スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けじめ

ようやく落ち着いてきたので、1つのけじめとして、記事にしたいと思います。
今回の記事は、ボウリングには全く関係がありません。
内容も明るいものではありませんので、伏せた形にします。
このままスルーしていただいて結構です。



仏教では、お盆に亡くなった人たちが家に帰ってくるという教えがあります。

うちの親父も帰ってきてたのかな・・・。


先月、親父が突然、他界しました。
死因は、急性心筋梗塞でした。
母から狼狽した声で電話を受け、私が駆けつけたときには、
既に心臓マッサージを施されている状態で、そして最後まで息を吹き返すことはありませんでした。

葬儀が終わるまでは、何が何やらわからないまま
まるでジェットコースターに乗っているような感覚で、時間が過ぎていきました。

今日までも、色々な手続やお墓の段取り等の慌しい毎日。
そして、今週末に四十九日の法要を迎えます。

親父が心残りだったのは、年老いた母、すなわち私の祖母を残して旅立ったことだと思います。

でもな、親父・・・。
俺がおばあちゃんのこと、最後まで大事にするから。
できるだけのこと・・・いや、できる以上のことをしてあげたいから・・・。
しっかり見守っていて。

なぁ、親父。

関連記事

コメント

まずはお悔み申し上げます。
親しい方が亡くなられたとは感じましたが、まさかお父様とは思ってもみませんでした。
まして急なことでさぞや大変だったでしょう。
いろいろ心労があると思いますが、せめてボウリングの時間を持って息抜きしてくださいね。
ケイワンさんへ
ご丁寧にありがとうございます。
急なことでしたので、なかなか現実を飲み込むことができず
今日に至っています。
回数は減ってしまいましたが、ボウリングの時間だけは確保していくつもりです。
先ずは「お悔やみを申し上げます。。。」
お父様だったのですね。
私はてっきりボウリング仲間の他界かと思ってました。
急に他界されたと言う事で心の準備も整理も付かないと思います。
色々と心労もあるかと思いますが残されたお母様、祖母様を大切になさってください。
のぶたさんへ
ご丁寧にありがとうございます。
本当に急なことでした。何もかもが急すぎて、整理がつかないままです。
のぶたさんがおっしゃって下さるとおり、母と祖母を大切にしたいと思います。
心よりお悔やみ申し上げます。
慌しく過ぎたときには何も考える時間もなかったでしょうが、こうしてお父さんを思い出すことが本当の供養だと思います。
ひろさんも無理のないよう過ごしてください。
謹んでお悔やみ申し上げます。
一時期掲載されていた記事から、ご親友が亡くなられたのかなと思っていましたが、お父上だったのですね。
私の祖父が急逝した時の父の置かれた状況と凄く似ており、私もそれを目の当たりにしているので、大変さがよく分かります。

ふとしたことでも故人を思い出すことが一番の供養だと聞いたことがあります。
見守っていて欲しいという想いがある限り、お父上はきっと見ていてくれますよ。
お悔やみ申し上げます。
身近な方を亡くされたのだろうと思っていましたが、
まさかお父上とは思っていませんでした。
急なことでしたね。
私の父も今年7回忌でしたが、いつも近くにいて
見守ってくれている気がしています。
ガマグチヨタカさんへ
ご丁寧なお言葉、ありがとうございます。
みんなで、親父が「あんなこと言ってた・・・」などの思い出話をしています。
きっと親父もどこかで聞いてくれていると思います。

私の方は、かなり落ち着きを取り戻せました。
また今週もボウリングを予定しています。
ベータさんへ
ご丁寧なお言葉、ありがとうございます。
今日は六七日だったので、実家で法要をしてきました。
お坊さんのお説教をはじめ、みんなで親父の話もしてきました。
きっと親父も喜んでいるに違いないと思っています。
ラウンジさんへ
ご丁寧にありがとうございます。
いつかは別れが来るものですが、あまりにも急でした。
現在は少しずつ、落ち着きを取り戻していますので
また盆明けのボウリングも再開しようと思っています。

ラウンジさんのお父様も、きっと近くで見守ってくださってることでしょう。
まず、お悔やみ申し上げます。

今週四十九日ということでしたら、まだまだ落ち着きませんし、気持ちの整理もつかないと思いますが、体調を崩さぬよう、可能な範囲で体を休めてください。

私もひろさんが書かれているような状況で父を亡くしたものですから、なんとも胸がつまる思いです。





たたみたさんへ
ご丁寧にありがとうございます。
明日は、久しぶりに休日をいただけることになりましたので
夏、あまりお出かけに連れて行ってあげられなかった娘と一緒に
近場ですが、遊びに行こうと思っています。

別れが急ですと、辛いですね。
きっと、たたみたさんのお父様も、近くで見守ってくださっていることと思います。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。