スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コントロールとサム調整

当面の課題はコントロールを良くすることなんですが、これがなかなか解決策が見つかりません

カージナルさんのブログでは、1?2枚内ミスしたときでもストライクになる幅のあるコースの探し方

という大変ためになる記事を読ませていただきましたが、

現状の私は5枚位の内ミスや外ミスをするものですから、さぁ困った・・・です

コントロールを乱すときは、だいたいサムの腹側が引っかかっている感じがするので

スムーズに抜けていないのかもしれません。

そしてサムを抜くことばかりに意識すると、すっぽ抜けてしまい、

回転を与えることができないこともしばしば

サムの調整方法がおかしいのかと思い、スティックテープやアジャストテープを貼ったり、剥がしたり

の繰り返し。

厚めに貼ると抜けなくなり、薄めに貼ると落としそう・・・。

ここに神経をすり減らしすぎても・・・と思い直しているところです。

関連記事

コメント

私もコントロールは悪いですね。
どうすれば直るのか・・・私も知りたいですね。

サム調整ってほとんどやってません。。。
ボールにサム腹側に1枚とサムに1枚のみ。。。
鈍感なんでそんなに気にならないんですよね。(汗)
のぶたさんへ
1~2枚のミスならば、許容範囲?かもしれませんが
大きく内ミスや外ミスが続くと辛いですからねぇ。
「こうすれば良くなるよ」というご指導があれば良いのですが。

>鈍感なんでそんなに気にならないんですよね。(汗)
私も昔はボールにも指にもテープ類を張らず、リスタイすら付けていなかったのですが
今は完全装備になってしまいました(笑)
サム調整
私も以前はずーと貼りっ放しでいけたのですが、握らないようにとシビアに見出したら、毎回悩むことになっています。
内側に貼るノンスリップシリコンテープが慣れてくればだいぶ楽になると思って頑張っています。
基本はボールの重みで振り抜けばそうそう落とすことはないのですが、現実はなかなか上手くいきません(苦笑)
内ミスが多いです^^;
僕もコントロールが定まらず、特に内ミスすることが多いです。
テープもリスタイもなしという、完全素手投球という状況に戻ってから約半年、未だにコントロールが定まりません^^;
テープやリスタイが嫌だという訳ではなく、単にプロチャレでご一緒させていただく某プロが素手なので、ただの対抗意識なんですが(笑)
僕は少し、リスタイでの矯正が必要かも…
コントロールは、、、
通りすがりの者ですがコメントします、、、

曲げずにまっすぐ転がす、、、たとえば10ピンボールで7、10を1本づつ取る練習とか、ヘッドピンを20枚目まっすぐで取る練習とか、、、、すぐ飽きちゃいますが、時々チェックする方法が有効かもしれません、、、

この際、(もちろん全てのひとにこれが正解とは限りませんが)リリース時、肩のラインが投球方向へ正面に向いていて、ボールが体の中心線から外れないように気をつける、、、

いや、実はまっすぐ転がすのは問題ないけど曲げると引っ掛ける、というひとは、、、脇が開いてるか親指の抜けが遅いか、、、いずれにせよ、無理に曲げようとしているケースが多いと思います、、、、

①ボールが体の中心線を外れず、②軸足に体重をきちんと乗せて③前へ転がすことができていれば、あとはほんのちょっとリリース時の手の向きを変えるだけでボールは勝手に横回転し始めるものだと理解しています、、、、

指穴調整の話題に関連して、、、、ボールを握りこまないということがよく言われますが、誤解を恐れず述べれば、私はボールをしっかり持つことの方がより重要だと考えます、、、どんなに握り込んでいても(力んじゃいけませんが)、上記の③の初動のタイミングでぱっと放してやれば問題ないです、、、、

長文失礼しました、ご参考になれば、、、、
サムの調整は、私も苦手です。
キツイと感じたらテープを1枚減らす、ゆるいなら1枚足す・・・
で、後は気にしすぎないことですね。
と書きながら、私もサムを気にして失敗することは良くあります(爆)
参考にならなくて、スミマセンm(_ _)m
ケイワンさんへ
気にしだせば、とても気になりますよね。
ピタッと「入れ心地が良いとき」は抜けも良いのですが
そうでないときは、悲しくなる位、気になります(^^;
ノンストップシリコンテープは、私も昔使っていましたが
いまはサムジャックを入れています。
コントロール
まずは「スパットを最後までしっかり見ているか」をチェックしてください。
以外と投げる瞬間には違うところを見ている場合がありますよ。
次は真っ直ぐボールを出す場合、立ち位置とボールが落ちる場所が
何枚あるかをもう一度確認してください。
以前より体の中からボールが出るようになり板目が少なくなっているかもしれませんよ。

-教えられるほどのコントロールがない者より-
私も、コントロールを乱すときは,別のことが大元の原因であって、その結果親指がすれるような感じがするのだと思いますよ.
・肩を向ける
・スパットを最初から最後まで見る
・腋を締める
を心がければ結果的にすべてが上手くいくのではないでしょうか?
ベータさんへ
リスタイには賛否両論があって、リスタイの無い方が強いボールを投げられると聞きます。
プロへの対抗意識とのことですが、そういうきっかけも良いかもしれませんね。
コントロールが定まるリスタイって無いでしょうかね?(笑)
あむさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
興味深く読ませていただきました。

中でも
>曲げると引っ掛ける、というひとは、、、脇が開いてるか親指の抜けが遅いか、、、
>いずれにせよ、無理に曲げようとしているケースが多いと思います

私は常々、親指の抜けが遅いと感じていました。
よく「最下点で自然に抜ける」と言うような話を耳にしますが
あまりそういった感覚はありません。
むしろ抜け切れずに、内ミス・・・と言うパターンが多いように思います。

>①ボールが体の中心線を外れず、②軸足に体重をきちんと乗せて
>③前へ転がすことができていれば、あとはほんのちょっとリリース時の
>手の向きを変えるだけでボールは勝手に横回転し始めるもの

ほんのちょっと手の向きを変える・・・この感覚を知りたいと思っています。
教本等では、「握手するように手を差し出す」と書かれてることが多いですが
これは下手をするとオーバーターンになってしまうと思います。
逆にそのまま動かさずに振り上げれば、横回転無しのストレート。
では、どれくらい動かせば良いのか?
今まではサムで、タイミングを取って来ました。
コントロールもサムで方向性をつけるような感覚でいたのですが
本文に書きましたとおり、サムに引っ掛かりが出始めると
コントロールも回転も思うように行かなくなってしまいます。

そこで指穴調整・・・と思ったのですが
キツメの調整よりも、少し緩めに調整しておいて
③の初動タイミングを見計らう練習をしてみたいと思います。

ありがとうございました。またコメントいただけると幸いです。
福丸さんへ
サムのテープの1枚が微妙なんですよね。
心理的なものもあると思いますが、明らかに緩い・キツイと感じます。
あまり気にしない方が良いのかもしれませんね。
ラウンジさんへ
アドバイスありがとうございます。
投げ終わった後の板目をほとんど確認しないので、1度確かめてみます。
あと、真っ直ぐ出すときの立位置ですが、3年前と今とでは4枚変わっています。
それだけ、体の中に入ったと言うことでしょうね。
(以前が、開きすぎだっただけですw)
ガマグチヨタカさんへ
ありがとうございます。
その3点、もう1度確認してみます。
特にスパットから目を離さないよう、心がけます。
ビギナーの私がまたまたコメント失礼します。

私もインサートテープを貼ったり剥がしたり、親指に貼るテープの枚数で調整をしていましたが一向に抜けが良くならず悩んでいてドリラーさんに相談したら原因は簡単でした…(笑わないでくださいね)

背側や腹側の問題ではなく、ボウリングを始めた当初より当然のことながら親指自体がタコ等で太くなっていて親指の両サイドが引っかかっていました(爆)

それを指摘されてからすぐに持ってる全てのボールを一回り大きく掘り治して頂き、それ以来抜けの問題は解消しました。

ひろさん位経験が有る方はすぐ気付く事かとは思いますが、私からしたら盲点でした!!
ちびっこさんへ
いえいえ、私も同じようなことを何度も繰り返しています。
サムホールのテープを重ね貼りするのを、一昨年ようやくドリラーさんから聞いて
わかった位なのですのでv-388
ボウリングは10年以上やっていますが、9年目まで週1ボウラーで
しかも誰にも教えてもらわず・・・でした。
そんなわけですから、フィンガーゴムも入れっぱなしですし
サムの抜けの感覚なんて、何も気にせず投げていました。
そのツケが、今やってきたのだと理解していますし
この悩みもしっかり乗り越えることができれば
1ランク上にあがれると前向きに捉えています。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。