2016年05月の記事 (1/1)

第26回ABBF関西ブロック親善大会

この春、心配した人事異動が無く「ボウリングライフも安泰」と思っていたのですが、
これまでの上司が変わってしまい、新しい上司になりました。
上司が変わると方針も変わってしまい、私の仕事量が倍増・・・。
大変な思いをしながら、なんとか週末のボウリングの時間は取るべく頑張っていたのですが
新しい上司曰く「俺なんか、GW2日休んだだけで、他の日は全部仕事に来てた」と。
なんでお前は出てこない?・・・と言わんばかりでした。

正直ここ最近、動悸が激しく、手の痺れを感じています。仕事に行けば必ず下痢。
病む寸前かもしれません。

-----------------------------------------------------------------------------------

さて今日は、ABBF関西ブロック親善大会に参加してきました
ABBFはR1中環店で練習していたとき、中環店常連の「ちゃうちゃうさん」に
「一度、ABBFの月例会に来てみない?」と誘われたのがきっかけでした。

3月・4月の支部大会に参加させていただいた後、今回は関西の各支部が集まる中規模の大会。
私は岸和田支部のオープン参加という形でした。

結果です

AVE:198.8 ST:47.2 SP:33.3 OP:16.7 53位/79人
160522_1.jpg

1ゲーム目、流石に緊張する中、スペアでなんとか繋ぐボウリング。5フレで6-7-10もカバー
その後ダブルを持ってくることができたのですが、9フレで10ピンカバーミス ←これはいけません
10フレでなんとかダブることができたので、このゲームは203ピンと、なんとかプラススタート。

2ゲーム目、1ゲーム目からもそうでしたが、緊張からか力んでいるのが自分でもよくわかりました
特に内ミスが酷く、なかなかストライクが出てくれません。このゲームは1ミス・1ダブルで191ピン。

3ゲーム目、なんとか・なんとかスコアを纏めるべく、あらゆる対策を講じるのですが効果が出てくれません
それどころか、6フレで5番ピンカバーを気の抜けた投球で指に掛からず抜けてしまい、ミスする始末
しかしこれが発奮材料になったのか、ターキーで返し206ピン。
前半3ゲームは600ピン丁度で終えることができました



昼食後、BOX移動して後半戦のスタート。

4ゲーム目、第1シフトの方から「かなり遅くなってる」という情報をいただいたのですが
ボールは「アルティメット・ニルバーナ」を続投。
ストライクはポツポツ来るものの、スプリットも量産。前半戦と同じく内ミスが多く、これが命取りでした
このゲームは170ピンと大きくマイナス。

5ゲーム目、ボールを「アウトキャスト」にチェンジ。起死回生を狙いますが、ダブルを出すのが精一杯
こういうときは、しっかりスペアで繋ぐのが鉄則ですが、7フレでカバーボールが思った以上に曲がってしまいミス
このゲームも190ピンとマイナスを重ねてしまいました。

6ゲーム目、スタンス移動でもう少しだけ外に出すラインを引っ張りなおしたところ、良い感じでポケットヒット
3フレは内ミスと、またもやカバーボールが思った以上に曲がってしまいミス ←学習能力が無い
しかし4フレから5連発。こうなるとトータルプラスが頭をちらつき始めます
そして運命の9フレは、そんな思いからか案の定、力んで内ミス。そして7-10 ←万事休す。
10フレがパンチアウトなだけに勿体無い・・・。
このゲームは233ピン止まりで、200アベまで7ピン足らずでした

初めて参加させていただいた大会で、力みすぎてしまいました。
自分でも判っていながら、治せないのは問題ありですね
お陰で、勿体無いミスを連発してしまい、その分マイナスを頂戴した形です。

これまでABBFという団体は「敷居が高いのかな?」と思っていましたが、皆さん気さくな方が多く
雰囲気も和気藹々と進行していきました。そんな中でも真剣勝負ありで決勝戦は見所いっぱいでした
今後も、こういった機会があれば参加させていただきたいと思います

JLBCサポートフェスタ

毎年5月、京都のしょうざんボウルで行われますJLBCサポートフェスタ。
今年も中野プロからお声がけをいただき、参加してきました

京都しょうざんボウルは、金閣寺のすぐ東に位置していまして
結婚式場を併設した、全国でも珍しいボウリング場です


【しょうざんボウル入口】

IMG_5987.jpg
【レーンの様子】  銅像とライトが、ただならぬボウリング場の雰囲気を醸し出しています。

結果です

AVE:192.3 ST:43.8 SP:40.0 OP:17.5 67位/113人
160515.jpg

総勢113名の大きな大会でした。
広いボウリング場でしたがほぼ満レーンとなり、私の入ったBOXも6人打ち。
練習ボールでは、しっかりとオイルが敷かれているのを確認し、
先発は「サファイアジャッカル」で5枚目通しで方針決定

1ゲーム目、しっかりと5枚目を通したはずでしたが、薄目を衝いてしまいます
最近こんな調子が多くなっており、サムの抜けが悪いのか、投球タイミングが悪いのか悩ましいところです。
こうなるとスペアの精度もグッと落ちてしまい、このゲームだけで3回もイージーミスをやらかしました
最悪スタートの150ピン。

2ゲーム目、気を取り直して再出発のつもりでしたが、なかなか思うようにピンが飛んでくれません
中盤にようやくダブルを持ってくることができ、なんとか200UPが見えかけたのですが
9フレで10ピンカバーミス。これをやってはいけません。194ピン。

3ゲーム目、関東からお越しになられた小野日出朱プロが話しかけてくださいました
「これまで随分モヤモヤを溜めていたみたいだけど、このゲームで発散してください」
するとどうでしょう。あんなに出てくれなかったストライクが続きだしてくれ、
8フレからはオールウェイ。248ピン。
小野プロは私のどこを見て、あの声をかけてくださったのでしょうね。
今思えば、後で聞いてみればよかったのかな・・・と

4ゲーム目は、恒例のチームパーフェクトイベントでした
BOX内のハイフレームで、パーフェクトを目指します。
3ゲーム目で打ち上げることができたのですが、このゲームでは2フレ・5フレとスプリットを出してしまい
ボールを「アルティメット・ニルバーナ」にチェンジ。
要所要所でストライクを出すことができましたが、自身は177ピンフィニッシュ。
ハイフレームは最後はOさんがパンチアウトを出してくださり、パーフェクト達成!
BOX内で祝福のハイタッチ。すごく盛り上がりました

この後、恒例の食事会と表彰式
旧R1中環店の中野プロレッスン門下生の皆さんと、年に1回、中華料理を囲みながらの歓談です
久しぶりにお会いするのに、何故かそんな感じが全くしませんでした。
楽しくレッスンを受けていた日々が、こんな形で続くのは「縁」というものなんでしょうね。
中野プロはじめ、皆さんに感謝です

古田翔子プロチャレンジ

ボウリング仲間の「つうやん」からお誘いを受け、プロチャレに行ってきました
場所はいつもプロチャレが盛んに行われているアロー系列ではなく
投げ友達と練習を行っている隣県の「Tドロキボウル」でした。


【発展途上!ひまわり娘

まずは結果です

AVE:202.3 ST:43.8 SP:40.0 OP:12.5 17位/30人
160507.jpg

序盤に大きくマイナスしてしまいましたが、中盤以降の粘りでなんとかプラスで終了することができました

練習ボール前に、センター所属の川添プロから「オイルが結構入っています」との紹介があったので
ボールは迷わず「サファイアジャッカル」を選択。
「どれくらい早いのか?」と大外を通すと、10ピンが飛び難いながらもポケットへ届いてくれましたので
あっさり方針が決定しました

1ゲーム目、練習ではポケットに入ってくれていたはずが、ゲームが始まるや否や薄めを衝きはじめます
その後コントロールも定まらなくなり、まさに四苦八苦状態に
「タイミングがおかしい・・・」と疑問を持ちながらの投球。これではスコアが伸びるはずがなく、160ピン。

2ゲーム目、なんとかタイミングの修正を試みますが、2フレ3フレと連続オープン
その後ターキーが出てくれますが、自分自身で「しっかり投げれた」と言う感覚が無いままでした。
とにかく内ミスが多く、恐らく「タイミングを気にするあまり、力でボールをコントロールしている?」と自問自答
このゲームは192ピン。

3ゲーム目、タイミングと脱力。これはもう私のボウリングには欠かせないキーワードです。
そのことを念頭にスムーズなスイングを心掛けたところ、なんと頭からハムボーン
その後もダブルを1つ出すことができ、235ピンと巻き返すことに成功

4ゲーム目、なんとかトータルプラスで終わらせたい思いが強くなり、気合の1ゲーム。
右レーンのオイルが枯れてきたのを感じつつも、3フレから待望のターキー
これで楽になったはずでしたが、更にオイルが変化したのか7本カウントの連続で一気に厳しい展開
しかし8フレからスタンスでアジャストすることができダブルが出てくれて、このゲーム222ピンでフィニッシュでした。

タイミングのずれは、このGW中、ずっと感じていたことでした。
原因は先月受講した「レッシュ4スタンスセミナー」。
この中でB1タイプと判別された私は、これまでのゆっくり(もっさり?)した投球動作よりも
できるだけ速い投球動作の方が良いとアドバイスを受けたので、タイミングを弄ったところでした。
確かに速い投球動作の方が、バックスイングでのタメも感じることができたので、上々と思っていたのですが
この速い投球動作をやりたいが為に、力でボールをスイングしてしまっていたようです
とにかく脱力がボウリングにおいての基本となるので、速い投球動作になっても脱力を維持できるようにすることが
今後の課題であると認識しました。投球タイミングまでおかしくなるようでは、元も子もありませんので・・・・。

薀蓄が長くなりましたが、古田プロは良い意味でキャピキャピされており、若さ溢れる感が好印象。
まだまだ伸び代は沢山あると思いますので、今後も頑張って欲しいと思います。
また御一緒した仲間の「つうやん」は、1ゲーム目から爆発していて、完膚なきまでに叩きのめされました。
スクラッチで900弱だったので、総合順位でも良い位置に入るのではないかなと思います。

つうやんには、次は負けないよう精進いたします

寡丹生さんとボウリング

ブログつながりの寡丹生さんが来阪されましたので、御一緒させていただきました
寡丹生さんは、全国のボウリング場巡り(200UPチャレンジ)や日本100名城巡り等、
精力的に活動されておられます。
今回は奈良・和歌山を経て、大阪入りされました。
大阪では、6月に閉鎖されるR1平野店での投球が目的と伺っていました。

R1平野店は私も練習によく使わせていただいたセンターで、一時期はサブホームと位置していました。
昔の記事では、ボヤ騒ぎがあったことも記したことがあります。
そんなセンターが閉店というのは、やはり寂しいものですね

その平野店で、寡丹生さんと早朝に待ち合わせをしました。
BOXには平野店の常連マイボウラーさん達が早朝練習されていましたが、待ち時間無くBOX入り。

【平野店でスコア】
232,195,186,190,208  AVE:202.2

事前に望月プロに挑戦レーン、5枚目付近を通すと面白いようにストライクが出てくれました
(後でレンコン表を見ると「初級」と書かれていましたw)
しかし2ゲーム目以降はオイルの延びたのか、対応が後手後手に
また最近、投球タイミングを崩してしまっており、コントロールも不安定。
なんとかプラスで終われましたが、若干のフラストレーション

寡丹生さんはレーン探りから始められ、その後は早々に200UPを達成されました。流石です!

5ゲーム終了時点でレーンが埋まってきたので「長居は無用」とのことで、次のセンターに移動

2店舗目はR1東大阪店。
このセンターは一度訪れたことがありましたが、投球するのは初めてでした。

【東大阪店でのスコア】
136,176,201,236,180 AVE:185.8

東大阪店は混雑していて、入ったレーン(ヨーロピアン)は一般ボウラー向け。
隣はハウスボウラーさんと、反対側はマイボウラーさんながら投球タイミングが微妙な方でした
「アルティメットニルバーナ」でレーン探りから入ったのですが、どうもオイルが延びているようで
内側は滑ってしまい、外はボールが死んでしまうといった塩梅。
ボールを「サファイアジャッカル」に替えて、外への出し戻しのラインを使ったところ、ようやく200UP
しかしここでもタイミングの狂いが気になり、コントロール制度も低かったです

寡丹生さんはレーン探りの後、200まで後一歩というボウリングが続きましたが、
4ゲーム目にしっかり200UPされました。「パラノイア」と「オクタンバーン」の使い分けもお見事でした

GWなので仕方ないですが、周りの環境があまり良くなかったので
ここでも5ゲームが終了した時点で、次のセンターに移動

3店舗目はスポルト今福店。私自身、全く知らないセンターでした。

【スポルト今福店でのスコア】
171,202,154 AVE:175.0

カーナビに案内してもらいながら向かったのですが、どこにあるのかわからず、迷ってしまいました
2周ほどクルクル巡り、ようやくセンター入り
ここでは3ゲームパックがありましたので、3ゲーム内での200UPを目指しました。
ボールは「アルティメットニルバーナ」を選択し、レンコン探りから始めましたが、
どうやら左右で全く感じが違うレーンになっていました。(左は早め、右は遅め。特に右が厄介)
投球タイミングがずっと気になっていましたが、このセンターでは右に抜けることが多く四苦八苦
しかし2ゲーム目になんとか200UPすることができ、目標は達成。 ←3ゲーム目はボロボロでしたけどね

寡丹生さんも3ゲーム以内にしっかり合わされ、220台のナイスゲーム。いやいや流石でした

その後は寡丹生さんとランチをしながら、ボウリング場の話や100城巡りの話に花を咲かせました
私自身、戦国時代ものが大好きなので、各地のお城もまぁまぁ訪れており、
「あそこはこうだった、ここは○○だった」という感じで、あっという間に時間が過ぎていきました

寡丹生さん、お土産までいただき、本当にありがとうございました
また近いうちに、御一緒しましょう