スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の修正ポイントは、やはりこれ

あれこれと修正事項が後を絶たないのですが、結局最後に行き着くところは毎回決まっています
このブログでも、何度も何度も…何度も記事にしました「オーバーターン」です

水曜日のリーグ戦でも、中野プロから指摘をいただきました
思いっきりターンしようと投げているのなら兎も角、「ターンしないように…」気をつけて投げての
オーバーターンですから、尋常のことではありません

そんなことで、「どうすればフィニッシュで、手の甲がレーン側を向けられるのか」
夜も寝ながら考えてみた結果、ボールを下ろしてくる際に「小指側を体の内側に向ける」という結論に達し
その実証のため、練習に行ってきました

出かけたのはサードホーム。前日の時間指定予約をして行ったので、あまり待つことなくレーンへ。
(スペシャルサンクス:寡丹生さん)

とにかくオーバーターンしない為の検証ですから、点数を気にせずに…
と思いきや、結構バシバシとストライクが来てくれました(練習スコア225ピン)
バックスイングからダウンスイングに移行するとき、小指を体の内側へ向けることをしっかり意識
力が入るとターンしてしまいますが、おおむね良い感じ (←自分で思っているだけ)

ということで、2ゲーム目から番長対戦。

AVE:217.2 ST:48.3 SP:42.0 OP:8.0 3勝2敗


まずまず良い点数を残すことができました。
4ゲーム目の対戦で「北心斎橋店 イーグルさん」との対戦になりました。
ひょっとしてSBAの?と思いつつ投げたのですが、ストライクが続かず敗戦

この後、中野プロがフリーレッスンで声を掛けてくださって、しばし雑談
しかし今思えば、せっかくオーバーターンの修正に来てたのだから、ちょっと見てもらえばよかった…
(後の祭り


その後、ホームの競技会へ
練習と番長でオールプラスだったので、意気揚々 (←甘い!)

AVE:184.0 ST:35.4 SP:47.5 OP:15.0 順位確認せず
100724-2.jpg
※競技会ではハンデ10を加算。

全然曲がらないレーンでした。大外3枚目まで試しましたが、ノーヘッド。
なので仕方なくクロスでのボウリング
球速を落とすという手も考えましたが、スイングが固まっていない(オーバーターン)ため
スイングのタイミングを変えないよう、なるべくいつもと同じ投げ方を選択

しかしクロスで投げると幅が全く取れません。なおかつ曲がりが出ないために、外ミスはノーヘッド直行
全体を通じて最後までオイルが削れることも無く、クロスで投げ続け四苦八苦。
途中、必死の思いで200ジャストを打ちましたが、これが精一杯
3ゲーム目終盤のスプリットで気持ちが切れてしまい、4ゲーム目はコントロールが定まらず

まぁなんとも極端なレーンでしたね。
BOXによってレンコンが違うかったようで、左隣ではみなさん良い感じで打ってられました。
(試合で、こういうのはアリ?)

もちろん試合中もオーバーターンしないように、小指側に気をつけてスイングしていましたが
やはり力が入るとダメですね。無意識に回ってしまっています

まだまだ取り組み始めたばかりですので、一朝一夕には行きませんが、明日もまた検証してみたいと思います
(サブ、予約済み)
関連記事

コメント

オーバーターンの修正
回さないつもりでも回ってしまう、、、ということは、リリースで相当力んでるってことですね、、、、
もちろん、脱力といっても、ボールを回すアクションはするのですが、どこも力まないことが肝要です、、、
寧ろ手ではなく、踏み込む脚を意識してみてはどうでしょうか?、、、踏み込んで、しっかり止まって、脚の上に完全に体重を乗せて、それからリリースしてみてください、、、タイミングは、小さく踏み出して徐々に加速する動きのなかで掴んでください、、、リリースはスイングの延長戦上でスイングのスピードを殺さずにボールを前に送り出してあげるだけの動作です、、、必要な回転は、ある意味勝手に掛ります、、、軸足がビシっと定まれば不安なくできるようになります、、、

オーバーターン
「小指側を体の内側に向ける」がうまく行っての連続200アップは見事ですね。
今日、私も手首が回らないようにいろいろ試しましたが、
一番うまく行ったのはリリースでひざを深く曲げることです。
そうするとスイング軌道が頭の下で上向きになり手首が勝ち押しやすくなりました。
オーバーターン
番長対戦オール200アップは、ナイスです!!
時間指定予約については、私も知り合いから教えてもらったので、
名前を書いていただいて非常に恐縮です(汗

オーバーターンだと横回転が強くなると思うのですが、
奥のクリーニングが甘くてまったりと曲がりが出る場合に、
曲がりの悪さが顕著に出ますね。
龍田浩史さんがホームの競技会で投げたレーンも
そんな感じではないでしょうか?
こういうときは、縦回転強めにするとよく曲がりが出ます。

逆に、龍田浩史さんがお投げになっているラウンドワンのような遅いレーンですと、
縦回転強めだと早めにボールがロールアウトしてしまうので、
横回転強めの方がいいです。


私も以前はオーバーターンがひどかったですが、
最近は以下のようにして、うまくいっています。
(右投げ用に、私がやっていることと左右を逆に書いています。)
・リリース直前では、手のひらが上を向いた状態。
・手のひらをそのままの状態にしつつ、
 親指を10時方向に動かしながらサムホールから抜く。
・中指と薬指を投球方向からいくらか左に向けて、
 弧を描くように前方上方向に向かって動かす。
 (投球方向から左に向ける度合いが大きいほど、横回転が強くなると思います。)

リストアップして思いつきましたが、
親指を抜くときに、すでに手の甲が横を向いてませんか?
親指を抜くときに手の甲がレーン方向に向くように意識するといいかもしれません。


長々と書いてしまいましたが、主観が入っていますので、
参考程度にしていただければと思います(汗
あむさんへ
> 回さないつもりでも回ってしまう、、、ということは、リリースで相当力んでるってことですね、、、、
おそらく、「回さないでおこう」という意識から、力みに繋がっているのでしょう。


> もちろん、脱力といっても、ボールを回すアクションはするのですが、どこも力まないことが肝要です、、、
今現在は、ボールを回すアクションさえもしないよう心がけています。構えたときからそのまま投げるように
心がけてはいるのですが・・・

> 寧ろ手ではなく、踏み込む脚を意識してみてはどうでしょうか?、、、踏み込んで、しっかり止まって、脚の上に完全に体重を乗せて、それからリリースしてみてください、、、タイミングは、小さく踏み出して徐々に加速する動きのなかで掴んでください、、、リリースはスイングの延長戦上でスイングのスピードを殺さずにボールを前に送り出してあげるだけの動作です、、、必要な回転は、ある意味勝手に掛ります、、、軸足がビシっと定まれば不安なくできるようになります、、、
最近、膝間接(お皿の上の部分)に痛みがあり、十分に踏み込めない状況です。(まぁそのことは置いといて)
足の運びに注意することは、習っているプロからも指摘を受けているところです。
しかし悲しいことに足の運びにばかり注意をやってしまうと、腕が自然と返ってしまいます。
よほどオーバーターンで投げることが心地良いのか・・・と思う位で(笑)
回転は、以前に比べてかなり良くなったと思うのですが、オーバーターンするとどうしても
1本残りが多くなってしまいます。
ラウンジさんへ
ありがとうございます。
ここのセンターはよほど相性が良いみたいで、勘違いを起こさせる要因となっています(笑)
オーバーターン対策は、やはり足の運び(膝)ですか・・・
なかなか難しいものですね。
寡丹生さんへ
> 番長対戦オール200アップは、ナイスです!!
> 時間指定予約については、私も知り合いから教えてもらったので、
> 名前を書いていただいて非常に恐縮です(汗
いやいや、全くこの制度を知らなかったものですから、本当に感謝です。
土日の朝、8時ごろに行くと普通に1時間待ちということですので、予約をして行くと安心です。
(それにしても、みんな何時に起きてんねん?)


> オーバーターンだと横回転が強くなると思うのですが、
> 奥のクリーニングが甘くてまったりと曲がりが出る場合に、
> 曲がりの悪さが顕著に出ますね。
うーん、ここで分からなくなってしまうのですけど、
私の場合、オーバーターンしても横回転はあまり強くありません。


> 龍田浩史さんがホームの競技会で投げたレーンも
> そんな感じではないでしょうか?
> こういうときは、縦回転強めにするとよく曲がりが出ます。
私の理解不足か、感覚がおかしいのか分かりませんが、縦回転が多くなると更に曲がりません。
この辺が、リリースが理解できない要因だと思います。


> 私も以前はオーバーターンがひどかったですが、
> 最近は以下のようにして、うまくいっています。
> (右投げ用に、私がやっていることと左右を逆に書いています。)
> ・リリース直前では、手のひらが上を向いた状態。
> ・手のひらをそのままの状態にしつつ、
>  親指を10時方向に動かしながらサムホールから抜く。
> ・中指と薬指を投球方向からいくらか左に向けて、
>  弧を描くように前方上方向に向かって動かす。
>  (投球方向から左に向ける度合いが大きいほど、横回転が強くなると思います。)
今現在の投げ方として、構えの時からリリースまで手を動かさないようにしています。
(いわゆるナチュラルフックでしょうか?)
10時の方向に動かすというのが苦手で、しかも動かすことによりオーバーターンを招いてしまうという恐れからです。


> リストアップして思いつきましたが、
> 親指を抜くときに、すでに手の甲が横を向いてませんか?
> 親指を抜くときに手の甲がレーン方向に向くように意識するといいかもしれません。
一応…一応ですけど、手の甲はレーンを向いていると思っています。
しかしフィニッシュで手の甲は反対向き・・・
こんな状況です。


アドバイスいただいて本当に嬉しいのですが、頭が固いので理解するにいたりません。ごめんなさい。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。