2013年06月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外ミス解消に向けて

先週は、外ミスばかりで散々な成績に終わり、「何がどうダメなのか?」とじっくり考え直しました
先週だけではなく、この数ヶ月の間、外ミス対策に取り組んでいましたが効果が現れず・・・
と言いますか、酷くなる一方
スイング、いやリリース時にフィンガーに掛からずにボールが手から離れて行く感じ。
「何とかせねば・・・」と気持ちが焦るばかりで、成績は右肩下がりでした

訳が判らなくなった時は、基礎から組み立てなおし。
これまで何度となくリセットしてきたのですが、もう1度ボールを構えるところから今週は、やり直しました。

まずは金曜日、投げ友達との定例練習会。
投げ始めの間は外ミスがあったものの、ボールを構えを(私が考える)基本位置に戻したことにより、
次第に外ミスが減ってきました
外ミスが減ることにより、当然ながらノーヘッドが減り、ストライクもポツポツと出てくれるようになりました。
オイルの状態も読むことができて、久しぶりに「ボウリングをさせてもらえた」という感じでした。
(AVE:200.2 ST:41.7 SP:40.0 OP:14.0)


「久しぶりにボウリングができた!」このことが単純に嬉しく、土曜日も朝から練習に行きました
もちろん昨晩の感触を確かめるためにでしたが・・・。
しかし、この日は構えの改善から外ミスこそ目立たなかったたものの、
ボールの勢いを全く無く感じられず、スプリットが多発
特に5-7、4-5、8-10が多く出ました。
要はフィンガーへの掛かりが少ないためボールに力を与えられず、ピンに負けてしまっているのです。
昨晩の感触が良かっただけに、まさに「ガッカリ」でした
(AVE:178.3 ST:29.5 SP:47.3 OP:20.0)

日曜日は、ボウリング仲間の「つうやん」と練習会を開きました。
金・土の結果から、外ミスが減ってきたので効果が見えてきているのですが、如何せんボールに力が無い
「では、どうすれば・・・」と頭を悩ましながらの投球でした。
序盤は、やはり5番絡みのスプリットが顔を覗かせていましたが、中盤以降はこれも少なくなってきました
ボールを構える時「あ、そういえば昔は、こんな風に構えていたような気がする」と思い
実践してみたところ、ボールに勢いが出たと申しましょうか・・・。
もちろん構えだけではなく、胸を張り、脇を締めて、大きくフォロースルー。
あとは感覚の問題なので、文章に表すことは非常に難しいです
とにかくローを叩きながらも、なんとなく自分のボウリングができたような感じがしました
(AVE:198.3 ST:44.2 SP:38.0 OP:16.0)

良い感触が得られましたが、問題は来週です。
1週間、間を置かざるを得ないのですが、来週も良い感触が続くかどうか・・・。ある意味勝負です。


-あとがき-
これまで練習によく使っていたR1○野店ですが、7月からシングルアメリカンを全面禁止するそうです。
理由はミッドナイトパックと早朝パックが重なり、レーンメンテができないため・・・とされていました。
私自身一人で練習することが多く、特に○野店は良い環境で投げさせてもらえていたので、残念で仕方ありません。

スポンサーサイト

胃が痛い

金曜日、投げ友達との練習会。
AVE:160.4 ST:23.3 SP:48.0 OP:28.0

土曜日、朝の練習。
AVE:174.6 ST:23.3 SP:60.0 OP:18.0

土曜日の昼、ミリオンカップ。
AVE:186.3 ST:22.2 SP:63.3 OP:10.0

投げても投げても、外ミスの連発。
ノーヘッドが多く、ポケットを突いても良くて10ピンタップ。
バケット&バケット崩れ、下手すれば4-5(-7)、5-7残り。 ←ボールに力が無い証拠。
ストライク率が20%程度。10回投げて2回か・・・。

こんな状態です

これは現実逃避?

前回のブログでも、様々な意見を頂戴しました。みなさん、ありがとうございます
その中でも「サイドローテーション」というキーワードが気になりました。
恐らく、サムが抜けてから10時の方向でリリースすると、うまくサイドローテーションが入り
強いボールが放たれるのだと思います。
しかしリリースは、コンマ数秒の出来事であるため、意識的に確認するのは私にとって至難の業
それが故に、何年も何年も「リリースがわからない」と悩み続けているのです。

さて、今日も朝から練習に行ってきました
課題は沢山あるのですが、前述の如くリリースばかりを気にしても仕方が無いという思いで
「一旦、リリースに注意するのをやめて、ボールの重みで振り切ること」を意識してみることにしました。
GW中に同じ意識で投球したところ、自分でもビックリする位、良いリズムで投げられたから・・・でした。

結果です

AVE:206.0 ST:46.7 SP:42.0 OP:14.0


まずまずの結果が出ました
序盤は200UPしているものの、悪い癖である外ミスが多くノーヘッドが3回。
この外ミス、「どうしてこんなに多発するのか・・・?」と試行錯誤しながらの投球。
特に頭から突っ込んでいないつもりでいるし、ボールを背中に抱え込んでいないはず。

真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ前に出す・・・。
この単純でいて、とても難しいスイングに集中して、投球を繰り返しました。
時折、真っ直ぐ振りたいが故に、力でボールを振ってしまうことが多々あり、今度は内ミスを併発する始末
ホントに1つのことに集中すると、他が疎かになるダメパターンの繰り返しです

しかしながら、プラスアベという結果がついてきたので、しばらくはリリースのこと拘らず
ボールの重みで振ることと、真っ直ぐ前に出すことを課題としていきたいと思います

向上心だけは保とう

心が折れながらも、投げずには入られない龍田です
前回はアドレス時のボールの持ち方を記事にしたところ、色々とご意見やアドバイスを頂戴しました。
ありがとうございました
「何故、持ち方なんだ?」と思われた方もいらっしゃったことでしょう。
要は、私の永遠の課題であるリリースに繋がると考えたからです。

リリースについては、数年前、このブログ上で本当に沢山の方々のアドバイスをいただきました。
しかし未だに自分の中で消化できずにいて、今現在では訳がわからない状態に逆戻りしてしまいました
理論的には「サムを抜いて、前に押し出す」というのは良くわかっているつもりです。
しかし実際のリリースにおいては、フィンガーに掛かるという感覚に乏しく、酷い外ミスに悩み続けています

よく「考えすぎ」とか「もっと楽しくしよう」というお言葉を頂戴します。
しかしながら思いように投げることができないと、やっぱり人間、凹むと思います。
そしてその期間が長くなれば長くなるほど、「どうすれば良くなるのか?」と考えてしまいます。
何も考えず、ただボールを投げているだけのボウリングなんて、私にはできません。

リリースを上手くするためにはどうすれば良いのか・・・
プロのようにフィニッシュで、手の甲がレーン方向を向くにはどうすれば良いのか・・・
理想とする形は判っていても、全く実践できないでいます。

さてさて、前置きが長くなりました
第2土曜は、恒例のミリオンカップに参加してきました

結果です

AVE:191.0 ST:36.1 SP:53.3 OP:10.0


みなさんが口を揃えて「遅い、遅い」と言われていたのですが、私はそうは感じませんでした。
やはりフィンガーへの掛かりが弱いのでしょうね。
実際、縦回転ばかりが目立ち、「ショボいボール投げてるなぁ」と自分で思う位でした。
その証拠にポケットに入っても、何某かのピンが残ってしまいます。
いわゆる「ボールに勢いが無い」という状態です。

こんな状態ですけども、前向きにだけは行きたいと思っています

検証というほどでもない

思い悩むところは、多々あるのですが・・・
最近特に感じるのが、アドレス時のボールの持ち方です。

フィンガーを入れて、サムを入れる。こんなのは当たり前ですけども、
その後、ボールの重みをどこで感じるのかで迷います。
手の平?指の付け根?

手の平に重心を置いていても、プッシュアウェーではボールが前に出るので、指の付け根に重心が移動。
それでいいいのか?

また姫路プロみたいにボールを絞って持つのが良いのか・・・等々、色々試してみても
シックリ来ませんねぇ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。