スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肘のケア

前にも少しブログで書いたのですが、投げ終わった後に肘に違和感を感じるため、
現在サポーターをするようにしています。
スポーツ用のサポーターが欲しくて、先日バイオギアを購入しました。
biogear

適度な圧迫感と心地よい肌触りで満足していますが、
ただ肘を曲げると強い圧迫が加わるので、仕事で一定時間書き物をしたり、
食事等、肘を曲げることが多いときは、外すようにしています。
他の人から見れば、「そこまでしてボウリングしなくても・・・」と思われるでしょうが、
「そこまでしてまでも、やりたい!」のがボウリングなんですよね。

関連記事

コメント

私も同じく肘に違和感があります。
と言っても普段は痛くないのですがボウリングをやっている最中と言ったらいいのでしょうか?
時々痛くなるときがありますね。
やっぱサポータとかやったほうがいいのかな??
これは投げるときも付けているのですか?
でも一番の治療法は「投げる間隔を空ける」なんでしょうが無理ですよね??(笑笑笑)
バンテリンとかはどうでしょう?
ちょっと前は手首に塗ってました。
★のぶたさん
投げ友達が肘を壊して投げられなくなったので、
念には念をという意味で、サポーターを付けています。
投げるときは局部圧迫タイプ(1月4日のブログを見てください)のバイオギアを付けています。
インドメタシン配合のクリームも、使っていましたが、
肌が弱いため、かぶれてしまいました(T0T)
>「そこまでしてまでも、やりたい!」のがボウリングなんですよね。

私もです(笑)
ボウラーズサムになった時も親指のビリビリを避けるように持ちながらやっていました。

試合に出る年配の人でも「ひざが悪い」「腰が痛い」と言いながら楽しそうにやっていますし、ボウリング菌に侵されると投げない訳にはいかないようです。

体を労わりながらとことん投げましょう!
★ケイワンさん
そうですねー、もうボウリング菌に侵されていますので、
少々の痛みやだるさぐらいでは、気持ちが治まらないですね(笑)
私の投げ友達は、肘に激痛が走っても医者に見せると
ボウリングのドクターストップが掛かると言って、
結局行かずじまいでした。
相当、侵されているようです。
手首に余裕のないリスタイをして投げると肘に痛みが来ます。
特にリスタイをして10ピンをメインのボールで無理にストレートで取りに行くとピリッと来ます。

今は投げる前には必ずテニス教室で習ったストレッチをして予防してます。
ボウリング菌の増殖は恐ろしい早さですね。(笑)
★ラウンド1さん
ずっと、メカテクターを愛用しています。
確かに10ピンを取りにいくときは、肘の内側が痛いです。
ストレッチ、いいですね。とても参考になります!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。