スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の成績

大きな台風が通過しましたが、皆さんのお住まいの地域は大丈夫だったでしょうか?
私の家の周りでは川の増水はありましたが、なんとか氾濫に至らず、事なきを得ました。
しかし、自然災害にはこれからも気をつけて行きたいところです。

さて私のボウリングですが、10月に入ってからも勤しんでおります。
なんとなく、「お、今の球はえ?やん」という投球もあるのですが、それが継続できないことがしばしば汗;
“安定した投球”を目標に頑張っているのですが
まるでダメポなのです落ち込み

 10月1日から10月10日までの統計 
 @ゲーム数:31ゲーム
 @ハイゲーム:251
 @ローゲーム:150
 @アベレージ:189.2
 @ストライク:35.8
 @スペア:44.5
 @オープン:17.7
 @プラスゲーム:10
 @ノーミスゲーム:3

特に注意しているのは、バックスイング頂点からリリースに入るまでの脱力
これがどうしても難しく、力で持っていってしまうことが多いんですよね。
ここを我慢して、ボールの重さだけでうまく振り子運動しながら「ブンッ」と振り切れれば
オーバーターンも無く良いボールが投げられるように思います。
しかし、ラインやコントロールを意識しだすともうダメですね。
力が入りオーバーターンも顔を覗かせてしまいます。
ここまでわかっているのに、対処できないのも情けないのですが・・・ase

あと、急に指に乗らなくなることがあります。
恐らく親指が抜けるタイミングが遅くなっているのだと思いますが、それに対する対処法を持ち合わせていないので
ズルズルとローを叩きまくってしまいます。
今度、師匠に対処法を聞いてみようと思っています
関連記事

コメント

私も脱力に相変わらず苦労しています(苦笑)
私はプッシュアウェイから後ろに持っていくまでが早くなります。
悩みだすとキリが有りませんが、意識せずに自然に投球したいですね。
ケイワンさんへ
クセはなかなか取れないですね。
特に、メンタル的に切れてしまった時は顕著に出てしまいます。
気持ちの切り替えがなかなかできないので、ズルズルと行ってしまいます。
悩みは尽きません(笑)
最近の成績
特に注意している点。このことは私も同じですね。
頭でわかっていても対処できないのは、正常な人間ではないでしょうか?
中には、言われてすぐに対処できる人もいるみたいだけれど。

龍田さんって、メカテクやめたんでしたっけ?それとも、もともとしていなかったんでしたっけ?

私的に思うことは、メカテクとかで手首の角度を超カップリストにして、投げようとすると、バックスィングからリリ-スまでの間、力でスィングが出来ない。結果として脱力になる。力でスィングしようとするとボウルを落としてしまうため。
そして、サムがお尻付近で抜け始めるのがわかり、結果としてフィンガ-に乗る。
カップにすれば嫌でもフィンガ-に乗って、いいボウルを投げれますよ~。
龍田さんがおっしゃるとおり私もラインやコントロールを意識すると「そこに乗せよう」と言う意識が働き無理矢理、力で持って行ってしまいます。
「バックスイングを小さく…」と言われてますがなかなか…(汗)
私は今月のアベは180を切りそうな勢いです。(汗)
お互い頑張りましょう!!
ともぞうさんへ
>頭でわかっていても対処できないのは、正常な人間ではないでしょうか?
いや~、このコメントに大変救われたような気がします。
こんなに気をつけながら、できない自分が恨めしかったですから(笑)

さて、メカテクの件ですが・・・
私は「メカテク辞めた派」です。
メカテクは、スイングが出来上がっていない時期(今も?)から
「これを付ければ曲がる」という間違った認識で10年程お世話になりました。
現在、メカテクを外して4ヵ月半。ようやく「指へ乗せるとはなんぞや?」
が判りかけてきたレベルです。
カップリストの感覚は、一度試してみますネ。
のぶたさんへ
アプローチに立って、スパットを目視。
そして投げるラインを確認・・・

   ↑
もうこの地点でダメなんですよね(笑)
「コントロール良く投げよう!」と思えば思うほど、力んでしまいます。
逆に「コントロールは大体でいいから、しっかり振り切ろう」と思えば
コントロール良く投げれてしまいます。
不思議なものですね?
ウォ
10年ほどのキャリアでしたか!私よりも、先輩でしたね。私は、手首痛めてから、するようになった派です。

救われましたか?
この、出来る出来ないラインっていうのが、多分プロかアマかのラインだと思いますよ。
ともぞうさんへ
そうです。大先輩です(笑)
かれこれ15年にもなりましょうか?
ただ、間違った認識で10年以上やっていたものですから
現在の体たらくです(泣)
プロアマのライン・・・
上級者の投げているのを見て、長所を自分の投球に取り入れる人もいます。
ここまで来れば、もって生まれた才能…と諦めています(笑)
車幅感覚、、、
>アプローチに立って、スパットを目視。
>そして投げるラインを確認・・・

始めはそう教わるものですが、、、また、プロでもスパットやドットを凝視して投球するひともいるので絶対ダメとも言いきれませんが、、、、スパットボウリングなんて言いますしね、、、

でも、これって、タイヤの接地点をみながら運転するようなものであまり合理的なやり方とは思えません、、、

実際、スパットみてる人も、慣れてくるとレーンに対する車幅感覚というか、ラインイメージみたいなものが出来てきて、それに沿って投球しているのだと思います、、、

PBAで手元見て投球する選手なんてみたことありません、、、みなフッキングポイントみて投球してます、、、本人に聞いたことはありませんがw、きっとそうです、、

初心者を卒業したら上を向いて投げましょう、、、

あむさんへ
>タイヤの接地点をみながら運転するようなもの…
なるほど、そう言われてみればそうですね。運転する際は、必ず少し前方を見ますよね。
ラインをイメージして、「この辺に投げれば、これ位曲がって…」
と大凡のイメージができれば良いのですが、なにぶん未だに
投球が安定せず「指に掛からない…」というレベルでして(汗)
まだまだレベルアップしなければなりません!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。