2010年08月の記事 (1/1)

ハンデがたくさんあると嬉しい?

土曜の昼のこと
「明日(日曜日)の朝練のために、R1の予約を取っておこう」と思い、携帯サイトを確認すると・・・
 ・サブホーム → ご指定の時間帯のご予約はできません
 ・サードホーム → 6:00? 6:30? 7:00?
サブは、団体予約かなんかで一杯なんやろうか・・・。サードは空きがあるものの7時はちょっと早すぎる・・・。

と、しばし考えた後、朝練は抜きにしてホームの競技会へブッツケ参加することにしました
(それにしてもR1、よぉ儲かりまんなぁ

ホームということで、ピュア・フィジックスを選択。久しぶりに実践投入です。

まずは、結果から

AVE:215.3 ST:58.3 SP:30.0 OP:10.0 3位/?人

※競技会ではハンデ15を加算。

今回もハンデを生かして、入賞することができました
まさにハンデ様、様です。 ←この辺が情けない

さてゲームの内容です。

まず練習ボールでは、サムの抜けが悪く、引っ張りたくり
ラインも探れずにやや焦りましたが、練習投球の終盤になって、ようやく7枚から少しだけ膨らますラインに決定。

1ゲーム目、幸先よいスタートでしたが3フレでサムを引っ掛けてしまい、内ミスによるスプリット。
こりゃ参った
でもその後は、コツコツとストライクが出てくれて224ピン。良いスタートが切れました

2ゲーム目は、1フレからいきなり4-9スプリット。ちょっと厚く入った?
しかし2フレから良い感じでストライクが来てくれます。
5フレで9ピンが残ってしまいましたが、その後もハムボーンと続き、有頂天になりかけたところ
10フレで10ピンカバーミス
やはり、どうしてもオチが付くようです

3ゲーム目は、5フレで再び4-9にみまわれますが、その後ターキーで返すことができ214ピン

4ゲーム目1フレストライク。しかしこの後、左レーンでストライクが全く出せなくなりました
10ピン、4ピン、3-10スプリット、7ピン・・・
うーん、どないやねん!
右側のレーンではそこそこストライクが出てくれていただけに、残念。199ピン。

途中までトップに位置していただけに、最終ゲームの後1本を飛ばせなかったのが残念でした ←力量不足です
いやいや、ハンデが付いているのでこの順位。1,2位の方はスクラッチ。

ともあれ、入賞したので良しとしましょう! ←来月からハンデが減るよ!

最後のオチ

今日は朝からサードホームへ
お昼過ぎからの「ミリオンカップ」を前に1パックの練習を兼ねての番長対戦をしました

1ゲームの慣らし運転の時から感じていたのですが、何やらハイスコレーンの様相。
10枚目あたりに投げていれば、少々の内ミス・外ミスも勝手に修正されてポケットへ

そんな感じで投げた結果です

AVE:223.2 ST:53.3 SP:34.0 OP:8.0


最後は落としてしまいましたが、序盤3ゲームで730UP、4ゲームでも930UPと上出来でした
最終ゲームは10ピンが飛ばなくなってしまい、半歩下がったり、半枚外へスタンスを変えたり、1-1移動したり・・・
と色々小手先の対処をしましたが、全く飛ばず。そして最後は集中力が切れてしまったのか、イージーミスで終了


そして午後からはミリオンカップに参加しました。
午前中の良いイメージから「今日は打てる!」と思ったのですが、練習投球で左右のレーンの様子が違います

中野プロが回ってこられて
 プロ:「ひょっとして、左右でレーンが違ってませんか?」
 龍田:「左のレーンが、遅く感じます」
 プロ:「さっきこのレーンでレッスンしてたから、伸びてしまってるんでしょう」
 龍田:「わぉ!

右のレーンは外5枚目が使える状況に対し、左のレーンは10枚目真っ直ぐで裏まで行ってしまいます。
その上プロの仰るレッスンの成果(?)で、15枚目辺りが伸び伸び。

そんな状況で投げた結果です

AVE:196.7 ST:44.4 SP:43.3 OP:13.3 6位
100828-2.jpg

1ゲーム目は左右とも何とか合わせることができ、幸先の良いスタートでした

しかし2ゲーム目・・・
 ※今こうして見ると1ゲーム目の9フレ10フレ、そして2ゲーム目の1フレと連続して4番ピンが残っています。
  レーンが変化していることを、この地点で察知しないとダメですね。能力不足
というわけで、レーンの変化に翻弄され168ピン。

3ゲーム目、2ゲーム目のパンチアウトから右側のレーンは掴めたのですが、
左のレーンがどうしても1ピン飛んでくれません
ダブル1回でノーミスのまま終盤突入、9フレもストライク。
「10フレさえ無難に乗り切れば、何とかトータルプラス」  ←こう考えるとダメとはわかっていつつも

10フレ1投目は外ミスでバケット残り ←ほら、言わんこっちゃ無い
そして2投目は、お決まりのミス ←必然でしょう。

あ~、これでトータルプラスも逃した上、5位の方が600ジャストだったので入賞も逃してしまった次第。
メンタル面弱すぎです

今朝は幸先の良いスタートを切りつつも、最後は反省に次ぐ反省の1日でした


デザート

水曜日のリーグ戦に参加してきました

練習ボールから遅い・・・。ミッドナイト・バイブを使っても、遅い・・・。

AVE:185.0 ST:38.9 SP:33.3 OP:26.7


とにかく10ピンが残ると、取れませんでした  ←へたくそ?
スペアボールでも、しっかり手前で曲がってくれます
結果は1/3
もっと残ってたら、大火傷していたことでしょう。(10ピンを残すのが怖いので、とにかく薄めに入れてと・・・)

最後の最後で、200チョロUP  なんとか、一矢報いたかもしれません。

最近はこのセンターの遅さに慣れてきたのか、他のセンターが少々遅くても、なんとなく対応できているような気がしています。
(と、前向きに考えましょう

上手くなるには

土曜の夜、月1回のmixiサークルの月例会に参加してきました
今回は来月行われる「年間チャンピオン決定戦」へ進めるかどうかの最終戦。

これまでの私はというと、ハンデを大いに利用させていただきトータル5位。
8位まで決定戦に進めるとあって、今回は気合が入りました
というのは、5位?9位までの差が90ポイントで、ほぼ団子状態
ちょっとしたミスから、一気に圏外へ落ちてしまうことも・・・

そんな緊張感を持ちながら、投げてきた結果です

AVE:202.8 ST:50.0 SP:40.0 OP:15.0 5位

※SBAではハンデ10を加算。

なんとかギリギリでプラスで終わり、5位でした。これで最終順位は、なんとか8位以内に入れたと思います

さてゲーム内容ですが・・・
練習投球は「ピュア・フィジックス」で投げ始めたのですが、10枚目を通しで裏まで行ってしまったため
先発を「ミッドナイト・バイブ」に変更しました。
ボールを変えて10枚目通しのラインを確認。念のため内(13枚目)も探っておきました。

1ゲーム目、10枚目通しから入りましたが力みのためか内ミス投球。
この後ターキーを出せましたが、直後に2つのスプリット  ←どうも力が入っているらしい。
タイミングに気をつけて仕切り直したところ、オールウェーでフィニッシュ。221ピン。

2ゲーム目、いきなり7?10
ここで10枚目のラインをあきらめ、13枚目に変更。
中盤にターキーで盛り返し、さらに4-5-7のスプリットもメイクできたのですが、9フレでまたもや7-10。201ピン。

3ゲーム目、苦しみながらも1ダブルで切り抜けていたのですが、9フレでスペアミス
万事休すかと思いましたが、10フレを気合のパンチアウトで202ピン。

ここで1つ言い訳。
私が投げた39-40レーンは1番端のBOXで、エアコンの風が全く入ってこない状況でした
ここまで3ゲーム消化して、汗だくの状態。体もバテバテ。 ←力が入ってるから?

そんな状況迎えた4ゲーム目。
レーンの変化もありアジャストし直さなければいけない状況。
3?4フレ、ラッキーな裏ストライクでダブりましたが、その直後に逆チョップでオープン
問題はこの後。どう頑張っても、もう1ピン飛んでくれません。
暑さに耐えているところ、これがキツかったのですが、何とか集中力切らさずスペアを拾うことができ187ピンフィニッシュ。

同じBOXで投げていたS君。彼はこのセンターの従業員なんですが、力みの無いきれいなフォームでストライクを連発。
ゲームの後、しばし雑談。

龍田:力みの無い綺麗なフォームやね?
S君:最近やっとボールが良い回転してくれるようになりました。
龍田:最近って、ボウリング始めてどれ位?
S君:1年ちょっとです。
龍田:すごいなぁ。何か上手くなったきっかけとかは?
S君:栴檀プロや和田プロを間近で見る機会が多いですし、家でもビデオでプロのフォームをチェックしています。

実技はもちろんのこと、やはりプロのフォームを頭に焼付け、イメージトレーニングすることも大切ということか・・・
俺なんかTVを見ていても、長谷川プロや柳プロにうつつを抜かしてるだけやもんなぁ・・・  ←おっさんか?
ともあれ、上手くなるためには性根を入れなおさなければならないようです


--------------------------------------------番外編------------------------------------------------
Blueさん、ガンバれ?
SN3D0242_1.jpg

第2段投入・・・でしたが

水曜日のトリオリーグに参加してきました
私用・お盆休みと2週開きましたので、久しぶりの参加です。

ここ数ヶ月、このセンターの遅いレンコンに悩まされているのですが
今回はもう1つのニューボール「ミッドナイト・バイブ」を投入しました。
ドリル時に「遅いレーンで使うから、曲がらないようにレイアウトして下さい」とリクエスト。

さて、初投げの結果ですが・・・

AVE:184.0 ST:33.3 SP:43.3 OP:20.0 


いつもながらオイルを感じることができないレーンでしたが、1ゲーム目はノーミスで210UP
この間うまくいった「自分のタイミングだけを考えて投げる」が成功

しかし2ゲーム目の1フレ、何でもない2番ピンのカバーなのに「余計なことを考えて」ミスしてしまいます。
気持ちを切り替えて3・4フレでダブル。そして5フレも上手く投げれたのですが、ジャストエイト
その後もストライクが来ただけに「ついてないなぁ・・・」と思った途端にストライクがパタッと来なくなりました。
タイミングが狂っているのが自分でも判るのですが、どうも修正ができないまま終了。181ピン

3ゲーム目の踏ん張りどころですが、タイミングの修正にてこずり、外ミスが多くなってしまいました。
こうなると遅いレーンだけに致命傷。スペアも覚束なくなり、154ピンと一気にローゲーム

最後まで堪えることができませんでした。 ←堪えしょうがない!
ゲーム中のちょっとした出来事で、タイミングを狂わせてしまい、その後修正不可能という結果
終了後「ラインの選択を間違っていたよ」と、隣りのBOXで投げられていた中野プロから指摘を受けました
確かに・・・1ゲーム目が打ててしまったので、同じラインにこだわりすぎでしたね。

今日はうなだれて、寝ることにします

(というわけで、ミッドナイト・バイブの使用感は持ち越しです

お盆のボウリング

世間では「お盆休み」真っ只中です
ボウリング場もいわゆる「書入れ時」で、レジャー目的のお客さんが大挙して来られます。
今サードホームの混雑状況を携帯電話で確認してみたところ、なんと33組待ちで1時間15分
ちょっとこの状況では、練習に・・・とは行き辛いものです。

しかし、今日は朝からホームで競技会が開かれていたので、参加してきました
1週間ぶりのボウリングです

まずは結果から

AVE:227.0 ST:56.3 SP:30.0 OP:10.0 順位は4シフト合同表彰のため未確定

※競技会ではハンデ15を加算。

最初からいきなり、バケット崩れからのチョップ。スペア・スペアで、真ん中ではないのに7?10残り。
私以外のBOXの方たちは、4フレまで全部ストライク。こりゃもう、最初から「あきまへん」
5フレでやっとストライク。
ここから何とか立て直して、193ピン

2ゲーム目に入り、乱れ気味だったコントロールも定まり始め、自分のタイミングだけを注意して投げました。
するとどうしたことやら、3フレから8連発
多分ものすごく良い感じで投げれていたのでしょうね。
最後はハイゲームが頭をちらつき、10ピンタップ&カバーミスの、黄金パターン

3ゲーム目。ここも序盤から良い感じでゲームが進みました。サムの抜けもリリースも申し分なし。
10フレは割れてしまいましたが、236ピン

4ゲーム目ダブルスタートを切りましたが、この後バタついてしまいました
6-7-10を運良くメイクできたのですが、左側のレーンでは10ピンがタップし始めました。
レーンの変化に合わせたつもりで、なんとかもう1度ダブルを出すことができ、211ピンフィニッシュ

今回はスクラッチで908ピン。ハンデが1ゲームにつき15ピンいただけるので、合計968ピン。
このコンペは今日と明日の合計4シフト行なわれ、上位から5名が入賞となります。
ハンデのおかげもあって、今回はちょっと期待してみよう・・・?


さてゲームが終わって、同じBOXだった方が話しかけてこられました。
この方は隣県の方で、いつもは「Tボウル」で投げられているとのこと。 ←以前私が投げ友達とよく行っていた所
今日は、師匠の師匠(この方は孫弟子)達と遠征に来られたとのことでした。

その方曰く(以下Oさん):「このセンターは、とても打ちやすいですね?」
龍田:「今日は、もの凄いハイスコレーンでしたね。」
Oさん:「最後までレーンの変化が無かったのも珍しいです。」
龍田:「あれ、最後のゲームはちょっと変化しませんでした?私は10ピンがタップしだしたんで・・・」
Oさん:「ううん、変化してないですよ。龍田さんの最終ゲームは『力み出したなぁ』と思って見てました」
龍田:「力みですか、いつもそれを指摘されるんですよね・・・」

と、こんなやり取りがありました。
そう言われてみれば、中盤はビシバシと思うところに決められていたコントロールでしたが、
終盤は外ミスが顔を覗かせはじめ、意識的にはサムの抜けを嫌い、スイングも硬くなっていたような・・・
(って言うか、そこまで初見で見抜かれるか?

まぁ、何にせよ「リズムとタイミング」そして「脱力」が肝心ということですね
抽象的過ぎて判り辛いけども、自分の投げるリズムだけを考えて、あとはあれこれゴチャゴチャ考えない
ことが大切ということかぁ。
特に「あと○○点で、これこれ」とか「投げるときは、こうでなければならない」とか考え出すと
もう力みの極みかな

ボウリングって、本当に難しいものです。
ともあれ来週からはお盆休みも終わり、普通のボウリング生活に戻せそうです

良いボール?

先週末は家族で出かけていまして・・・
そして水曜日のリーグ戦も、ハワイから先生が赴任され、歓迎会のために absent
というわけで、ここのところ投げれていなかった龍田です。お久しぶりです。

しかし投げれていない間に、新戦力をラインナップに加えました。
「PURE PHYSICS」です。

今回はサブホームでの初投げでしたが・・・

AVE:171.2 ST:25.0 SP:46.7 OP:25.0 


ぜーんぜん、ダメでした
ボールの軌道が安定しなかったんですよね・・・。
こうなるとスイングも滅茶苦茶になってくるもので、頭の中が混乱状態。
ただ一つ判ったことは・・・

・無理にスイング(主にオーバーターン)を強制しようとすると、力が入って逆効果

でした。
ひじの内側を体側に向けてスイングすることに集中していたところ、アクシスローテーション(?)が小さくなり
また“スコン”と手から滑り落ちてしまいました。
それを防ごうとアクシスローテーション(?)を付けるようリリースすると、お決まりのオーバーターン。
ダメだこりゃ

最終ゲームなんて、やけくそで無理やりターンしたものやから、惨憺たる結果。 ←番長大王から降格


あまりにも酷い結果だったのでホームでの競技会参戦に躊躇したのですが、ダメもとで一応参戦してきました。
その結果です

AVE:214.3 ST:54.2 SP:35.0 OP:10.0 優勝
1008082.jpg
※競技会ではハンデ15を加算。

これは、言わずもがな・・・ハンデ勝ち です。
5月・6月とホームの競技会ではAVE.181とケチョンケチョンにやられており、今月のハンデは「15」。
黙っていても4ゲームで、もれなく60点のプレゼントです
そこそこプラスの成績を残せれば、上位に食い込むことができるわけで・・・

まぁとにかく…

勝ちは勝ちやん  わーい