オリジナル

今日も仕事が休みだったので、競技会に参加してきました

昨日の反省点を踏まえ、競技会の前に少し練習。
ボールはセルです。
10枚目から少し出すライン取りで投げ始めると、とても良い感じで220UP
本番に残しておきたい・・・絵文字名を入力してください

ここで、ボールをスティングにチェンジしてみましたクモ
同じライン取りで投げたのですが、サムが引っかかり上手く抜けません。
それ程きつくテープ類を貼ってるわけではないのですが・・・
スティングで打てないのは、もしかするとこれが原因かもしれません。
結局、練習2ゲーム目は150台でした絵文字名を入力してください

さて本番です。

まずは、スコアシートから

AVE:188.5 ST:47.9 SP:30.0 OP:22.5 17位/33人

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ9を加算。

1ゲーム目はしょーもないミス2連発でプラスを逃し、
2ゲーム目もミス2つ。特に10フレでのミスは、致命傷でした。
3ゲーム目は2?4?5のメイクミスとビッグフォー及び7?10落ち込み
4ゲーム目は、プラスが打てましたが、スプリット2つでした。

まずは反省点です。
昨日に引き続き、左側のスペアメイクが全くできていません。
今日は7ピン、4ピンに加え8ピンもミスしています-
投げる前には、妙に嫌な予感がしていました。恐怖症になっているかもしれませんがーん

「あれ??」というのもありました。
1ゲーム目の8フレ・9フレですが、どちらもジャスポケのはずが連続8ピンタップガビーン
3ゲーム目の9フレと10フレ3投目、ポケットのはずがどちらも7?10でしたガビーン


さて・・・
今日は1つ試してみたことがありました。

それは昨日のブログから始まります。
昨日のコメント欄で、ベータさんが投げ方について「個性」「特徴」とおっしゃってくれました。
そしてtorokakkeさんもそのことについて、肯定的な意見を残してくださいました。
またのぶたさんのブログのコメント欄で、
りりーさんが「教科書が正しいとは限らない」と書かれてました。

私はというと、昨秋に調子を崩して以来、教本に書かれていることを取り入れるため
投球フォームをあちこちいじり、今や訳のわからない状態にまでなってしまいました。
投げていて「あれあれ?」と思う位ですから・・・ね絵文字名を入力してください
プロレッスンでは、プラスになった部分もありましたが、結局自分のものにできずじまい絵文字名を入力してください

ということで、投げ方を 元の投げ方 に戻してみました。
最初は半信半疑だったのですが、投げているうちに、ボールがフィンガーに乗った感覚や
ボールをコントロールする腕の動きが鮮明によみがえってきました(少し大げさ)。

結果、点数的には全然ダメでしたが
ストライク率が40%後半と、まずまず良い数字が得られました。
ボールの回転も良くなったような気がしましたし、
セミローリングができているのか、ローリングトラックもサムのすぐ左に付いていました。

もちろん今日の投げ方は、教科書に反しています。
でもこれが私のオリジナルです
この先の結果はどうなるかわかりませんが、これから暫く「自分の投げ方」に徹してみようと思います。

関連記事

コメント

原点回帰で200UPあり、アベレージ180台後半、と
充分な結果ではないでしょうか。
昨日の僕の偉そうなコメントがきっかけになった
ようで恐縮ですが^^;

しばらく続けていれば、どんどん良い感じに
なっていくと思うので、頑張ってください。

P.S.
偶然にも僕も今日のゲームで、昨日のひろさんへ
コメントした自分の考えを思い出し、曲げること
に拘らず投げるキッカケになりました^^
ベータさんへ
昨日いただいたコメントをきっかけに、投げ方を元に戻してみました。
私自身、長らくオリジナルにこだわってきたのですがネ(^^;
これからどうなるかわかりませんが、良い方向に向かってくれればと思っています。
お互いに頑張りましょう!

私もレッスンを受けフォームを色々といじり今に至ってますが、ホームで点数を出すだけなら昔のままでもある程度、打ててました。
悩みだすと「もうどうにも止まらない…」になっちゃいますが…(汗)
確かにりりーさのコメントの通り基本から外れても自分にあった投げ方があるはずなんです。。。
個性も大切なのかな…って思う今日この頃です。。。
ともぞうさんからも「教科書を読みすぎないようにしてくださいね。」ってコメントをもらいました。。。
お互いがんばりましょうね。
お初でございます。
ボウリングは詰まるところ、コントロールと球質の安定と、レーンを読めるかどうかに集約されると思います。
コントロールと球質が安定していれば、投げ方の良し悪しは関係ないです。
教科書どおりの投げ方のトッププロっていないじゃないですか(笑)
教科書は、ピンポイントで使う参考書ですね。
私も最近思うのは、どんな投げ方であろうと再現性高く繰り返せるのが非常に大きいということです。

でも、それが可能になる可能性の高いものが、教科書として書かれているのだという思いもあり、ちと悩ましいところではあります。(^^ゞ
のぶたさんへ
私も色々なことを試してきました。
その結果かどうかわかりませんが、今現在は袋小路に入ってしまったような感じがしたのですよ。
リリースは毎回違うし、投球リズムも崩れてしまっているし、足は痛くなるし…。
それならば、ということで戻してみました。
まだまだ点数がショボイので、大きなことは言えませんが、
「オリジナルを磨く」という方向で頑張って行きたいと思います。
りりーさんへ
初めまして!コメントありがとうございます。
>コントロールと球質の安定と、レーンを読めるかどうかに集約…
そうですね。リリーさんのおっしゃるとおりだと思います。
大きな声ではいえませんが、実は私もずっと、同じ考えでいたんですよ(^^;

でも、良い意味で向上心が出てしまい
「もっとこうすれば良くなる」
「ここを変更すれば、安定する」
という思いから、色々な所を触ってしまいました。
その結果は・・・orz

貴重なご意見ありがとうございました。
まさに目からウロコでした。
ochanさんへ
>再現性高く繰り返せるのが非常に大きい…
昨年のボウリングマガジン7月号で、持田プロが同じ様なコラムを載せてられました。
私はこれを読み、「なるほど!」と思ったものでした。
投げ友達にも「この考えに感銘したよ~」とまで言っていたものでした。

にもかかわらず、再現性が低い方向へ進んでしまったようです(笑)
確かに教科書は、再現性が高くなるよう書かれているわけですが
受け止め方も十人十色ですからね。

ボウリングは本当に難しいですね。
投げ方はやはり十人十色で良いと思います。
打った者の勝ちですよ!(キッパリ)
私は打てないので迷うことが多いですが・・・(汗)
ケイワンさんへ
確かにボウリングは「打った者勝ち」ですよね。
どんな投げ方であれ、点数が高ければ良いのですから^^
私も迷い通しです(>_<)

管理者のみに表示