スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムベルベッティ

これまではアジャストテープとスティックテープを貼り重ねた上に、サム用のインサートテープを貼り重ねて調整を取ってきました。
しかし、アジャストテープはロット番号が違うのか(?)、買い換える毎に厚さが微妙に変わってしまっていて、その度に微調整しなければなりませんでした。
あるとき、ネットショップを徘徊していると、サム調整用として「サムベルベッティ」というのを発見し、早速購入!
thumbvel

品物は、何の変哲も無い蒲鉾型のスポンジ板です汗
説明書きにはサムにそのまま貼るように書いてあったのですが、
私の場合はアジャストテープを下地兼調整用に貼り付け、その上から少し両端をカットした
サムベルベッティを貼り、さらにインサートテープを貼り付けました。

↓↓ こんな感じです ↓↓
thumbpic

サムジャックも一緒に使っているので、写真のとおりサムの中は、グッズだらけです汗
これでも握って、コントロールのつかない私ってどうよ?・・・という感じですが落ち込み
肝心の使い心地ですが、適度な圧迫感があるので使用感としてはGOODですね。
それと、ある程度の厚みがあるのでスティックテープだけで、調整も簡単そうです。
あとは、これらのグッズを生かしきれるかどうか、投げ手の問題です。。。汗;
関連記事

コメント

サムの調整
自分の場合親指の変化が激しすぎるため、サムクッションとか
サムジャックを入れていたこともありますが、すべてはがしました。
今はノンスリップテープのみです。
サムの感覚は微妙で調整は難しいですね。
ラウンド1さん
私もサムクッションやノンスリップテープを使ったことがあります。
サムのグッズが多いのは、それだけ微妙であり、そして人それぞれだということですよね。
ちょっとしたムクミなんかでも、全然感覚が変わりますから、ホント微調整には苦労されますね。
私も
いろいろと試しましたよ。

私の場合ずっとボールを落とし気味だったので、サムの腹の方に滑り止めのテープを貼って、背側にも調整テープをしっかり貼って非常にきつめにしてました。

その後サムが太くなったのかきつくなってきたので、滑り止めのテープを外してみたのですが、問題なくなげれるようになってました。今もって不思議ですが。

その後サムホールを大分大きくしてもらって、テープで調整しようとしていたときに、サムベルベッティを知りSサイズの両端を切って使ってみました。(左右の部分にひっかかるような感じがあったので切りました)
Sサイズだったのですが、きつめでボールラックの上でサムだけ入れて自分の意思で落とそうと思っても落ちなかった=遠心力でしか抜けないので、今は外してMasterのテープを重ね貼りして調整しています。

昔に比べるとゆるめに感じますが、落とす感じがなくなってきたので、うまくなってきたのかなと自己満足しています。(^^ゞ
サムベルベッティ
なんか豚のヒズメみたいですね(笑)
私はこう言う手のものって使ったことがなく腹側に滑り止めぐらいですかね?
一応、背中側に貼るテープは持っていますがほとんど使ってません。
ちょっときつくすると抜けが非常に悪くなってしまう私は結構ユルユルにしています。
きつい、緩いって自分にしか分からないのでどの状態が一番いいのか良く分からないのが現状です。。。
使用レポートお待ちしております。。。
ochanさん
サムは本当に微妙で、難しいですね。
きつすぎると抜けが悪くなり、緩すぎると握ってしまいがち・・・。
私のサムホールも、結構大きめに掘ってもらってまして、テープ類で調整しなければ、ゴソゴソ状態です。
サムベルベッティはMサイズで、サムジャックも入れているのですが、さらにスティックテープを貼り足して丁度良いくらいです(笑)
のぶたさん
>なんか豚のヒズメみたいですね
サムジャックですね。ボウリングマガジンには、牛と羊の蹄とありましたが・・・(^^;
私も昔は、まーったく、この手のグッズは使ってませんでした(お陰で、ボールを握り放題e-263
1度使い出すと、やめられなくなり、グッズを発見する毎に試してみたくなるハメに・・・。
私にとって、サムの抜けは永遠の課題のようです。。
サムジャック
使ってみたいけれど周りに知っている人がいなくて出来ません。
握り癖が直れば、夢のようなんですが当分無理かなぁ・・・。
ケイワンさん
サムジャックは、私的には凄くお薦めの逸品です。
投げ友達にも「これいいよ」と教えてあげましたが、やはり好評でした。
(注:業者の回し者ではありません^^;)
しかし、ドリルのし直しということもあるので、使われる場合はドリラーさんに相談してくださいね。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。