2013年02月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年2月の成績

 平成25年2月   
  ゲーム数:66ゲーム
  ハイゲーム:277
  ローゲーム:145
  アベレージ:200.9
  ストライク:45.2%
  スペア:37.4%
  オープン:16.1%
  プラスゲーム:34回 :51.5%
  ノーミスゲーム:11回 :16.7%


 センター別 
  アローM原:190.0(13G)
  R1 平野:200.5(10G)
  R1 中環:208.5(19G)
  R1 駅前:228.8( 5G)
  R1 北心:168.3( 4G)  
  Tドロキ :194.5(10G)
  Pニック堺:211.0( 3G)
  X-B0WL:214.5( 2G)

良いときと悪いときの差が激しすぎました
というのも、継続的にスイングの迷いがあったからです。
上手く投げれたスイングの再現性が乏しく、同じように投げているつもりでも
ボールの威力が全く違う感じがしました。  ←実際、ストライク率にかなり影響が出ているよ
特に平日は投げられないため、1週間開くと「???」状態になることがしばしばです。 ←年齢のせい?

「ボウリングは、リズムとタイミング」何度と無く教えていただいていることですが
良いスイングができているときはリズムもタイミングも良くなり、
そうでないときは悪くなってしまうように感じます。

こんな迷いを持ちながらの2月の投球でしたが、3月は1度リセットして
「人差し指」をしっかり意識した投球を心掛けていこうと、考えています

さてさて、先月STORM社の「SYNC」が気になってます・・・と書いていたのですが
結局別のボールを購入しました



さてさて、このペアは活躍してくれるのでしょうか? ←それは、あんたの腕次第
スポンサーサイト

レンコンに翻弄される

休日出勤の代休消化を使い、R1北心○橋店へ竹原三貴プロチャレンジに行ってきました
R1北心○橋店は、いわゆるミナミの繁華街にあり、もちろん初めて訪れるセンターでした

まずは結果です

AVE:168.3 ST:20.8 SP:50.0 OP:27.5


いや~、ボロボロでした
練習投球から全く合わせることができず、最後までどこに投げれば良いのか判らずじまい。
レーンの印象としては、外早内遅。
外から行くとヘッドピンまで届かず、内からは厚めに入ってしまいました
レッスンプロして来られていた中野プロにも、色々とアドバイスを戴いたのですが
最後までリズムも掴めず、沈没。
楽しみにしていたプロチャレンジでしたが、散々な結果に終わってしまいました


日にちが変わって、土曜日は朝からR1カップの予選会に参戦です

AVE:238.8 ST:62.5 SP:30.0 OP:7.5 優勝
130223_1.jpg

悪夢のプロチャレでしたが、この日はレンコンがピッタリ合っていて、幅が2、3枚あるように感じられました。
なので1ゲーム目からバンバンとストライクが出てくれ、楽なボウリング
これ位、いつも打てると気持ち良いのですが・・・。
こういうときは、スイングもリズムもタイミングも全て上手く行っていたことでしょう。


お昼からはミリオンカップ参戦です。

AVE:184.7 ST:30.6 SP:50.0 OP:16.7 17位/19人
130223_2.jpg

午前中、R1カップ予選会で気持ちよく打ち上げることができたので、意気揚々と参戦したのですが
見事に返り討ちにあいました
同じようにメンテがしていると読んだのですが、やはりオイルが伸びているところがあり
読みきることができませんでした。
1ゲーム目はスプリット、2ゲーム目は1本残りに苦しみ、我慢しきれずドボン
最終ゲームでようやく200UPできましたが、時既に遅し。

レンコンを読むことはボウリングをする上で、とても重要な要素であることは理解しています。
しかしレンコンによって、ここまで結果が違ってくるのは、ちょっと考え物ですね。
苦手なレンコンになると、明らかにスイングがおかしくなり、あまつさえリズムもタイミングも狂ってしまいます。
まだまだ安定したボウリングをするには、鍛錬が必要です。

無限ループ

先週、オーバーターンしていると指摘がありました。
オーバーターンいついては、今に始まったことではなく、これまでも何度も何度も悩み苦しみ(大げさ)
修正を行ってきたのですが、未だに解消していません
しかし「コントロールがつかない」「ボールの威力が半減」等、オーバーターンによる弊害も理解している
ところですので、これをなんとかして修復したいところなんです。

そんな思いを抱きながら、最近はあまり足を運んでいないサブホームへ練習に行ってきました

AVE:203.2 ST:50.0 SP:32.0 OP:18.0


とにかく、「どうすれば手の平がひっくり返らないか?」がテーマなのですが、
これまで肘の位置に気をつけたり 、フィンガーを意識したり、ボールの後を押したりと色々試してきました。
しかし、これと言った特効薬が見つからず現在に至っており、
これらスイングの不安定が増してくると、投球リズムやタイミングまで狂ってきてしまいます

今日の練習では「とにかく腕を前に出すだけ」を念頭に置き投げ始めたのですが
あまり良い感触が得られず、前半1~2ゲームは常にボールが薄目を付いているような状態で
10ピンタップやバケット崩れが多く残りました
また酷く引っ張ってしまう事もあり、6-10残りもチラホラとあります。

こんな調子でしたから、何か違う対策を講じる必要性を感じ、
3ゲーム目からリリース時のフィンガー位置を意識しながらの投球。
すると、2フレからストライクラッシュとなりました
普通なら「この投球でOK」と言うことになるのですが、このフィンガー位置を意識した投球は
これまでも何度もやってきているので、「今回の良い結果は何がどう違うのか?」という疑問点が残りました。
自分で投げているのに、ここの所が全くわからないのが、この問題を可決できないでいる最大の理由ですね

やはり理想は、フィニッシュで手の平がしっかり後ろを向いていること。
自問自答、答えの出ない無限ループに嵌ってしまっているようです

再構築中

寒い毎日が続いていますが、皆さん風邪などはひいておられないでしょうか?
外から帰ったら、手洗い&うがいで、今のところは風邪をひいていない龍田です。

この週末、世間は3連休。
しかし私はいつもの如く第2土曜日は強制ボラ○ティアの日で、6時半に起床
無賃・無給で約20年間続いています。労働基準監○署さん、そろそろご指導お願いいたします

さてさて、ボウリングですが・・・
1月は酷い内容ながらもプラスアベで終了することができましたが、
2月の第1週はブログを書く気が起きないほど、凹んでしまいました

不調期間が長らく続いているので、自分の投球もリズムもタイミングも、バラバラになってしまっています。
もう修復することは不可能と思い、1から再構築のつもりで続けていますが、どうもシックリ来ません。

そんな流れを象徴するようなスコアです

(ミリオンカップ)
AVE:200.0 ST:52.8 SP:33.3 OP:16.7 11位/19人


(5656会)
AVE:196.0 ST:44.4 SP:43.3 OP:13.3 
130210.jpg

悪いスコアではありませんが、内容が全然ダメなんです。
何がダメなのかは、やはりスイングの不安定さから来るスッポ抜けによる外ミス。
これが随所に出てしまうと、「ガックシ」きてしまいます
あとポケットを突いたつもりでも、何か1ピンが残ることがしばしばあり、
ストライクがなかなか続いてくれません

ミリオンカップ時に、中野プロからも指摘がありましたが、どうしても「オーバーターン」が出てしまいます。
もうこれには、自分自身嫌気がさす位になっているのですけどね。治りません
気をつけて、気をつけて、気をつけていてもオーバーターンするのですから

多分、根本的にスイングの仕方が間違っているのでしょうね。
さもなくば、腕が曲がってしまっているのかの、どちらかでしょう(自虐)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。