2012年09月の記事 (1/1)

SBA6周年記念大会

久しぶりの更新です
というのも、ここの所ずーーっと ←このような状況が続いていました。

リリースに違和感を感じていたのですが、それが更に酷くなってしまい、コントロールがママにならない状態に
これでは「ラインを探す」という状況ではなく、常に「指に乗っかりすぎる」or「すっぽ抜ける」といった
感覚が繰り返され四苦八苦。
「どぉにもこぉにも、ならん」状態が続き、ブログも手付かずになってしまいました。


さて今回更新に踏み切ったのは、もちろん良いことがあったからです(笑)
それは・・・

毎月1回開催されているmixiサークル「SBA」の年間チャンピオン決定戦にて、
2度目のチャンピオンになることができました



今回はポイント上位10名によるシュートアウト形式で行われ、準決勝をギリギリで勝ち上がり
決勝は読みがズバリと当たり、中盤6thを持ってくるとことができました
ここのところ、ずっと悩んでいたリリースですが、決勝戦ではビックリするほどスムーズに抜けてくれ
思ったところにボールを落とすことができました
(こういうことがあるので、頭を悩ますのですけどねw)

-----------------------------------------------------------------------

ここで話が少し遡ります。
先週の土曜日、ミリオンカップ参戦時に中野プロと話をしていたところ
 プロ:「菅野さん(ドリラー)のところ、閉まってしまうみたいよ」
 龍田:「えーっ、なんでですか?」
 プロ:「菅野さんが入っているボ○ル阪神が、年内一杯で閉めるみたいで、他のところ探しはるんよ」
 龍田:「秋にボール買おうと思ってたんで、閉まる前に1回行っときます」

ということで、残っていた最後の夏休みの消化を兼ねて、水曜日にボ○ル阪神へ行ってきました
 龍田:「走って切れるタイプの良いボールありませんか?」
 菅野:「エンカウンターかパシュートやなぁ」

見てみると「ウィキッドエンカウンター」か「パシュートアンリミテッドS」のどちらか、ということでした。
ボールの名前と数値だけでは、なかなか判断できず、しばらく悩んでいましたが
エボナイトのボールは「RXS300」以来久しぶりということで、「パシュート」を開けてもらいました
SBAでの優勝は、いきなり実戦投入したこのボールが、やってくれたんです。

-----------------------------------------------------------------------

さてさて、話は戻りまして・・・
SBAの年間チャンピオン戦で優勝すると、副賞にボールがもらえます
その戴いたボールと今回買った「パシュート」との2ショット写真です

P1020187.jpg

色も形も全く一緒ですが「type S」と「type A」があるみたいで、買ったのは「S」、戴いたのは「A」です。
ボウリングマガジンでチェックしてみたところ、
「A」はスキッドが短くストロングアーク系で、「S」は「A」より走るように設計されているとのこと。
とにかく見た目は同じでも、性質の違うボールとのことなんですが・・・
果たしてこれから、使い分けていけるのでしょうか??