2016年02月の記事 (1/1)

オイルに右往左往

今週もプロチャレに参加してきました
今回も2人のプロへのチャレンジ、浦麻紗美プロと山田幸プロです。


【ダイナマイトハニー】&【幸ちゃん

結果です

AVE:196.3 ST:29.2 SP:57.5 OP:10.0 25位/51人
160228.jpg

1に我慢、2に我慢、最後になんとか・・・といったゲームでした

1月に引き続き、2月のレンコンにもやられっぱなしで、前日の土曜日は6の字でした
薄く外まで引かれたオイルに、大外を使っても私の投球ではポケットまで届かず四苦八苦

今回も練習投球から早いレーンと判断し、「サファイヤジャッカル」を先発させるのですが
クロス投球でポケットの届かせるのが精一杯
「こればヤバイ・・・」と思いながらも、ゲームスタート。

1ゲーム目、いきなり薄目をついてのスプリットから始まり、終始「何とかせねば」と思いつつ
投球を重ねたのですが、全般的に薄めが多く、ノーヘッドも2回
意識しすぎると内ミスという負の連鎖で、全くラインがつかめないままでした。152ピン。

2ゲーム目、序盤にブルックリンによるラッキーなダブルがあり、その後もなんとかスペアで繋ぐボウリング
10フレでようやく再度ダブルを持ってくることができ、このゲームは210ピン。

3ゲーム目、先程のダブルのラインから行くのですが、ボールが動き出してしまい思うように行きません。
再度ラインを引き直すのですが、スペアで繋ぐのが精一杯となってしまいました
このゲームは1ミスで176ピン。

4ゲーム目、外からの攻めるとラインが安定せず、中からは抜けてしまう・・・ということで
8枚目から若干クロス気味で、直線的にポケットを狙うラインに変更しました。
かなり厚めに入るので、危険と隣り合わせでしたが、なんと頭から6連発
この後トータルプラスが見えてきましたが、いつものチキンぶりを発揮してしまい、247ピン止まりでした。

序盤からかなり苦しめられ、最後イチかバチかのライン選択で、なんとか盛り返すことができました。
2月も本当に苦しいレンコンでした
ボール選択も含め、こういったレンコンの場合の対応方法を身につけないと、ダメですね・・・。

さて今回の浦プロですが、アマチュア時代にTドロキボウルのスタッフをされていました。
プロになられてからはTドロキを卒業され、2年以上ぶりの顔合わせでした。
浦プロも最初はわからなかったみたいでしたが、すぐに思い出してくれました。
そんな浦プロも今や立派なPリーガー。幸ちゃんに続いて、タイトルを是非とも取ってもらいたいものです

早起き

ここのところ競技会やプロチャレばかりで、完全に練習不足
投げ込みが足らないのか、ここ最近は投球のタイミングが「どうもおかしい・・・」と感じていました。

ということで、今日は久しぶりにR1中環店で早朝練習10ゲーム。
以前はコンディションが厳しかったのですが、今日はきちんと整備されており、
とても投げやすく感じました
この様子なら、また早朝練習を復活させようかな・・・ ←早起きできる?

さて、早朝練習を予定どおり10時に切り上げ、アローM原での「おはようボウリング大会」参戦です

結果です

AVE:205.8 ST:50.0 SP:27.5 OP:17.5 10位/41人


絶好のスタートを切れたのですが、その後はあと1ピンが飛ばない状況が続きました。

これまでに「今月のコンディションは10枚目をチョイ出しするのが良い」という情報をもらっていましたが
どうも私の球質では滑ってしまう傾向にあるので、大外の壁を使うラインを選択です。
ボールはサファイアジャッカル。

1ゲーム目、出だしからストライクが続いてくれましたが、6フレで少し薄めの7ピン残り。
しかもこれをミスしてしまいました
ストライクが続くときのスペアは要注意と思いながらも、この後10ピンのカバーミスもやってしまいました
出だしが良かっただけにもったいなかったです。223ピン。

2ゲーム目、1ゲーム目の終盤から少しオイルが延びたのでしょう。あと1ピンが飛ばなくなりました
1スプリット、1ダブルで192ピン。

3ゲーム目、スタンスを内側に入り対処しようとするのですが、どうも合わし切れません
ストライクはポツポツ来るものの、10ピンタップに阻まれてしまいました。このゲームも192ピン。

4ゲーム目、2フレでど真ん中スプリット
ここでようやくラインの引きなおしを行ったのですが、これがハマリ4th。 ←遅いよ
8フレは抜けてしまいましたが、その後もターキーを持ってくることができ216ピン。
なんとか最後は盛り返すことができました

中盤は延びたオイルの影響で、あと1ピンが飛ばなくなってしまいました。
こういうときは思い切ったラインの変更が大事と思いつつも、どうも尻込みしてしまいました
しかしながら早朝練習の成果が出たのか、力むこと無く投げることができたように思います。
練習環境は良くなったと思いますので、あとは早起きが鍵となってきそうです

岩見彩乃・坂本詩緒里プロチャレンジ

今週もプロチャレンジに参加です
前回も書きましたが、プロチャレが毎週のように行われており、必然的に参加となっております。
今回は、プロ2人のダブルチャレンジ「岩見彩乃プロ」と「坂本詩緒里プロ」でした。


【型破りなバックアッパー】&【ロシア帰りのプリマボウラー

結果です

AVE:202.0 ST:50.0 SP:35.0 OP:15.0 10位/33人
160206.jpg

全体的にまとまりが無いものの、「なんとかプラスをキープできた」という感じでした

今週から2月。苦しめられた1月のレンコンが代わり、「打ちやすくなってくれるといいな」と思っていましたが・・・。
午前中に参戦した「おはようボウリング大会」では、40フィートながら外まで薄くひかれたレンコンに翻弄され
2ゲームでストライクがなんと1個という失態をやってしまいました
5枚目をクロスで投げても薄目を衝くことが多く、まさに四苦八苦でした

プロチャレでは、午前中の教訓から「大外への出し戻し」での対応と方針を決め、ゲームスタート。

1ゲーム目、ダブルスタートと幸先が良かったのですが、4フレでワッシャー。そして7フレでもワッシャー
どうやら、微妙に内ミスをするとオイルに掴まってしまうようです。
しかしその後ターキーで巻き返すことができ、このゲームは197ピン。 ←なんとかセーフ

2ゲーム目、序盤はダッチマンペースでしたが、中盤にダブル。そして終盤にハムボーンを持ってくることができました
中盤以降はレーンが少し落ち着いた感じで、「内ミスに気をつければ、なんとかなる」といった感じでした。
このゲームは238ピンで、一気にプラスに転じました

3ゲーム目、2ゲーム目が打てたので同じラインを辿り、ダブルスタート。
しかし直後の3フレでイージーミスをし、さらに5フレでスプリット。どうも奇数レーンが変化してしまったようで
上手く合わせることができませんでした
このゲームは189ピン。

4ゲーム目、いきなり10ピンカバーミス。ダブルで返しましたが3-10をカバーできず、いやな雰囲気
ここでズルズルとは行きたくなかったので、気持ちを引き締め丁寧な投球を心がけました。 ←メンタルな部分
するとストライクは続かないものの、ミス無く乗り切ることができ、184ピン。
なんとか、プラスをキープできてのフィニッシュでした

結局、最後まで外のオイルに悩まされましたが、なんとか大怪我をせずに済みました。
今月のレンコンは「大外の壁」がキーになりそうです

さてさて若い2人のプロ。
岩見プロのバックアップを間近で見るのが初めてで、腕の動きをにj関心仕切りでした。
坂本プロは長身を活かした、しなやかなフォームが好印象。 ←脚がながーい。
お2人とも、これからますますの活躍を期待しております