スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリースの練習

今日は休み音譜
とにかく「リリースの練習」(なんか表現が変?)をするために、投げに行ってきました。

こういう場合は、低料金で沢山投げられるラウンドワン。
今日行ったのは ラウンドワン大東。
家からで30分くらいで到着。そして嬉しいことに、エレベーター(こだわり)有りでした


さて、サム抜けの感覚を確かめようということで、サムホール内のテープ類を減らして投球開始。
「ボトッ」
「ボトッ」
これでは、いくらなんでもボウリングにならない・・・
というか、バックスイングで後ろに飛んでいきそう・・・汗

幾分かテープを増やして、再度投球開始。
確かに、フィンガーに重みを感じます。
でも、あまりに早く抜けすぎると感じることも、しばしば・・・。
あくまで感覚なんで、実際どの辺りで抜けているのかは、非常に疑問??

そして次のステップとして、肘の内側を体側に向けたままの投球(小指をお尻にぶつけるイメージ)。
脇を締めるために、アドレスのときから肘の内側を体に密着させて、そのままプッシュアウェーへの流れです。
この練習では、内ミス外ミスが目立ちましたね。
リリースのタイミングが間違っているのか、それとも力が入ってしまっていたのか??

とにかく自然にサムが抜け、意識しなくてもターンが入ればよい・・・と頭の中で理解はしているものの
なかなか良い感覚が得られません。まだまだ、練習が必要なようです・・・。
長年染み付いたものをリセットするのは、一苦労ですね。

終盤、「じゃあ今までの投げ方では、どないやろ?」
ということで、サムのテープを増やして、何も意識せずに投げてみました。

するとやはり、しばらくすると曲がりが悪くなります。
曲がりが悪くなるときは、確かにサムの抜けが悪いような感じがします。
ということは・・・
  
  サムホールをきつめにする ⇒ 指が摩擦によりむくんでしまう ⇒ サム抜けが悪くなる
  ⇒ 曲がりが削がれてしまう

あくまで仮説ですが、こういう結論にしてみました。

それと、もう1つ。
track

今日投げたときのローリングトラックの位置です。
サムホールの近くの方が、縦回転がかかっているということなので
サムを緩めにした方が、横回転が増えるということなのでしょうか??
現時点では、あまり考えないようにします・・・ase

今日は、練習が目的でしたので点数は気にしていませんでしたが
ローが140台で、ハイが230台という、バリエーション豊かな結果に(笑)
6ゲーム投げ放題を2セット。
1人でパパパッと投げてると、さすがに疲れますね。

まぁとにかく、安定した投球ができるように、精進です。
関連記事

コメント

リリースの練習
12G、お疲れ様です。。。
なんか同じような悩みですね。。。(苦笑)
私も昨日の練習でラストステップの左足と右手が離れている・・・って言われて脇を締めて投げようと意識すると内ミスします。
インステップ出来ていない状態で腕だけで脇を締めようとしているから内ミスするのでは?と思いました。
それと、先ほど自分のビデオを観ていて分かったのですが10ピンを取りに行く時、左足と右手が近いときは狙ったラインに出せている。
左足と右手が離れている時は外ミスする。と言う感じでした。
サムホールとの関係は分かりませんが、きつめにするとオーバーターンだと抜けないですよね。
真っ直ぐ抜かないとサムが抜けないので、真っ直ぐ抜く練習にはきつめの方がいいかも知れません。。。
書いた事があっているかわかりませんが・・・
何かの参考になればと思い書いていたら長くなりすぎました。。。(汗)
スミマセン。。。
のぶたさんへ
同じような悩みだと、なんか答えを求めるのに、違った角度から見てもらえるので
心強いです^^
脇だけを締めると内ミスですか。
なるほど、足と手のタイミングやバランスが伴っていない・・・ということですね。
心当たりがあります(^^;
左足と右手の距離による差は、わかりませんが
距離が開くということは、脇が開いているか、上体が右を向いているということになりますよね??
すると外ミスに繋がるという、メカニズムじゃないでしょうか??
サムホールについては、しばらく緩めで練習しようと思っています。
ありがとうございました。
トラックの位置については、
おおむねそういうことだと思いますが、
緩めの方の場合のトラック位置は、
もしかすると落とし気味でのモノでは?

だとしたら、緩めで投げるのは危険かも・・・
torokakkeさんへ
やはり緩めのときのローリングトラック位置は、具合悪いですかね(^^;
ここまでハッキリと位置が変わるということは、
ご指摘のとおり、落とし気味なのかもしれませんね・・・。
気持ち、サムのテープを増やしてみることにします。
ありがとうございました。
練習お疲れさまです。
技術的なことは全然アドバイスできませんので、開き直って曲がりが悪くなってきたら、サムホールのテープを剥がして調整するというのはどうなのでしょうか?

最初問題ないのであれば、それもひとつの方法かと…。
ochanさんへ
>開き直って曲がりが悪くなってきたら、サムホールのテープを剥がして調整するというのはどうなのでしょうか?
そうですね。
今回の練習と、torokakkeさんのアドバイスから
サムの抜けとサムホールについて、思いつくところがありました。
恐らく、サムホールがきつすぎたようで、様々な弊害が生まれてきたみたいです。

ochanさんの仰るとおり、曲がりがでなくなったら、サムのテープを1枚剥がすのが
最善の策のような気がします^^
ありがとうございました。
サム抜け
私は逆にサムはあまり意識しないほうが良いと思っています。
私の場合は特に意識すると無駄に力が入ってしまうので、下半身での反動?というか腰を入れることによってサムが勝手に抜けると解釈しています。
ただ、コンプリート・アニヒレーション2だけ親指抜けが悪かったのは、サムの背側に貼るテープの位置がずれていたのがつい最近わかったので次回修正したので試してみます。
あとはサムレスやフィンガーレス?(サムだけ)でリリース練習するとボールを押す感触が戻るかもしれませんよ(私は布団に向かってやりました)
親指の抜け
自分も今ひどい状態なのでこのアドバイスがあっているのか疑問ですが、親指が真下に向いた時、自然に抜けるのがいいのではと思います。
スイングスピードを落として小さなスイングで練習するとぬける瞬間の感覚がわかると思います。
ケイワンさんへ
うまく抜けないことにより、あまりにも弊害が出てしまったので
サムの抜けについて、かなり突っ込んでみました。
もともと、握りグセがあったので
サムに関しては、細心の注意を払っていたつもりなんですが
ここに至っても、どうもダメなようです(^^;
サムレスで押す感覚を養う・・・これ良いですね!!
でもマンションなので、布団投法が・・・(>_<)
ラウンド1さんへ
サムを握らず、うまいタイミングで振り下ろせれば
最下点で自然に抜けるのが理想ですよね。
そのときの親指の向きや肘の向き等、もう少し検証できれば・・・と思っています。
何しろ一瞬のことですし、感覚が頼りなので、難しいですね。
サム抜けに関して、私自身は意識は無いのですが、
完全に自分から抜きに行ってると言われます。

これはボウリングを始めた頃に、
『親指は早く抜くのが良いんだよ』と教えられ、
早く抜くにはどうしたら良いのかと自分なりに考えて、
いつしか自分から親指を外側に弾きながら抜くようになっていました。

その頃から数十年たった頃です、
親指の抜けを自分で早くするよりも、
手首を立てたら勝手に抜けるのだという事を、
友人に教えられた記憶があります。

そして、メカテクターを装着するようになってから、
親指が勝手に抜けて行ってくれるので、
親指に関しての意識が薄れて行ってしまいました。

それでも、親指が抜けない現象も時々起こるわけで、
ターンが大きくなり過ぎてる場合や、
親指に貼ったテープが引っかかった場合など、
手首を立てる事と、親指を曲げないように注意して、
なおかつターンをし過ぎないようにして投げてます。

長くなりましたが、サム抜けに関して、
現在、私が思ってる事を書いてみました。

何かの参考になれば良いのですが・・・
torokakkeさんへ
サムを自分から抜きにいく・・・という話を上級者(現プロで当時はアマ)の方から聞いたことがあります。
しかしその頃(今も?)は、「サムを抜きに行く」という感覚がわからないので
あまり気にも留めていませんでした。

私も今、ロボリストを装着しているのですが
ブログに書いたようなことで、ここのところずっと悩んでいるのです。
コメントでいただいた
 ・ターンが大きくなりすぎている
 ・テープが引っかかっている
という項目には、心当たりがあります。

この課題を如何に治すかということで取り組んでいるのですが
なかなか自分ひとりでは解決することができませんでした。
そこで、今日プロレッスンに参加してきました。
プロ曰く、「親指を抜こうという意識を持つから、リリースに迷いが出ていますよ」
ということでした(^^;
そこで、今日は3点教わってきました。
それは、また記事でアップしたいと思いますので、お読みいただければ幸いです。

>何かの参考になれば良いのですが・・・
コメント、大変ありがたく読ませていただいています。
自分が直面している課題に対して、ブログを通じてアドバイスいただき
本当に感謝です!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。