君の行く道は

昨日オーバーターンで悔しい思いをしたので、練習に行ってきました
オーバーワークであろうが、何であろうが、悔しいものは悔しいのです

練習なのでスコアは気にしなかったのですが、入力したので一応掲載。

AVE:175.7 ST:25.0 SP:53.3 OP:20.0


とにかく、オーバーターンをしないよう、それだけを注意して投げました。
ということで、今日は「タメ」のタイミングは無視でスイングのみに集中(2つ同時にできません絵文字名を入力してください)。

投げていて感じたことを記します。

 ・リリース時、サムが抜けてフィンガーでボールの重みを感じたが、手の平の右側(サム側)に
  こぼれてしまうことがあった。
 ・同じくリリース時、フィンガーから「滑り落ちてしまう」ような感触の時があった。
 ・「滑り落ちてしまう」ことを嫌い、フィンガーに若干力を入れて投げると、必ず内ミス。

これらのことは、オーバーターンを意識しだしてからの練習で何度も体験していることでした。
(特に右側にこぼれた時は、変な縦回転。)
そして、これら「ボールがサム側にこぼれる」「滑り落ちてしまう」ことを恐れて、ターンに頼ってしまい
結果的にオーバーターンに戻ってしまう・・・今年1年、これら葛藤のループでしたぐるぐる

ボウリングはリリースではなく、リズミカルなタイミングと重心移動。
リリースばかりにこだわっていてはダメなんですが・・・このようにボールが右側にこぼれたり
フィンガーから滑り落ちたりしてしまうと、リリースそのものが疑問に陥ってしまいます。
それを払拭するかのように繰り返してしまうのが、オーバーターン。
1年間、ガッツリ練習してきたのですが、いったい何をしてきたのでしょうね・・・落ち込み

楽しくボウリングできる日は、果てしなく遠そうです。
関連記事

コメント

私は右手を意識してしまうと力が入るので、最近は左足の最後の踏ん張りを一番に考えています。
でも頭でわかっているつもりでも、実際は右手で小細工をしようとする自分がいるので大変です。
毎日練習するプロだってミスはあります。
素人の私達は焦らずに楽しみましょう。
優先順位
龍田さんはリリースを重視しているのはブログを読んでると分かります。
でも…
タメを意識できた時
無駄な力を入れずボールの重みを感じてスイング出来た時
スムーズな重心移動が出来た時
これらが出来た時、内容が良かったと書かれてます。
リリースが良かったとは書かれてません。
内容が良くない時はリリースやオーバーターンを重視した時です。タメを感じボールの重みでスイングしスムーズな体重移動さえ出来ればリリースの形やオーバーターンを意識しなくても、納得できる投球に近くづけるのではないでしょうか?
ケイワンさんへ
私も右腕には、余計な力が入っていると思います。
それはやはり「コントロールを良くするため」「しっかり指に掛けてあげるため」「オーバーターンしないため」と盛り沢山だからです(笑)
じゃあ右腕を気にしないで投げると?
しっかりオーバーターンしています(二重苦)
>素人の私達は焦らずに楽しみましょう
やはり、私焦ってますよね・・・
1522さんへ
正におっしゃる通りなんですよ・・・。
上手く投げれた時は「タイミングが良い」とか「スムーズに投げられている」という言葉を掛けてもらえます。
しかし上手く行かないときは「手首が返ってる」と指摘されます。
こうなると、「どうすればオーバーターンしなくなるのか?」という疑問に辿り着くのは必定ですよね?
となると優先順位として、上手く行かない時の指摘事項である「オーバーターンを治す」が最優先だと思っていますが・・・
1年間頑張りましたが、成果なしですわ(笑)
大袈裟かもですが
上手くいった時はタイミング良くスムーズに投げられるわけですからオーバーターンへの意識を捨てタイミング良くスムーズに投げよう!だけを強く意識すれば良いと思います。
タメ・足元へフワっとの脱力スイング・重心移動この3つが出来ないとボールを投げられないんだ!
大袈裟かもしれませんが、これくらい強く意識して投げたらどうでしょう。
プロのレッスンやブログのコメントで何回も何回も言われてるでしょうが…
龍田さんが自分で気付いて、これだ!と心から感じる事が出来ないと納得できない事なんだと思いますが…。
1522さんへ
少し前のブログに私自身が記したのは
「リリースばかり気にせず、スムーズなスイングと重心移動を心がける」でした。
そしてそのつもりで練習を行って、「タメ」「スイング」「重心移動」で良い感じをつかめたことは確かなんです。
しかし自分でビデオ撮影してフォームを見てみるとオーバーターンしていましたし、先日の試合中にも他人からオーバーターンを指摘されました。
「オーバーターンは禁物」…と必ず皆さん言われ、またどんな教本にもそう書いています。
「じゃあ、どうすれば治るのか?」と考えてしまいますよね。
「タメ」「スイング」「重心移動」だけではオーバーターンは治らないように思うので
リリースの感触、手の平の位置、フィンガーへの掛かりから自分なりに検証してきました。
プロの投球を何度も何度もスロー再生で見て、良いリリースとはどんなものなのかも検証しています。
さらにボウリング○ガジンで、プロのフォームチェックの写真でリリースの部分を何度も眺め
「手はボールの後ろと記しながらも、実際の写真ではボールの横」といったツッコミを少し前の記事でも書いたところです。
こんな感じなので、検証というよりも葛藤ばかりしてきて、未だにどうすればよいリリースなのかも理解できていません。っていうか、全然わかりません。
教えてもらっているプロからは「リリースばかりに拘っていては上達しない」と言われました。この言葉は心に響きました。
なのでリリースは無視して、先ほどの、「タメ」「スイング」「重心移動」を念頭に投げていると、結局「オーバーターン」という指摘に戻されてしまうわけです。
別にオーバーターンしていても常時200アベをキープできているのであれば
さほど気にしないと思うのですが、プラスアベなんて程遠い結果しかついてこないので「堂々巡り」「無限ループ」にはまってしまうのです。
「なんとか抜け出そう」「上手くなりたい」「200アベを打ちたい」「これまでのライバル達に追いつきたい」という思いから必死に2年間頑張ってきました。
でもプラスアベなんてほど遠く、無限ループにはまったまま、アベなんて180が関の山、ライバル達の眼中にも無い状況です。
これでは、楽しいはずがありませんよね(笑)
すみません、コメント欄で記事のような長さの愚痴になってしまいました。
オーバーターン再考
>「オーバーターンは禁物」…と必ず皆さん言われ、またどんな教本にもそう書いています。
現象として”オーバー”しちゃってるのですから禁物なんでしょうが、それは親指が抜けてないのにオーバーしたら引っ張ったり、チルトが立ちすぎたりしてよくないというだけです、、、
また、「オーバーしないように、、、」と思っても直せないのは龍田さんが一番よく分かっていることです、、、
>「タメ」「スイング」「重心移動」だけではオーバー>ターンは治らないように思う
これらができていて打てているときにビデオをみたら手のひらが前向きにひっくり返っていたとして、何か問題あるのでしょうか?
堂々と手の平を前に向けてハイゲーム連発してくださいw
歯をくいしばって頑張ってください。
あむさんへ
>「オーバーしないように、、、」と思っても直せないのは龍田さんが一番よく分かっていることです
核心を突かれてしまいました。ここまで意識して治らないのですから、恐らく普通に練習していても治ることは無いでしょうね。
要は、あむさんがいつもおっしゃってくださる「タメ」「スイング」「重心移動」が大事で、手の平が返ってようが、ハイゲームが出れば良いと言うことなんですね。
ありがとうございました。
ラウンジさんへ
何か活路を見出して、頑張っていきます。
私も最近、面白くないボウリングが続いています。
お互いマラソンまでに調子を取り戻せるように頑張りましょう!!
素人考えですが
レーンの左端から、カバーボールで、10ピンだけを狙う投球をしてみると、どうなっているでしょうか?
のぶたさんが、準備運動的にやられているあれです。
2投目も10ピンの位置に投げてみます。

それを撮影してみてみると、どうですかね。
しっかり10ピンとれているときは、オーバーターンしていないか、ほとんど気にならない状態になっていたりしないでしょうか。

他の方のように、論理的な裏付けは全くなく、なんとなくそう感じただけなので、間違っていたらすみません。m(._.)m
のぶたさんへ
ターゲットは、マラソン大会です。
そこまでになんとかしたいものですが、強気なことは言えません(汗)
ochanさんへ
プロレッスンでは、体を右向けて投げているときと左向けて投げているときのリズムが違うと言われました(スペア時)。
恐らく経験によるトラウマが原因だと思うのですが
自分では同じ様に投げているつもりです。
とにかくこれからは、「タメ」「スイング」「重心移動」を重要課題として、頑張って行きます。
長文失礼
私も悩みは尽きません(><)
でも、続けてりゃいいことありますさ。なんてねw
私も「オーバーターン」はそんなに気にしなくていいんじゃないかな、と思ってます。
手の平が前を向いていることを悩まれていますが、それは龍田さんの癖かな?と思います。
去年のオフ会のときの動画を見ても、フォローで手の甲がバッチリこっちを向いてますが、
リリースの瞬間の手の平の向きは、特におかしいとは感じませんでした。
ローゲームを打つときは、タイミングの狂いのほうが原因ではないでしょうかね?
オーバーターンはとりあえず気にせずに、タイミング一本に絞って練習した方が、調子が上がってくる気がしますよ。

スコアシートを見て思ったこと。
1度スプリットやカバーミスをすると、慎重に投げようとしすぎていませんか?
私は時々あるんですが、ミスの後はストライクで挽回しよう、と思ってスプリットしたり、カバー時に置きに行った投球してミスったり、とか。
結局これらは、普段のタイミングで投げていないから起こることで、常に自分のリズムを保つことが大事だと思います。
平常心、平常心です。なかなか出来ないんですけど(^^;)
福丸さんへ
リリースに始まり、オーバーターンへといろいろと悩みは尽きません。
しかし皆さんにアドバイスいただいたことを集約すると、どうやら「あまりオーバーターンばかりに神経をすり減らすべきではない」という感じですね。
それよりも「タイミング・スイング・重心移動」に課題を置いて取り組むのが、近道のようです。
>1度スプリットやカバーミスをすると、慎重に投げようとしすぎていませんか
その傾向は大きいです。というのは、ストライクを量産できないからで
スプリットやミスが出ると、「取り戻せない…」の意識が過剰に働いてしまいます。
とんでもない悪循環なんですけどね。
しっくり来ない状況が、ずーっと続いているのでメゲています(笑)

管理者のみに表示