スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も練習

今日もサブホームへ練習に行ってきました
何が良くて、何が悪いのか…自分の中では理解できていないものの、
ただジッとしていても前へは進めないので、練習練習

課題というかこれまでのおさらい。
 1.酷い内ミスを連発する
 2.ボールが急に曲がらなくなる

この2つが今年前半にかけて、ずっと頭を悩ましていた項目でした。
両方とも致命的で、これを繰り返していては打てるはずがありません。
この2つの項目に関して共通しているのは、やはりリリース。

そして、ここ最近の課題
 3.体の真ん中からボールを出す
 4.スライドをしっかり取る
 5.手遅れのタイミング

この3つをできるように練習中といったところです。

今日のスコア 152,180,145,126,164,204,209,201,213,165,192,162

とにかく視点(頭の位置)とボールとスパットが一直線になるように、そして3歩目までを小さくとり
4歩目に大きく前後開脚して投げ始めました。
しかしスライドによる足元の不安定感と、ボールが曲がってくれないということで、
相変わらずの酷い点数
126ピンってのもありました(もう何がなんだか・・・って感じ)。

6ゲーム目に、山本Pの教本の中に書かれていた「股の間からボールを通す感覚」
というのを思い出しました。
早速それを実行すると、急にボールの勢いが変わりピンが踊りだしました

6ゲーム終了でパック料金が終わったのですが、ここでやめる訳にもいかず、もう1パック
7?9ゲーム目も「良い」とは言えませんが、不安定だったスライドも、ようやく慣れてきたようです。
そして「股の間からボールを通す感覚」により(?)、しっかり指にボールが乗ってくれたのか
先で曲がりがしっかり出てくれました。

9ゲームが終わった時、インストラクターさんが声をかけてくださいました。
「タイミングは良い感じですが、リリースのときに手首が返っていますよ?」

そこで現在の課題や取り組んでいる事など、しばし話しました。
するとインストラクターさんは、やはりリリースのことを気にかけてくださり、
色々とポイントを教えてくださいました。
そこで、「フィンガーをボールの下に入れてリリースすると、ストレートボールになる」
とかねてからの疑問をぶつけてみました。
インストラクターさんの答えは、やはり「サムの抜け」でした。
(うーん、そこが判らない
インストラクターさん曰く「リリースは肘から出すような感覚で投げると、サムは抜けますよ」とのこと。

ということで、10ゲーム目から3ゲームはリリースに重点を置いて投げました。
が、やはり思うように曲がりません
曲がらないというか、ほぼストレートボール。
やはり、初めからは上手くいかないものです(イヤイヤ、まだまだ判っていないだけ

でも今日は、スライドが上手くできたと思うので、それだけでも良しとしなければなりません
関連記事

コメント

フログのバックが変わりましたね。(笑)

後半では連続で200UPしてきている。と言う事は若干は掴めて来た感じですかね。
この調子で頑張りましょう!!
練習あるのみです!!
偉そうな事は言えませんが…(汗)
私も負けないように頑張ります。
リリース
地道な練習が成果をもたらしますよ。
いっぺんに修正は出来ないので1つずつ行きましょう。
ボールを拾えるといい回転になると思うのですが
言葉では上手く伝わりませんよね。
のぶたさんへ
★のぶたさんへ

>フログのバックが変わりましたね
織田信長公のテンプレートです。
気分一新、変えてみました(←気が多いだけ)

中盤、フィンガーへの掛かりが良くなったように感じました。
その分、安定して投げられたと思います。

>練習あるのみです!!
そうですね。上手く良いところを吸収していきたいと思っています。
ラウンジさんへ
★ラウンジさんへ

>いっぺんに修正は出来ないので1つずつ行きましょう。
ちょっと「欲張り」して、あれこれやりすぎなのかもしれませんね(笑)
とりあえずは、形になるまで地道にがんばります!
そして難解なリリースの解明をしたいと思います。
動画からははっきりは分かりませんが、4歩助走としては、立ち位置が結構手前のように見えます、、、(4歩助走なら)前のドットに踵を合わせる辺りに立つ方がタイミングを合わせ易いです、、、(タイミングが合えば、短くゆっくり歩いても球速は上がります)

体の中心を通す練習は、インサイドから20枚目のスパットを通して10ピンを取る投げ方で7枚目を投げると分かるかもしれません、、、

リリースは、、、、ある日突然わかるときがきますので、お楽しみにしていてください、、、分かればちっとも難解ではありません、、、、

あむさんへ
★あむさんへ

立ち位置ですが、現在、前のドットに爪先を合わせています。
これは以前、あるプロの方から「この位です」と指導を受けました。
(それより前は、もっと手前から投げていました)
タイミングを合わせ易い…とのことなので、ドットに踵を付けて投げてみます。

それと3歩目を小さくすることで、4歩目のスライドがしやすくなりました。
このタイミングはしっかり身につけたいです。

>体の中心を通す練習は、インサイドから20枚目のスパットを通して10ピンを取る投げ方で7枚目を投げると分かるかもしれません

すみません。知識不足で申し訳ないのですが
この7枚目を投げる…と言うのは、どういう意味でしょうか?

リリースは、ボールの下に手を入れて手の平(人差し指の付け根?)で、前に押す練習をしばらく続けます。
早くわかるようになりたいです(笑)
7枚目を投げるの意味は、1投目で7枚目を板目真っ直ぐに投げるという意味です、、、、それを、(おそらくはひろさんも実行されているであろう)10ピンをレーンの中心を通してまっすぐ取る投げ方でやってみて欲しいということです、、、、

尚、早く曲げたい気持ちは良くわかりますが、リリースのことは取りあえず忘れた方がいいかもしれません、、、そこに気を取られると、腕に余分な力が入ってスムーズなスイングが妨げられる恐れがあります、、、、

タイミングの習得にはスイングの脱力(特にトップからのフォワードスイング)が大切です、、、、ボールは実は結構な速度で落ちてきます、、、それを腕の力で止めてはいけません、、、ボールを先に行かせて(リリースは)それを後ろからちょいと押すだけでいいのです、、、、

私は最近、試合観戦に重点を置いていたのでほとんど練習できていませんが、地道に投げ続けていらっしゃるので素晴らしいと思います。
私は最近は曲がりすぎますが原因が分からず…。お互い混ぜることが出来ればいいんですけどね^^;
あむさんへ
★あむさんへ

ありがとうございます。
しばらく、タイミング中心の練習に専念します。
★ベータさんへ

全日本女子・・・素晴らしい試合だったようですね。
私も観に行きたかったです。

曲がるコツなどを教えてください(笑)
曲がらないコツなら、すぐに伝授できます(汗)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。