サム抜きの練習と新たな課題

サムの抜けについて、あむさんからコメントを戴きました。
頭の中で色々と整理し、家でボールを転がしながら「サム抜けのタイミング」の練習をしました
自分なりに「こうかな?」と思いながらボールを転がしていると、
やはり「早くボウリング場で投げたい」という気持ちに駆られてしまいます汗
しかし不規則休みの仕事の性質上、なかなか投げに行くことができずに、ウズウズしていました
(それはウズじゃなくて、波)

そうこうしていると、いつも勉強させていただいていますカージナルさんのブログに、
私にとって、とても旬な記事が掲載されていました
私の悩みを見ていただいてくださったかのようです。(←思い込み)

その中で、<ケース1>で記述されていました親指のタコです
私も親指の第1間接両側にタコが常駐している状態です。恥ずかしいですが、今の状態です。
SN3D0108.jpg
見事に外側も内側もタコでぷっくり膨らんでいます
カージナルさんのブログでは「親指を曲げる」ことが原因とされていました。
しかし私はサムジャックで強制しているので、「多分曲げてはいないだろう」と思っています。
「じゃあ何故?」と思い少し検証してみたところ、恐らくオーバーターンによる「ターンダコ」
ではないかという結論に達しました
ここのところの内ミス多発や、サムが思うように抜けないのは、
「サムが抜けないうちからターンしていて、しかもオーバーターンしている」のではないかと・・・。
その結果サムがボールに引っかかり、5枚の内ミスなんてことも起こってしまうのではないかと・・・。
あむさんから戴いたコメントでも、「(コントロールのつかないのは)親指の抜けが遅いか、、、
いずれにせよ、無理に曲げようとしているケースが多いと思います」とのことでした。

では「オーバーターンを如何に防ぐか」ということが課題になります。
あむさんから戴いたコメントでは「ほんのちょっとリリース時の手の向きを変えるだけで
ボールは勝手に横回転し始めるものだと理解しています」とアドバイスがありました。
私なりの理解ですが、リリース時は「サムを12時に向ける」ことが解決策かと思いました


次にカージナルさんのブログ<ケース2>ですが、そのまま引用させていただきます。
ある方とのやり取りの様子ですが

「指の抜け具合が悪い時があるけど、バックスイングの頂点で親指を曲げて握ってない?」

「後ろに飛んでいきそうになるので、曲げて握ってます。」

いやいや、正にその通りなんですよ
私もバックスイングの頂点辺りでサムがフッと緩んでしまい、後ろに飛ばすのが怖くて
サムにグッと力が入ってしまいます
カージナルさんは対処策としてキネシオテープとアジャストテープで調整されたと記述されていました。
すなわち、「バックスイングの頂点で握りこまない位にサムホールをキツメに調整する」ということ
と私なりに結論付けました


そして今日、やっと練習に行ってきました
練習なので点数は度外視でよいと思いますが、一応結果です。

AVE:180.5 ST:34.7 SP:43.3 OP:25.0


今日気をつけたのは「サムに力を入れない」と「親指12時」でした。
結局、ボウリング場ではサムホールの調整に手っ取り早くキネシオを使いました。
いつもより2枚多く重ねることで、バックスイングでの不安が解消されたかのように思います

練習の方ですが、序盤苦労したのが「親指12時」でした。これがなかなか実践できず、オーバーターンガビーン
2ゲーム目の途中位から、なんとか12時に向けることができ始め
「おぉ、これや!」と思うリリースも1・2回ほどありました(少ないase)。

しかし4ゲーム目の7フレ(ダブルの後だったので、よく憶えています)、急に曲がりが小さくなりました。
ダブルの後なので力が入ったのでしょうか?
でもこの後投げていると、「サムが抜けた後、フィンガーに掛からずにすっぽり抜けている」
ことに気がつきました
掛りが悪いので、曲がりの幅が急に小さくなったのでしょうか??
でも何故急に?? 課題は尽きませんね・・・。

この時思ったのですが、フィンガーには力を入れるべきなのでしょうか?
私はどちらかというと力を入れずに、そっと差し込んでいるだけです。
みなさんは、どうでしょうか?
貴重なご意見をいただければ幸いです。

(かなり長文になってしまいました。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました)
関連記事

コメント

私は・・・
私の場合は,ボールが小指方面からこぼれ落ちないで,人差し指と中指の間から落ちる時があります.
このときは,ほぼまっすぐボールは行き、すっぽ抜けのような感じになります。
10ピンは結構この方法で取っていました.

フィンガーは、私は力が入ってしまうのですが,引っ掛けあげてしまうため、自分としては修正ポイントになっています。

ところで、「ターンだこ」というのがあるのですか?私も自分で曲げようとすると外側が剥けるのですぐに気が付いて無理に曲げないですみます。

あるいは、、、、
サムやフィンガーへのこだわりも大事ですが、実は、スムーズにスイングし、しっかり軸足に乗って前へ転がすフォーム自体が安定すると、コントロールもつきますし、回転もよく掛かるようになります、、、、

因みに、自分の投球をビデオに撮ったりはされてますでしょうか?

普通のビデオではリリースの瞬間まではっきり捉えるのは困難ですが、、、、、ステップの歩幅や位置、スイングの軌道、リリース時の手の向き、腰の高さ、タイミングの取り方など自分自身で見てみると、なんだこんな投げ方をしてるのか、ということがよく分かって結構ショックだったりしますが、自分の欠点がよく分かります、、、

「ボウリング・クリップ」のサイトなどからプロの投球フォームをダウンロードし、デスクトップに貼り付けて暇があれば眺めるという練習方法があり、これがかなりオススメです、、、、

常にうまいひとのフォームを眺めていると、自分のなかによい投球イメージができてきます、、、、そして、ときどき自分のフォームをチェックしながら、まねをするわけです、、、、

プロのフォームを眺める以外では、ボールを構えてプッシュアウェイから一往復スイングして元に戻す、という一番最初に習ったはずの練習を、今更とか思わないでこれも毎日やってみてください、、、、

いろいろとお悩みのことが、案外これだけで解決する可能性があったりします、、、、大胆なフォーム改造は大変ですが、ビデオを眺めて素振りするだけでも全然違います、、、、

もちろん、プロのレッスンを受けながら、毎日20ゲーム投げ込み、その上で大会やリーグに積極的に参加、なんてことができれば理想ですが、、、、

ガマグチヨタカさんへ
>私の場合は,ボールが小指方面からこぼれ落ちないで,人差し指と中指の間から落ちる時があります.
>このときは,ほぼまっすぐボールは行き、すっぽ抜けのような感じになります。

私もたまにあります。この時は、ターンが入っていないので
回転はしているのですが、全く曲がってくれないのですよね。

>フィンガーは、私は力が入ってしまうのですが,引っ掛けあげてしまうため、自分としては修正ポイントになっています。

私にとっては、今ひとつ「引っ掛けあげる」という感覚がわかりません。
逆に言えば、それだけリフトができていない証拠なんでしょう。

>ところで、「ターンだこ」というのがあるのですか?私も自分で曲げようとすると外側が剥けるのですぐに気が付いて無理に曲げないですみます。

私は曲げようとする意識が強いため、かなり指を回していると思っています。
サムホールの中で、サムの両サイドが擦れてできたタコだと思います。
あむさんへ
ビデオは過去に何回か撮影し、チェックもしてみました。
直近のフォームは、とあるオフ会で撮影していただいたものがあります。
http://canterbury300.blog66.fc2.com/blog-entry-251.html
この記事でフォームについて、アップしましたので
もしよろしければ、ご覧下さい。

あとはビデオによるイメージトレーニングですね。
よくPリーグの選手のフォームをスロー再生や、コマ送りで見ています。
特に大石選手のリリースを食い入るように見ました。
なるべく頭に焼き付けるようにしているのですが、実戦となるとなかなかですv-388

>もちろん、プロのレッスンを受けながら、毎日20ゲーム投げ込み、その上で大会やリーグに積極的に参加、なんてことができれば理想ですが、、、、

そうですね。
でも日常生活の中で、なかなか実現は難しいです。
特に毎日20ゲームするだけの、小遣いが・・・v-406
力は入れない派です
こんばんは。
僕はフィンガーには力を入れていません。
ただ、そっと差し込むのではなく、しっかり差し込みますが、力は入れていない、という状況です。
そのため、第1関節まで指を入れると固定されるようにキツ目のホールサイズにしています。
先日ドリルしたボールも1サイズ小さいかなと思うくらいキツ目のゴムを入れてもらいました。
必ずしもこれが良いとは思いませんが、力を入れずに固定できるという点は試してみるのもありかな、と。

ちなみに、サムは指の付け根でボールを抑えるように持つので、親指の付け根にタコがあります。
「付け根で抑える」ことを意識すると、自然とボールを握らなくなりますし、結果、ボールを落とすことが少なくなりますよ。
(今は「ドスン」という音もせずに投げられます)
私の親指はひろさん以上に、両サイドにタコができてます。
絶対親指は曲げてないし、オーバーターンもしてないので、
単純にサムホールのサイドに擦れてるからと思ってますから、タコのことは全然気にしてませんw

オーバーターンが気になるなら、スイング後のフォロースルーでの手の平の向きに注意してみてください。
自分の方に向いていれば大丈夫!
ベータさんへ
ありがとうございます。
私も一時期、フィンガーゴムを1つサイズダウンしました。
しかし私の場合、きつすぎたのか中指の爪の下、両サイドにタコができてしまいましたv-406
その為今は、1サイズ大きくして「テアライトテープ」を巻いています。

やはりフィンガーには力を入れない方が良いのかなぁ・・・と今は思っています。
フォーム拝見しました、、、、

気になったことは、、、、これを直すのはちょっと勇気が要りますが、、、、4歩助走の3歩目でボールがトップに来るよう、もっと溜めが欲しいです、、、、プロの投球と比べてみてください、、、、いろんな投げ方をするプロがいますが、ここのタイミングだけは共通だと分かるはずです、、、、

蹴り足に重心が乗ったタイミングでボールが静止する溜め→踏み込み足への重心移動と手遅れの流れ、が実現するとボウリングが全然変わると思います、、、、

ちなみに、フィンガーに力を入れたりとかは止めたほうがいいです、、、、サムもですが、、、重いボールと戦ったら絶対負けますから、、、、





福丸さんへ
そうですか・・・私より酷いのですかv-405
福丸さんにそう言ってもらうと、ある意味安心しました。
サムのタコは、ある意味しかたが無いものとして、あまり考えない方が正解かなぁって(笑)

オーバーターンの件ですが、是非チェックしてみます。
また教えてくださいv-392
私もタコに悩まされています。
サムは2段階大きくしてもらいましたが、まだ成長しているようです。

フィンガーに力を入れるかどうかは、人によっていろいろ考えがあるようですよ。
私は今はあまり力を入れないようにいています。
中島プロに言われた、手のひらの指の付け根辺りと中指でボールを押す(受ける)ようにしています。
あむさんへ
ありがとうございます。
すなわち手の動作が速い・・・ということでしょうか?
「3歩目でバックスイングの頂点に来る」ということは今まで1度も意識したことがありませんでした。
踏み込みによりボールに力が加われば、自ずとリリースも変わってくるということですね。

>重いボールと戦ったら絶対負けますから、、、、

なるほど、まさにその通りですねv-410
ケイワンさんへ
>私もタコに悩まされています。

みなさん、結構タコに悩まれているのですね。
私だけじゃない・・・という思いから、少し安心しました。

>フィンガーに力を入れるかどうかは、人によっていろいろ考えがあるようですよ。
>私は今はあまり力を入れないようにいています。

今コメント欄で伺っている限りでは、力を入れないと言う意見が大半です。
でもこれも人それぞれですからね。
私も今まで同様、入れないスタイルで行こうと思っています。

>中島プロに言われた、手のひらの指の付け根辺りと中指でボールを押す(受ける)ようにしています。

これは構えの時のアドバイスですよね。
とても参考になりますv-410
もうひとつだけ、、、
あまり一度にコメントするのはよくないのですが、もうひとつだけ、リリースが主題ということなので、、、、

手首の向きをちょっとだけ、、、という話は書きました、、、サムやフィンガーに変な負担をかけてはいけないことも書きました、、、、

手にタコもまめも何もない知人のプロのコメントは、「手のひら全体で転がす」です、、、、

全体とは言っても、実際ボールを持ってみると分かりますが、通常ボールと接触するのは指の付け根のラインになります、、、、だから人差し指の付け根や中指の付け根が少々擦れて皮が厚くなるのは問題ないと思います、、、、

ここでボールを押す感覚とよく言われます、、、決してフィンガーに引っ掛けたり手首を捏ねたり、つまり、意識的に回そうとするのではなく、、、、脇を締めて(何度も書きますが)踏み込み足にしっかり重心を乗せて余計な力を加えず足元で前へボールを押しだすリリースを心掛けてください、、、、

それが出来ればボールは勝手に曲がります、、、、出来るまでは分からないかもしれませんが、出来たらはっきりそう認識できるでしょう、、、、練習してください、、、

タイミングが全て、、、、だからサムやフィンガー云々ではなく、敢えて全体のフォームのことをコメントしました、、、

がんばってください。
勉強になりました
皆さんのコメントを読んで大変勉強になりました。
私の場合もテアライトを巻いていますがフィンガーには力を入れてません。
サムのタコはサムの内側付け根と間接横の人差し指側にあります。
オーバーターンがひどいときはなぜかサムの外側の間接部分の皮が剥けます。
それと私の場合、オーバーターンの制でしょうけど少し落し気味の方が縦回転っぽくなりますね。
参考までに…
訂正
>中島プロに言われた、手のひらの指の付け根辺りと中指でボールを押す(受ける)ようにしています。

すみません、中指ではなくて人指し指でした(汗)
余計なところに力が入ってはいけませんね(苦笑)
リリース
プロのリリースをよく見ているとフォームと同じく多種多様であることが分かりますね。

中指、薬指でかきあげるリリースはボールのスピードを殺してしまいます。
今のボールはコアの形状、レイアウトで回しに行かなくても勝手に曲がります。
ただボールの上半分をいくら強く押しても滑ってしまい転がりませんので、ボールの下半分に指を潜り込ませて前に運ぶことが重要だと思いますよ。
そうすれば回転数が上り、レーンとの接地が増して曲がりも力強くなります。
あむさんへ
親切なアドバイスを戴きまして、本当にありがとうございます。
思い起こすと、ボウリングを始めた当初のことですが
全く曲げることができず、ほぼストレートで投げていました。
そんな状態でしたから、今になっても「曲がらなかったらどうしよう」
という潜在意識が残ってしまっています。
(やはり初期の頃に、きちんとスクールに入るべきでした)

しかし大事なのは、リリースよりも全体のフォームというアドバイスを戴きました。
体に染み付いたフォームやタイミングを変えることは
なかなか大変と思いますが、少しずつ頑張ってみようと思います。
ありがとうございました。
のぶたさんへ
ありがとうございます。
サムのタコは、気にしないようにしますv-410
フィンガーも力を入れないというご意見が大半ですので
私もこれまでどおり、力を入れずに行きたいと思っています。
ケイワンさんへ
了解ですv-426
ラウンジさんへ
>中指、薬指でかきあげるリリースはボールのスピードを殺してしまいます。

極端な例は、ロフトボールということですね。納得ですv-410

>ボールの下半分に指を潜り込ませて前に運ぶことが重要だと思いますよ。

これが、なかなかできないんですよねv-388
自然と前へ押し出せるようになるまでは、かなり掛かりそうな気がします(弱気)
ありがとうございました。

管理者のみに表示