2010年02月の記事 (1/1)

2月の成績

 2月の成績 
  @ゲーム数:83ゲーム(+11)
  @ハイゲーム:258
  @ローゲーム:138
  @アベレージ:197.3(?5.3)
  @ストライク:43.8%(?2.4)
  @スペア:39.2%
  @オープン:16.1%(+2.8)
  @プラスゲーム:38回
  @ノーミスゲーム:11回

               ※カッコ内は先月比

月間アベレージが200を割りました…って、毎月そんなに上手く行くはずが無いです
もちろん2月も狙っていたのですが、200の壁に跳ね返されてしまいました
この数値から見て、原因は単純に「ストライク率の低下」と「オープンフレームの増加」ですね。
確かに1月に比べてイージーミスが多かったように思います。
何度かブログでも書いていますが、「力み」を含めてスイングの安定性がまだまだ低いので
3月は、更に重点的に行っていきたいと思っています


 センター別成績 


今月もホームの競技会で優勝することができました
しかし3月はハンデが「3」に減ってしまいました。これで入賞も難しくなることでしょう
嬉しい報告がもう1つあります。
まだ確定ではありませんが、R1のボウリング番長で“名誉称号”がいただけそうな気配です。
これはこれで、とても嬉しいですネ

あとは、3センターで軒並みアベレージダウン
ハイスコレーンのTボウルでは、17ポイントもダウンしてしまいました。3月はリベンジしたいものです。

 3月の目標 
 @スイングの安定性を増すために、「しなやかに」投げることを心がける。
 @SBAでポイントを稼ぐ。
 @投げ友達に勝利する。

そろそろ人事異動のシーズンですね。
私は恐らく現在の部署から異動することになると思います。
これまで平日休みでボウリングに勤しんできましたが、そんな生活もピリオドを打つことになるでしょう。
年度最後の3月期。しっかりボウリングを楽しむことにしましょう

勝てません

投げ友達と定例の練習会に行ってきました

いつもは隣県のTボウルへ行くのですが、この日は私が夜勤に当たったため、投げ友達にお迎えに来てもらいました。
ここで行き先が問題となります。
私が夜勤の時のパターンは、私のホームへ行くのが定番だったのですが
最近の夜のホームは若者たちでいっぱい。
しかもマナーとかルールとか関係の無い、いわゆる「無茶をする行為」が目立つので、
落ち着いてボウリングをする環境ではありません
(ボールをサッカーのスローインで投げていたのを見た時には、ひっくり返りそうになりました

そこで行ってきたのは、サブホーム
私たちがレーンに入ったときは、ハウスボウラーばかりでしたが
ホームの若者ほど無茶をする人はいないようだったので、一安心

前置きが長くなりました。投げてきた結果です

AVE:196.3 ST:50.0 SP:31.7 OP:16.7


この日は、前回の練習で肘がスイング中に回っていたことを念頭に入れて、肘の使い方に専念
あまり幅を取れないラインを使いながらも序盤は191、222とプラスペース
しかし3ゲーム目から、内ミス・外ミスともに酷くなりはじめ、ストライクは出るもののスコアメイクができません

このミスの原因は「力み」であることに気付いたのは6ゲーム目。 (←いつまで経っても進歩が無い)
肘を真っ直ぐ前へ出すことに集中しすぎたのか、スイング全体に力が入っていたようです。
力みが入るとボールの回転・勢い・曲がり全てに影響が出てしまい、内ミスにも繋がります。
(要は、サムが抜けないってことネ
もっとこう、「ゆったり」「フワっと」投げる習慣を常に身に着けていたいものです

さて投げ友達はと言うと、「普段投げていないセンターやから感覚がわからへん」と言いながら、
2ゲーム目までの合計300ピン。
投げ友達にしてはローゲームばかりを打っているな…と思った矢先、どうやら雰囲気に慣れてきたのか
240台、250台と連発
最初のマイナス100ピンも最終的にはプラスまで持ってこられ、トータル負け
彼には絶対勝てません。

ここまでの腕を持っている彼ですが、何故か競技会等には全く出ようとしません。月20ゲームで十分だそうです。
なおかつ、「俺はそんなに上手くないから・・・」って言います。
トータルプラス&240?250台連発で、「上手くない」って言われた日にゃ…。どう思います?
(25年来の付き合いなので、「遠慮」とか「謙遜」は抜きの話ですよ)

彼の言うことをまともに受け止めていたら、一生懸命練習しても勝てない自分に腹が立ちますね

逃げ切り

このところスイングがぶれてしまっているのか、ボールの回転軸が悩んでいた頃に近くなり
またサムの抜けも、イマイチ…。そのためか、親指の爪に若干の血豆ができてしまっています
恐らくリリース時に、サムホールのどこかに当たっているのでしょう

そのため、今日は「1度じっくり検証しよう」と朝からサードホームへ行ってきました
ウォーミングアップで投げ始めると、例の如く中はびっしりオイルが入っていたため、外へ外へ
しかし今日は4枚目まで通してみましたが、ボールの帰りが甘くノーヘッドや薄め残りが多発。
ついこの間まで、上手く外から攻めることができていたのですが・・・
(やはり回転軸が、変わったのでしょうか

こんな状態であるにもかかわらず、「せっかく来たのだから」と思い、番長対戦もやってみましたが
当然の如く散々な成績。お陰でLv11まで陥落?

148(負け)・184(負け)・183(勝ち)
<AVE:171.7 ST:27.8 SP:46.7 OP:26.7>

曲がりが出ない程、辛いものはありません。昨年、散々悩んでいた頃の感覚が蘇ってきました
サムがスポンと抜け、フィンガーに掛かりません。
そのためボールを前に運ぶことができずに、ほぼ真下へ落としているような感覚

「こりゃ?、番長対戦どころちゃうわ」と練習モードに切り替え。
気付いたことをメモしているノートを開き、今の自分の状態とメモに書いていることを照らし合わせてみました

すると最後の方(6ゲーム目の9フレ)に、スイング中の肘の向きが違っていたことに気付きました。
この調整でもう1ゲームしようかとも考えましたが、お昼からホームで競技会に参加するため、ここは自重


昼食の後、ホームへ移動して競技会に参加しました
今日の競技会は「伊○園ドリンクコンペ」で、ストライクの数に応じて缶茶がもらえます

午前中が悪かっただけに、不安いっぱいで投げ始めたのですが・・・

AVE:216.5 ST:45.8 SP:50.0 OP:5.0 優勝/30人 Hiゲーム賞

※競技会ではハンデ9を加算。

これはビックリ、優勝してしまいました。今年に入って2勝目です(どないなってんねや?)。

練習ボールでは、午前中最後の良いイメージを引き出すためにほぼ費やしてしまいました。
オイルは中がノビノビ、外は壁。内ミスはあまりよろしくありません。

1ゲーム目、とりあえず8枚目へ投げたのですがオイルに乗っかり、5カウント。そしてスペアミス
2フレから狙いを7枚目へ変更。これが当たりで、6th。スペアを挟んでターキー
このゲーム255ピンと、大きく貯金をつくりトップに位置しました。

2ゲーム目、4フレ・6フレともに内ミスで「大三元」が残りかけたのですが、ともに7ピンが倒れてくれました
5-10と嫌なスプリットでしたが、なんと2回連続でこれをメイク
ストライクを続けられず苦労しましたが、9・10フレでなんとかダブルを出せ、201ピン。

3ゲーム目、左側のレンコンが少し変わってきましたが、スタンスアジャストで中盤に4th
しかしその直後に割ってしまい、どうも調子に乗り切ることができません。
でも結果このゲームは210ピンと、僅かながら貯金を増やすことができました。

4ゲーム目、1ゲーム目の貯金とハンデにより、ここまでずっとトップ。2位とは約40ピン差。
気負いすぎず平常心を保とうとするのですが、こういうときに限って内ミスばかりやってしまいます
ここをなんとかスペアで切り抜け、中盤にダブル。
しかしその直後に、またもや内ミスで4-10のスプリット
「ダメ元」で狙ってみたところ、なんとこれをメイク!  これで随分楽になったと思ったのですが…

同じBOXで投げていた女性のOさん。ハンデが35ピン以上有り、最終ゲームを目の前で220ピン近くでフィニッシュ。
トータル890台で、しっかりプレッシャーをかけてくれます。
Oさんより後投げの私は、10フレでスペア以上を取らなければ負け…と皮算用
「とにかくスプリットだけは出やんといて」と投げたところ、なんとかストライク
ホッと胸をなでおろせた瞬間でした。

朝の段階では、ボールが手に付かない状態で不安いっぱいな気持ちになりましたが
競技会では、何とか結果を出すことができました。
しかし競技会の中でも、フィンガーにしっかり乗せることができた投球は、10級投げて2?3球。
まだまだスイングが自分のものになっていない証拠ですね。

まぁ、なにはともあれ今晩は祝杯をあげましたよ?



------------------ 私信 ------------------
競技会へ出かける前に、ka-minさん優勝の記事を読ませていただきました
なんとかka-minさんとシンクロできるように、試合中何度も心の中で「シンクロ」と念じましたよ。
今日は、お互いに良かったですね


不安要素発生

土曜日に、毎月1回開催のmixiサークル「SBA月例会」に参加してきました
このSBA月例会、これまで全くと言って良いほど打てていません
そこでSBAで打つことを今月の目標にも掲げ、なんとか季節外れの花火を打ち上げたいところでしたが・・・

レーン抽選の結果、引いてしまいました「端っこレーン」。これはなんだか嫌な予感が・・・。 (←これ言い訳?)

練習投球を始めてすぐに「あらら、こりゃ曲がらんわ」って感じでした
そこでオイルの切れ目を求めて、外へ外へと移動していくのですが、全く切れ目なしの状況
もう1度中を探りに行ってみた結果、10枚目をきっちりと真っ直ぐ通すとポケットを衝く事が判明。
私にとって、無茶苦茶シビアなレンコンでした。

まずは結果からです

AVE:196.5 ST:45.8 SP:37.5 OP:15.0

※SBAハンデ15を加算。

1ゲーム目、「しっかりコントロールをつけなければいけない」と思えば思うほど内ミス&外ミスをします
外ミスは4フレのように返りが甘く、内ミスは真ん中へ直行
まぁここでの189ピンは「耐えた結果」と自分に言い聞かせました。

2ゲーム目、コントロール精度の低さから4フレでスプリット
ここで不安要素が高いと思われたので、このラインをあきらめ、大外からややクロス気味に変更しました
しかしこのラインでも7フレでスプリットを出してしまい、ゲームを作れません。
結局、ダブルすら出せず166ピンと大きくマイナスを作ってしまいます

3ゲーム目に元のラインへ戻してみると、ようやく先でしっかり動くようになってくるのが感じ取れました
しかし動きすぎたことにより、4フレでスプリット。
これを基にスタンスで微調整したところ、やっとのことでダブルを2つもってくることができ、結果201ピン。
まぁプラスと言えばプラスです

4ゲーム目、レーンに幅がようやくできてきたのか頭から5連発。スペアを挟んでダブルとビッグがちらつきます
しかし9フレでバケット残し。これを何とかスペアするものの、10フレは2-4-5残し。
そして痛恨のスペアミス
(↑これを取っていたら、優勝だったかもしれません。逃した魚は大きい…

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
気になったのは、4ゲーム目の9フレと10フレ。
これまでの回転軸とは全く違い、どちらかと言うと「悩み抜いていた頃」の回転軸でした。
そして奥での曲がりが小さく、薄めHitによるバケットと2-4-5残り。
力が入ったことでそうなったのか、腕が回ったことでそうなったのか、はたまたリリースが・・・
これは十分検証しなければならないと思います。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

最終結果、上位争いはピン差の接戦だったようで、私は4位でした。
最後のスペアミスが悔やまれますが、やはりもう少しハンデを減らして、みなさんと接戦に持ち込めるよう
まだまだ精進が必要なようです。

耐え抜いた?

今日は休みのシフトだったので、朝からサードホームへ練習&番長対戦に行ってきました

先日のプロレッスンのおさらいとして、
「バックスイングからリリースまで、腕を捻ったり曲げたりしないで、しなやかにスイングする」がテーマでした。

1ゲーム目は感触を掴む投球。
いつものように中はオイルがびっしり入っているようで、立ち位置を外へ外へ・・・
7?8枚目真っ直ぐは、ノーヘッド。5枚目真っ直ぐは薄めHitという感じで早いレーン確定
しかしこのところ5枚目より(ちょっとだけ)外を狙えるようになったので、そこを真っ直ぐ出してみたのですが
これまた薄めHitで、なかなか思うようにボールが動いてくれませんでした

2ゲーム目から番長対戦開始
スコアは、223(勝ち)・192(勝ち)・221(勝ち)・165(負け)・166(負け)
<AVE:193.4 ST:43.3 SP:36.0 OP:22.0> でした。

外のラインが使えなかったので、ややクロス気味に5枚目を通したところ、ようやくポケットを衝いてくれました。
しかし、いわゆる「幅が無い」状態で外ミスは厳禁
と思いつつも、何度も外ミスを犯してしまい、2-8や2-7-8がよく残りました

時折、ボールの重みでダウンスイングして、
バックスイングの頂点で「フワっ」とした変な感覚を感じることができました
多分これが「良い時のタメ」なんだろうな…と思いつつも、そればかり意識すると必ず内ミスになります。
変に力が入り、サムが抜けなかったのでしょうね

あと1点、スペアボールがとても気になりました
現在使っているスペアボールはメカテクを装着していた時のレイアウトで、今の私のスイングでは
サムの抜けが早すぎて酷い内ミスをすることがあります。(MaxZoneは、これが原因でプラグして再ドリルしました)
特にスペアボールは10ピン用に使っているため、内ミスは私の意識の中で特に嫌います。
その意識が働いてか、変なスイングになってしまいがち。
特に今回は、サムのスッポ抜けによるイージーミスを多発してしまい、
そして1投目にも連鎖するという悪循環を感じました

これが原因かどうか分かりませんが、5?6ゲーム目には完全にスイングが覚束なくなり、連続ロースコア
意気消沈で、6ゲームパック終了。


昼食の後、ホームへ移動して久しぶりに競技会に参戦して来ました
今日の競技会は「栴檀プロチャレンジ」です。
栴檀プロは絶対に手を抜かない方で、今日の勝利者賞は端からあきらめモード(笑)

AVE:200.0 ST:33.3 SP:60.0 OP:5.0 5位/未確認

※競技会ではハンデ9を加算。

2週間ぶりにホームへ行きましたが、レーンのあちこちが痛んでいて3BOXが使用付加
やはり若者たちが無茶苦茶して、レーンを破壊してしまったのでしょうか

午前中の練習と全く逆で、今度は遅い&真ん中ノビノビレーンでした。
外は全く使えず、中から膨らませると10ピンタップという状態
若干、薄目をつくようなラインが良い感じでしたが、これまた「幅が全く無い」
1ゲーム目、2ゲーム目とスペアで繋ぐのがやっとの展開。ちょいマイナスとちょいプラスで終了。
(栴檀プロは1ゲーム目からセミパー。鬼ですよ・・・。節分も済んだと言うのに・・・。)

3ゲーム目は途中に4thを織り交ぜることができて、220UP
しかしこの4thの中に裏ストライクが含まれています。今日は裏のほうが良く飛んだなぁ・・・

(ここで、レンコンが変化してきてるんですよね。それになかなか気がつけない私)

4ゲーム目、どうも厚め厚めへボールが集まりだします。思い切って4フレでラインを替えてみたのですが
薄めに入り5カウント
これにビビって元のラインに戻すのですが、やはりストライクを持ってくることができずに、スペアを量産
そして最後の最後に割ってしまい、我慢に我慢を重ねてきましたが175ピンと、ロースコアでした

終わってみると、ジャスト800。なんとか耐え抜いたと言いましょうか、どっと疲れが出ました。

こんなんですから入賞は全く期待してなかったのですが、なんと5位で名前が呼ばれました
しかしこれは、ハンデのお陰。
もうちょっと上手くレーンと会話しなければならないと、帰りの車の中で反省しきりでした。

でもまぁ、入賞だから悪くないかなぁ

効果テキ面

今日は朝から、S市の遠い方のR1へプロレッスンを受けに行ってきました
ここのところ数字以上に「シックリ来ていない」ので、中野プロからのアドバイスに期待して行きました。

この店舗のレッスンは、受講生が少なく今日は私を入れて4人。少人数制なのでアドバイスもたくさん貰えます。
(もう1店舗の中野プロレッスンは、いつも多人数でワイワイガヤガヤ。これはこれで楽しいですが

レッスンが始まり、フリー投球開始
まず最初のアドバイス。「腕を大きく、身体の外側に振り上げるようにしましょう」
このアドバイスは何度か頂いているのですが、どうも生かしきれていないというか・・・
プロからは「点数を気にせず外側に振ることで、今日は絶対に得られるものがあるよ?」とのこと。
でわ・・・ということで、自分なりに外側へブンブン振り上げていました

ほどなくして、ボールが抜けるような嫌?な感覚
そこですかさず、「ほら、力が入って腕が曲がってきたよ。バックスイングからもっと真っ直ぐ出さないと

◎ ココ重要 ◎
プッシュアウェーからダウンスイングまでは、腕が真っ直ぐ出ているらしいのですが
バックスイングの頂点に行く前あたりから腕が曲がり始め、その状態でフォワード、リリースへと流れていくので
ボールを落としてしまったり、腕が返ったりしてしまうとのこと。
すなわち自分の力でボールを振ろうとしているから、そうなってしまうとのことです

スイングは、
「腕・肘・人差し指の付け根のそれぞれの点を結んで、真っ直ぐ、そして竹のようにしなやかに振ること
      ↑
このアドバイスが、私にとって効果テキ面でした

まだまだ不安定な所があるものの、ボールの重みを感じながらしっかりフィンガーに乗る感覚が甦ってきました。
そして腕を真っ直ぐ出すことにより、ボールを押す感覚もしっかり感じ取ることができたのです。
(この感覚を忘れないように、どこかに保存しておきたいものです

この他5番ピンを中心としたスペアアングル理論やオイルを使ったラインの話など、
いろいろアドバイスをいただきながら、最後に点数をつけての1ゲーム。

中野プロから「龍田さんは210ピンがノルマですよ」と、しっかりプレッシャー
そのプレッシャーからか、いきなり1フレでスペアミスをやらかしてしまいますが、その後4thで盛り返し
最終結果は211ピン
なんとかギリギリのクリアでした。


レッスンの後は、投げ放題6ゲームで練習&番長対戦。
(長くなるので、手短に)

AVE:217.0 ST:61.1 SP:30.0 OP:10.0
100215_1.jpg

なんか、打てちゃいました
これまでは、この店舗の番長アベ「171」が示すように、からっきし打つことができなかったのですが
今日は番長対戦だけのアベだと「223」
番長の格付けが「LV10 番長」から「LV12 番長王」まで一気に26ポイント上げることができました。
これには本当にビックリでした

このように今日のレッスンでのアドバイスが作用して、とても良い方向に転じることができました
せっかく中野プロから良いアドバイスをいただけたのですから、これを忘れないよう、しっかり身に着けて行きたいものです。

原因は何か?

先週の金曜日、投げ友達が「次は飲み会が入るかもしれない・・・」と言っていたので
昨日の定例練習会はスキップの予定だったのですが、
投げ友達からの「今日はいけるで」(原文のまま)とのことで、2週間ぶりにTボウルで投げてきました。
(投げ友達の予定に振り回されている自分が、少し嫌になります

毎度のことながら、負けた結果(スコアシート)からです

AVE:193.0 ST:51.7 SP:24.0 OP:22.0


投げ始めはポンポンとストライクが取れ、いつものハイスコレーンを想定しました。
投げ友達もストライクを重ね、「パーフェクトが出るかも」と大きいことを言い出しました
しかしこの後に連続2回もイージーミスをしてしまい、パーフェクトどころではありません
でもまぁ、前半の貯金が効いて210UP。まずまずの滑り出しです。

と、良かったのはココまで

2ゲーム目に入り、突然、レーンの様相が変化してしまいます。
左のレーンはオイルが延びてしまったのか薄目を付くようになり、
また右のレーンは遅くなってきたのか、厚めへボールが集まりだしました
2-4-5スペアミス、そしてビッグ4。極めつけは7-10の連荘。これではスコアメイクができません

3ゲーム目、厚めに入っていた右側のレーンはスタンスアジャストでなんとか調整ができたのですが
左レーンはどうしても曲がりが少なく、ワッシャー、バケット、2-4-5の繰り返し
また2投目にオイルの厚い所を通してしまい、曲がりが得られずスペアミス。 ←本当に下手くそですね。

4ゲーム目、苦労していた左のレーンも5枚目からややクロスに入れることにより、ようやくポケットへ
頭からフォースが来て、このゲームで巻き返しの予定でしたが…
直後に連続スプリットが来て200ジャストがやっとのこと

最終ゲーム、なんとかマイナスを減らしたい所でしたが、今度は右のレーンが更に遅くなったようで
アジャストに手間取ってしまいました。また左のレーンでやってはいけない外ミス
このゲームもなんとか200UP できたものの、借金返済には至りませんでした

投げ友達は苦労しながらも、なんとかプラスをキープ。
私のように大崩れしなかったところが、勝負の分かれ目だったようです。

帰りの車の中での反省会
投げ友達曰く、「良いときに比べ、フィンガーがボールの下に入ってなかった」とのこと。
確かに薄めに入ったときのボールの威力が無く、バケットや2-4-5を多発していました。
自分の意識の中ではフィンガーへの乗りが弱かったような感覚でしたが、これはどこが悪いのか原因不明

それでも、ストライク率は50%超えを達成しているんですよね。
でも、なんか上手く投げれていない感じが拭いきれません。どこかのタイミングが悪いのでしょうけど・・・
果たしてどこなのか?・・・悩みは尽きません。

厄除け

今日は「祝日の休み」でしたので、家族そろって「厄除けのお参り」に行ってきました
(私は昭和44年生まれの酉年で、今年は本厄の年に当たります。)
いつもは地元の神社として「道明寺天満宮」にお参りをしているのですが、道明寺さんは学問の神様なので
「厄除けは専門分野から外れているのかもしれない…」と思いを巡らし、
今回は道明寺さんから程近い「誉田八幡宮」へ行ってきました。


誉田八幡といえば…大坂夏の陣で真田幸村公が道明寺の戦いの際に、兵を置かれた場所として伝えられています。
大好きな「真田氏」縁の地としての興味も津々。 (←歴史オタク)

Konda2.jpg

道幅がやや狭い参道(?)から門をくぐると境内は広々としており、綺麗に整備されたお社が目に入ります。
社務所で受付をすると、待ち時間もあまり無く、すぐに御祓い・祈祷をしてもらいました

数年前、嫁さんの厄除けのために兵庫県にある門戸厄神さんへ行ったのですが、
この時は御祓いまでに1時間以上待たされ、また1度に100人位の御祓い・祈祷でした。
それに比べると全くスムーズに行っていただき、人数も少ないので神様からしっかりと御利益を頂戴できそうな気がします(笑)

帰り道に元お相撲さんが経営するハンバーグ店で昼食を取りました
ここのハンバーグは私にとって本当に絶品で、大げさかもしれませんがココよりも美味しいハンバーグを
未だかつて食べたことがありません。
この辺では結構有名店だと思うのですが、まだ行かれたこと無い方は是非1度、御賞味ください。
lunch.jpg

肩透かし

金曜日は、投げ友達との練習会。
友達も仕事を早めに終え、今夜もTボウルへ行ってきました

が・・・

レーンの半分は競技会に使われており、
残ったレーンの半分にマイボウラーが21時からの投げ放題パックに入ったばかり。
残りの4BOX程が、レジャーボウラーがワイワイと投げていました

フロントの兄ちゃんの話では、「3,40分待ちですね」とのことだったので、
仕方なくゲームでもしながら、待つことに…

しかし1時間待っても、レーンは空きませんでした。
明日、朝から仕事の私はここでギブアップ  (←寝不足に滅法弱い、龍田です)

往復1時間以上かけて行ったのですが、1投も投げずじまい。
まさに肩透かしを食らってしまいました

今、仕事のシフト表を見ているのですが…このまま行くと10日以上、投げに行く機会が無さそうなんです
うーん、どこか平日に強行軍で行ってみようか??

2日間しっかり投げました

火曜・水曜と連休でしたので、ガッツリ投げに行ってきました

? Contents ?
?サードホームで練習と番長
?中野プロレッスンに参加
?サブホームで練習と番長
?ホームで競技会に参加

先月はなんとか久しぶりの月間アベプラスを達成することができたのですが、月末にかけて尻すぼみ気味
スイングやタイミング、重心移動が疎かになっている証拠です

そこで練習を兼ねて番長対戦を行うため、サードホームに行ってきました
スコアは、169(勝ち)・182(負け)・212(勝ち)・213(勝ち)・213(勝ち)・191(勝ち)
<AVE:196.7 ST:45.8 SP:36.7 OP:16.7> でした。

いつものサードホームの印象とは違い、やや遅めのレンコンでした
それにもかかわらず、大きく切れる「NXT DIMENSION」で続けて投球。
これまでは曲がるボールばかりチョイスしていたのですが、ミディアム用のボールが欲しいかも…。
<「505Cなんてエエンちゃうの?」)
投球は脱力してたつもりなのに、フィンガーに掛からず抜け玉になってしまうこともしばしば。
まだまだ力で振りぬこうとしている証拠でしょうかね

そして午後からは、「?中野プロレッスンに参加」しました。
投げる前に「レッスンレーンは早いよ?」との情報でしたので、引き続き「NXT DIMENSION」を使い
5枚目辺りへ投球。
するとそこがオイルの切れ目だったのか、幅のある投球ができ、ポンポンとストライクが来てくれました
中野プロからも「もう大丈夫でしょう?」とOKサインを出してもらうことができました
しかし時折やってしまうターンや、決してスムーズとは言えない重心移動など、まだまだ課題はいっぱいです。
「あぁ、やってしまった?」と思ったら、プロからすかさず“バッテンのサイン”
頭をポリポリかきながら「わかってます」と言うと、プロから「以心伝心してるなぁ」と苦笑い。

レッスンの最後にスコアをつけて1ゲーム。
このゲームではスムーズに身体が動き、フィンガーがボールの下にしっかり入っている感覚で255ピン
レッスンの一環なので統計にはカウントしないのですが、とても気持ち良くレッスンを終了することができました。

           

日が変わって「?サブホームでの練習」です。(長くなるのでスコアだけ)
176(負け)・202(?)・216(勝ち)・256(勝ち)・169(負け)
<AVE:203.8 ST:38.3 SP:52.0 OP:10.0>
※「?」は相手が全く投げないので、勝敗わからず。

そして午後からは、「?ホームで競技会に参加」してきました
(ここまで投げたら、まさにボバカですね。我ながら感心します。)

AVE:204.3 ST:47.9 SP:30.0 OP:17.5 11位/29人
100203.jpg
※競技会ではハンデ9を加算。

今回はレーンがまぁまぁ易しかったのか900UPが2人、表彰圏内は870台まででした。
そんな中、打ち切れませんでした
と言うか途中までは、良かったんですけどね。
4ゲーム目で見事なチキンぶりを発揮してしまい、急降下でした

長くなるので、簡単な内容ですが・・・
1ゲーム目は1ダボ、1スプリットでちょいマイナス。
2ゲーム目の序盤でつまづきますが、その後ストライクを連発 
3ゲーム目も良い感じでスタートできましたが、中盤10ピンが残り始め、10フレでスプリット。
4ゲーム目中盤で10ピンを飛ばすことができなくなり、そして5フレでついにカバーミス
こうなるとグッと焦りが出てくるわけで、お決まりのドボンという結末。本当に勝負弱いです

2日間、練習・レッスン・試合としっかり投げ込んできました
数字だけ見ると200UPもしているのですが、如何せん内容が悪いですね

良い投球を何度も再現できるよう、今後もしっかり練習していきたいと思います。
あと精神的にも、もう少し強くならなければいけませんね