スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に練習

このところ調子もテンションもガタ落ちだったので、火曜日に振替代休を取り、練習&レッスンに行ってきました
向かったセンターはプロレッスンが行われるサードホームです。

平日に来るセンターは約3週間ぶりでしたが、とても懐かしい感じがします
これまではシフト制の勤務だったため、平日にボウリングができるのは「当たり前」になっていましたが
平日勤務に戻った今、これまでがとても恵まれていたことに気がつきました。

さてさて、投げてきた結果です

AVE:194.8 ST:41.7 SP:38.3 OP:16.7


1G目はいつものように「感触掴み」と「レンコン読み」に費やしましたが、この日はいつもにも増して
オイルが長く引かれている感触
(5枚目真っ直ぐで薄めHit。3枚目でやや幅のあるライン・・・こんな感じ)

オイルの感じはなんとなく判ったのですが、絶えず内ミスをしていて思ったところに投げられない悲しい現実
内ミスをすると中のオイルに捕まり、薄めHitによる2-4-5残りや7ピン・10ピンタップが多かったですね

程なくして中野プロがワンポイントレッスンに回ってきてくれました。

中野プロ曰く
「この前のリーグ戦の時はレーンが離れてたから言う機会が無かったけど、かなり腕が回ってますよ?」

私:「えっ…ターンしてますか?」

中野プロ:「今日はターンとかは意識せずに、プッシュアウェーからダウンスイングにかけて
       しっかりボールの重みでストンと落とすことを意識しましょう」

その後、自分なりに「脱力」や「ボールの重み」というキーワードに対して取り組むのですが、
なかなか上手く行きません
相変わらず薄めHitを繰り返し、スコアメイクもままならない状態で困り果てていたところに
再び中野プロが回って来てくれました。

中野プロ「もっとしっかりプッシュアウェーしてから、ボールをストンと落とすように投げてみて?
     それから、このレーンではスピード要らないよ。」

とのこと。

アドバイスの通りやってみると、なんか良いときの感触が戻ってきたような・・・
(いわゆる「スイング」と「リズム」がパシッと合った感じですね)
それが最終ゲームの結果、254ピンに結びつきました。  (但し8フレはご愛嬌と言うことで・・・

この後レッスンにも参加したのですが、課題は全く同じ「プッシュアウェーからの一連の流れ」でした
レッスンの終わりに中野プロから「もう大丈夫でしょう」とOKサインをいただき
「調子が悪くなったら、今日のことを思い出すと良いですよ」とのアドバイスもいただきました

感触は身体が覚えてくれているのですけど、如何せん再現性が乏しい所が難点です
こればかりは、やはり練習によって身に付けるしかないでしょうね・・・。


関連記事

コメント

さすがプロですね!
プロのアドバイスで良い感触が戻ってきたようですね^^
タイミングぴったり合ったときは、いいボールが出ますよね。

1人だと、良い感触を取り戻すのに時間がかかりますが、
比較的すぐに取り戻せたようですし、プロのアドバイスの的確さは流石ですね!
プロのアドバイスを受けつつ、練習を繰り返せば、
再現性はどんどん高まりそうですね^^
寡丹生さんへ
ボウリングは本当にリズムとタイミングのスポーツなんだなと感じました。
その2つのずれが生じた時、すぐにスコアに反映されますから(笑)
プロには約1年半、ボウリングを見ていただきました。
ずれが生じてしまった時、的確なアドバイスがいただけるので心強い存在です。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。