無謀

昨日の記事で、あむさんから「3歩目でトップを実現するために、より高く振り上げるのは間違い」
というコメントを戴きました。
ここのところ、本当に親切なアドバイスを頂戴していまして、心から感謝していますにっこり

さて、今日も仕事が休みだったので「朝から・・・」と行きたかったのですが、
かねてから観たかった「レッドクリフ」に行きました(三国志も大好きです)。
内容は、ちょっと演義と異なっているところがありましたが、ほぼ忠実に再現されていてました。
とにかくスケールが大きいことと、雲長と子龍がカッコ良かったです
あんな雲長ならそばにいるだけで、背筋がピーンと伸びます!!
でももうちょっと青龍偃月刀を小気味良く、使ってもらいたかったです(マニアの域か・・・)。

映画が終わって、昼からはボウリング。
今月、ホームの競技会は、まだ1回しか出ていなかったので、急遽参戦することにしました。
(とにかく1月に3回は出るようにしたいので)
もちろん、あむさんからアドバイス戴いたことも取り入れて・・・と少し安直に考えてしまいました。
そして、結果は無残なことに・・・落ち込み

AVE:179.5 ST:27.1 SP:57.5 OP:17.5 順位確認できず

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ2を加算。

2ゲーム目の4thは、まぐれです。
兎に角、バックスイングを小さくするということで投げたのですが、
小さく押さえるために逆に力が入った状態が続きました。
競技会だったのでフォームを撮影することはできませんでしたが、恐らく非常にぎこちない流れで
投げていたと思います。
競技会なので、ある程度点数にこだわりたかったのですが、こんな状態では話になりませんね。

まだまだです
関連記事

コメント

記録をつける、、、
前のコメントで、

>これを直すのはちょっと勇気が要りますが

と、お断りしたのは、こうなることが分かっていたからなのですが、、、、

フォーム、特にタイミングを変えるのはなかなか大変です、、、よほど勘の良いひとでも、当面スコアを落とすのが普通です、、、、

で、スコアが落ちるとボウリングが面白くなくなるので、普通(本能的に?)すぐ元のタイミングに戻してしまい、元の木阿弥になります、、、、、

だって、プロを目指すわけじゃないし、楽しみでボウリングをやるのにそんなことまでやる必要はないと、努力しない理由はいくらでも思いつくものです、、、、

だからほとんどの人が、プロのレッスンを受けてもちっともうまくならないのですが、ひろさんがブレイクスルーしたいと心から願うのであれば、ここは頑張ってみてください、、、、

そこで、”日々改善”を実現するために是非、オススメしたいことがあります、、、、

それは、記録をつけるということです、、、、

あのとき、すごくいい感じで投げれたのに、今日は全然ダメ、、、、どうしてだろうとか、感じたことがあると思いますが、練習中に気づいたことは全て、忘れないうちにノートに書きとめておきます、、、、自分にだけ分かる内容で問題ありません、、、、

そして、次の練習のときも同じ感覚を再現した上で、次の課題に取り組むというサイクルを確立するのです、、、

これを必ず行うことで、自分が何を出来るようになったのか、何が未だできないのかがきちんと理解できるようになります、、、、

いろいろと、毎日やらなくてはならないことを書きましたので、忙しくなってきましたが、ひとつひとつはそれほど難しいことではありません、、、こういったことを習慣にしていくことが練習をするということだと思います、、、闇雲に投げ続けるのは、ボウリング自体が楽しいのでよい時間つぶしになりますが、上達とは別次元の話と考えています、、、、

フォーム改造中は
投球が安定せず、ロースコアを叩いてしまうのは仕方が無いことだと思います。僕もしばらく150アベくらいでした。
僕も「タメ」が作れず悩んだ時期があったのですが、いい感触で投げられた時と、明らかにダメだと分かった時は、その特徴をメモしていましたよ。
ひろさんもメモを取られてみては?
参考まで。

あむさんへ
長年染み付いたフォームですので、一筋縄ではいかないものと思っています。
でも折角取り組みだしたので、このまま頑張っていこうと思っています。

と言いながらも
>スコアが落ちるとボウリングが面白くなくなるので、普通(本能的に?)すぐ元のタイミングに戻してしまい、元の木阿弥になります

のコメントにちょっと、ギクっと来てしまいましたv-388

またノートへの練習メモのアドバイスの件、ありがとうございます。
早速、小さなノートをボウリングカートに入れておきます。

最後のくだりは、ホントそのとおりだと思います。
ただ投げるだけでなく、やはり上手くなりたいですから・・・。
ベータさんへ
やはりメモが重要ということですね。
せっかく感じ取ったことをその場でやり過ごすだけではダメダメですね。
なるほど、言われてみればその通りです。
(っていうか、これまで気づかなかった自分が鬱ですv-393

管理者のみに表示