スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識改革

前記事では、みなさんに色々とアドバイスをいただき、ありがとうございました

少しこの場を借りて、整理してみたいと思います。

私はこれまで、サムの抜けにかなり気を使ってきました。

サムジャック、サムセイバー、サムベルベッティー、シュアクッション、ノンスリップシリコンテープ、

スティックテープ、アジャストテープ、インサートテープ・・・etc.

各社の宣伝文句に心を動かされ、色々と試してきました

しかし結果は、迷い道クネクネ?音譜 (古っ絵文字名を入力してください

というのも、私のボウリングスタイルは「サム中心」に組み立てているからです。

構えからリリースまで、サムの向きを考え、ボールコントロールもサムで取っています。

(実際にはサムだけで、そこまでできません。あくまでも感覚です。)

しかし、ふと思い立ったのは  「フィンガーを疎かにしていないか?」ということです。

ボールに回転を与えるのはサムではなく、フィンガーです。

今まではサムばかりに気を取られ、その他のことは疎かではないけど、注意が行っていません。

フィンガーだけではありません。

 ・腕の内側を真っ直ぐスパットに差し出せているのか?

 ・ファールラインに対してきちんと正対できているのか?  等々。

チェックしだせばキリがありませんが、ここは1つサムばかりで無く、

フィンガーの感覚を大切にしてみようという結論に達しました。

某プロ監修の教本には、「リリースはフィンガーが真上から見て10時」と書かれています。

サムじゃなくフィンガーです。

フィンガーが10時ならば、ボールへの力点は指先の右半分にかかるはず。

バックスイングからリリースに入る直前まではフィンガーは12時を向けておき、

リリースの瞬間に指先右半分に力点(ボールの重み)を感じながら投げる。

もちろん、スパットに対して正対しながら。

サムは意識することを避けるため、やや緩めの調整が良いかもしれません。


少しずつでも良いので、コントロールが定まってくれれば・・・と思っています。

そのためには、まだまだ試行錯誤を繰り返さなければならないと思いますが、

また、みなさんの貴重なご意見をいただければ幸いです
関連記事

コメント

ちょっと気になったので、、、
>リリースの瞬間に指先右半分に力点(ボールの重み)を感じながら投げる。

、、、指を痛めそうで心配です、、、

その教本を知らないので間違っているかもしれませんが、察するに、「フィンガーが真上から見て10時」は、人差し指が進行方向を向いて、親指抜いたらそのまま人差し指を中心にターン、、、、ボールを回すのはあくまで指の腹で、、、、という意味かと思います、、、

フィンガーに横向きの力はNGです、、、

あむさんへ
コメントありがとうございます。

>、、、指を痛めそうで心配です、、、

確かに今日は、中指・薬指とも第1間接が痛いです・・・
やはり、私の考え方は違うようですねv-390

教本の文章をそのまま用いるとまずいので、少し端折って記述してみます。
「フックボールは、親指を10時の方向でリリースするとよく言われるが、
親指の付け根や間接の形の違いから、万人には当てはまりません。
中指・薬指を意識して、リリースのとき真上から見て10時の方向を指していればOK」
と書かれていました。
この文の横には写真が掲載されていて、写真では親指・中指・薬指全てが
ボールに入っています。
この写真を見る限りでは、リリース時の力点はフィンガーの右半分と理解したのですが
全くの浅はかのようでした。

>親指抜いたらそのまま人差し指を中心にターン

このメカニズムが10年以上もボウリングをしているくせに
全然分かっていない項目なんですv-404
親指が抜ければターンというのは、理論的には分かっているのですが
実際に投げていて、親指が抜ける瞬間というのはゼロコンマ・・・秒だと思います。
その非常に短い間に、親指の抜けを認識してターンするというのが、
どうしても理解できないのですv-406

指の腹に掛けることを意識すれば、見事なストレートボールになります。
すなわち、全くターンできていないことですよね。
そこで適度な横回転を入れなければならない・・・という意識が生まれるのですが
どうすれば良いのか分からず、もがき苦しんでいるところです。

それに加えて、内ミス・外ミスを繰り返してしまい
ホント、ボロボロになってしまいました。

ごめんなさい、愚痴になってしまいましたねv-435

サム抜きの練習、、、
親指に関しては、勝手に抜けるというひとも多いと思いますが、自分のタイミングで意識して抜けないとリリースが安定しないと思います、、、、

こいつは練習するしかないのですが、抜く以前の問題として既に書きましたが、ボールをしっかり持つことが重要だと思います、、、、ちゃんと持てたら次は親指、ということですが、おっしゃるように一瞬の出来事ですからわからない訳で、言い方を変えます、、、、

ボールを投げるのではなく手前からそっと転がしてみてください(そっとですよ、そっと)、、、、ふとんの上とかでなら家でもできます、、、、

親指を先に抜かないときれいに転がせないはずです、、、

感じがつかめたら、それをボーリング場で、、、コンパクトなスイングで、低く手前から転がすことに集中して練習してみてください、、、、

、、、ボウリング場に行かない日も、家でボールは毎日握って転がしてみてください、、、、

私はそうやって覚えました、、、、
あむさんへ
アドバイスありがとうございます。
昨年調子が良かった時期は、いわゆる「サムが勝手に抜けてくれる」という感じで、
全く意識していませんでした。
そんな状態ですから、どういう所に意識して(注意して)リリースしていたのか、
頭に残っていないのが現状です。(全く、お恥ずかしい限りです)

>ボールをしっかり持つことが重要だと思います
まずボールを持った時、サムは折れないように、サムジャックで強制しています。
そして構えるときは、サムに力をほとんど入れないように心がけています。

>ボールを投げるのではなく手前からそっと転がしてみてください
>(そっとですよ、そっと)、、、、ふとんの上とかでなら家でもできます、、、、
早速、今晩からやってみます。うちは集合住宅なので、気をつけなければなりませんね(^^;
まず抜ける感覚をしっかり覚えこませたいと思います。本当にありがとうございました。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。