スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負の連鎖

土曜日の記事になります。
この日は朝からサードホームへ練習に向かいました
いつもの如く携帯で時間指定予約をしていたので、安心しきって10分ほど早めにセンター到着
フロントへ受付に行くと
 店員:現在、満レーンです。
 龍田:予約入れてあるんですけど・・・
 定員:他のお客様もお待ちですので、もうしばらくお待ちください。
 龍田:(周りを見渡すと、4組の待ち。予約っていったい何の予約なんやろう?)
という具合に出鼻をくじかれ、20分後にやっとヨーロピアンで入れてもらえました
しかも隣はレジャーボウラー

言い訳一杯ですが、スコアメイクできずに番長アベも下げてしまいました。  ←するなや
(モチベーションが下がるので、スコアは省略w)

出足が遅れたので、イソイソと投げたのも悪い原因のひとつでした。
というのは、11時からホームの競技会に参加したかったので、
移動時間の計算、そして隣のレーンとの間合い等、全てにおいて急がされてしまいました



というわけで、この後急いでセンターを移動し、ホームの「おはよう大会」に参加しました

AVE:183.0 ST:41.7 SP:35.0 OP:25.0 34位/47人


いや?、ここも酷かったです
先週、ホームの競技会で久しぶりに早いレンコンを体験。
置いてあった今月のオイルパターン表を見ると、中は43フィート位ビッシリと入っている様子。
こうなると手持ちのボールラインナップでは、切れの「607A」と転がりの「ピュア・フィジックス」をチョイス

ところが、いざ投げ始めてみると「遅い・・・」
かと言って、某駅前R1のような無茶苦茶な砂漠レーンではなかったので、607Aで投げ続けてみたのですが
こういうときに限って、ミスを連発。コントロールが定まりません
特に1つミスが出ると力が入ってしまったようで、2つ・3つとミスを重ねてしまう始末。 ←いわゆる連鎖ね
3ゲーム目なんかは涙目でした

敗因は、レンコンの様相が外れてしまったことから始まり、焦りからの力み。
そして何より、自分のリズムを乱してしまったことでしょう
レンコンの変化もなんとなく肌で感じることができていたのにもかかわらず、
思ったところに投げれなかったので、とても歯がゆい思いをしました

周りの状況によって、自分の間合いをついつい乱してしまいがちですが、
ボウリングはリズムとタイミングが重要なので、これからは自分の間合いを大切にしていきたいと思います
(急がない、焦らない、カッとしないの3点セット)
関連記事

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。