2017年03月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成29年3月の成績

3月の成績
  ゲーム数:49ゲーム
  ハイゲーム:279
  ローゲーム:109
  アベレージ:196.8
  ストライク:41.7%
  スペア:38.8%
  オープン:17.6%
  プラスゲーム:21回 :42.9%
  ノーミスゲーム:10回 :20.4%

センター別
  アローM原:163.0(4G)
  アローY 尾:195.0(8G)
  R1 中環:206.8(29G)
  X-B〇WL:178.9(8G)

1月、2月とあれだけ調子が良かったのですが、3月は急降下
しかし理由は明らかになっています。
2月の成績でも記しましたが、サムの抜けが悪くなり、3月中旬以降は全く抜けなくなりました
(リリースで抜けなかったときは、本当に恐怖です。体験した人にしか判らないでしょうが…
そのため、投球は自重。ゲーム数が少ないのはこれが理由です。

思い返せば、これまでも好不調の波は多々ありました。
しかし一旦不調に陥ると、2~3年はまともな感覚で投げれなくなったなと…。
このブログでも、「良いときの感覚に戻らない」や「投げ方がわからない」等、色々な愚痴をこぼしてきました。
記憶をたどると、1回目の不調は「サム抜けが早い」、
2回目の不調は「親指がサムホールに入らない」が原因に始まり
フォームやタイミングに原因があると思い込み、要らんフォーム改造やタイミングの変更など
ますます深みにはまっていってしまいました
しかし、これは全てサムの抜けに起因していることから、私のボウリング人生はまさに
「親指に支配されている…」と言っても過言ではないと思います。

今日、とあるセンターのショップで、サムホールのことについて話をしてきました。
ボールを見てもらって話をしていたのですが、
まず「サムが5/16(?)リバースに振られている」とのことでした。
リバースに振られると、ボールを落とし気味となり、それを嫌って無意識にターンや握りが出てくるのだと納得
またボールを落とすのを嫌ってアジャストテープ等で、サムホールをきつめに調整していました。

もう1点。「スパンがやや長い」とのことでした。
スパンが長いと、抜けるときにサムの背中に当たり、摩擦でタコができやすいとのことでした。
握っているつもりはないのですが、サムの内側にタコができるのは、ひょっとしてこれが原因?

ドリルのことはさっぱりわからないのですが、そろそろ自分の投球スタイルに照らし合わさなければならないですね
  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。