2010年03月の記事 (1/1)

色んな区切り

今日は異動前の最後の休日でしたので、朝からプロレッスンに行ってきました

レッスンの参加者には、春休みなので可愛らしい小学生の姿もありました
話しを聞いてみると、お爺さんにあちこちのボウリング場へ連れて行かれているらしいです(英才教育?)。
まだ小学1年生とのことで、このまま行くと将来が楽しみですね

 今回のプロからのアドバイス 
 ・力が入ってくると前傾姿勢がきつくなるので、注意しましょう。

前傾姿勢が過ぎるとボールの動きが悪くなってしまうとのことでした
私の場合、コントロールを重視しすぎると、前傾姿勢がきつくなる傾向のようです。

つまり・・・
 「あ?、このライン通さなアカン」 → 「意識過剰で力み&前傾姿勢がきつくなる」 → 「ボールの動きが悪くなる」
 → 「ライン取りがおかしくなる」
という負の連鎖です。(そういえば、思い当たる節が何回もあるなぁ・・・

これからは人事異動で平日に休みが取れなくなるため、中野プロレッスンへの参加は今日で一区切りとなります。
本当にものわかりが悪く、また頭の固い生徒でしたが、
いつも親切丁寧に教えてくださった中野プロには本当に感謝しています。ありがとうございました

       

この後、簡単に昼食を済ませホームの競技会「栴檀プロチャレンジ」に参加してきました
お昼の競技会も今回で一区切りとなり、また今日は私にとって1つの大きな目標を掲げての参加でした。

その「目標」とわ…
今月の全ゲームアベレージが、競技会参加前の地点で「200.2」。
すなわち、競技会の成績如何によって「月間プラスになるかマイナスになるか」の分かれ道となります
しかし今月のホームでの戦績は、これまでアベ「184.7」とかなり苦戦

そんな皮算用をしながら、投げてきた結果です

AVE:211.5 ST:52.1 SP:35.0 OP:12.5 4位/17人

※競技会ではハンデ3を加算。

やりました 「ミッション コンプリート」です
そして4位入賞のオマケつきでした

       

レーンの状態は5枚目より外はオイルが無く、内側は8枚目位からオイルが延びている感じです。
大外の壁に当てないよう、また中のオイルに乗っからないよう、6?7枚目まで一旦出して戻すといったライン取り。
1ゲーム目は運の良いストライクも出てくれて、215ピン

2ゲーム目、1フレ2フレとも薄めHitでバケットが残ります。
(朝、中野プロから指摘があった項目にズバリ当てはまっていますね。)
2フレをミスし、その後は7ピンタップの連続。そしてスプリット、10ピンミスと連ねてしまい158ピン。
トータルマイナスとなり、とっても嫌な感じが漂い始めました

3ゲーム目、2フレで3?10スプリットをメイクできずにオープン
(しかしここで中野プロのアドバイスを、やっと思い出しました。)
確かに6?7枚目へのラインコントロールを重視しすぎたために、かなり力んでいたようです
ここからは、ストライクを量産  227ピンでトータル600ジャストまで回復しました。

4ゲーム目、とにかく力まないよう腕を振ることに注意しました。ただそれだけだったのですが、とっても良い感じ
内ミスしたフレームもありましたが、大体が思い通りに投げることができ、246ピンで最後を締めくくりました

10ピンのカバーミスなど、細かいことを挙げればキリが無いのですが、今日の結果には大変満足しています。
なにより、自分にプレッシャーをかけての投球でしたので、クリアできたことはとても嬉しいですね


話は変わって、今日はプロテストの最終日でした。
サブホームで応援した岸○さんが、僅か3ピン差で片○キャプテンを凌いでトップ合格されたようですね
まだ3次テストがありますが、来月からは恐らくプロとして活躍されることと思います。
彼女の元気なボウリングに、心躍らされる日々を楽しみにしています


ライン選択の差

金曜の夜、投げ友達と定例練習会に行ってきました

前回・前々会とYアローで投げ友達に連勝しましたが、今回は隣県のTボウルへ。
このTボウルは結構ハイスコレーンであることが多く、私もたまには打つことができるのですが
投げ友達はそれ以上にガンガン打ってくるので、ほとんど勝つことができないセンターです

挑戦者の心持ちで、挑んだ結果は・・・

AVE:224.2 ST:65.0 SP:22.0 OP:14.0


中盤の猛爆が効き、Tボウルで投げ友達に勝つことができました
このところ3連勝です ( ←相手は週1ボウラー)

1ゲーム目に5枚目のラインを探りに行ったのですが、外ミスは返りが甘く内ミスは真ん中へという感じで
どうも幅が狭く感じました。
10フレの4-7カバーミスで、中にオイルが結構たくさん入っていると実感 ( ←これが大きな収穫)

2ゲーム目、中にオイルがあるということで8枚目を真っ直ぐ出すラインに変更しました。
これがドンピシャで、少々の内ミスもオイルに助けられポケットへ入ってくれ、ストライクを量産

3ゲーム目、頭からストライクが続き、意識するのは「まだ早い」と思いつつも、6フレ位から気持ちが高まり
なんとなく根拠の無い自信が沸いてきました。
しかし8フレ、上手く投げることができ良い感じでポケットに入ったのですが、無常にもジャスト(ガックリ
その後、気分を取り直し「蝉を鳴かすぞ?」と真剣に狙ったのですが…10ピンタップで鳴きもせず

その後も無難にストライクが続いてくれ、悠々プラスを打つことができました ( ←さすがハイスコレーン)
最終ゲームは流石にオイルが枯れてきたのか厚めに入るようになり、対応に手こずりましたが
スタンスアジャストでターキーが来て、なんとか200UPで締め

不安材料も1つあります。
ドリルし直したスペアボールなんですが、内ミスが酷く、10ピン・6ピンのカバーミスが目立ちました
感覚的にはサム抜けが早いような感じなんですが・・・。ちょっと対策を講じなければいけません。

投げ友達は、「外からのライン取りが好きやから」ということで、5枚目を決め打ちしていましたが
やはり幅が無かったらしく、苦労のボウリング
まぁそれでも200UPを打つのですから、恐るべき週1ボウラーです。


さて今回内示が出まして、4月1日付で異動することとなりました
異動によって、これまでのように「平日休みで、朝からボウリング」という生活はできなくなります。
4月からどのような状況になるのか、まだ何とも言えませんが、何とか時間を作ってボウリングを続けて行きたいと思っています。

タメオシ

今日は夜勤だったため、朝の間に3rdホームで行われている「プロテスト」を見に行きました

センター内はいつも見慣れた風景だったのですが、私が到着した時はもう既にテストが始まっており、
雰囲気は「ピリピリ」と張り詰めた感じが伝わってきました。

エスカレーターホールすぐ前のレーンでは、女子のテストが行われており、真っ先に目に入ったのが
片○キャプテンの姿でした。 (アマチュアの方なので、伏字にします
片○キャプテン、髪がウェービーだったと思うのですが、この日はストレートのポニーテールがとても印象的
                                        (↑ おい、注目するのはそこかい!)

いえいえ、しっかりボウリングも見てきましたよ。
ため息の出るような高速回転、豪快なピンアクション、安定したスイング、身体のバネの使い方などなど・・・
本当に一生懸命投げられている姿に、「俺もこれからもっと頑張ろう!」って、一人で感動してしまいました
                           (↑ テストをされている所なのに不謹慎)

そんな私が印象的だったのは、岸○さん。とても光っていましたね。まさに元気印って感じでした
技術はもちろん素晴らしいのですが、とても気持ちの良いボウリングを見せてくれました。
レーン移動の時、束ねた髪を、仕切として張られていたロープに引っ掛けるという、お茶目な一面も


さてさて話は前後しますが、火曜日に中野プロレッスンを受けに行ってきました
もちろんレーンは「プロテスト仕様」です。 ←またこれが曲がらない
レッスンの中では、曲がらないと言う意識からか無意識に腕を返しがちになってしまいます

するとすかさず、中野プロからアドバイス。
「フィニッシュで親指が身体の外を向くように、投げましょう
そう言われて、腕を返さないようにそのままの形でスイング…。
するとプロは「うーん、今の形がギリギリってところやなぁ。もっと外向くように・・・」
「えー、もっとですかぁ・・・」 ←口答えするレッスン生

後でプロと少しお話しをしていて判ったのですが、今の私に足らないのは「タメ」と「オシ」。
親指を外に向けるという指導は、恐らく「オシ」の部分を習得するためだと思います
「タメ」と「オシ」。幅のあるボウリングができるようになるには必須アイテムですよね。

これまでは「リリース」(広義的に「スイング」)ばかりにこだわってきた私ですが、これからは第2段階
プロテストを見学して湧き出た「やる気」を基に、頑張って行こうと思います


-------------------------------- 番外編 --------------------------------
レッスンの後に1ゲーム残業で投げた結果が230ピン
プロテスト、受かるやん!!  (←勝手に言うとけ
--------------------------------------------------------------------------




レーンとは仲良くしましょう

土曜日の夜になりますが、毎月1回開催のmixiコミュニティ「SBA月例会」に参加してきました
この月例会は、私のホームで行われているにもかかわらず、これまでスクラッチアベ183
全くと言っていいほど打つことができません。
なので、毎月「SBAで頑張る」と目標を立てているのですが・・・

AVE:183.3 ST:31.3 SP:52.5 OP:15.0

※SBAハンデ13を加算。

何とか打ってやろうと気負っていったのですが、見事すぎる位返り討ちにあいました

先発は「バーチャルエナジーPT」。
ゲーム開始の初っ端からチョップしてしまったのが悪夢の始まりでした
直後にダブルで返したものの、そのあとはストライクをもって来れず我慢の展開。
9フレでようやくストライクが来てくれ、気合の10フレ…。
自分では「若干の外ミス」だったのですが、ガター直行 (嗚呼無常)

レーンの感触として、外はオイルが比較的あるようで「外ミス」すれば帰ってきません(さよ?なら?
5?10枚目の間にオイルが伸びている所があり、これに乗っかるとノーヘッド
10枚目より内は、オイルが枯れているといった感じ

とにかく外は危険と判断し、ボールを「NXT DIMENSION」に変え10枚目に沿わすラインを選択。
しかしこのライン選択が最悪だったようで、変な残り方が多発してしまいました
こんな具合で2ゲーム目は撃沈

3ゲーム目も同じような調子でゲームが進行しますが、7フレから9枚目を通すラインでターキーが来ました
これで「ちょっとは借金返済」と目論んだのですが…
10フレ1投目、1枚の内ミスでど真ん中スプリット (チーン)。

こうなるともうダメです。どこに投げて良いのか分からない状態
おまけにドリルし直して馴染んだはずのスペアボールまで、サムから抜け落ちるような感覚でコントロールが定まらず
10ピンを外してしまいます
気持ちは滅入ってしまいましたが、なんとか切れないように自分をなだめて、ようやく177ピン

ゲームの後、別のBOXで投げられていた「ひこにゃんさん」に聞いたのですが、
「15枚目通しで板目をあまり使わないのが良かった」とのことでした。

私自身15枚目を通すラインがすこぶる苦手で、練習でも実戦でもほとんど使うことがありません。
(ディープインサイドなんて、もってのほか)
しかしそれ即ち、「レーンと会話をしていないこと」となりますね
「得意」とか「苦手」とか言ってるよりも、しっかりレーンと仲良く投げることを覚えなければなりません

くそ?、来月こそは

連勝

金曜日の夜は、投げ友達との定例練習会でした。
この日も先週に引き続き、Yアローへ

センターに到着すると、比較的空いていた先週とは違い満レーン状態
(間一髪で、待ち時間は逃れましたが
しかし案内されたのは「1?2レーン」。端のレーンは、やはり嫌な感じが・・・。
BOXに入ってみると、レーンのすぐ左が壁  これは10ピン取りに行くのが怖そう・・・
と、言い訳はこれぐらいにして、投げた結果からです。

AVE:200.2 ST:41.7 SP:45.0 OP:11.7


いやぁ、遅いレーンでした
ここのところ、しっかりオイルが入っているレーンばかりで投げていたせいか、
ちょっと遅いレーンに当たると四苦八苦でした。 (砂漠状態ではなかったので、少し大げさです

最初は「NXT DIMENSION」で投げ始めたのですが、外は全く使えず。10枚目真っ直ぐでもヘッドピン左を掠めます。
15枚目?20枚目付近にはオイルがあるようでしたが、有効に生かすことができず
結局選んだラインは10枚目から外に膨らます・・・と言った感じでした。
(この地点で、すでに1ゲーム費やしていますw)

「遅いレーンならば・・・」ということで、先日購入した「バーチャルエナジーPT」の練習を兼ねて投入
前回、ホームの競技会で初投げをした時の印象と同じく、しっかり転がって直進してくれるのですが
奥での曲がりが、もの凄く大きく感じられました
「小気味良い走りと、大きなキレ」は至極良いボールのように思いますが、
遅くなったレーンでうまく走らせるには、もう少し慣れが必要かな・・・

さてさてゲームの方ですが、序盤から中盤にかけてちょっとマイナスで推移していましたが
4ゲーム目に待望の大きい所が打てて、一気にプラスへ転じることができました
しかし5ゲーム目の終盤から最終ゲームにかけて、更に遅くなり始め、必死にスタンスアジャストを試みるのですが
10ピンタップが頻発
最終ゲームは凡ミスとスプリットで沈没状態でしたが、なんとか(ギリギリ)トータルプラスで終わることができました。

投げ友達は遅いレーンに苦しみながらも小細工を施し、一時220UPのスコアも出しましたが
この小細工が原因で、終盤に内ミスを頻発してしまい、自滅(投げ友達談)。
というわけで、今回も勝利でした 

帰りの車の中は、ボウリングの話題よりも人事異動の話しに終始しました。 (←最近ブログでもこればかりですね
お互い、4月になってもボウリングができる環境でありますように…

スポット参戦最終

水曜日の夜、スポット参戦させていただいている「トリオリーグ」に参加してきました
スポット参戦はこの日が最後となり、私の4月以降の仕事の都合で、今後参加させてもらえるかどうかが決まります。
(主催者の方、チームの方、そして中野プロのご配慮に感謝です

まずは、投げた結果からです

AVE:211.3 ST:58.3 SP:23.3 OP:16.7


先週使った「5枚目を通すライン」が、この日も良い感じ
しかし2フレでいきなり、イージーミスをしてしまいます (←とれたと思ったんやけどなぁ・・・)
その後ターキで取り戻すも、8フレで今度は10ピンカバーミス  (←スペアボールをドリルし直したのに・・・)
1ゲーム目は、ストライクがそこそこ出たのですが、2オープンで197ピン。まぁスコア的にはまずまずです。

2ゲーム目は3フレから5thで「よっしゃよっしゃ」と思ったところ、8フレでまたもやカバーミス
どうも2投目の精度が悪かったです。
しかしこのゲームは223ピンと、プラスに転じることができました。

3ゲーム目、遅く感じ始めたので、ちょっと試すつもりで「バーチャルエナジーPT」を3フレから投入
同じラインで投げたのですが、これまた大きく曲がりヘッドピン左をかすめ、6?10残り。
そしてこれをチョップによるカバーミス
4フレは、やや内ミスしてしまったところ、ヘッドピンの更に左をかすめ、3?6?10残り。
(これって「NXT DIMENSION」より、よく曲がるってこと)
2投目も「バーチャルエナジーPT」を使ったのですが、これも曲がりが大きくチョップ
(こりゃ、参った!)
たまらず、5フレからボールを「NXT DIMENSION」に戻し、スタンスを内側に移動すると、ピッタリはまりました。
全く「何やってるの!?」という、ドタバタなボウリングでした。

結果としてはプラスアベでしたが、今回はスペアミスを多発してしまい、またNewボールに弄ばれた感じでした
「バーチャルエナジーPT」は、今後しっかりと練習で掴んでいきたいと思います。

さて、このリーグ戦へのスポット参戦もこれで終わりとなりました。
次回からは「本参加」させて頂きたいところですが、今月末の人事異動の結果によりけり。

その人事異動、今日、部長から衝撃の発言がありました

部長:「今度の人事異動は、結構動くみたいやで。龍田も6年間、ご苦労さんやったなぁ。」
私 :「は、はぁ・・・。 (胸中:それって異動確定ってこと?)」

さてさて、どぉなるんでしょうねぇ

衝動買いと反省

以前からスペアボールのサム抜けが気になっていたので、現在ドリルをしていただいているプロショップに
プラグと再ドリルを依頼していました

そして今日は仕事が非番だったので、早速取りに行ってきました
そこでちょっとした衝動買い…

少し前までは「ボールに曲がりが出ない」と悩みぬいていたのですが、最近はちょっと改善傾向
と言いますか、結構曲がりが出てくれるようになりました。
そうなると今度は遅くなってきたレーンへの対応が、なかなか大変になってきます
現在使っているボールは「NXT DIMENSION」と「MaxxxZone」で、どちらもヘビーオイル用のボール。
ここらで、ミディアム?ライトオイル用のボールが欲しくなってきたわけです

ドリラーのSさんに尋ねてみると、「丁度良いボールがあるよ?」とのこと。
そのボールは「バーチャルエナジー プロツアー」という長い名前のボールでした
「何事も勢いだ!」と思い、即購入。
(まだ嫁さんに言ってないけど、どうしよう・・・

プロショップからとんぼ返りして、ホームの競技会に参戦
ホームは今月に入って初投げです。 ( ←もはやホームとは言わない?)

AVE:182.5 ST:35.4 SP:40.0 OP:22.5 未確認/47人

※競技会ではハンデ3を加算。

全くダメでした
外はかなり遅く感じ、また内はオイルが伸びている所がありました。そこに乗っかると薄めHitで嫌な残り方
というわけで、幅の取れない窮屈なラインしか見つけることができませんでした。
同BOXだったYさんは「幅があるレーンで投げやすい」と言っていましたが、私にはとんでもない状態
1ゲーム目は、1ダブル・2オープンで177ピン。

「外が遅いということならば・・・」ということで、「バーチャルエナジー プロツアー」を早速実戦投入
がしかし、私がイメージしていたよりも大きく曲がります
スキッドは長く感じられるのですが、先でとてもよく動くので、やや暴れ気味状態。
裏ストライクやらなんやらで・・・このゲームは一応、200UP

しかし3ゲーム目から、制御が利かなくなってしまいました
大きく動きすぎるのを嫌い、中に入ればオイルに乗っかってしまい4?5残り2回。
そのオイルが伸びている所を外して投げると、大きく曲がりすぎて厚めorど真ん中スプリット。
そうこうしている内に、ゲーム終了

うーん、今回は170台を3回。プラスはチョロプラ1回。対応の拙さが露呈した結果となりました。
新しいボールも、急遽実戦投入してしまいましたが、やはりもう少し練習してから投入すべきでしたね
反省材料ばかりが残った、今月のホーム第1戦でした

勝利

金曜日の夜、投げ友達と定例練習会に行ってきました

この日も私が夜勤だったため、環境の良い隣県のTボウルには行けません

投げ友達と「今日はどこのセンターへ行こう?」という感じでだったのですが、
今回は私の家から程近いセンターへ偵察を兼ねて行ってみることに・・・
「偵察」というのは、マナーの悪い若者が多く投げていれば、他を当たるという意味です。
恐る恐るセンターを覗いてみると、意外と静か・・・って言うかガラガラ状態

このセンターはフロントからレーンに行くまで階段があるので、これまでは敬遠していたのですが、
ここ最近のホーム状況や深夜に賑わうR1に比べると、落ち着いてボウリングができる環境のようです

受付で「投げ放題パックがあるのか?」とか「それ、なんぼ?」とかやり取りをしている最中、
ふと片隅にスコアシートの束があるのに気が付きました
「ふ?ん、競技会か大会かやっててんなぁ・・・」と思い、スコアシートに目をやると
なんか見たことある名前があります

その人は、某大会でアマ6位入賞された「河内のにいやん。コードネームはK(っぺ)さん。」でした。
                               (↑ほとんど言うてるがな・・・)
「お?」と思いスコアに目をやると、なんか1ゲーム目から270UP打ってはるし・・・

「よっこらせと」重いバッグを担いで2Fへ上がり、Kさんを探してみましたが、どーやら、もう帰られた様子。
(そりゃ、11時回ってるもんな・・・


前置きが、非常に長くなりました。投げてきた結果です

AVE:213.5 ST:54.2 SP:31.7 OP:15.0


今回は、投げ友達に勝利しました   実に数ヶ月ぶりです

私がこのセンターで投げるのは1年ぶり位。投げ友達はもっと投げていないとのこと。

様子を探りながらの1ゲーム目でしたが1オープン・1ダブルで195ピン。まずまずのスタート。

その後、内ミスは真ん中に吸い込まれ割れてしまうものの、ある程度の外ミスは幅がとれたようで200UPを
スイスイと打つことができました

しかし5ゲーム目に左側のレーンの変化に合わせられなくなったのと、イージーミスが重なり182ピン。
なにかイヤーな感じ
最終ゲームも序盤の2フレでチョップをやってしまい、一気に意気消沈

しかし4フレから、つまずいていた左側のレーンもなんとか攻略することができ、ハムボーン
このゲームは、最後も良い感じでストライクを連ねることができ237でフィニッシュ

投げ友達にトータルで「8」ピン、上回ることができ勝利。
先週、彼は出張だったので練習会を開くことができず、恐らく2週間ぶりのボウリングだったはず。
それで久しぶりに来るセンターで210UPのアベを残したのですが、「私に負けた」と言って悔しがる悔しがる。

これ、どう思います?

必死で練習して、6ゲームトータルアベで彼に1ピンしか上回ることしかできない私なんですよ。
(練習量は彼の4?5倍)
「そない悔しがらんでも・・・。こっちが情けなくなるだけやん。」と帰りの車の中で猛抗議 

でもまぁ、勝ちは勝ちです。良しとしましょうか・・・

スポット参戦

ボウリングが1週間、開きました(普通か?)
水曜日の夜はスポット参戦させていただく「トリオリーグ」があるので、朝からサブホームで練習してきました
1ゲームを肩慣らしに費やし、いつものように2ゲーム目から番長対戦です

207(勝ち)・180(負け)・204(勝ち)・196(勝ち)・203(勝ち)
<AVE:198.0 ST:48.3 SP:32.0 OP:18.0>

いやはや、イージーミスが多かったです
5枚目を通すと良い感じでポケットを突いてくれていただけに、残念。
途中、悪い癖である手首が返りだしてきたので、原因を考えながら調整したところ、
プッシュアウェーで手首をしっかり動かさないようにすることで、良い感触を得ることができました
ただ、いつも良い感触が得られるのは最終ゲームの終盤。
学習能力がありませんよね?


そして、夜に「トリオリーグ」に参加してきました
とりあえず、今週と来週のスポット参戦です。

AVE:217.3 ST:50.0 SP:43.3 OP:6.7


5枚目を真っ直ぐ通すラインから入ったのですが、頭から5連発
なんか良い感じで進みましたが、6フレのアプローチでなんか嫌な感じ・・・。
するとジャスポケのはずが8ピンタップ。 ←嫌な感じは、これだったようです
しかしこのゲームは、248ピンと大きくプラス。上出来でした

2ゲーム目、急に遅く感じ出しました。2フレ・3フレと真ん中気味に集まりだしたので
4フレからスパットを2枚内に入ることによりダブルを出せましたが、その後はまた厚めを突く展開
このゲームはスペアで耐えて、201ピンとチョロプラ。

3ゲーム目、スパット10枚目から心持ち外へ膨らますラインに変更。
ターキー、ダブルと良い展開に恵まれましたが、その後にイージーミス&スプリット
(全ゲームノーミスを意識し出した途端、このザマです
このゲームは前半の貯金で203ピン。

結果的には全ゲームプラスでしたので、自分としては上出来だったと思います
しかし、レンコンの変化の早さに戸惑わされたようにも思います。

また中野プロから、ゲームの途中で2つアドバイスをいただきました。
 ?前傾姿勢しすぎ            …コントロールを重視しすぎて、置きに行ってしまいました。
 ?プッシュアウェイで力が入りすぎ  …午前中の手首の意識からか、確かに力が入っていました。

来週もスポット参戦させていただく予定です。しっかり楽しみたいと思います

新境地

昨晩、「トリオリーグ記念大会」に参加してきました

このトリオリーグは、中野プロがリーグセクレタリーを務められており、今回は「第100回」と
かなり歴史あるリーグのようです。
リーグには中野プロの他に、大高プロ、そして昨年のMKチ○リティで優勝された川西プロもいらっしゃり
私にとって、トテーモ敷居の高そうな感じ…
しかし、ご年配の方から若い方まで老若男女問わず、和気藹々といった良い雰囲気が感じられました
でもまぁ、私にとっては初めてお会いする方ばかりで、かなりの緊張
ボウリング中も気さくに話しかけてくださったのですが、「ボウリングだけで精一杯」と言った感じでアップアップ

そのボウリングの結果ですが…
222、155、211(スコアシートをいただけなかったので、スコアは記憶の範囲)

緊張してカチコチの1ゲーム目でしたが、5枚目を通すラインがはまり222ピン

しかし2ゲーム目に入り、レンコンが遅くなったは判ったのですが、全く対応することができません
その上スペアミスを連ねてしまうグダグダ状態で、このゲームは155ピンと一気に落下

3ゲーム目はトータルプラスを目指し、ライン取りを変更。
このラインは幅を感じることができずに苦しみましたが、なんとかダブル2回でスコアメイク。
10フレ1投目でストライクが出ればプラスという所まで来ましたが・・・しっかり内ミスしてしまい終了

2ゲーム目に凹んでしまったのは残念でしたが、初めて参加させていただいた中では
「自分なりに頑張れたかな」と思っています

中野プロからのお誘いもあり、私自身、今後もこのリーグに参加させていただきたいのですが、
この間のブログにも記したとおり、今月末には人事異動を控えています。
配属される部署によっては参加が覚束なくなり、リーグの皆さんにご迷惑を掛けることにもなりかねません。
ということで参加は「保留」とさせていただきながらも、
来週と再来週のリーグにはスポット参戦させていただくことになりました。
(ご配慮ありがとうございます

とりあえず2週だけですが、新たなフィールドでしっかり頑張りたいと思います