スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力みと意識

今日は「火曜の休みの日」ということで、練習とレッスンのためにサードホームへ行ってきました

まずは練習から…
いつものように最初のゲームはカウントを気にせず、感覚を掴むための投球。
がしかし、感覚を掴むどころか3?5枚の内ミスばかり。サムがしっかり抜けていないような気配です
こんな状態ですからラインを探りきれないままでしたが、無謀にも次のゲームからボウリング番長を開始しましたスタート

AVE:193.8 ST:38.3 SP:42.0 OP:14.0 2勝3敗


1ゲーム目:序盤の2スプリットで撃沈。ストライクも続かず。負け
2ゲーム目:ストライクが出ないまま、なんとか1ミスで凌いでいたのですが、10フレビッグフォーで沈没。負け

ここで右腕に少しだるさを感じ、ようやく「力みの投球」をしていたことに気付きます。(←毎度毎度、成長が無い)
ボールの重みでスイングすることを再確認しながら・・・

3ゲーム目:単純なことですがボールの挙動が変わり、ストライクが出始めてくれました。しかし勝負は負け
4ゲーム目:この辺りでようやく左右のレンコンの違いに気が付きます。(←遅すぎ)  勝ち
5ゲーム目:ようやくレーンに合わせることができたのですが、凡ミスと10フレバケットミスが痛い。勝ち

3ゲーム目以降、なんとかプラスを並べることができましたが、ノーミスは1つだけ。
今日は特に10フレでのミスが目立ち、打ち切れなかったように思いますase
またフィンガーへ乗る感覚が、ところどころマチマチになってしまい、ピンアクションも今ひとつでした。
やはり初めから力んだ投球をしてしまうと、ロクなことが無いですねアップロードファイル

この後、プロレッスンへ。
まずはフリー投球。今日のレッスンレーンも相変わらずオイルが長めで、8枚目ではポケットまで届きません。
ならばと5枚目を探るのですが、食い込みが足りずに10ピンが残ります。
となるとクロス・・・いや今日は、立位置1枚&狙い目1枚外にずらしてみることにしました。
すると少々内ミスでも、オイルが助けてくれてポケットへ運んでくれましたグッ

「良い感じ?」と思いながら、月末恒例の記録会にチャレンジです。
3ゲーム投げて前月のアベレージを越えると「無料券」をGetできますアップロードファイル

しかしいざ始まってみると、内ミスが多く、どうもシックリ来ません汗
ここで中野プロからのアドバイス。「1歩目を小さく出すことだけに集中して」

なるほど1歩目が大きく出ていたのか…と思い、ゆっくり小さく出すことに集中。するとストライクが出始めます。
1ゲーム目は191だったかな。 (←スコアシートが無いので、うろ覚え)
2ゲーム目は序盤10ピンタップが続きましたが、中盤にターキー。しかし終盤に1ミスして、200チョロ汗

ここで前月のアベレージを再確認。「193」だったので、計算上180代後半でクリア…と皮算用電卓
すると中野プロから鋭いツッコミをいただきます。
「点数計算をするから、腕の振りが悪くなるのですよ。毎回200UPを目指すつもりで投げなければダメ!」
とほほ…完全に胸のうちを見透かされております

「よっしゃ、200UP」と気合を入れて挑んだ3ゲーム目。
いきなり7-10。10ピンタップが2回続いた後、またしても7-10。
こうなるとアップアップの投球となり、ミスの連続で140台と思いっきりロースコア驚く
残念ながら、「無料券」をGetできずアップロードファイル

レッスンの後、中野プロとしばし雑談。
プロからは、「プッシュアウェーからダウンスイングの過程で力が入りすぎてたので、足の運びへ集中させるように
『1歩目を小さく』とあの時言ったのです。」
「その後、良いスイングに戻ったけど、3ゲーム目にプレッシャー掛けたら、また逆戻りしてました。」

あ・・・う・・・完全に見透かされていますよね汗;
その後もプロとスイングの話をしていたのですが、ここで重大なことに気付きます。
「今日は肘への意識を忘れてた・・・
つい先日、相互リンクしていただいているochanさんのブログのコメント欄へ、「肘のラインに気をつけてます!」って書いたばかりなのに・・・。
こんなんだから、上達しないんでしょうね絵文字名を入力してください

(長文になってしまいました。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました
関連記事

コメント

今日のこと
アクセサリ-バックの中にメモ帳入れといて、そこに自分の注意点を箇条書きにして、練習前、大会前に読んでみてはいかがでしょう?
ところで、肘のラインについて、教えてもらえますか?
ともぞうさんへ
メモ帳は持って歩いているのですが、最近は(特に今日)活用するのを忘れていました。
これだからダメなんでしょうね(汗)
これからは、必ず練習前に見直してみることにします。
肘のラインについてですが、肘が回らないように肘の内側から出るイメージと
そしてその延長線上に人差し指があるラインを意識してスイングするようにしています。
「取らぬ狸の皮算用」まさにこの言葉がピッタリの展開になってしまいましたね。(笑)
私も計算してしまいし失敗することが多いです。
考えるのは止めよう…って思ってもついつい計算しちゃいますよね??
お疲れ様でした。
のぶたさんへ
皮算用をしっかりしてしまいました(汗)
プロのおっしゃったことは、「なるほど、その通り!」だと思います。
今後は「試合」でも「番長」でも、【なるべく】計算しないようにしていきたいと思います。
プロはすごいですね。すべてお見通し。
意識するところが多くなると投げられなくなりますよね。
皮算用
皮算用、私も最近リーグ戦でしてしまってます…。
この間の日曜日にガターを出したのも、
相手チームと僅差なのが分かっていて、
ここでストライクが出れば…と思ったんですよね。。。

いいスコアを出そう!ではなくて、いい投球をしよう!の方が良さそうですね^^


遅くなりましたが、私のブログのブックマークに、
龍田浩史さんのブログを入れました。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
ラウンジさんへ
本当にすごいですよ~。
本文には書かなかったのですが、更に性格を加味してまでアドバイスなさってますから。
特に意識しすぎる私には、必要なことです(笑)
寡丹生さんへ
>いいスコアを出そう!ではなくて、いい投球をしよう!の方が良さそうですね
いやぁ~、その言葉はまさに目から鱗です。
ここのところスコアばかり気を配っていたので、大事なことが漏れ落ちていたような気がします。
こうしたところから調子を崩していくんですよね…。


ブックマーク、ありがとうございました。
こちらこそよろしくお願いします!
さすがプロですね。。。

安心して身をゆだねることができますよね。


定期的に診てもらえる環境が上達をサポートしてくれているようですから、次回は気持ちよく打ち上げてくださいね!
たたみたさんへ
いつも熱心に指導してくださるので、感謝しています。
これからも時間が許す限り、レッスンに通いたいと思っています。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。