。
ありがとうございます。
かずっくすさんへ
本文にも書きましたが、フィニッシュの方向には、ずっと疑問を持っています。
私は手の平が引っ繰り返る(手の甲がBOX方向)ことが多く、それについても随分悩みました。
今でも、気をつけていても引っ繰り返ってしまうことが多く、困っています。

引っ繰り返らなかったときは、おっしゃるように手の甲は横向きになっています。
しかしP○ーグ等で、プロのフォロースルーを見ると、やはり手の甲はレーン方向に見えます。

こんな調子ですから、縦・横の投げ別けができておらず、自分自身の投球を見る限り縦が強いように見えます。
そして私の場合は、曲がりが小さいです。
なので早いレーンには滅法弱いです。

同じ縦回転でも、性質が違うのですかねぇ・・・。
つうやんへ
6月号のその記事は読みましたよ。
コルクのサムクッションを購入しようかと考えた位です(笑)
私が聞いたのは、プロでもタイミングが狂ってしまうとなかなか元には戻らない・・・という話でした。
かく言う私も、タイミングはグチャグチャになってしまっていますが。

少数派の話ですが、それはそれで良いと思ってます。
しかし、そのことがウィークポイントとなれば、やはり多数派の意見を取り入れたいと思うのです。
ちなみに、N野プロと勿論話しました。
対処方法も教えてくださったのですが、プロも忙しかったらしく、少し残念でした。
3ゲームはベビースプリットも取ってノーミスのプラスですし、いい傾向だと思います。
努力はうそをつきませんよ。
リリースの件ですが、中指と薬指の押す方向でフィニッシュに手の甲の向きが変わると思います。
詳しくはyou tubeのSNCボウリング実際はどうなっているの?(25.1.6)が参考になると思います。
長年の疑問も解決するかもしれません。
ラウンジさんへ
訳もわからないままの投球ですが、とにかく努力して投げ込むだけの、この頃です。
しかし本文にも書きましたが、ストライクが少ないのは寂しい限りです。

さて、動画の方拝見いたしました。ご紹介ありがとうございます。
中でも、サイドローテーションの説明の所が一番興味深かったです。
スッポ抜け&外ミスが多い私にとっては、このサイドローテーションがキーになるかも知れません。
ひ○みプロは、「サムを抜いてから右側に捻る」と簡単に説明されていましたが
この動作が、私にとっては最も難しい項目です(汗)
自分の感性
コメントが遅くなりましたm(_ _)m

つうやんさんも書かれてますが、自分の感性は重要だと思いますよ。
モーティバーさんが書かれているように、フォームはいくつものパーツに分かれるので、
それぞれ自分に合った動かし方にならないと、しっくりこないと思います。

前置きの最後の所で、理想とする形は判っていても・・・と書かれてますが、
その前の文でプロのように・・・ともお書きになっている所を見ますと、
その理想は実は自分にとっての理想ではないかもしれませんよ。
プロのやり方が自分に必ず合うとは限らないと思います。

よく分からなくなったときは、何も考えずに無心で投げることが
自分と向き合うことができて自分の感性を育むことができる最良の手ではないかと私は思います。
寡丹生さんへ
自分なりの感覚は、持っているつもりなのですが、近頃は「???」な感覚ばかりでいます。
時折、すごく良い感覚に戻り、そこそこの結果が出るのですが
またすぐに「???」に逆戻りです。
自分の中では、何も変えているつもりは無いのですが、全く一定しません。

あれこれと理由や原因を探っているうちに、更に酷い状態となることが多々あります(笑)
そういう時、プロの動画や某雑誌の連続写真を眺めては、溜め息をついてばかりいるのです・・・。

良い感覚、自分の間性を頼りに投げ込むのが近道なのかもしれませんね。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。