2009年12月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出発

1年間、ボウリングを通じて仲良くしてくださった方々、またこのブログを通じて温かいコメントを下さった皆様

本当にありがとうございました

2009年は、私にとって本当に「しんどい」1年間でした。

しかしその分、これまでとは全く違う観点が備わったように思います。(ホンマかいな?)

来年は、もうちょっと上手くなれると嬉しいなぁ…jumee☆beg1Ljumee☆beg1R

さぁ、これから東上の途につきます

今年の投げ納め、頑張ってきます
スポンサーサイト

先入観

土曜日のことになりますが、mixiコミュニティで入れてもらっている「SBA月例会」に参加してきました
これで今年の関西での投げ納めとなるために、少しでも良い点数を打ちたいところでしたが…汗

受付を済ませて練習投球されている方を後ろで見ていると、何やら苦笑いを連発されています。
ふとスコアモニターを見ると、実力者の方が信じられないスコア驚く
話を聞いていると、全然曲がらない「超早」ということらしい…。

早いとなるとボールチョイスは「NXT DIMENSION」。
練習投球では、5枚目に立ちクロスに放り込むラインを探りました。
この先入感が、あとでとんでもない結果を引き起こしてしまいます。
(っていうか、オイルを感じるのが鈍感過ぎということなんですが汗

まずは結果から

AVE:171.5 ST:35.4 SP:40.0 OP:27.5

※SBAハンデ16を加算。

練習では確かにオイルが長いようだったので立位置5枚目から7枚目へのクロス投球。外ミスは厳禁
1ゲーム目の1フレから、オイルのことを考えすぎていきなりのカバーミス。3フレ内ミス、スプリット
とにかく正確なコントロールが要求されるレーンでした (と感じました)。
10フレもミスり、1ゲーム目は162ピンase

2ゲーム目、コントロールばかり気にしてしまいスプリットの連続。
後で気付いたのですが、この段階でオイルに変化が現れていたのだと思います。
練習ボールからの先入観からそれに気付かず、1ゲーム目と同じラインに乗せようとしての逆効果。未熟すぎます
このゲーム5スプリットで、150ピンと撃沈落ち込み

2ゲーム目のパンチアウト位から、ようやくレーンの変化に気付き始め立位置を内に移動。
しかしこれまでコントロールばかり気にしすぎてしまったためか、腕が振り切れていません
なんとか振り切ろうとすると、今度は力が入ってしまい逆効果
それでもなんとか1イージーミスにとどめ193ピン。

4ゲーム目、左のレーンはなんとか攻略できてきたのかストライクが出てくれましたが
右のレーンに手こずりました…っていうか、最後まで攻略できず絵文字名を入力してください
こんな状態ですからダブルこともできず、1ミスで181ピン。

私にとっては、難しいレーンでした。
しかもオイルの変化を感じようともせずに、ムキになって同じ所へ置きに行っているようでは話になりません
こういう展開になってくると良い感覚での投球には程遠く、あちこちに力が入った投球になっていたことでしょう。
それが証拠に投げ終わった後、親指の付け根と肘に痛みを感じてしまいましたガビーン
「最近調子が上向きかなぁ…」と自己満足していたのですが、見事にメッキが剥がされた感じですね。
と言う訳で、散々な結果の関西最終戦でした泣き顔
(今年の最後にふさわしい結果だったのかも?)


------------------ 私信 ------------------

優勝は、中野プロレッスンでご一緒していただいている「Hさん」でした。おめでとうございます
リアルで勝利の美酒を満喫されたとのこと
さぞかし美味しかったことと思います。羨ましい?。
あと初めて同BOXだった「M君」。安定したボウリングで「只者ではないなぁ」と思っていたら、やっぱり…。
今年パーフェクト2回のツワモノボウラーでした。凄い!

複雑な思い

金曜日の夜、投げ友達との練習会に行ってきました
投げ友達は、宴会漬けでボウリングは3週間ぶりとのこと
ボウリング場へ向かう車の中でも「俺、今日は久しぶりすぎて、絶対アカンわ…」と弱気発言。

対して私は、なんとなく良い感じになっているものの、まだまだ安定しきれていない状態。
しかし投げ友達の弱気発言が何度も繰り返されるので、「今日は、コイツに勝てるかも…」とちょっとした期待感

と、こんな感じで投げてきた結果です。

AVE:214.6 ST:55.0 SP:26.0 OP:16.0


10月の終わりに、このセンターのハイスコレーンを体験しましたが、それに勝るとも劣らないハイスコ状態。
外ミスさえ気をつければ、2?3枚の内ミスでもポケットに自動的に運ばれていくような感じでした
ということで、私には珍しくストライクを量産。
凡ミスも多かったですが、5ゲーム全てプラスゲームでトータルアベ214と、とても満足の行く結果でした

が・・・
投げ友達は手を付けられないくらい凄かった・・・ase
1ゲーム目こそ160台でしたが、2ゲーム目が250台、3ゲーム目も250台、4ゲーム目に至っては260台と
大爆発   トータルアベは231でした。
「お前、やっぱり天才やわ…」と声を掛けると「ボウリングはノリやで」との答え。
(ノリって、何やねん

帰りの車の中で、「これまで悩んでたことが、なんとなく判ったような気がするねん…」と話してみると
投げ友達は「俺、その悩みっていうのが、わからん」とアッサリ応えてくれます汗;

そりゃまぁ…ボウリングを始めた当初から、誰に教わらなくてもフィンガーに上手くボールを乗せれた奴には
できない人の悩みをいくら話しても理解できんわなぁ…
しかも3週間ぶりに投げて、230アベを目の前で見せられた日にゃあ…
「俺の練習はいったい何?」と思ってしまいます-

投げ友達との実力の差を大いに感じつつも、プラスアベだったから良しとするか…
と複雑な思いが交錯した練習会でしたボーリング

気持ちの余裕

今日は休みだったので、3rdホームへ練習とレッスンに行ってきました

3rdホームはオイルが比較的長い傾向なので、前回の練習では「NXT DIMENSION」を使いましたが、
今回は「MaxZone」を選択しました。
MaxZoneもオイリー対応のボールですが、ボールの新しさからかNXT DIMENSIONの方が曲がり幅が大きいです。
と言っても、曲がり方が全然違うので単純比較はできないのですが…汗

1ゲーム目で感触を確かめ、2ゲーム目からはスコアを意識しての投球開始

AVE:206.0 ST:46.7 SP:42.0 OP:10.0


やはり今日もオイルが長く、5枚目を真っ直ぐ通しではノーヘッド汗
なので立ち位置5枚目から6?7枚目辺りへややクロス気味に投球しました。
クロスでの狙いなので、幅があまりなく外ミスすると薄めHit、内ミスすると真ん中気味という展開
しかし今日は要所要所でストライクを続けることができ、「ちょいプラス」と「ちょいマイナス」の連続でした。
これまでMaxZoneで全く対応することができなかったことを振り返れば、大きな収穫です

絵文字名を入力してください 今回の気をつけたポイント 絵文字名を入力してください
 ・全体的なリズム
 ・肘を動かさない(回さない)で、最後まで真っ直ぐしなやかに振る
 ・身体を突っ込みすぎない(上体を寝かしすぎない)
 の3点でした。

最終ゲームはプラスアベを期待して、NXT DIMENSIONを投入。6?7枚目を真っ直ぐ通すと良い感じでした。
このボールはしっかりと走りドライゾーンで大きく動いてくれるので、投げていてもとても気持ちが良いです
途中7-10スプリットを出してしまいましたが、8フレからオールウェイグッ
気分良く終わることができました

午後からはプロレッスン。
午前中のワンポイントレッスンを通じて、中野プロからは「大体できているから、あとはスイングとリズムに気をつけて」
と大変嬉しい言葉をいただきましたかおもじぃ
思えばこの1年、中野プロから色々な指摘と指導をいただきました。
その色々な事柄が、(なんとなく)頭に残っていて、「あぁ…あの時のことは、こういうことだったのか…」と
今になって振り返ることができます。
(あくまで頭に残っているのであり、身体に沁み付いていないところがポイントです指

レッスンでのフリー投球では、わいわいガヤガヤ…本当に楽しいメンバーさん達とのボウリング。
中野プロとの雑談を交え、「笑顔いっぱい」「笑い声が絶えない」「気持ちに余裕のある」ボウリングでしたにっこり

私自身、本当に今年1年間「楽しいボウリングとは何ぞや?」をテーマにやってきて、
そしてこのテーマに何度も押しつぶされてしまいました
しかし「ちょっとしたキッカケ」でボウリングの内容がガラリと変わり、
だんだんと気持ちに余裕が出てきたような気がします(まだ2週間ばかりですが…)。

この気持ちの余裕をこれからもずっと持ち続け、次のステップへ移って行きたいものですネ…おじぞうさん

雲の切れ間

昨日に引き続き練習に行ってきました
今日は仕事が休みだったので、投げ放題6G×2パックをガッツリ投げてきました。
向かったセンターは、いつもレッスンを受けているサードホームです。
最近はオイルが長めに入っているので苦戦していたのですが…。

長いオイル対応として、NXT DIMENSIONを選択。
1ゲーム目は良い感じをイメージしながら、ノーカウント投球。しかし昨日もそうでしたが最初から外ミスが多発
人差し指のグリップが甘いのか、それともボールの持ち方が悪いのか、悩みながらの投球でした
ボールの動きはいつもより曲がりが出てくれていたのですが、これはレンコンのせいなのか、ボールのせいなのか
はたまた投げ方の??

2ゲーム目からスコアを意識しての投球開始

AVE:205.4 ST:46.2 SP:39.1 OP:13.6


序盤は1ゲーム目からの流れで外ミスノーヘッドor薄めHitの傾向でした。
(特に今日は、2-4-5-7-8残りが多発
人差し指のグリップやボールの持ち方等チェックしましたが、改善しませんでした

絵文字名を入力してください ポイント 絵文字名を入力してください
 後で気付いたのですが、どうやらこの外ミスは「スイング」によるもののような気がします。
 外ミスする時はスイングの途中で、肘関節が変に動いていたように思いました。
 肘関節が動くとコントロールが付かず、かつボールの動きも悪くなりがちでした。

2ゲーム目からは、立位置6枚目からスパット5枚目狙い。
今日はこの狙い目が正解だったようで、ストライクが出だしてくれました
また肘関節を真っ直ぐ出すことにより、フィンガーへボールの乗りも良かったように思います。
こうなると少々の投げミスでもなんとかなるもので、中盤は200UPがホイホイと出てくれますグッ

終盤、流石に疲れてきて、握力が落ちているのも自分で判かりましたバイバイ
9・10Gと170台を叩いてしまい意気消沈落ち込み
最終ゲームも「今日は、よー練習した。もうしんどいから、ササっと投げてお昼ごはん」と思った矢先…
なんかストライクが連発し始めます 驚く
でも「昨日、5thの後でミス連発したよなぁ・・・」と超マイナス思考。
しかし、あれよあれよと8発まで続きました絵文字名を入力してください
こうなると色気が出て来てしまう訳で・・・と思った途端の9Fで、あえなく(必然的に?)ストップ
それでもビックリのビッグゲーム。260台なんて何年ぶりのことやろうか??

なんとなく1つのスタイルが見えてきたかもしれません。厚い雲に少し切れ間ができたような感じですくもり
しかし今日はレンコンに助けられた要素も大きいと思います。
まだまだ不安要素満載の投球内容ですが、良い方向で安定したいので、まだまだ精進が必要です頑張るぞ。おーっ。

一触即発

先週の練習と競技会で不安定ながらも、なんとなく思い描いたボールを投げることができました。
(正確には、できたようなつもり…です汗;
そういう時は投球を確かめるべく、毎日でも投げに行きたいというのが人情というもの。

が、しかし…

あれから1週間空いてしまいました。
本当は金曜日に投げ友達との練習会の予定でしたが、投げ友達が「忘年会」に誘われてキャンセル。
「ほんだら、替わりに日曜日の晩にでも投げに行かへんか?」と誘ってみたものの、
「次の日仕事やから、勘弁してくれ」とのこと
まぁ投げ友達は私ほどボウリングに熱が入っていないので、無理に誘ってもなかなか乗ってくれません。
(せやのに投げ友達の方が上手いって、どういうこと?

前置きが長くなりました絵文字名を入力してください
今日は夜勤のみのシフトだったので、朝からようやくサブへ練習に行くことができました

1ゲーム目は、前回の感覚を確認するためノーカウントで投げてみました。
最初は外ミスばかり…。人差指がうまく使えていない証拠です。
そして良いボールが行ったかと思うと、次の投球ではダメの繰り返し。なかなか安定しません

「うーん」と頭をひねりながら、2ゲーム目からはスコア入れての投球です。

AVE:193.0 ST:43.3 SP:34.0 OP:22.0


投球の不安定さが、顕著に現れていますね。
上手く投げることができた時はストライクが続き、逆にダメな時は大抵薄めHitかノーヘッド。
見事な傾向です。
ダメな時のパターンは、だいたい外ミスか若しくは身体が外を向いてしまうものでした。
そしてボールが戻り切らずに「薄めorノーヘッド」絵文字名を入力してください

最終ゲームは頭から5連発を持ってくることができ、頭の中で「ヨシヨシ、久々の連発」と思っていた矢先に
6Fでノーヘッドでしたからね。
そして動揺して、お約束の10ピンミス絵文字名を入力してください
こうなると頭の中が真っ白になり、5thを出しながらもマイナスゲーム。
「なにやっとんじゃ」って感じです。

こんな感じで今日の練習は、良い・悪いがまさに「 一触即発 」モードでした。
できれば、良いイメージだけが身についてもらいたいと願いますおねがい

その為にまずは「構えの形」が大事だと感じています。
なるべく手の平全体で持ちたいのですが、物理的に無理なのでどう工夫するか…。
また人差指を活かすために、ボールの重心をどこに置くのが良いのか?  等など、もう少し自分なりに研究が必要なようです三角フラスコ

11月の成績

被布 11月の成績 被布
  @ゲーム数:62ゲーム
  @ハイゲーム:248
  @ローゲーム:106
  @アベレージ:179.0
  @ストライク:30.5
  @スペア:47.1
  @オープン:21.9
  @プラスゲーム:12
  @ノーミスゲーム:5

アベレージは170台涙
悩み抜いていた夏頃に逆戻りです。理由は…もう言いません絵文字名を入力してください
でも1つだけ本当に理解できたことがありました。今まで間違っていたのは「スイング」なんです。
これからは「スイング」の仕方に集中してみようと思っています。

もちろん良いスイングをするには、「タイミング」と「スムーズな重心移動」が重要となってきます。
このことを踏まえて、有終の美を飾れればなぁ・・・と思っていますボーリング

しかし、なんともお粗末な成績でしたase

何度もリセット

前回の続きです。
練習で「ボールをフィンガーへの乗せ方・方向」などをチェックした後、競技会に参戦してきました
練習で感じることができたものを反復できるかが鍵ですkey

「NXT DIMENSION」を先発させる予定でしたが、練習投球でなんとフィンガーグリップが抜けてしまいました絵文字名を入力してください
(投げ終わった後、中指にグリップが入ったままにボールがレーン上を進んでいく光景…忘れられません絵文字名を入力してください
ということで、急遽「MaxZone」が先発…

まずは結果です。

AVE:198.8 ST:50.0 SP:25.0 OP:20.0 8位/40人

※競技会ではハンデ8を加算。

ダブルでスタートできた1ゲーム目でしたが、「フィンガーに乗せる練習」を反復することができませんでした
よって自分の中で不安感が増し、案の定3フレで薄めを突くスプリット。5フレ大きく内ミス、6フレまた薄め。
こうなると焦り始めたわけですが、これではいけないと思い、練習で感じたことを頭の中を整理し直しました
こんな状況で1ゲーム目が終わり、167ピンと大きくマイナススタートでした。

2ゲーム目、先ほどのゲームの終盤から整理がついてきたのか、ほぼ思い通りのボールが投げることができました
内ミスした3フレを除き、あとは10ピンタップ2回のみ。良い感じです。
しかし10フレでまた薄め。力が入ったのか、リリースが不安定なのか…
このゲームは222ピンと、借金を減らすことができました。

3ゲーム目、先ほどのゲームの10フレで不安感を持ったものの、もう1度頭の中をリセットレトロなコントローラー
序盤をまずまずの展開で乗り切りましたが、中盤連続スプリット。1つはカバーできましたが、もう1つはオープン。
しかし10フレでなんとかダブルことができ、204ピンとちょいプラス。

4ゲーム目、プラスアベまでマイナス5ピン。
ここをなんとか持って来たいと考えていたところ、幸先良くターキースタートグッ
しかし好事魔が多く、4フレでイージーミス・5フレでスプリット。脆さが目立ちますase
ここでもう1度練習で感じたことを思い出しながら頭の中をリセットし、6フレからターキーで盛り返しきた
そして9フレのスペアで、プラスアベを確信したのですが…
10フレで何故か投げ急いでしまい、嫌な感じの3-10スプリット。カバーしなければ、プラスアベはお預け…。
(外すに決まってるやん…

今回は競技会ではありましたが、午前練習の延長線のような感じで投げてしまいました。
まだまだ不安定な投球…特にフィンガーから滑り落ちるような感覚のときは決まって、
「縦回転&曲がりが少なくポケットより薄め」という結果になりました。
これは人差し指のグリップが足りないのか、それとも身体全体のリズムが悪いのか??
しかし「割と良い感じやなぁ…」と思う投球もあったので、このイメージで安定させることが今の課題だと認識しています。

練習と解析

月曜日から今日(水曜日)まで、毎日ガッツリ投げてきました。
「投げられる時は、しっかり投げる」がモチーフです汗;
たくさん記事があるのですが全ては書ききれませんので、箇条書きに…(手抜き?)

 ?プロレッスンにてオイルの切れ目を間近で見学させてもらう
 ?「NXT DIMENSION」と「MaxZone」で、ドリルの仕方が違うので「MaxZone」をプラグしてもらう
 ?SBA練習会、アイスマッチで敗北
 ?プラグしたての「MaxZone」で、サムの皮がめくれる
 ?中野プロにボールの持ち方からリリース・フォロースルーに至るまでの手の動きを、しつこく質問する
 ?中野プロに教わった方法で、リリースの感覚を確認
 ?ホームの競技会に参加

とまぁ盛り沢山なんですが、まずは?について。
レッスンが終わってプロと雑談に花を咲かせていたのですが、ふと思い立って、
ボールを構えた時からフォロースルーに至るまでの手の向き、重心の位置を質問してみましたjumee☆question1

(やはりオーバーターンに対して、モヤモヤしたままにしたくないんですよね汗

プロは「サムが抜けてからは、どれだけターンしようが構いませんよ」と言われましたが
「それでも、どうしても納得したいみたいやね」と笑いながら身体を張って(?)教えてくださいました。
ポイントは…指
 ・人差し指にボールの重みを感じる。
 ・内ミスするのはサムが抜けていない、外ミスは人差し指でグリップできていない。
 ・フィンガーの横じゃなく、中心にボールを乗せる。
 ・ターンする(ボールの上面)のではなく、ボールの下にフィンガーを入れて前に押し出す。
こう書くといつもレッスンで習っている通りなのですが、構え・プッシュアウェーからリリース・フォロースルーまで
プロにボールを抱えいただき、丁寧に教えてもらいました

そして?の練習です。
プロに教わったとおり、人差し指でしっかりグリップするように試みるのですが、なかなかコントロールが付きません
あまつさえ、サムが抜けにくくフィンガーへボールが乗っているように感じない始末絵文字名を入力してください
無理やりボールの下にフィンガーを持ってくるようにすると、ボールの重みは感じるのですが
ボールがフィンガーから滑り落ちるような感じでした。
またまたパラドックスになってしまい、頭から湯気が…トーマス

試行錯誤しながら投げ続けていたのですが、偶然、「あぁ?これかもしれない」という投球ができました
これは本当に文章では表現しづらいのですが…
あえて書くなら 「サムが10時」なんですよね…汗
人差し指でグリップするのは同じですが、サムが10時を向くことによってボールの進行方向とは別に
ボールに回転を与えてあげられるというか…。
これによりサイドローテーションがかかり、しっかりしたフックボールになると言いましょうか…。

(あんた、今頃何言ってるの?  と沢山の方の声が聞こえてきそうですase

私がずーっとやってきたスタイルは、手の平を回すことによりボールに回転を与えること。
メカテクを装着していたことにより(ドリルの方法に因るところも大きいと思いますが)、サムが抜けやすく
手を回しながらも10時の方向でリリースしてきていたのでしょう。その後はお決まりの手の甲が後ろ向きソ猝ヨ

そのスタイルからメカテクを外すこととなり、フィンガーへ乗せることの重要性を教わったのですが、
フィンガーへの乗せ方がどうもわからない。
一時期「これだ!グッ」っていうのもありましたが、またすぐ「振り出しに戻る」でした落ち込み

フィンガーに乗せるための試行錯誤。しかし、こればかりにこだわっていてはボウリングが成り立たない。
(この話は、前回のコメント欄でも議論がありました)

しかしこの疑問の答えが、ひょっとしたら「サム10時」で導き出せるかもしれません絵文字名を入力してください
(大体この「10時」ってのがクセモノで、「どこを基準に10時やねん!」って疑問がありました。今もあります。)

今日の練習から、1つ仮説を立ててみました。それは…
これまでフィンガーをボールの下に入れることに意識を置いていたので、バックスイングで方向が変わり
ひょっとするとリリース時は「サム12時」だったかもしれません。
と考えると、ボールがフィンガーから滑り台のように滑り落ちたり、慣性の法則から少しでも右にモーメントが掛かると
思ってもみない外ミスしたり、無理にフィンガーへ掛けると腕の振りから内ミスとなるのも納得です。
そして、たまたま「サムが10時位」で上手く抜けたときに限り、良いフックボールが投げられていたのかもしれません。
(そりゃ、再現性ないわなぁ…)

これらは私の勝手な仮説ですが、要は「良いフックボールを何度も再現できること」が当面の目標です。
今日上手くいったからと言って、次も同じように投げられるとは限りません。(今までがそうでした)
しかし、ボウリングを続けていく上で「これだけは!」というものを、早く掴みたいものです。

※大変長くなってしまいました。競技会参戦の様子は次回記事にします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。