スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸田プロチャレ

今朝はホームで「岸田有加プロチャレンジ」が開催されるということで、参加してきました
いつもならカメラ持参・・・なんですが、今回はホームということで、自重

岸田プロは、周知のとおり今年のプロテストトップ合格者で、
先日のR1カップもステップラダーまで残られた超実力者です
R1カップ観戦のときも思ったのですが、本当に「ちっちゃな可愛い女の子」で (←変な意味ではない
その身体から、どうやってあんなすごい投球ができるのやろう?・・・と不思議に思います。
逆を返せば、「ボウリングは力やない」ってことなんですけどね

まずは結果です

AVE:203.0 ST:50.0 SP:35.0 OP:17.5 順位確認せず/38人


プラスで終わることができましたが、要所要所でのイージーミスと
タップへの対処がまるでできていないということで、結構不満の残る結果でした

早いレーンを予測して「ピュア・フィジックス」を先発。
練習ボールでは「クロス」も念頭に入れましたが、そこまで早くない様子

ということで1ゲーム目は5枚目から入って、4thスタート
5フレ内ミス。7・9でレーン変化を感じはじめ・・・という塩梅でしたが、10フレでイージーミス
これがいけません

2ゲーム目、奇数レーンをスタンスで合わせ直して、再び4thスタート
5フレのスプリットは仕方ないとしても、8フレでまたもやイージーミス
どうもスペアボールが抜けてしまいます。 (←変に意識しすぎて、力入りすぎ?)

3ゲーム目、問題はココからです。頭から10ピン3回、4ピン1回のタップ
スタンスで動いているのですが、なかなか飛んでくれない・・・
この後薄めに入れてみるとダブりましたが、その直後も10ピンタップの連続。
ここで痺れを切らせてしまい8フレで10ピンをミス、次の9フレでは動揺して外ミスノーヘッド
まさに負の連鎖ですね。

4ゲーム目も頭から、4ピン&10ピンのタップ。前のゲームでパンチアウトできているのに、生かせられない
その後ようやくダブれたのですが、今度は連続の6?7スプリット
どうしても波に乗り切れないまま、終了?。

レーン自体は難しくなかったはずで、しっかり変化も感じることができたのですが
如何せん合わせられない
特に10ピンタップしだすと、その対応が下手すぎます
やはりスタンスやアングルだけではなく、ボールチェンジというアジャストも取り入れなければならないんでしょう。

さてさて最終ゲームでプロと同箱になりまして、間近でダ○キンモップのようなボール拭きを見ることが・・・
いやモトイ。プロのすばらしい投球を見ることができました
なにより彼女は明るいですね?
元気をたくさん貰って帰ってきました
(今日は何の景品も当たりませんでした
関連記事

コメント

あー!多分それやー!笑

いや、もしかして午前中でした?
そこ行ったらプロチャレやってて満席で諦めて帰りましたもん。

3階に見に行ったらよかったですわー
アジャスト
龍田浩史さんもプロと投げたんですね^^
女子プロもそうですが、男子プロも投球を見ていますと、
力だけじゃやっていけないということがよく分かります。

タップへの対処ができていないとのことですが、
後半のゲームの後半はストライクが多いと思いますし、
悪くはないのでは?

ピンの残り方を見ますと、厚めヒットが多いように思えるので、
薄め狙いがよさそうだとは思いますね。
ジャストに見えても、最後の最後に食い込んで
厚めになってしまっている可能性がありますし。
coverさんへ
coverさんの記事を見て、笑ってしまいました(不謹慎)

ええ、まさに「コレ」でした。
3階がコレでいっぱいやったんで、2階も満レーンになってたんですかね。。

しかしcoverさんがボウリング界に戻ってきてくださるのは、吉報です(笑)
寡丹生さんへ
男子プロは、毎週リーグで川西プロの投球を見せていただいています。
ホント軽々投げられているのに、ものすごい球なんですよね。
あの境地に至るまで、あと何年・・・いや何十年かかることやら(汗)


タップへの対処は意識してスタンスを変えていたのですが、思うように行きませんでした。
10フレでようやくパンチアウトできても、次のゲームでまたタップスタートでしたので
根本的に対応できていなかったんだと思います。


基本的に私も薄め狙いが良いと思います。
ただなかなかコントロールがつかないんですが・・・(汗)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。