どうすれば?

連休最終日、アド○ンチャーワールドに行ってきました


近い・・・

パンダのバックヤードツアーをはじめ、象に乗せてもらったり、カバにエサをあげたりと盛りだくさん。
温泉にもつかり、命の洗濯もしてまいりました




さて、ブログの本題であるボウリングです

土曜日のことですが、ホームで競技会に参加してきました。
メンテしたてということでしたので、早いレーンを予想。
一時期は、早いレーンはからっきしダメでしたが、
最近は、「早いレーンでもなんとか対処できるかな?」という意識も芽生えはじめてきていました

レーン抽選で同じBOXに入ったのは・・・
「センターアベ220超えのK田さん」、「凄腕レフティS田さん」、
「変則な投球ながらも、バシバシ打たれるOさん」、そして私  ←いじめに近いラインナップです

そんな中での結果です

AVE:186.7 ST:27.8 SP:60.0 OP:10.0 どんべ/8人
110924.jpg

4G目の1フレと2フレが情けないですが、あとはよく頑張ったと思います
と言うのは・・・

最近早いレーンの対処として、5枚目に立ち(左足つま先)、クロスで5枚目に投球し
ピン手前でちょこんとフックさせていました。もちろんこれを基本に微調整。
ボールは、「ミッドナイト・バイブ」を使う事が多かったです。

しかしこの日は、この方法で投球してもピン手前でフックしないことから、練習投球で四苦八苦
ボールもヘビーオイル用に♯1000でサンディングした「ピュア・フィジックス」にチェンジ。
それでもヘッドピンに届かず

最終的には立位置3枚目から、クロスで8枚目に投球。ほぼ直線ラインです(笑)
これでは、ポケットに入れても案の定、10ピンが飛んでくれません
なんとか10ピンを飛ばそうとすると、良くて4番残り、下手すればスプリットです
ポツポツ出ているストライクは、狭い狭いジャストポケットか裏

これではボウリングになりません。
残ったピンをスペアで拾いに拾って、なんとかスコアメイク。
あ~こんなに、しんどい思いをして最下位です


私はこんな調子でしたが、BOX内の皆さんは普通に900UPです
まぁ、私なんかとレベルが全然違うわけなんですが・・・

そこで、なにが違うのか  なんですが・・・  みなさん、クロスで投げてないんですよね。
K田さんは普通に10枚目からチョイだし。Oさんはもう少し内側から出されていました。
(S田さんはレフティなので、参考外)

それを見ると「5~8枚目位に壁があるんとちゃうの?」って普通思いますよね。
もちろん試しました。
5枚目真っ直ぐ、ノーヘッド
7枚目真っ直ぐ、ノーヘッド
10枚目真っ直ぐ、ノーヘッド
どこに壁があるねん、おい

こうなると、ボールの回転の質が違うのでしょうか?
いや回転数かな?

それともスピードを落とせば良いのか?
いや、K田さんは私よりずっと速い球投げてるし・・・

【私の投げるボールが、しょぼいのです】

いやこれって、ホンマにどうすれば良いのか、わかりません
関連記事

コメント

エンカウンターをラインナップに入れるしかなさそうですね。
ラウンジさんへ
新しいボール欲しいですね~。
エンカウンターは、今回見送りの方向です。
 ☆☆★
 ☆☆★
 ☆☆★

 ↑こんな感じのボールが良いかな・・・と思ってます(何の星か、わかりますよね? 汗)
苦労されたようですね
僭越ながら僕の見解をw

9月の昼メンテですよね?
KさんやOさんは回転が多いので
龍田さんや僕とはオイルの感じ方が
違うはず。だから参考にしない!!w

龍田さんがポケットを突いた場所は
外から中のオイルに当てに行く感じになるので、
ピンに近づくほどオイルを感じ過ぎてボールが
余計に曲がりづらいと思います。

ただレーンの奥がキレてるので、10ピンを
微調整すると不意に動いてしまって
4番残りやスプリットが発生するのでは?

こんな状況を打破するアイデアの一つとして
ディープアウトサイド、2~3枚も有りと思います。
真っすぐもしくはチョイクロス。

そんなとこ投げれない~と思うかもしれませんが
龍田さんは投げ切るコントロールはありますよ。

ガターして当たり前なので、思い切って
ガターに叩きこみましょう!w
ストライクが続けばチャラどころかお釣りが来ますよ。

そこでボールが動かないとなると
ボールのスピードをもっと遅くするか
表面がもっと曇ったボールの選択が
必要なのかもしれませんね~

長々と失礼いたしました~
上位の方たちの使用してたボウルは、新しいものでした?
まぁ-でも、古い新しいは別にしても、やはり回転が違うんでしょうね。
速いレ-ンの対処として参考になったのが、何年か前の男子全日本プロボウリング選手権の山崎行夫プロのアングルでしたね。
山崎プロのインタビュ-でも、レ-ンが速かったと言ってました。
その時のアングルは、本当にクロスでした。クロスというよりも直線的で、ポケット直前で少しフックするような感じでした。
もしかしたら、裏ストライクでもいいくらいな気持ちで投げたほうがポケットを突くのかも?
外に壁があるっていいますけど、中にも壁があるのでは?
内ミスしたものが裏に行かずにジャスポケストライクなんてことが。
私も地元のポップボウルだと同じような事になります。
他のセンターでは曲がるのに、そこだけはボールがウンともスンとも言ってくれません!
薄いと5番や10ピンが残るし、ちょっとズラすと4番が残って、しまいに嫌気が差して自滅します。
ボールスピードの調整が一番かと思っていますが、そのセンターで投げないのが手っ取り早いので疎遠になっている現状です(苦笑)
kitappeさんへ
いや~、苦労しました。


kitappeさんは、文中の方をご存知なので・・・
そもそも、KさんやOさんを引き合いに出したのが間違いなんですが・・・(笑)
仰るとおり、私レベルでは参考にしてはいけない方々です(汗)


それとラインの選択も、これまた仰るとおりなんです。
オイルの中にボールをぶち込んでいる形ですので、曲がらないのは当たり前。
しかしポケットの届かせるには、このラインしか思いつきませんでした。
奥でもうちょっと動いてくれれば、もう少し楽な投球ができたのですが・・・


さてさて、ディープアウトサイドですよね。
「ガターに叩き込む」のクダリには、思わず笑ってしまいましたが
チョイクロスのラインは、試してみたいと思います。
怖がって内ミスしても、中のオイルに救われると思いますし。。


あとはボールのスピードですよね~
レーンに応じて球速を変えるのも有効だと思いますが、まだまだそのレベルには・・・(汗)


でも、アドバイスありがとうございました。
また近いうちにお会いしましょう~♪
苦労されてますね・・・
他の人とのラインの差が激しすぎで、確かにこれは悩みますね(汗

他の方のご意見もうなずけますが、それに加えて、
転がし感の差が大きいのではないか?と私は思います。

私は大きく分けて二つのタイプのリリースを使い分けています。
横回転強めで飛ばすリリースと、縦回転強めで転がすリリースです。

私のブログの24日の記事に備忘録として書きましたが、
二つのリリースを図に書くと、ブログの記事の真ん中の図のような感じになります。

ひょっとして、龍田浩史さんのスイングラインは
図の右側(横回転で飛ばすリリース)のような感じになってませんか?
これですと、オイルが多いコンディションだと曲がりが出にくいと思います。
振り子の落差を大きくして、振り子の最下点をリリース中に設定すると、
結構曲がりが出るようになると思いますよ^^

的外れのことを書いていたら、気にしないでください(汗
ともぞうさんへ
上位の方のボールは、確か・・・
「インベージョン」「ミッション」だったように記憶しています。
もちろん、回転の質・量ともに私とは比べ物になりません。
(私の中では「化け物クラス(失礼)」の方々です。

内の壁を上手く使う事ができるときは、クロスでもそこそこの点数になるのですが
この時ばかりは、「壁ってどこ?」状態でしたから(汗)

山崎プロのその試合は見たことが無いのですが、
イメージ的にピン前のショートフックでポケットを突くのはよくわかります。
ボールのエネルギーロスが少ないので、ピンアクションも凄まじいですよね。
ケイワンさんへ
こちらも、そんな感じです。
R1では、嫌と言うほど曲がるんもですけどね(笑)
今回の記事のセンターは、実はホームでして・・・(汗)
遅いレンコンから速いレンコンまで、色々作り出してくれます。
この夏位から早いレンコンの連続で、秋には少し遅くしてくれるよう
願うばかりです。
寡丹生さんへ
うーん、飛ばすリリースですか・・・。
実は私、あまり縦回転・横回転を気にせずに投げています(汗)
前にも寡丹生さんのコメント欄に書いたかもしれませんが、スペアボールも含め
毎回同じ投球動作、そして同じリリースを心がけています。
でも結果的に前へ出す意識が強いので、
寡丹生さんのおっしゃる「飛ばすリリース」になってるのかもしれませんね。


リリースに関しては、嫌と言うほど悩みましたので、非常に敏感になっています。
しかし、こうも曲がりがでないとなると、何かしらの対策を講じなければなりませんね。
ありがとうございました。
お疲れ様でした
私も同じ経験をイーグルクラブで嫌って言うほど経験しました。
あまりのレベルの違いについていけなくて脱落してしまいましたがw
そのようなレンコンでは私も本当に曲がりません。持っている一番曲がるボールでも曲がりません。
本当に、悲しいを通り越して惨めでしたw

狭い狭いポケットか裏ストライク。本当に同じです。スピードを落とせたら幾分曲がりますがコントロールできず。。。

なので落とし位置10枚目から5番ピンを直撃させるイメージでクロスに投げるしかできないです。
誰か~、私にも教えて~~!!って感じですww
トムキャットさんへ
私が思うに・・・
曲がる or 曲がらないは、親指の抜けの早さ次第、と推察しています。
早く抜けて、しっかりフィンガーに乗せてあげると
もちろん回転数も上がるので、曲がりも大きくなると思います。
(あくまで、同じ球速と仮定してです)


しかし、意識してサムの抜けを早くすることは
リリースの仕方で苦労した私にとっては、至難の業のように思っています。
なので、とにかく自分のできるリリースで、なんとかやっていくしか道は無さそうです。


お互いに頑張りましょう!

管理者のみに表示

トラックバック