心に響く?

プロレッスンを受けてきました
小休止があって、1週間ぶりのボウリングです。   ←「休止」とは言いませんって?

レッスンの前に中野Pがフリーレッスンで回ってこられたので、前回の酷い点数のことから
「すっぽ抜け」に関する疑問をぶつけてみました。
しかし、私が疑問に感じていることを一生懸命伝えようとするのですが・・・
なかなか思うように伝えることができません

と言うのは、私が気にしているリリースの「すっぽ抜け」、以前の記事にも書いたのですが
コンマ何秒の世界。
どうしても、そこにこだわってしまっているのでした。

しかしプロからは、大事なことは全体的な流れ・・・
すなわちスムーズなスイングと重心の移動が、何よりも大切とのこと。

そうなんです。観点が全く違っているので、私の憤懣やるせない気持ち(大げさ)が、伝わらないのです。
いや、私の心に響いてこないのです

プロは色んな例を交えながら・・・また自身が経験されてきたことを私に伝えようとしてくださいます。
そして叱咤激励の意味で、言われたのが・・・

「ひろさんのこだわりは判るけども、そこばかりにこだわっていては進歩しませんよ?」


うーん・・・


じゃあ、進歩するにはどうすれば良いのか!?  ってなりますよね。


うーん・・・


これ実は、何度も何度も指導していただいてるんですよね汗

「スムーズなスイング、そして重心の移動」   ←こだわるところはリリースとちゃうで?

あ・・・、やっと心に響きました
(ものわかりが悪い生徒なんです)

この後、中野プロが「私いつも言ってるやん」って・・・   ←はい・・・いつも聞いてますぅ汗;



何ヶ月・・・いや何週間か経って、またリリースでチンプンカンプンになりませんように絵文字名を入力してください
関連記事

コメント

自分でわかっているつもりでも実際はわかっていなかったってことは、私もあります。
今回は理解できたことで不調からの脱出に繋がると思いますよ。
全体の流れでフォームをチェックしてくださいね。
ケイワンさんへ
わかっているつもりでも、なかなか身体が思うように動いてくれませんね。
新たな課題が見つかりましたので、それに打ち込みたいと思います。
>プロは色んな例を交えながら・・・また自身が経験されてきたことを私に伝えようとしてくださいます。
>そして叱咤激励の意味で、言われたのが・・・

このコミュニケーションパターンがボウリング場で多いですよね。
プロの経験も大事だけど、今の龍田さんの経験をどうして受け取ってくれないんでしょうね。
というか、私の現状を受け取ってくれる指導者も少ないですけど(爆)

あくまでもクライアントの主観的経験構造が優先だと思うんだけど。
別に今の指導者を批判しているわけではありません。
それぞれのやり方があるでしょうから。
ただ、龍田さんの感覚は龍田さんだけのものですよね。
なんと言いましょうか・・・ジレンマが自分の事のように思えるのでメチャメチャ共感なんです。

龍田さんのリリースの間隔や違和感をしっかりと受け取って聞いてくれる指導者が現れると良いですね。
全体の流れ云々ってのはその先のような気もしているのですが・・

ka-minさんへ
私がリリースにこだわっている(疑問をもっている)のは、ボウリングを始めた当初からです。
当時、ボウリングの教本を片手にフックボールの練習をしていたのですが
全く曲がってくれませんでした。
(投げ友達はブンブン曲げていました)
こうして数年、「どうすれば曲がるのか?」という疑問を持ったまま、自分なりに出した答えが
「リリース時に手首を回す」ということでした。
一時期はそれでうまく行ったのですが、次第にオーバーターンによる酷い内ミスに悩まされました。
そこでプロレッスンに通うようになったのですが、やはり私が今まで常識的に手首を回していたことを
治さなければならないと指導を受けました。
手首を回すことによって、ボールを曲げるものとしていたのを
逆に手首を回さないで投げると言うのは、「昔のように曲がらなくなってしまう」という潜在意識がどうしても働いてしまうのです。
そのことについて、あれこれ悩んでいたわけなんです…。
恐らく、一時期のように調子が上がることは無いものと諦めています。
200アベあったときよりも数十倍努力しているのに、結果が全く出ませんからね。
でもボウリングは辞めたくない。
だから今は、教えてくださっているプロを信じて、もがき苦しんでいるところなのです。
ありがとうございました。
龍田さんへのアドバイスを聞いてると、中島プロと中野プロは同じようなボウリング理論をお持ちのように感じます。

>スムーズなスイングと重心の移動が、何よりも大切とのこと。
中島さんもまるっきり同じ事を言ってました。
プラス、1歩目からのリズム。。。
スムーズなスイングと重心の移動が出来ればそれなりの回転になる。
リリースは二の次。。。
そう簡単には出来ませんが…(汗)
中野プロの言葉を信じてレッスンに励んでください。
信用できないようでしたら別のプロのレッスンを受けられる事をお勧めします。
すっぽ抜け
すっぽ抜けの点にだけ、こだわるなら、やはり中野Pが言うことが正しいかなと思います。
曲げにこだわるのなら、クランカ-のプロについて、指導してもらったら・・・?
すっぽ抜け・・・三本の指の同時抜けですよね・・・。
のぶたさんへ
リズム、スイング、重心移動…
いつも指導してもらっていることなんです。
それについて私に否やは無いのですが、リリースに関しては一種のトラウマのようになってしまっていたのです。
(未だに、解放されていませんがw)
もちろん、中野プロを信じていますよ。そうでなければ1年近くも足繁くレッスンに通いませんから^^
スイングとリリースの関係
龍田さんがリリースがうまくいかないと感じているのはきっとその通りなのですが、リリースがうまくいかない原因の多くがスイングにあるのでリリースに着目しても直らない、ということだと思います、、、
スイングのタイミングがばっちりで、しっかりとした球を行かせることができれば、リリースは案外簡単と感じられるはずです、、、
スイングのタイミングがばっちりだと、最後の踏み込みの足にしっかり重心がのって、下りてくるフォワードスイングは脱力していて、脱力できているからこそ、リリースで回すということが毎回同じように同じタイミンングでできるわけです、、、
やり方はいろいろありますが、回さなければ回転しませんし、適切なAT、ARはつきません、、、
そういう意味でリリースは大切な技術ですが、それだけやろうとしても無理ということですね、、、
ともぞうさんへ
うーん、「曲げ曲げ」にこだわってるんではないんですよね。
人よりも曲がりが少ないので困ってます。
昨日のレッスンでも同箱に入ったTさんは、3枚目位に出されて、綺麗にポケットへ運ばれていたので
「ヨッシャ、3枚目」と投げてみたのですが、3番ピンの右へ(笑)
Tさんも「投げ方はええねんけど、曲がりが足らんなぁ」と言われてました。
(しっかり耳に入りましたw)
まぁ、こだわるところが違うのでしょうけど・・・ねぇ。
あむさんへ
本文中には書けませんでしたが、プロはこうもおっしゃってました。
「今悩んでいることは、いずれまた悩むことになるけども、今はリリースよりもスイングとタイミングですよ」と。
自分でもリリースばかりにこだわってはいけないと、少しずつわかりかけているのですけども
どうしてもすっぽ抜けたり、オーバーターンしたり、曲がりが出なかったりすると
「リリースがダメだからボールの回転が与えられていない」と安直に考え、負の連鎖を招いてしまうのです。
愚の骨頂ですね(涙)

管理者のみに表示