小さな風穴

GW後半の4連休、しっかりと4連投してきました
3日はR1平野、4日は前記事のとおり寡丹生さんと御一緒にキング○ウルとR1泉北、5日はR1中環、
そして最終日の今日はR1堺駅前と全て違うセンターで投球。 ←ほとんどR1

もちろんGw前半の3連休も投げていまして、レッスンを含めてGWは6~70ゲーム位消化した計算です。
(ほとんど早朝パック×2だったので、結構お得に投げることができました
さてそのレッスンの中で、中野プロから指摘された「サムの抜け」。
一時期はかなり意識していましたが、ここ数年は他の所ばかり気にしていまして
全く気にも留めていませんでした

なのでGW後半は、このサムの抜けを検証する予定でしたが・・・
前の記事のとおり、サムの抜けばかり気にして投げて散々な結果。
それよりもボールの重みを感じながら振り切ることだけを念頭に投げた方が、結果が出せました

キーワードとして「サムの抜け」「ボールの重みで振り切る」。そして自分の体に残る感覚的なもの。
これらを元に考えてみたところ、思い浮かんだのはサムホールでした
私の体質として、投げて行く毎にサムは痩せていきます。
これまでは、サムのことをあまり気にしていなかったので、キツメでも緩めでも同じテーピング。
同じテーピングでサムが痩せてしまうことから、
「ひょっとすると無意識のうちに握ってしまっているのかも?」という仮定に辿り付きました
(なんちゅう初歩的な・・・)

握りながらのリリースでは、悩みに悩んでいる「オーバーターン」に繋がるし
それを解消するために脱力する(サムに力を入れない)と、スッポ抜けを多発してしまう事も容易に理解
サムを握りこまない程度に合わせていれば、余計な力が入らないため
ボールの重みで振り切ることも、可能と繋がってきました


そのことを念頭に置きながらの投球と検証。サムが緩いなと思えばキネシオ追加で貼り付け。
そうして投げた本日のスコアをアップします

AVE:208.8 ST:48.1 SP:36.7 OP:14.4


まだまだ握りこんでしまったり、外にボールが流れて行ってしまうことも多々ありましたが
安定したスコアが出せました。何より、ボールの勢いが全然違うように感じました
投球リズムも「良し」と感じることができ、自己満足・自己満足
レッスンでは中野プロにそのことを告げ、サムホールの工夫のアドバイスもいただきました。

GW後半の検証でしたが、これまで大きく膨らんだモヤモヤに、小さく風穴が開いたような気がしています
この検証ですが、まだまだ仮定の部分があるので、続いてしっかりと検証していきたいと思っています。
関連記事

コメント

サムの抜け
検証しながらのアベ208はすばらしいです。
風穴もずいぶん大きくなったのではないでしょうか。

サムの感覚は人それぞれなのでどれが
正解なのかわからないですよね。
ラウンジさんへ
まだまだ針の穴くらいの風穴ですが、モヤモヤ感が軽減されたので
有意義なGWだったと自己満足しています(笑)
人の感覚は、その人しかわからないものなので微妙ですよね。
文章に表すのも難しいですし。
ただ一つ、握りこむのが良くないのは共通です(笑)
サムの太さ
検証しながらの練習お疲れ様です。
ほとんど全ゲーム200アップでナイスです!

サムの太さについては私も同じで、投げるたびに痩せていきます。
私の場合は親指にテープを貼っておらず、サムホールにテープを追加しています。
日によってテープの枚数が全然違うのですが、きちんと合わせられると
同じリリースができるので、サム調整は非常に重要だと思ってます。

このことが不調脱出へ繋がるといいですね^^
寡丹生さんへ
お疲れさまです。
今日の検証ではプラスゲームを揃えられたので、ホッとしているところです。
さてサムの調整ですが、中野プロからもサムホールで合わせる方法を教わりました。
クッションタイプのテーピングです。
これにTA-1cを貼り、調整してみたいと思っています。
今回のことはR1泉北での投球が大きいので、寡丹生さんには感謝していますm(_ _)m
地獄絵図の終わり
中野プロ、出勤してだんだ。祝日だからお休みしてるかと・・・。
レッスンがあるんなら、行けばよかったかなぁと一瞬思いましたが、
疲れている身体で無理して一昨日、昨日と連投している上、レッスンで本題に入るまでが長くなってしまうので
今日はお休みしました。

さてさて、まだ完全ではないものの不調は脱出も時間の問題ですね。
つうやんへ
祝日でも駅前店はレッスンありの情報を入手w
一昨日、昨日と投げてたん?
会わなかったってことは、R1と違うところか。
しかし本題に入るまでが長いって・・・。

1年続いている不調なので、そう簡単には脱出できないと思います。

管理者のみに表示

トラックバック