スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違いの認識

今日は早起きをして、練習に行ってきました
しかし早起きと言っても8時起床で、家を出たのが8時40分位。  (←どこが早いねん

とりあえず、R1のモバイルサイトで混み具合を検索…って、もう「待ち時間」が出てました
みなさん、本当に早起きなんですね。

手をこまねいていても仕方が無いので、まずはサブホームへ電話連絡
 龍:「待ち時間はどれ位ですか?」
 ス:「40分?1時間位です」
 龍:「わ、わかりました」

次に、サードホームへ連絡
 龍:「待ち時間はどれ位ですか?」
 ス:「今は待ち時間ありません。でももうすぐ待ちが出ると思うので、5?10分経ってから再度お電話ください」
 龍:「わかりました」

ということで、行き先は昨日も訪れたサードホームに決定
フロントで受付をすると、運良く1BOXアメリカンで入れてもらえました。ラッキー

まずはウォーミングアップとレーンの状態を知るため、いつものように1ゲーム費やしました。
レーンは昨日と同じくやや遅めで、外を使うと裏まで行ってしまいます。
かと言って10枚目付近はオイルが長く敷かれている様子。
となると、やはり攻め口は7?8枚目。

今日は久しぶりに番長対戦も行いました。まずはその結果です

AVE:213.5 ST:55.0 SP:35.0 OP:11.0


今日はとにかく、昨日把握できた「フォワードスイングの力み解消」に重点を置きました。
最初のウォーミングアップでは、意に介さず「ブンッ」と振ってしまうことがありましたが
「ゆっくりと・ゆったりと」を頭の中でイメージして投げると、投球が定まり始めてきました
ボールの方も「ブンッ」と振ると、すっぽ抜けたような感覚が残り、また内ミスも多くなります。
それに対して「ゆっくりと・ゆったりと」投げてやると、寡丹生さんのブログの記事にも書かれていました
「バックスイングで浮く感じ」を体感することができました
この「浮く感じ」は、バックスイングの頂点で、ボールの重みを感じていた人差し指が一瞬余裕を持てるような、
そんな感覚です。
そして一瞬の余裕により、肘の出す向きを確認できます。
恐らく…恐らくですけど、これが「タメ」と言われるものなのでしょうかね

さて、何が原因で「フォワードスイングの力み」が出てしまったのか考えてみたのですけど、
思い当たるのは3月記事にした「タメ」と「オシ」です
「タメ」と「オシ」は、どちらも私に欠けているものなのですが、この「オシ」の部分に間違ったこだわりを持ち
結果的にフォワードスイングでの力みに繋がったものと分析しています
こだわり出したのが3月の下旬なので、時期的にもピッタリ当てはまるんですよね
素人考えで、「タメ」やら「オシ」やら意識的に作り出すとロクなことは無いですね。
やはりリズムとタイミングの良いスイングの中から、「タメ」と「オシ」が生まれるものだと思いました

いやぁ、ボウリングって本当に奥が深くて難しいものです
関連記事

コメント

タメとオシ
なんか、すごいスコアを並べましたね。
参りました。対戦しなくてよかった。(笑)

力を入れて下してくるより、ボールの落下に合わせて来て
リリースの後に力を入れるぐらいのほうがスピードが出ているんですよね。
わかっちゃいるけど出来ません。(笑)
ラウンジさんへ
調子が良かったので、お誘いしました(爆)
でも、全対戦成績は4勝5敗1分だったんですよ・・・
みなさん、よく打たれます。


強いボールを投げたいがために、力を入れてしまいがちなのですが
実は逆で、強いボールを投げるためには力を抜いたフォワードスイング。
私も、わかっちゃいるけど・・・(涙)
安定したスコアですね。
強いボールを投げるためには、ボールの勢いが重要と考えています。
力んで引っ張るのではなく、最後までしなやかに手で(体全体で)押すことと思っています。

この理想のマイケル・フェーガンが最近のお気に入りです。
ケイワンさんへ
今回はレーンにも助けられました(笑)
強いボールは、少々の投げミスもカバーしてくれますね。
1本残っても、どこからかピンが転がってきて倒してくれる・・・などなど。
常に脱力した強いボールを投げたいものです。
ナイス10ゲームです!
これだけ200アップが出ると気分爽快ですね!!
店舗ランキングを見ましたが、いいポジションですね^^b
同じく、対戦しなくてよかったです(笑)

記事内の私のブログへのリンクありがとうございます♪
バックスイングの頂点で、ニュートラルな状態(全く力が入っていない状態)が
理想だと思っています。

私は、オシの重要さを日曜のリーグで実感しました。
オシがないと、何かしらピンが残りますね…。
オシは手遅れができないと生まれないように思えます。
ほんと、ボウリングは難しいですね(汗
寡丹生さんへ
ありがとうございます。
この日はかなりピンアクションにも助けられました。
(もちろん、対戦のお誘いは調子が良かったからです(笑))

土曜日の寡丹生さんのブログを読ませていただき、同じような感覚を記事にされていたので
思わず事後承諾で引用させていただきました(汗)
(これからも、よろしくお願いします)

よくボウリングは「オシ」が肝心・・・という話しを聞きますが、
私の場合は逆に力んでしまうので、無理に押さないようにしようと思っています。。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。