スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12時

昨日 「親指2時リリース」 を実践した結果、思惑が外れてしまいました。
その後、あれこれ調べたのですが、結局わからずじまい 落ち込み

次の実践として考えたのは 「親指12時リリース」です。
これは、単にリリースの時だけ12時に向けるのではなく、構えからプッシュアウェーに入るとき
既に12時に合わせておくという方法です
この投げ方は、スペアボールを導入する前、10ピンを取る場合に使っていました。

どこへ練習に行こうかと迷ったのですが、結局ホームの競技会に参加してきました。
(競技会で調整するか・・・ぉぃ)

早速練習投球から12時リリースの実践です。
これまでの悪い癖がいっぱい付いているらしく、12時リリースを実践しても引っ張ってしまいます。
また3歩目で体が右に開いてしまう癖も出てくる始末ソ猝ヨ
さらにレンコンが早いようで、当然ながら曲がりが全く出ません

◆1ゲーム目◆
まさにストレートアングルでの狙いです。
立位置9枚目から10枚目へ投げるのですが、やや引っ張ってブルックリンが関の山。
上手く投げれていないので、回転がショボイ。
案の定のマイナススタート。

◆2ゲーム目◆
徐々に、この投げ方にも慣れてきました。
しかしポケットに入ったと思っても、7ピンか10ピンがタップします。入射角が悪いのでしょうね。
1回割ってしまいましたが、スペアで繋ぎ、最後はパンチアウト(裏ばかり)。

◆3ゲーム目◆
相変わらずの7ピンタップと10ピンタップ。
しかし今日はこれをミスすることなく拾えます。特に10ピンは良い感じです。
7フレで外ミスとスペアミス。
これを機にリリースを元の形に戻しました。
すると、良い感じでリリースができるではありませんか 
12時リリースを続けたことで、オーバーターンが抑えられた…と分析しています。

◆4ゲーム目◆
1フレでミスするものの、徐々に良い感覚が戻ってきました。
兎に角、オーバーターンしないこと。
そしてプッシュアウェーをしっかり出して、3歩目で右を向かないこと。
フォロースルーはしっかり振り切り、脱力維持で終わること。
この全てが上手くできました
そして狙ったところにボールを落とすことができ、このゲームはわずかな内ミスのみ
この感触をずっと探していました。

AVE:191.8 ST:39.6 SP:50.0 OP:15.0 アップロードファイル:1ヶ
080207
※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ9を加算。
※順位は時間が無いため、確認できず。

競技会を調整投球に使ってしまいましたが、久々に良い感覚で投げることができました。
恐らく、スティングでは初めての感覚かもしれません。
今後はこの感覚を忘れることなく、調子を徐々に取り戻して行きたいものです。
結果的に12時リリースは成功だったかもしれません。

関連記事

コメント

良い感覚を得られて、良かったですね!
よい方向に向かっていることが実感できると楽しいですよね。
4G目はお見事です!

私はリリースの後のフォロースルーが途中で止まってしまう癖があり、なかなか治りませんが、焦らず修正していきたいと思います。
たたみたさんへ
久しぶりに良い感触を味わえることができました。
これが維持できるかどうかが問題ですが、今日のところは大満足でした。

>フォロースルーが途中で止まってしまう癖があり・・・
私も途中でとまることがあります。
なるべく谷川プロのように、しっかり振り切りながら脱力するように心がけています。
12時・・・
コメントは1時を回ってしまいましたが・・・(笑)
ひろさん、これはロボリスト外してやってるんですか?
私もそうですが12時だと全然曲がらないですよね?
今日、素手でやったのですがあまりにもショボイストレートボールになってしまうため今日は諦めました。
お互い同じような悩みですね。
頑張りましょう!!(自分にも言い聞かせてる・・・)
親指の向き
スペアを取る時に12時が良いとHプロに言われました。(曲がらないように)
一投目は、サムが抜けてから出来るだけ長くフィンガーで前へ持っていってターンするよう練習しました。
Hプロ(サウスポー)はリスタイをしたまま、7ピンスペア時にバックアップボールを投げてくれたりもして、手の使い方を教えてくれました。

まだまだ完璧に合わせられませんが、このタイミングを体に覚えさせようと頑張っています。
親指10時の方向で抜き、握手をする手の形のフィニッシュというがナチュラルフックで、12時方向で親指を抜き、リフト&ターンで指をかけながらターンしていくのが強制フックと良く解説されていますね。
しかし、このターンが曲者で回そうとするとオーバーターンを誘発しますね。
しかも一瞬の動きなので親指は意識している12時より左に回りながら抜けてしまうんですよね。
むしろ肘を下向きにしてリリースするという意識の方が上手くいきそうです。
のぶたさんへ
コメントへのレスは19時を回ってしまいました(^^;

>これはロボリスト外してやってるんですか?
すみません。大切なことを書き忘れていますね。
今回12時リリースは、ロボリストを付けての投球です。
素手に比べ、ロボリストをつけているというわけで、親指の抜けが早くなり
その分、ボールに回転がかかるのだと思います・・・。
(すみません、何分理論には疎いもので・・・)

詳しい解説は、ラウンド1さんがコメントしてくださっています。
(他人任せv-356
ケイワンさんへ
私も12時リリースは、4ピンや10ピンを取るときだけ行っていました。
確かにこの方が、曲がりも少ない(全く曲がらないことは無い・・・程度曲がります)ですし、
コントロールも付けやすいと思います。
そういうわけで12時リリースを行いました。

これを1投目に上手くリンクさせて、引っ張りグセが治ってくれればと思っています。
ラウンド1さんへ
>12時方向で親指を抜き、リフト&ターンで指をかけながらターンしていくのが強制フック
これまで・・・というか、これからもこの方法での投球が続くと思います。
何度も書いていますが、理論的には疎いので、
強制フックというのは、おぼろげながら知ってはいましたが、
細かくどのような投げ方かということは、ラウンド1さんのコメントで初めて知りました(笑)
ボウリング暦に比べ、この知識の無さは情けない限りですv-390
ご指摘の通り、オーバーターン、そして「意識している12時より左に回りながら抜けてしまう」
が全くそのまま当てはまり、コントロールの付かない力の無いボールを投げてしまう次第です。
>むしろ肘を下向きにしてリリースするという意識の方が上手くいきそうです。
もしよろしければ、もう少し詳しく解説願えますでしょうか??
(最近、ラウンド1さんに理論を教えてもらってばかりです・・・)
はい、まずはオーバーーターンをボールを持たず極端に手の甲が上を向くくらいに
再現してみてください。
その時、肘はくの字に曲がり、向きは外を向いていると思います。
しかも脇があいてしまいますね。
今度は肘の先端が最後まで床面を指しているように振って見て下さい。
脇は閉まり、手首は左方向には極端に回せないと思います。
このことから肘が外を向かないように意識していればオーバーターンは防げるという方法です。
ただロボリストを付けていると無理すれば手首だけ回せるので気を付けなければいけませんね。

ラウンド1さんへ
大変わかりやすい解説、ありがとうございました。
おかげさまで、強制フックの投球理論が、よく理解できました!
肘を下向きにする=親指2時 という図式が成り立ちますね。
要は、引っ張りグセを直すためには、オーバーターンを極力防ぐということ。
その為には、肘が外を向かないようにする。
すなわち、肘を下向きにする(親指2時にする)ということですね。
そして親指が抜けた辺りで手首を開放し、親指10時の方向でフォロースルーに入る。
と、このように理解しました。
あとは、実践です。
これがまたできないと思いますが・・・(笑)
ありがとうございました。
ひろさんへ
ラウンド1さんとのやり取りの中でちょっと気になった部分があったのでコメントさせていただきますね。

>そして親指が抜けた辺りで手首を開放し、親指10時の方向でフォロースルーに入る。
私が教わった中では「親指が抜けた辺りで手首を開放」ではなく「親指を抜くために手首を開放」だと理解しています。
カップのままリリースすると親指は絶対抜けないそうです。
手首を開放する事により自然にボールが落ち親指から抜けていく。。。
「サムを抜くために手首を開放する」が正解だと思います。
横槍で申し訳ありません。。。
のぶたさんへ
いえいえ、横槍なんてとんでもない!
ビシバシ、ご意見を賜りたく思っていますm(_ _)m

あれから、ちょっと調べてみたのですが
親指が抜ける瞬間は、やはり12時が良いみたいです。
(様々な意見がありましたが、私が共感できた意見です)
構えているときからバックスィングまでは2時で固定されているので
リリースまでは、幾分か回転が入っていることになりますね(2時→12時)
そういった点では、のぶたさんご指摘の
「親指を抜くために手首を開放」というのが正しいと思います。

今回の記事では、かなり勉強になりました。
また気づいたことがありましたら、どんどん書き込んでくださいネ。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。