2010年01月の記事 (1/1)

1月の成績

 1月の成績 
  @ゲーム数:72ゲーム(+1)
  @ハイゲーム:253
  @ローゲーム:134
  @アベレージ:202.6(+5.9)
  @ストライク:46.2%(+2.3)
  @スペア:39.7%
  @オープン:13.3%(?5.6)
  @プラスゲーム:39回
  @ノーミスゲーム:21回

               ※カッコ内は先月比

月間アベレージが200を超えました
実に2年4ヶ月ぶりです。本当に長く苦しい日々でした…
つい2ヶ月前までは、どう投げれば良いのかわからず、悩みに悩みまくっていたのですが
12月後半位から調子が上がり始め、1月はプラスアベに乗せることができました。
しかし1月末地点で調子が下降しているような気配なので、手放しには喜べない状況です
良いスイングの感覚は朧げながら判りつつあるのですが、なにせスイングが安定していないものですから
「あれ、あれ、あれ?」とローを叩いてしまうこともしばしばです。
まだまだ安定性を求めて、練習が必要です。


 センター別成績 
   01center.jpg

ホームの競技会でいきなり優勝することができましたが、その後全く振るわずじまい。1番成績が悪くなりました
R1の2つのセンターは、今月は両方ともプラスで終えられました。
おかげで番長のアベレージも一気に10上がり、ようやく「Lv12」に到達することができました。
そして投げ友達との練習会に使うTボウルは、ハイスコレーンのお陰で、1番成績が良かったです
(しかし、投げ友達は更に上を行っています


 2月の目標 
  @スイングをしっかり固め、安定させる
  @全く成績が上がらない「SBA」で頑張る
  @SBAの雰囲気に馴染む


以上、しっかり頑張って行きたいと思います

色々な反省

投げ友達と2週間ぶりに定例練習会に行ってきました
今回のセンターはハイスコレーンが多いTボウルです。

投げ友達は少々投げない日が続いても、しっかりプラスを打ってくる“ツワモノ”です。
対する私は休みとなればボウリングの練習に費やし、プロレッスンや競技会にも勤しんでいる身です。
何度もこのブログで書いていますが、これがまた勝てない…

ということで、負けた結果です

AVE:190.8 ST:40.0 SP:44.0 OP:18.0


今回はレジャーボウラーさんたくさん投げられていたということで、いつものハイスコレーンと様相が違い
所々にオイルの伸びを感じました。

1ゲーム目の1投目から割ってしまい、その後もパッとしないまま終了。
いわゆる「どこに投げて良いのかわからない」状態でした

2ゲーム目、あれこれ立ち位置を替えたり板目を替えたりしていたら、なんとか7フレからオールウェイ
借金返済です。

3ゲーム目、ダブルからノーミスでつなぎ、なんとかプラス
しかしここで投げ友達は240UPを打ち、簡単に追い抜かれてしまいました

4ゲーム目、レーンが遅くなってきたようでしたが、対応が遅れてしまいました。3スプリットで撃沈

5ゲーム目。隣で投げていた外国人のカップルからジュースマッチを挑まれました
流暢な日本語で気さくに話しかけてきてくれるのですが、私は初対面が大の苦手…。なんとも情けない
投げ友達は人懐っこい性格なので、電話番号の交換までしていました

そしてジュースマッチ開始。

結果は、投げ友達:220ピン(1位)、隣の外国人:193ピン(2位)、私:170ピン(ドベ)

あ?、もう情けないことこの上無しです。
投げ友達は「こういうの挑まれたら気合が入る」とのことでしたが、私はというと初対面の苦手意識と気合の空回り。
まさに「チキン」という呼び名が相応しいですね

帰り際フロントでのこと。
スタッフの兄ちゃんから「僕のチャレンジコンペがあるので良かったら出てください」と営業トークを受けました。
平日でなかなか出ることもできないので適当に断われば良いものを、また余計な一言を言ってしまいました

「3,300円は高いで。いつも出てる他のセンターの競技会は2,000円やもん。」

なんとかコミュニケーションを図ろうとして、言った言葉がコレです。
こんなこと言うから、店員も嫌な顔をするんでしょうね・・・。

ボウリングも自分の性格も、反省しきりの一幕でした。

力みと意識

今日は「火曜の休みの日」ということで、練習とレッスンのためにサードホームへ行ってきました

まずは練習から…
いつものように最初のゲームはカウントを気にせず、感覚を掴むための投球。
がしかし、感覚を掴むどころか3?5枚の内ミスばかり。サムがしっかり抜けていないような気配です
こんな状態ですからラインを探りきれないままでしたが、無謀にも次のゲームからボウリング番長を開始しましたスタート

AVE:193.8 ST:38.3 SP:42.0 OP:14.0 2勝3敗


1ゲーム目:序盤の2スプリットで撃沈。ストライクも続かず。負け
2ゲーム目:ストライクが出ないまま、なんとか1ミスで凌いでいたのですが、10フレビッグフォーで沈没。負け

ここで右腕に少しだるさを感じ、ようやく「力みの投球」をしていたことに気付きます。(←毎度毎度、成長が無い)
ボールの重みでスイングすることを再確認しながら・・・

3ゲーム目:単純なことですがボールの挙動が変わり、ストライクが出始めてくれました。しかし勝負は負け
4ゲーム目:この辺りでようやく左右のレンコンの違いに気が付きます。(←遅すぎ)  勝ち
5ゲーム目:ようやくレーンに合わせることができたのですが、凡ミスと10フレバケットミスが痛い。勝ち

3ゲーム目以降、なんとかプラスを並べることができましたが、ノーミスは1つだけ。
今日は特に10フレでのミスが目立ち、打ち切れなかったように思いますase
またフィンガーへ乗る感覚が、ところどころマチマチになってしまい、ピンアクションも今ひとつでした。
やはり初めから力んだ投球をしてしまうと、ロクなことが無いですねアップロードファイル

この後、プロレッスンへ。
まずはフリー投球。今日のレッスンレーンも相変わらずオイルが長めで、8枚目ではポケットまで届きません。
ならばと5枚目を探るのですが、食い込みが足りずに10ピンが残ります。
となるとクロス・・・いや今日は、立位置1枚&狙い目1枚外にずらしてみることにしました。
すると少々内ミスでも、オイルが助けてくれてポケットへ運んでくれましたグッ

「良い感じ?」と思いながら、月末恒例の記録会にチャレンジです。
3ゲーム投げて前月のアベレージを越えると「無料券」をGetできますアップロードファイル

しかしいざ始まってみると、内ミスが多く、どうもシックリ来ません汗
ここで中野プロからのアドバイス。「1歩目を小さく出すことだけに集中して」

なるほど1歩目が大きく出ていたのか…と思い、ゆっくり小さく出すことに集中。するとストライクが出始めます。
1ゲーム目は191だったかな。 (←スコアシートが無いので、うろ覚え)
2ゲーム目は序盤10ピンタップが続きましたが、中盤にターキー。しかし終盤に1ミスして、200チョロ汗

ここで前月のアベレージを再確認。「193」だったので、計算上180代後半でクリア…と皮算用電卓
すると中野プロから鋭いツッコミをいただきます。
「点数計算をするから、腕の振りが悪くなるのですよ。毎回200UPを目指すつもりで投げなければダメ!」
とほほ…完全に胸のうちを見透かされております

「よっしゃ、200UP」と気合を入れて挑んだ3ゲーム目。
いきなり7-10。10ピンタップが2回続いた後、またしても7-10。
こうなるとアップアップの投球となり、ミスの連続で140台と思いっきりロースコア驚く
残念ながら、「無料券」をGetできずアップロードファイル

レッスンの後、中野プロとしばし雑談。
プロからは、「プッシュアウェーからダウンスイングの過程で力が入りすぎてたので、足の運びへ集中させるように
『1歩目を小さく』とあの時言ったのです。」
「その後、良いスイングに戻ったけど、3ゲーム目にプレッシャー掛けたら、また逆戻りしてました。」

あ・・・う・・・完全に見透かされていますよね汗;
その後もプロとスイングの話をしていたのですが、ここで重大なことに気付きます。
「今日は肘への意識を忘れてた・・・
つい先日、相互リンクしていただいているochanさんのブログのコメント欄へ、「肘のラインに気をつけてます!」って書いたばかりなのに・・・。
こんなんだから、上達しないんでしょうね絵文字名を入力してください

(長文になってしまいました。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました

調子落ち?

今日は朝からサブホームへ
最近再開したボウリング番長をやってきましたボーリング

スコアは、227(勝ち)・175(負け)・203(勝ち)・181(勝ち)・186(負け)・225(勝ち)
<AVE:199.5 ST:43.1 SP:45.0 OP:10.0> でした。

どうも身体全体に力が入っているようで、コントロールミスが多かったです汗
レーンの幅でごまかせた時もありましたが、タップすることも多く、それをスペアミスする悪いパターン
も垣間見られました。

そして、お昼からはホームの競技会に参戦
このところホームでの相性は「MaxZone」の方が上と思い、先発登用

練習ボールでは、レーンが早いのかあまり曲がりが出てくれません。
そしてラインを掴み切れないまま、ゲームスタート。

結果です

AVE:180.5 ST:33.3 SP:37.5 OP:25.0 23位/49人

※競技会ではハンデ8を加算。

全くダメでした。
このところ良い感じが続いていたのですが、それも終焉を迎えたような結果です

レーンは外6枚位で切れてあり、8枚目から10枚目位まではオイルが延びていました。
またそれより内が遅くなっていて、オイルの段々畑のようなレーンと感じましたSTEP
最初は8枚目くらいを攻めようと思っていたのですが、延びたオイルに乗っかってしまうとノーヘッド。
また内ミスはスプリットと、幅を全く取ることができませんでした絵文字名を入力してください

延びたオイル対策として、2ゲーム目から「NXT DIMENSION」を登板させましたが状況はあまり変わらず。
特に3ゲーム目は完全にオイルと喧嘩してしまいまして、極端なロースコアを叩いてしまいました落ち込み
最終ゲームは10枚目を真っ直ぐ転がすつもりで投げたら、ストライクが出だしてくれたのですが
時すでに遅し。まさに「焼け石に水」絵文字名を入力してください

必然と身体に力が入っていたのでしょうね。今日は投げた後、肘の外側がやけに痛いです
こんな所、痛めるのは初めての経験です。

少しの間調子良く打てていたのですが、本当に「少しの間」になるかもしれません泣き顔

力みからの負の連鎖

土曜の夜、月1回のmixiボウリングサークル「SBA月例会」に参加してきました

昨日、若者たちに邪魔をされるまでは良い感じで打てていたので、意気揚々と出発
自宅を出て車に乗ろうとした瞬間、携帯電話が鳴ります

電話の相手は、昨日一緒に練習した投げ友達からで、内容はというと…。
「今日ボウリングするんやったら、昨日手首が返ってたから気をつけや?」とのこと絵文字名を入力してください
(お前なぁ、このタイミング言うか?

昨日は自分でもビックリする位、スムーズの投げれていたので、この忠告はちょっとショックでした。
でもフィンガーへの乗りは良かったので、サムが抜けてから手首が返っていたのかと…(と、思いたい。)

投げ友達の言葉を若干気にしながらも、練習投球ではまずまずの内容。
10枚目真っ直ぐ&8枚目真っ直ぐのラインでストライクが出るので、「今日は幅広く投げられる音譜」と内心ニヤリ
が、しかし結果は…。

AVE:188.5 ST:35.4 SP:55.0 OP:12.5


完全に力んでしまいました。
1ゲーム目はノーミスペースで進めることができ、待望のダブルが来た後に、やってはいけないイージーミス
しかしこのゲームは、パンチアウトで最小限のマイナスにとどめることができました。

2ゲーム目、スプリットスタート。若干遅くなったような感じがしたのでスタンス調整。
その後ダブルを持ってくることができミスをチャラにしたのですが、8フレで痛恨のチョップ。9フレジャスト8。
どうも、波に乗れません

3ゲーム目、流れを変えるべく「NXT DIMENSION」にチェンジ。 (←最近、このチェンジでの失敗が多い
中盤ダブりましたが、また直後にベビースプリットをメイクできませんでした落ち込み
その後、さらにオープンを作ってしまい181ピン。
この辺りから、自分でもフォームがブレていることに気が付きます

4ゲーム目、なんとかリズムとタイミングを戻そうとするのですが、余計にブレていくばかり泣き顔
騙し騙しの投球になり、1ピン残りの山を築きました。
なんとかスペアで繋げることができノーミスゲームだったのですが、内容は最悪?

ここのところプラスアベで気分を良くしていたのですが、今回はまさに「メッキが剥がれた」状態でしたね。
1度狂い出すと修正不可能になるところを露呈してしまいました。
「打ってやろう!」という気持ちが前面に押し出しすぎて、力みに繋がったんだと思います。
そこからお決まりの負の連鎖。
やっぱり、まだまだですね(反省)。

憂い

金曜日の夜、投げ友達と定例練習会に行ってきました。
この日は私の仕事が遅くに終わったため、いつものTボウルではなく、私のホームへ

BOXに入ると、レーンのオイルはファールラインから1メートル位、剥ぎ取られているような状態で
しかもアプローチは靴の痕だらけ…猫足
たまらず投げ友達が店員に言って、アプローチを掃除してもらいました。

しかしレーンのオイルの剥ぎ取られた所は、どうしようもなくこのまま投げることに…絵文字名を入力してください

まずは結果です

AVE:210.8 ST:50.0 SP:45.0 OP:5.0


レーン状態があまり良さそうでないので、古い方のボールである「MaxZone」を選択。
しかし投げ始めると、若干遅いものの真ん中にはオイルを感じることができ、まずまず良い感じ。
全体を通して10ピンタップが多かったですが、なんとか対応することもできプラスアベで終わることができました

とまぁこういう感じだと気分良く投げれたと言うことになりますが、実はそうではありませんでした
6ゲームのパックでしたが、早々に切り上げて帰った訳ですから…。

原因は、4ゲーム目の途中から隣に入ってきた若者の集団(12?3人いました)。
これは酷いと言う次元ではありませんでしたね。
騒ぐとかマナーが悪いとか言う問題を飛び越えていました。
ピンセットの途中で投げるわ、ボールをサッカーのスローインのようにして投げるわ、店員に絡むわ…。
こんな状態では、横にいる我々がボウリングになりません。

身なりや格好を見ていると中高生風でした。
大阪府の条例では18歳未満は22時以降、ボウリング場への出入りは禁止されているはずです。
センターもこのような行為は、器物破損や営業妨害にも繋がるので、警察へ通報すれば良いのですが…。

こういった若者たちの将来が心配です。
良いことと悪いことの区別を、我々大人が示しをつけなければならないのですが、如何せん直接注意しようものなら
逆切れされるのがオチですからね。
有り余ったエネルギーを違う方向へ、向けられないものでしょうか??

投げ友達がポツリと言いました。
「もうこのセンターで投げるのは止めよう。お前もこんな所ホームするのは辞めとけ」…と。
確かに、こんな状態が続くとボウラーが離れてしまっても仕方が無いと思います。
レジャーとスポーツ、マナーとルール。ボウリングはこういった意味でも難しいですね。

レンコンの変化と対処の拙さ

今日は休みでしたので、朝からサブホームへ練習に行ってきました
ヨーロピアンスタートだった昨日とは打って変わり、フロアには私一人だけ絵文字名を入力してください
まさに穴場です。

1ゲーム目をウォーミングアップに当て、2ゲーム目からスコアを意識しての投球開始
今日は「ボウリング番長」も行いました。

AVE:209.8 ST:55.0 SP:32.0 OP:14.0


今日は「MaxZone」で5枚目を真っ直ぐ転がせば、良い感じでポケットへ入っていってくれました
少々の内ミスはOKでしたが、逆に外ミスは戻りきってくれなかったので注意が必要注意書き

最初はノーミスゲームで気分良く打てたのですが、2ゲーム目に落とし穴が待っていました。
8ピンミススタート(8ピンよくミスります泣き顔)から、スプリット2回、2-4-8ミスの合計4オープンで炎上
相変わらず、安定感の無いボウリングを展開していますソ猝ヨ

その後はミスはあるものの無難に打つことができました。
4ゲーム目のスプリットは、調子良く打てていただけに悔やまれます。 (←内ミスによるものでした)

安定感が無いながらもトータルプラスで終えることができ、番長対戦も4勝1敗とまずまずでした



このところプラスアベを続けることができているので、意気揚々と午後からホームの競技会参戦

今日は「MaxZone」が先発。
練習ボールでライン探りをしたのですが、どうもシックリ来なかったため、急遽「NXT DIMENSION」に変更。

結果です

AVE:191.8 ST:31.3 SP:57.5 OP:12.5 18位/37人 
100113_2.jpg
※競技会ではハンデ8を加算。

いやぁ、ダメでしたねぇ。
1ゲーム目こそ、まずまず上手く打つことができましたが、2ゲーム目からレーンが急に遅くなり
対応が遅れてしまいました
なんとか4thで盛り返したのですが、その後のスプリットと10フレのミスが響いてしまいました

なんとか状況を打破しようと3ゲーム目から「MaxZone」にボールチェンジしましたが、今度は10ピンタップの山
微調整が全く利きませんでしたase  ノーミスながら、ストライクを連ねられず193ピン止まり。

ここまでハンデ込みで+19ピン。他の方たちも苦戦中なのかベスト10圏内。最終ゲーム次第で入賞もありえます。
そこで最終ゲームは、ボールを「NXT DIMENSION」に戻し勝負に出ましたが…全くの裏目驚く
食い込みが強すぎ制御できずじまい、スコアも172ピンと大きく落としてしまいました落ち込み

レーンが遅くなった時の対処法と、10ピンタップが続いた時の対処法の未熟さが浮き彫りになりました浮き輪
レンコンを読む事は非常に大事ですが、それに対して「どうしなければならないのか?」という対処法も
しっかり身に付けていかなければなりませんね…(反省アップロードファイル

安定性が無さ杉

3rdホームへ練習とレッスンに行ってきました

カウンターで受付をしていると、「今日はレーンいっぱいなので、1レーンでお願いします」とのことガビーン

(おいおい、平日の朝からなんでいっぱいやねん・・・)
と思いつつレーンフロアに上がると、真ん中20レーンほどがメンテナンス中でした絵文字名を入力してください
仕方なく1レーンで投げ始めウォーミングアップ。
そして5フレまで進んだところで、レーンが空いたのでBOX移動。
そしてウォーミングアップの続きを行い、2ゲーム目からスコアを意識しての投球開始

AVE:206.6 ST:51.7 SP:38.0 OP:10.0


メンテしたてということで、外5枚目を真っ直ぐ投げると良い感じでした。
最初のゲームはノーミス達成かと思いきや、10フレで2?10汗;
素直に1本取っとけばジャスト200のところを、妙に意識してしまいノータッチで199ピン。
次のゲームもピリッとしない結果で、181ピン-

ここで「MaxZone」から「NXT DIMENSION」へボールチェンジ。
すると、あらあら良い感じ。薄めに入りながらもパタパタと倒れるストライクが出始めてくれましたグッ

こうなると、かなり助かります。プラス・プラスと来て、最終ゲーム。
2フレでイージミス。3フレ良い感じのストライク。そして迎えた4フレで、やってしまいました。
久々の「」。今年もジャイアンツは強そうですジャビット
その後1スプリットで193ピンでしたが、5ゲームトータル、プラスで終了できました

そしてこの後、プロレッスンへ。
中野プロやレッスン参加の方々と年始のご挨拶。そしてパソコンの話などの雑談に花を咲かせた後、レッスン開始。

フリー投球で投げ始めて、すぐに感じました。「ま、曲がらない…」と
5枚目より外も使ってみたのですが、ヘッドまで帰ってくれません。また内10枚目位ではフック仕切れずじまい。
フォームやタイミングは、プロからも合格印をいただきましたが、如何せんラインが掴めません

こうなってくると、悪い癖がひょっこりひょっこり顔を出してきます。
「曲げなアカン…」と意識し過ぎると、総じて曲がらないものなんですよね。
そうしていると、プロから「もっとしなやかに投げましょう…」とのアドバイス。(鉄腕龍田)

こんな調子でスコアをつけての1ゲームを行いましたが、140ピン位でしたか…絵文字名を入力してください
完全にスイング、狂ってました。

とまぁ、こんな感じで苦手なレーンに当たると一気にスコアを落としてしまい、スイングまで狂ってしまいます。
まだまだ安定性を追求して、しっかり精進しなければならないと痛感した次第でした。

ノリで投げる

新年初めて投げ友達と練習会に行ってきました
センターは、練習会で良く使う隣県のTボウル。ハイスコレーンが多いセンターです。

投げ友達は3週間ぶりのボウリングながらも、前回このセンターで230アベの大打ち驚く
行きの車の中で散々褒め称えていたのですが、投げ友達は「ノリで投げているだけやから…」との応え。
(だから“ノリ”って何やねん

まずは、結果からです

AVE:225.4 ST:63.3 SP:32.0 OP:6.0


ハイスコレーンに助けられて、気持ち良く投げることができました。
内ミスは危なっかしいですが、外ミスはしっかり帰ってきてくれましたので、安心投球
なんか怖いくらいストライクが量産できてしまいました。
きっと後で反動が来ることでしょう…絵文字名を入力してください

投げ友達は、珍しく苦戦。
彼曰く、「ボールの軌道と回転を見ていると、10ピンが残りそうな気がして仕方がない」とのこと。
私には「言ってることが、サッパリわからない」と伝えると、
「俺のボウリングはノリで投げているから、イメージが狂うと全然あかんねん…」
(全然わかりません汗

私が見た限りでは、いつもの彼らしいスイングとタイミング。そしてボールの回転も申し分なし。
ただライン取りが悪く、内ミスが多かったように見えていました

そのことを投げ友達に伝えると、「内ミスはわかってるんやけど、思った所に投げられへんねん」
そして「コントロール重視で行くと、置きに行ってしまって回転が悪くなる」とのこと。

これまで投げ友達のことを「ネ申」と思っていたのですが、結構同じ事で悩むんやなぁ…と感じました。
しかしそんな彼も、最終ゲームは“ノッてきた”ようで、240台のビッグゲーム。
なんやかんや言っても、最後には打ってくるのでした汗

しかし今回は100ピン以上の差をつけて、私の勝利 
まぁタマには勝たせてください…

さて私の内容は、自分でもビックリする位の安定感でした絵文字名を入力してください
だいたいロースコアを最低1回は叩き出すのですが、この日はしっかりと投げきることができたのです。
投げ友達も「迷いが無い投球」と言ってくれ、「そういう状態を“ノッている”って言うねん」とのこと。
(だから、もう少し具体的に言えっちゅーのソ猝ヨ

自分自身の感覚としては少々の外ミスがOKということで、スパットを広く使うことができました。
そのためか、落ち着いて力み無くノビノビと投げられたように思いますのんびり
ちょっと嬉しかったのは、3ゲーム連続のノーミス達成

さて当面の課題である「安定感」ですが、「この調子なら…」と思いたいものの
難しいレンコンに当たると、今回のようにノビノビとは投げるのは100%不可能でしょう汗;
やはり如何にレンコンを把握し、「対話しながら投げる」「仲良くする」「チョロまかす」ことができるのか
まだまだ精進が必要です。

初投げ&初参戦

サブホームへ、初投げに行ってきました

昨年末のマラソン以来の投球となりましたが、
「マラソン時の良い感覚を再現して、安定感を追求していく」のが当面の目標です。

いつものように、1ゲーム目は感覚を確かめながらの投球。
2ゲーム目からはスコアを意識しての投球開始

AVE:195.2 ST:45.0 SP:32.0 OP:20.0


いきなり大きい所が打てたので、自分が「上手くなった?音譜」と大きく勘違いしたのですが…
この後のゲームで、すぐにこれが「勘違い」だったことが判明してしまいます汗;
(もう少し維持しなさい)
急にコントロールが付かなくなり、外へ内へとミスばかり。
特にカバー時にミスをすることが多く、オープンフレームを量産。親指が上手く抜けないんですよね
こういう展開になると、投球リズムまで悪くなる負の連鎖。
納得のいくゲームは最初のゲームだけでした

帰りの車の中で1人反省会。悪かったと思われる点は…
 ・コントロールを重視しすぎて、小手先の投球。
 ・ボールを前に出せていなかった。
 ・人差し指を意識しすぎたかな?

ひとしきり反省した後、午後からホームの競技会へ初参戦してきました

練習ボールでは午前中の練習の反省点を踏まえ、なるべく前にボールを運ぶことに集中しながらのライン探り。
14枚目から8枚目へのラインが良さそうで、16枚目から10枚目へのラインを保険としました。

結果です

AVE:215.8 ST:54.2 SP:37.5 OP:10.0 優勝
100106_2.jpg
※競技会ではハンデ8を加算。

なんとなんと、優勝することができました  これは新年から、幸先が良いかも…。

ダブルスタートを切れたものの、その後はダッチマンぺース。10ピンが飛んでくれません。
痺れを切らし半枚スタンスをずらした時に、内ミスしてしまいスプリット絵文字名を入力してください
そしてこれを取り返すことができず、1ゲーム目は197ピン。でも、まずまずのスタート。

2ゲーム目もダブルスタート。しかし3フレで内ミスによるスプリットフンッ2
そして次のフレームでイージーミス。これをやってはいけません
ここで気持ちの切り替え。ちょっとベンチに座ってリフレッシュ (←吸いませんが…)
すると中盤にターキーが来て、このゲームはなんとかプラス。

3ゲーム目、2フレ・3フレと厚めに入り4番残り。
ここで8枚目へのラインをあきらめ、保険にとっておいた10枚目へのラインに変更。 (←結局、これが成功
4フレから5thをもって来れ、このゲームは237ピンとプラス加算。

ハンデをプラスして、ここでトップに立ちました。
あまり意識しすぎると最終ゲームを落としてしまう、いつものパターンase
しかし力が入ってしまうのが、人情でしょうか?絵文字名を入力してください

こうして迎えた最終ゲーム。
やはりと言いましょうか…いきなり内ミスでスプリットスタートでしたガビーン
ダブルで盛り返すことができたのですが、その後4連続で9本カウント。
ここで気持ちを切らさずに、スペアで繋げたのが大きかったです。
そして、8フレからオールウェイすることができ、このゲームも225ピンとプラス加算グッ

競技会で優勝なんて、いつ振りでしょうか…。
昨年は優勝なんて縁が無い状態でしたから、2年ぶりかな?汗
初参戦で初優勝することができるなんて、なんか今年の運を全部使ったような気もします絵文字名を入力してください

ともあれ、今夜のビールは美味しかったですよ

12月の成績

 12月の成績 
  @ゲーム数:71ゲーム(+9)
  @ハイゲーム:279
  @ローゲーム:142
  @アベレージ:196.7(+17.7)
  @ストライク:43.9%(+13.4)
  @スペア:35.6%
  @オープン:18.9%(?3.0)
  @プラスゲーム:32回
  @ノーミスゲーム:10回

               ※カッコ内は先月比

アベレージが一気に190台中盤
ドンヨリと厚い雲に覆われていた11月とは、エライ違いです。
「何がどう変わった?」と問われれば、やはり「ボールの指への乗せ方」なんでしょうかね…(自問自答)
親指を抜くのは自分で意識してできないですが、親指が自然に抜けた後にフィンガーに乗る。
上手く言えないのですが、ずーーーっと長い間求めいていた感覚に、やっと巡り会えたと言いましょうか?アップロードファイル

しかしまだまだ投げ方(スイング)が固まっておらず、「あれ、どうやって投げてたっけ?」と
ゲーム中に思うこともしばしばあります。
まずは、ここが大きな課題として捉えており、1月の課題は「良いスイングで固める」こととなります。
そのためには毎月書いていますが、「タイミング」と「スムーズな重心移動」が重要となってきます。

このことを踏まえて、2010年のスタートを切りたいと思います。(ちなみに今年は本厄ですase

帰阪

新年、明けましておめでとうございますF☆Cultivation・門松
今年もよろしくお願いしたします

正月正月 鏡餅 正月正月 鏡餅 正月正月 鏡餅 正月正月 鏡餅 正月正月 鏡餅 正月正月 鏡餅 正月正月 鏡餅 正月正月 鏡餅 

年は明けましたが、年末に埼玉で投げた結果の記事になります。

東京に住んでいる妹が出産したため、今年は家族全員、東京でお正月を迎えることになっていました。
そこで、関東のブロガーさんに「一緒に投げませんか?」とたずねてみた所、
30日に埼玉の富士ボウルで、のぶたさんラウンジさん寡丹生さんとマラソン大会に出場することになりました。
そして、その前日(29日)にラウンジさんとマラソン大会に向けての練習も行いました。

まずは、29日のラウンジさんとの練習結果から…

AVE:195.3 ST:48.6 SP:16.7 OP:28.3


場所は、Round1草加店。ハイスコレーンで有名な所です。
「ボウリング番長」の上位ランカーに草加店の方が多いことからも、ハイスコレーンが窺えます。
案の定、ラウンジさんは250台を含む素晴らしいスコアで、裕々のプラスアベ
私の方はと言いますと、1ゲーム目から割りまくってしまいロースコアスタート汗;
左右のレーンのレンコンの違いに全く合わせることができませんでした。この辺りが弱いところなんですよね。
以降、持ち直したかと思うと、凡ミスや投げミスのオンパレードで、200UPするゲームもありましたが
内容的には誉められた物ではありませんでした。
まだまだ安定感が無い投球が露呈してしまい、30日に向けて一抹の不安が残りました


そして明くる日、マラソン大会の結果です…

AVE:202.3 ST:47.2 SP:37.5 OP:15.8
091230.jpg

12ゲームの間に、本当にいろいろなドラマがありました

前日にセミパを出された寡丹生さん。この日も絶好調らしく、素晴らしい投球を見せていただきました。
特に11ゲーム目の「あわやパーフェクト!?」の投球は圧巻でした。

また堅実かつ抜群の安定感を見せてくださいましたラウンジさん。12ゲーム中、ほとんどがプラスで
流石の投球内容でした。レンコンを読み、オイルに逆らわない投球術は私に最も足りない所です。

最上位にランクインされた、のぶたさん。こちらもほとんどがプラスゲームを出されており、ローさえなければ
優勝されていたかもしれません。アドレス時の構えは、師匠の中島政江プロにそっくりだったのが印象的でした。

私の方は…
出入りの激しいボウリングでしたが、何よりもプラスアベで終われた事が最高に嬉しかったです
もうそれに尽きます。
途中、セミパも叩き出せました。これには自分でもビックリでした
全体的な内容については、決して誉められた物ではありませんが、変わり行くレンコンを感じることができたのと
今後の課題をしっかり理解できたことだけで十分です
何よりも4人全員がプラスで終了できたこと。これ、最高でしたよね拍手 パチパチ

終了後、センターのお姉さんに「また来年も来てください」と声を掛けられ、苦笑い汗
でもアットホームで、すごく雰囲気の良いセンターでした

一緒に投げてくださった皆さん、楽しいボウリングができましたね。ありがとうございました。
特に送迎までしていただいたラウンジさん、本当にありがとうございました。
また、いつの日か一緒に投げましょうボーリング