2010年09月の記事 (1/1)

途中で凹みすぎ

水曜日のトリオリーグに行ってきました

このトリオリーグが行われるセンターは、これまで何度か書いていますが
ここ数ヶ月間砂漠状態で、ずーっと悩まされ続けていました

しかし先週は若干のようやくオイルが感じることができたので、今日は新兵器「607A」を持って参戦です

練習投球で10枚目付近を投げると、今日もオイルを感じることができました(好し好し)。
何投かした後、「これはもしや・・・」と思い、5枚目を使うとポケットへ
このセンターで5枚目を使えるなんて、何ヶ月ぶりのことでしょうか??

というわけで、結果です

AVE:224.7 ST:63.9 SP:20.0 OP:20.0


1ゲーム目と3ゲーム目は、大きく打つことができましたが・・・
何ですか、この2ゲーム目は?  ←10ピン恐怖症
まぁ理由は色々ありますが、もうちょっと何とかならなかったものかと。。

さて、「607A」の私なりのインプレッションですが
大方の解説どおり、「よく走って、そして急激に切れます。」
その切れ方ですが、エネルギーを保ったままキュンと切れるので、ピンアクションはかなり良いと思います
まだ10ゲームも投げていないので、あくまでファーストインプレッションですが
良いボールが手に入ったと、感激しています ←じゃあ、上手く扱おうね

発育良好

上半期最後の土曜日でしたが、私はいつもの如くボウリングに行ってきました

今朝は、先日SBAでいただいた「607A」の初投げ
センターは前日から、サードホームを予約していました ←しかし今朝はガラガラ

まずは、「ピュア・フィジックス」で投球。
1ゲーム目は例の如くスコア無視の投球でしたが、今日はサムの抜けがものすごく悪い様子
最近、サムのタコが育っているようです

難儀しながらも、何とか目処をつけて「607A」にスイッチ
さぁ、期待の投球でしたが・・・

サムの感覚が違いすぎて、コントロールが定まらない? ←握ってたんでしょうね。
まぁとにかく、内ミス・外ミスの連発でボウリングにならず、インプレッションとかいった余裕はありませんでした。

たまらず、再度「ピュア・フィジックス」にチェンジ
すると今度は、サムが抜けない・・・。もうグダグダ、アカン・・・と思ったところに、中野プロが登場!

プロに状況を話すと・・・
「じゃあ、サムソリッドをちょっと削りましょう」ということで、ピュア・フィジックスを施術していただきました
するとビックリする位、サムが軽く抜けること!
応急的にアジャストテープを張り2?3投すると、しっかりストライクが出てくれます。
中野プロ、ありがとうございました


その後、ホームへ移動し「おはよう大会」に参加しました
まずは結果から

AVE:208.0 ST:45.8 SP:47.5 OP:7.5 6位/53人

※競技会ではハンデ8を加算。

サムの抜けが良くなった「ピュア・フィジックス」。1ゲーム目から爆発してくれました
スイングもコントロールも上手く作用してくれて、247ピンスタート
「こりゃ良いかも」と思っていると、館内放送で「パーフェクト達成」のコール
達成されたのはKさんで、このセンターのトップランカー。実力が違いすぎます

2ゲーム目は、2つ割ってしまいましたが途中のハムボーンが効き、203ピンとプラス維持

レーンの変化を感じたのが、3ゲーム目。
スタンス・スパット移動で対処していくのですが、「ココ!」と言う時にストライクが出ず、192とマイナス。
このマイナスで、入賞圏内から脱落

気合を入れ直したい4ゲーム目でしたが、あと1ピンが飛ばない・・・
何とか飛ばすために右往左往するのですが、変に厚めに入ったり、はたまた薄目を突いたりと
スペアでつなぐのが精一杯。ここまででした

今日を含めて、今月はハンデ「8ポイント」のおかげで、入賞争いを繰り広げることができましたが
逆を返せば、スクラッチでは全く話になりません
欲を言いだすときりが無いのですが、やはり入賞争いができると、すごく楽しいです

じゃあどうするか?

えーーー、
まだまだアベレージアップしなければ・・・。  ←頑張りましょう!

センターによる差が激しい

今朝は早朝から激しい雨が降り、ときおり雷も鳴っていました
この雨と同時に一気に涼しくなり・・・というか寒い位で、目が覚めてしまった龍田です

若干寝不足ながら、今朝もホームで競技会が行われていたので参加してきました
まずは、その結果から

AVE:204.5 ST:41.7 SP:45.0 OP:10.0 3位/40人

※競技会ではハンデ8を加算。

今回もハンデを有効に生かす事ができて、3位入賞です
この所、運良く入賞することができていますが、その理由として
  ?カストディアン導入でレーンが難しくなった。
  ?難しくなったことによりスクラッチで大きく打たれる方が減り、ハンデを持っている人が有利。
と、このように分析しています。
今回の戦績も200チョロ。しかしハンデを入れると、そこそこの点数になるのが美味しいところです

残りピンを見てみると、ノーヘッドを7回
レーンが「プチ外早中遅」と言った感じで、外ミスしてしまうと決まってノーヘッドとなりました。
(ということは、7回外ミスか
かと言って内ミスが許されるはずもなく、ド真ん中スプリットに嵌ってしまいます
というわけで、結構シビアなコントロールが要求されるレーンでした。

オイルの伸びも激しく、4ゲームを通じて5枚目?10枚目まで、右往左往させられました
こんな中で、イージーミス1回で乗り切れたことが良かったと思います。
しかしこの1回(4G目の8フレ)が、悔しい結果なんですが・・・
欲を言うとキリがありません。


実は良い結果ばかりではありません
水曜日のトリオリーグは・・・
AVE:173.3 ST:25.0 SP:60.0 OP:20.0
(酷いのでスコアシートなし

トリオのセンターではここ数ヶ月苦しめられているのですが、今回は練習ボールからオイルを感じることができ
「今日は良いボウリングができるかも・・・」と思ったのもつかの間
あと1ピン飛ばない状態が続き、あれこれ弄っている内に自分のリズムを見失ってしまい、ジ・エンド

う?ん、次回こそは一矢報いたいところです

SBA4周年記念大会

土曜日の夜、SBA4周年記念大会に参加してきました
「朝」「昼」「夜」と3連勤となっております

内容は2部構成で
 ・第1部:浪原伸之プロチャレンジ
 ・第2部:2010チャンピオン決定戦
となっていました。

まずは第1部「浪原伸之プロチャレンジ」の結果から

AVE:191.5 ST:39.6 SP:35.0 OP:20.0 4位

※SBAではハンデ9を加算。

ありえない遅いレンコンでした
通常このセンターでは「ピュア・フィジックス」を先発させるのですが、練習投球で早々とあきらめ
「ミッドナイト・バイブ」へボールチェンジ。
遅いレーンは毎週のリーグ戦で慣れているとはいえ、かなり内からのライン取りからスタート

1ゲーム目は、通常なら10ピン取るラインを選択。
かなりボールを置きに行ってしまってたと思うのですが、2フレから4thと貯金ができました
途中、スペアアングルがやはり遅くて、2回オープンFを出してしまいましたが、このゲームは212ピン
と幸先良いスタート

2ゲーム目、ストライクがポツポツ出るものの、ダボ以上なしで2スプリット。
そんなに甘いはずがありません

実は、浪原プロと同箱に入っていまして・・・プロの「ため息級」のすごい投球を、傍でじっくり見せていただきました。
一連の投球で気になったのは、この遅いレーンでしっかりボールを走らされているところでした
そこで、プロに質問
 龍田:「どうやったら、このレーンでそんなにボールを走らせることができるのですか?」
 プロ:「色々とテクニックはあるけど、やっぱりボールに回転を与えないことかな」
 龍田:「そんな芸当はできませ?ん」
(ゲームの後に丁寧に教えてくださいましたが、長くなるのでここは割愛します)

3ゲーム目はラインを替え、20枚目通し。するとポケットへは行くのですが10ピンタップに苦しむ苦しむ
カバーを続け我慢の投球を続けることができましたが、肝心要の10フレでついにカバーミス。弱い・・・
(浪原プロからは、そのラインが正解とのことでした)

4ゲーム目、同じラインで投げましたがついに10ピンが飛び出し、頭から5つ
しかしこの後がいけません。5つ来たもんで力が入ったのでしょう、スプリットの雨あられ
結局、このゲームは200UPできず。これは凹むわ・・・

第1部は、浪原プロのアドバイスをもらいながら、私にとって難解なレンコンも非常に良い勉強になりました。
プロは4ゲームで960やったかな?
凄すぎます


そして、第2部「2010チャンピオン決定戦」です。
昨年の10月から計11回の月例会で、ポイント上位8名によるトーナメント方式の決勝戦。
私は総合4位で、目標であったこのトーナメントに参加することができました

1ゲーム目(準々決勝)、トチローさんとの対戦です。
1分間練習ゲーム(短!)で感じたのは、「オイルあるやん??」
第1部で砂漠状態を経験したためか、レーンが新鮮
「10枚目が使えることがこんなに素敵なことなのか」と感激しました。 (←大げさ)
勝負は、レーンチェンジで戸惑われたトチローさんが、最後までレーンを掴めないまま終了。
何とか勝ち上がり

2ゲーム目(準決勝)、ムコさんとの対戦。
ムコさんは、準々決勝を私が第1部で投げていた砂漠レーンを制して勝ちあがってこられました。
しかし今度もレーンチェンジで、ムコさんが戸惑われたことと思います。
私は準々決勝と同じレーンで地の利を生かし、ここも何とか勝ち上がり

3ゲーム目(決勝)、イーグルさんとの対戦。
イーグルさんは、ここのところ絶好調
SBAの月例でもセミパをさらりと出されたり、900UPされるなど到底かなう相手ではありません
でもここまで来たのですから、胸を借りるつもりで全力投球です
が・・・
ストライクが出てくれません。って言うか、レーンが読めません
なんとかスペアでつないでいくのが精一杯。
イーグルさんは、1フレこそミスられたものの途中4thで盛り返され、焦った私は7フレで痛恨のスプリット
8フレではイーグルさんが5?6を残されたものの、これをしっかりカバー
このスペアでもはや勝負あったと諦めかけたところ、
9フレでイーグルさん4?7?10(やったかな?)でオープンF
私は相変わらずストライクが出せないものの、スペアで堪えハンデ込みで1マーク差
勝負の10フレは、イーグルさんが先投げで、なんと4?6スプリット。これまたビックリ
ということで、希望の光が見えてきたここが勝負どころ。
「このラインならいけるはず!」と自分に言い聞かせて投げたところ、綺麗にジャストポケット。
思わずガッツポーズが出ました。会心の一撃、気持ち良かった?

ということでハンデに助けられながらも勝つことができて、なんと「2010チャンピオン」に!!
torophy.jpg
なんか「やってもぉた・・・」って感じですね

優勝者には景品がありまして
ジャ?ン
607a.jpg
これ欲しかったんですよね。
景品が並べられたときから「欲しいなぁ・・・」と指咥えて見てたのですが、なんと自分のものになりました
しっかり走って、ものすごい切れが出るということなので「NXT DIMENSION」の後継になってくれると思います。

長々ダラダラと書いてしまいましたが、思いもよらぬ年間チャンピオンの称号に酔いしれながら
これからもボウリングを頑張っていこうと、心新たに思う龍田でした。

我慢大会

ようやく秋めいてきました
今日からお休みという方も多いと思いますが、私はボウリングに勤しもうと思います

まずは、朝からサブホームへ
行楽へ出かける方が多いのか、道路はいつもよりも混雑していて、倍近い時間がかかりました

練習結果です

AVE:220.8 ST:56.7 SP:24.0 OP:16.0


今日の練習テーマも「頭から突っ込まない」と「フォワードで振り回さない」でしたが
序盤からボールがポトポトと手前に落としてしまいがちに・・・
それでもレーンに幅が有ったので助けられていましたが、3ゲーム目1フレでグリップ不足&外ミスでガター
これを機に、アドレス時からボールをしっかりグリップすることに集中すると、
なんかよぉわからん間に、ストライクがまとめてやってきました
中盤から後半に掛けては、258・233・222と3ゲームで710UPと上出来

しかし良いことばかりではありません。
カバーボールのサムソリッドがグラグラと抜けかけてしまい、10ピンが思うように狙えませんでした
現在応急措置をしていますが、何か対策を講じなければいけません


その後、サブホームからホームに移動し、人気コンペ「おはよう大会」に参加してきました
このコンペは参加人数が多く、時には70人を超えることもありますが、今回は49人とやや少なめ。

まずは結果です

AVE:200.3 ST:45.8 SP:42.5 OP:15.0 3位/49人
100918_1.jpg
※競技会ではハンデ8を加算。

幅のないレーンでした。
外は意外とオイルが入っているのに対し、中は一部枯れているところがあり、そこがトラップとなっている様子
トラップを意識しすぎると外ミスして、ノーヘッド。
1・2ゲーム目はこれに苦しめられ、マイナス街道

3ゲーム目の途中までは同じような形で進行して行きましたが、8フレから狭いラインを上手く通せてオールウエイ
(裏ストライクもありましたけどね

3ゲーム目終了地点でハンデ込み+1ピンで8位。皆さんも苦しんでられるみたい・・・。

4ゲーム目はターキースタートでしたが、4フレ外ミスでバケット残り
嫌な感じが漂いましたが、なんとかカバー。これで心理的にもかなり楽になり、ノーミスで終了

スクラッチ801、ハンデ込み833ピンで3位
幅がない窮屈なレーンでしたが、なんとか入賞できました。 (←ハンデのおかげ)
今回はコントロールが大きなウエイトを占めましたが、コントロールばかり考えると悪い癖が出てしまうので
なるべく頭から突っ込まないよう、我慢して投げることができたのが大きな収穫

さて、これからmixiサークル「SBA」の4周年記念大会&2010年間チャンピオン決定戦に参加してきます
全く打つことができないSBAですが、なんとか一矢報えるよう頑張ってきます

今日は朝からボランティア活動という名の強制肉体労働で、6時半起床
雨が降ってくれれば中止なんですが、毎月第2土曜日って不思議と雨が降らない。
なんとかならんかなぁ

そんな第2土曜日も昼からは、サードホームで行われる「ミリオンカップ」。
前回はしょうもないミスで悔しい思いをしたので、今回は頑張りたいところ

ゲーム開始前にフリー投球30分。
水曜日に気づいた課題(フォワードスイングの引っ張り)を、木曜日に検証した後なので
今日はしっかり反復しながら投げなければなりません
そんな目論見でしたが、いざ投げ始めるとボールが手について無いような感覚で、まさに空回り

程なくして、中野プロがフリーレッスンに回って来てくださり…
 ・前傾姿勢
 ・フォワードスイングでの重心
ということで、2点のアドバイスがありました。 (←そういえば、トリオのときも同じ指摘が・・・

前置きが長くなりました。この2点をふまえての結果です

AVE:231.7 ST:55.6 SP:33.3 OP:6.7 優勝/12人


やりました。スクラッチで優勝できました
結構威勢の良いスコアがでましたので、気分良くスイスイと進めることができましたよ。
欲を言えば700UPが欲しかったところですが・・・ (←イージーミスを2回もしてはアカンやろ

さて、ゲーム前に中野プロからアドバイスいただいた事項ですが、自分なりに解釈して
 ?意識して前傾姿勢を直す(頭から突っ込まない)
 ?ついつい力で引っ張るフォワードスイング。これをしっかり我慢する。
この2点のみをしっかり注意して投げました
スコア的にはこの上ない結果として現れましたが、自分の体感としては「投球時に腰が入る」と言った感じでしょうか・・・。
この表現はブログ仲間のケイワンさんがよく表現され、そしてアドバイスも下さっていたのですが
今日のこの感覚、それに近いものを感じ取れたのかもしれません。

この後、中野プロに「この感覚が次回に再現できるかが問題なんですよねぇ…」と話したところ
流石に呆れられてしまいました


さてミリオンカップの後は1パックの居残り残業です。
今回は「ひこにゃんさん」と「Nさん」もお付き合いくださいました。

AVE:196.7 ST:41.7 SP:45.0 OP:13.3
100911_2.jpg

練習レーンは1番奥のレーン。先週のR1カップでケチョンケチョンにやられたところです
ミリオンカップで良い結果を出せたので、反復練習あるのみです。

序盤はレーンが遅いという印象から下手に出し戻しをして、200UPに届かなかったのですが
10枚目付近に意外とオイルが残っているという判断がピタリと当たり、3・4ゲームは良い感じでまとまりました
こうなると課題としていたスイングも、そしてコントロールもともに「好し」と思っていたのですが
すぐ後に、落とし穴にスッポリとはまってしまいました
というのは、10枚目で使っていたオイルが枯れたようなので、アジャストしてみたところ
外へ一生懸命出しても厚めに入り全く使えず、中は薄めでバケット残りなど、散々
最終的には40ピンほどあった貯金全て吐き出し、マイナスで終了
アジャスト能力の低さが露見してしまいました。
面白いもので、あれだけ上手く投げれていたはずなのに、フォームもガタガタに・・・。

いずれにせよ、毎回毎回課題点は残ってしまいますね。アカンなぁ?

反復

平日なのに連投してきました

まずは水曜日のトリオリーグからです。
今週から新たに「第101節」が始まるということで、チームメンバーもシャッフルされました
私はなんと、中野プロと同じチーム。頑張らなくては
(師匠、よろしくお願いします!)

ということで、気合を入れたつもりでしたが・・・

AVE:182.7 ST:33.3 SP:46.7 OP:20.0


今回も例によって、ショートオイルと感じました。
インサイドから15枚目通しを選択したのですが、どうもしっくり来ない様子
周りの方のラインをじっくりと観察してみたところ、あまり内に入らずに10枚目付近を通されていました。
そこで、私も10枚目のラインを探ってみたところ、1ゲーム目の終盤にパンチアウト!

2ゲーム目もダブルスタートでしたが、3フレで10ピンスペアミス
このフレームでスイングが不安定になり始め、中野プロからもアドバイスを頂戴したのですが・・・
結局最後まで修正できずじまい
「遅い」という先入観から、ボールの走りとコントロールを重視しすぎた結果、
「力でボールを引っ張りたくる」という悪い癖が出てしまいました。これは大いに反省です


日付が変わって、本日木曜日。
夏休みがまだ残っていたので、昼から休暇を取り、ホームの競技会に参加してきました
トリオリーグでの反省点をしっかりと生かさなければなりません

AVE:209.3 ST:50.0 SP:45.0 OP:5.0 準優勝
100909.jpg
※競技会ではハンデ8を加算。

今月のハンデは「8」。先月から7ポイント減りましたが、それでも4ゲームで32ピンもらえます。
今回は上級者の方たちがそろって打ちあぐねられたため、ハンデ分をプラスして準優勝までこぎつけられました
200チョロばっかりで大きいところが一つも無いのですが、2回のスプリットメイクをはじめ
堅くまとめることに成功しました

比較的安定して投げることができたのは、やはりトリオでの反省点を踏まえることができたからでしょう。
しかしまだまだ「ボールを力で引っ張り込む」クセが治りきらないので、
これからジックリと反復しながら、良いスイングを身に着けて行かなければなりません。

師匠も書いてられましたが、
ボウリングって「勉強しても勉強しても、練習しても練習しても、終わりがありません」ねぇ

トリプル○○○

昨日、携帯で朝から予約が取れたので、久しぶりにサブホームへいってきました

まずは1ゲームの確認投球。
朝なのでサムのむくみもさることながら、どうも掴みどころのないレーンの様相
5枚より外は遅くて使えず、かといって5?8枚目はオイルがまだらなのか(?)、
過激に反応して裏まで行ってしまったり、はたまた薄く入ったりと危険区域確定

こうなると10枚目を絞っての投球(我慢の投球?)

AVE:199.4 ST:38.3 SP:50.0 OP:12.0


ロー・ハイ差10ピン。3ピン足らずのトータルマイナス
安定しているといえばそれまでですが、結果を見ると要所要所のミスが悔やまれます

スイングの感触を確認しながらでしたが、まだまだ手が裏返ってしまうことがあり
力みも取れていませんでした
なかなか安定したスイングをするのは難しいと痛感しています。

スコアだけ見るとトリプル○○○まがいのものが出ていますので、安定しているといえば安定しているのですが・・・。
この1週間、極端なローから優勝まで色々ありましたが、なんか複雑な心持です
来週はスカッと打ちたいものです。
(それには、リーグ戦のレンコンを克服せなあかんのとちゃう?

ぐだぐだ続き

今週の投げた結果から・・・
(書くのが嫌なくらい、悲惨な結果の数々)

ます、水曜日のトリオリーグ。
187、157、174  アベ172.7

リーグ最終週でしたが、いつものとおり遅い。
インサイドに入って膨らませると、決まって10ピンがタップ。下手すると7?10。
4の字を回避できただけでも、良しとしましょう


金曜日の中環杯(R1カップ予選会)
158、160、176、167  アベ165.3

ここのところ「調子が上がっている」と自負していたのですが、ポッキリと鼻をへし折られました
しかも得意としているサードホームのR1中環店。
4の字、6の字では話になりません。
1つだけ言い訳がありまして・・・
アプローチがビックリするくらい早かった
デクスターの6番ではツルツルやったんで、4番に張り替えたところ、今度は滑りもしない
ホンマ極端でした。
そんなこんなで足元ばかり気にしていて、ラインを読むとかは2の次。
その上変に力が入ってしまうので、リズムもスイングも無茶苦茶。これでは打てません


今日、土曜日の朝練。
207、218、149、169、242  アベ197.0

途中で大きく崩れてしまいました。
「なんでやろう?」「何が悪いんやろう?」と必死で検証した結果、
リリース時に中指にかからず、薬指でボールを引っ掛けてしまっている感覚が伝わってきました
スイングの修正として、ボールを体側に抱え込まないよう意識してみたところ
良い感じで押し出す感覚が戻り、最後は242ピン


この後、昨日ケチョンケチョンにやられた「R1カップ予選会」にエントリー。
先ほどの練習で、中盤スコアを大きく落としたので、不安一杯でしたが・・・

AVE:208.5 ST:52.1 SP:27.5 OP:15.0 優勝/8人


人数が少なかったものの、運良く優勝できました。一応、リベンジです
しかしながら、随所随所にミスも多く、反省点満載です。
アプローチは昨日と違い、丁度良い軽さ。レンコンもやや遅いながら、そんなに難しくない感じでした。
しかしスイングへの不安からか、力みが最後まで抜けきれませんでした
その証拠に最終ゲームは、後1ピンが倒れてくれず、マイナススコア。
おそらく使っていたラインが延びてしまって、10ピンが飛ばなくなったのでしょうが
アジャスト能力の未熟さをしっかり認識させられました

というわけで結果には満足しているものの、帰りの車の中では、どうもスッキリしない気分でした

明日は久しぶりにサブで練習してきます。