スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安要素発生

土曜日に、毎月1回開催のmixiサークル「SBA月例会」に参加してきました
このSBA月例会、これまで全くと言って良いほど打てていません
そこでSBAで打つことを今月の目標にも掲げ、なんとか季節外れの花火を打ち上げたいところでしたが・・・

レーン抽選の結果、引いてしまいました「端っこレーン」。これはなんだか嫌な予感が・・・。 (←これ言い訳?)

練習投球を始めてすぐに「あらら、こりゃ曲がらんわ」って感じでした
そこでオイルの切れ目を求めて、外へ外へと移動していくのですが、全く切れ目なしの状況
もう1度中を探りに行ってみた結果、10枚目をきっちりと真っ直ぐ通すとポケットを衝く事が判明。
私にとって、無茶苦茶シビアなレンコンでした。

まずは結果からです

AVE:196.5 ST:45.8 SP:37.5 OP:15.0

※SBAハンデ15を加算。

1ゲーム目、「しっかりコントロールをつけなければいけない」と思えば思うほど内ミス&外ミスをします
外ミスは4フレのように返りが甘く、内ミスは真ん中へ直行
まぁここでの189ピンは「耐えた結果」と自分に言い聞かせました。

2ゲーム目、コントロール精度の低さから4フレでスプリット
ここで不安要素が高いと思われたので、このラインをあきらめ、大外からややクロス気味に変更しました
しかしこのラインでも7フレでスプリットを出してしまい、ゲームを作れません。
結局、ダブルすら出せず166ピンと大きくマイナスを作ってしまいます

3ゲーム目に元のラインへ戻してみると、ようやく先でしっかり動くようになってくるのが感じ取れました
しかし動きすぎたことにより、4フレでスプリット。
これを基にスタンスで微調整したところ、やっとのことでダブルを2つもってくることができ、結果201ピン。
まぁプラスと言えばプラスです

4ゲーム目、レーンに幅がようやくできてきたのか頭から5連発。スペアを挟んでダブルとビッグがちらつきます
しかし9フレでバケット残し。これを何とかスペアするものの、10フレは2-4-5残し。
そして痛恨のスペアミス
(↑これを取っていたら、優勝だったかもしれません。逃した魚は大きい…

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
気になったのは、4ゲーム目の9フレと10フレ。
これまでの回転軸とは全く違い、どちらかと言うと「悩み抜いていた頃」の回転軸でした。
そして奥での曲がりが小さく、薄めHitによるバケットと2-4-5残り。
力が入ったことでそうなったのか、腕が回ったことでそうなったのか、はたまたリリースが・・・
これは十分検証しなければならないと思います。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

最終結果、上位争いはピン差の接戦だったようで、私は4位でした。
最後のスペアミスが悔やまれますが、やはりもう少しハンデを減らして、みなさんと接戦に持ち込めるよう
まだまだ精進が必要なようです。
関連記事

コメント

まずまずのスコアだと思いますよ。
キッチリ後半は打ち上げてますから…
変なときのを意識するより、いいときをシッカリ覚えこんだ方がいいのではないでしょうか?
でも、4位おめでとうございます。
のぶたさんへ
(今しがたアップした所なのに、コメントはやっ…)
最終的なスコアはまずまずでしたが、2ゲーム目終了地点では↓↓↓モードでした(笑)
>変なときのを意識するより、いいときをシッカリ覚えこんだ方がいいのではないでしょうか?
そうなんですよね。
良いときのイメージを常に持ってのボウリングの方が、前向きだし
悩みも少ないと思います。
でも何って言うか…悪い時が長かったのでトラウマのようになってしまっています(汗)
2-4-5残りってのは何か原因が特定出来るのでしょうかねぇ?(汗)
というのも、最近これが多いもので・・しかも苦手。

それにしても・・・10フレ
く~っ・・惜しい
シビアなレンコンでアジャストしていって最後は230です4位まで行ったのですから上出来だと思いますよ。
私も時々変な回転のボールが出ますが、ミスを回避しようとする体の反応だと思うことにしています。
ka-minさんへ
2-4-5は私の場合、ポケットより薄めに入ったときに起こりやすい残りピンです。
しかし強いボールを投げることができていれば
少々薄めに入っても「かき回す」ようなストライクが出てくれるので
2-4-5やバケットが頻繁に残る時は、良いボールを投げれていないと判断しています。
最終ゲームの10フレ・・・やってしまいました(涙)
ラウンジさんへ
最初は本当にシビアなレンコンでした。
でも徐々にオイルが削れていってくれて、最後はなんとか打ち上げることができました。
(ミスりましたが・・・)
変な回転のボールにかんしては、ちょっと心当たりが出てきましたので
次に調整したいと思います。
2-4-5系の残り
厳しいレンコン、端っこのボックスという状況で、
スプリット以外のミスがほとんどないですし、安定されてますね^^

2-4-5残りは、ピンそばのオイルが多いときもよく出ますね。
私の場合は右投げでよくこの残りがあるのですが、
左投げで3-5-6残りはそんなに無いので、
回転の多さも要素としてはあると思います。
寡丹生さんへ
ここ最近、あれだけ苦手だった7ピンのミスが急に減りました。
それによりスペア率が上がったように思います。
(10ピンは相変わらずですが・・・)
2-4-5系の残りは、おっしゃるとおり回転の多さやボールの強さ、入射角の要素が強いと思います。
なので、私は2-4-5系の残りは大嫌いです。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。