愚痴

今日は第2土曜日。第2土曜日は例の「強制ボ○ンティア」の日ですが、金曜日からの雨で中止が濃厚
何度も何度も天気予報を見て、「明日は大丈夫」とみんなで話をしていました。
(それくらい、みんな嫌がっています)
しかし今朝になって中止の連絡を待ってみても、一向に連絡が入ってきません
仕方なく課長に連絡の有無を尋ねてみると、「連絡が来ない」との返事。
ボ○ンティア開始1時間前になって、準備と職場への移動を考え、決断しなければならないために
担当課に連絡を入れてみました
すると・・・「今日、あるよ」と、驚きの返答
私は思わず「外はたくさん雨振ってますよ。それでも、やるのですか?」と不毛な抵抗を試みましたが
「アメダスを見ると9時には止む予報やから、やることになってんねん」との返答。
(今日は、9時以降も雨がたくさん降ってましたよねぇ
ホントうちの職場は狂ってる。雨の中でボ○ンティア活動させるつもりか!・・・と怒り爆発させながら
家を出る準備をしていると、先ほどの担当課の職員から「上の人から中止の指示が出た」との連絡。
この時点でボ○ンティア開始55分前。
遠くからボ○ンティアのために出勤する人のことを考えたら、今日の顛末はあまりにも酷い
すぐさま部下にも連絡を入れましたが、口をそろえて「連絡が遅い」とのことでした。

労基法には触れないよう巧みに「ボ○ンティア活動」としていますが、
実態は持ち場がしっかり決められており、「参加して当然」という風潮が植えつけられています。
(もう20年続いています)
以前、別件で労働基○監督署の室長級の方とお話したとき、
その方は「労働者の権利を守るため」という言葉を何度もおっしゃいました。
それならば、我々の休暇の権利を剥奪している本件についても、メスを入れてもらいたいものです。

前置きのつもりで書き始めましたが、エキサイトしてしまい長くなりました
よって、この記事を独立させます。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック