2009年05月の記事 (1/1)

レイ!?

昨日は朝から12ゲーム、シッカリ練習してきたところでしたが、
夜は夜で投げ友達からお誘いがかかり、またまた投げに行ってきました
都合、17ゲーム。我ながら「元気」だと思います。
(いや、投げれる時にしっかり投げとかなアカンね)

AVE:193.8 ST:41.7 SP:42.0 OP:16.0


投げ初めてまもなくするとレーンに幅が感じられ、「こりゃいける?」と思いつつ、10フレでつまずく。
3ゲーム目以降は幅も無くなってしまったようで、徐々にストライクが減少傾向。
如何にレーンに助けられていたと言うことがよく分かるスコアですね

朝の練習と同じテーマで投げたのですが、なんとなく「脱力」ができた投球もあれば
投げた後に「あ?今のは、あかんなぁ・・・」というのの繰り返しでした。
まだまだ投球に安定性が無いので、投げ込んでいかなければなりませんね。


---------- 番外編 ----------
この日行ったセンターで近々、姫路プロのチャレンジマッチが開催されるみたいです。
至るところにポスターが貼ってありました。
そのポスターを見て、投げ友達が一言・・・
「ヒメジレイって、有名なんか??」
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

あんた、そんだけボウリングやってて、麗プロも知らんのかい!

2ラウンドの練習

全然上達の兆しが無いままですが、とにかく練習しなければ何も始まりませんので
サブホームで、しっかり投げてきました。
今日は「投げ放題×2」です。

AVE:188.4 ST:36.1 SP:44.2 OP:16.7


今日、気をつけて投げたことは 
 ・プッシュアウェーで腕を捻らずに、真っ直ぐ、シッカリ振り出すこと
 ・重心移動をスムーズにするために、踵を上げてスタートすること
 ・脱力(?)

もちろん、「ボウリング番長」もやりました。 (←練習に専念せえよ! 笑)
2ゲーム目から始めたのですが、結局1番スコアが出たのは、練習投球に当てた1G目落ち込み
それでも今日は、7勝4敗と3つ貯金できました。

相変わらずなかなかストライクを続けることができませんでしたが、極端なローは1回のみ。
しかし、相変わらず不用意なスペアミスが大杉です。
スプリットは仕方が無いとしても、1ピン残りは確実に取らなければいけません

さて、ずーーーと 課題となっている脱力ですが、
今日もなかなか「コレだ!」というのは掴めませんでした。
「力を抜く」のでは無く、如何に「ボールを軽く感じる」ことができるか・・・なんですけどね。

長い坂道。ゆっくり上っていくとしましょう。

(↑ 気が短いくせに、よー言うわ絵文字名を入力してください

悔し泣き

2週続けて月曜日に休みが取れたので、遠い方のR1へレッスンを受けに行ってきました
ボウリングは、1週間ぶりです。
(先週、ちょっと内容が酷かったので、リセットできれば良いのですが・・・)

レッスン開始して、すぐに指摘を受けたのは・・・

 ?重心移動が疎かになっている

これは、今年の2月のレッスンで教えてもらったことなのですが、時が経つにつれ
悪い意味で「慣れっこ」になっていたようです。
重心移動に気をつけて投げてみると、これがまた良いボールが走ってくれること

しばらくすると・・・

 ?前屈みになっている

サムの抜けが早すぎて、ボールを落とし気味になっていたのは、これが原因だったようです。
リリース時は胸を張ることにより、これまた良いボールを投げることができました

そして今日1番の勉強になった事項

 ?プッシュアウェーから腕を捻ってしまっている

これは無意識のうちにしていたのですが、真っ直ぐ正面向けてプッシュアウェーをすることにより
ボールの動きが全然変わります。
「曲げたい!」という一心の思いから、腕が捻れてしまっていたのでしょうね。反省です

この他「アドレス時の重心の置き方」や「投球始動時に踵を上げる」等、指導していただきました。

最後に1番厄介なのが・・・

 ?色んなこと考えすぎて、体に力が入りすぎ

「あれもしなくてはならない」 「これもしなくてはならない」と思い、身体にはどうしても力が入ります。
何投かに一投、スムーズに身体が運ぶことができ、強いボールを投げれたのですが
なかなか続けることができません。(と言うか、全く・・・落ち込み
ただ、良い時の感触というのを、「自分なりに理解できたことが収穫」とプロは言ってくれました。


この後ホームへ戻り、競技会に参加してきました。(最近のパターン)
結果は・・・

AVE:180.5 ST:35.4 SP:40.0 OP:20.0

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ3を加算。
※あまりのショックのため、順位確認せず。

全然ダメでした。
レッスンの内容を思い出し、反復練習のつもりでトライしてみるのですが
リリースが安定してくれませんでした泣き顔
サムが早く抜けすぎるため落とし気味に投げてしまい、それを修復しようとすると内ミス。
そういうことですから、ストライクが全く続いてくれませんでした。
最後の最後までプラスを持ってくることができずに、最後は悔しくて涙が出そうになりました
(マジです)
呆然としたまま、順位も確認せずに帰宅しました。

ダメですね?(笑)
全く結果が出てくれませんよ。
こんなに一生懸命やってるのに、なんでかなぁ。
言ってはいけない言葉を、何度も何度も、自問自答してしまいます
「この辺が限界??」ってね

マスク事情

新型インフルエンザが取り沙汰されて、4日。

「ついに関東でも感染者が出た!」と臨時ニュースまで出る始末。

こちら関西では、学生が休みなので通勤電車が空いていること!


巷のドラッグストアーは、マスクの売り切れが続出しているようで(インフル景気?)、

なかなか手に入れることができません (私も買いに行ってみましたが・・・

(オークションでは、25,000円の値がついたとか、つかないとか?? マジで?)

そのためか今日の街中は、マスクをしている人が「ちょっと減ったかな?」って感じ。

しかし各企業、銀行窓口、スーパーなど、店員はマスクして完全防御。

(そらまぁ、神戸のキ○スクなんか店員が罹っただけで、2?3日閉店やもんなぁ・・・)

恐らく各企業のルートを四方八方尽くして、手に入れられたのでしょう。(ご苦労様です)



ご多分に漏れず、うちの職場でも火曜日に「マスク着用令」が出され、

私も今日は朝からマスクを着け、接客応対をしていたところです。


しかーし

お昼になると、なんと「マスク禁止令」が発令されました

回ってきた回覧の内容はと言うと・・・

 ・仕事中は基本的にマスクを外すこと
 ・体調が悪い、熱がある、咳が出る等の症状がある人は、速やかに帰宅すること
 ・上記症状があり、やむを得ず仕事を続けなければならない時に限り、マスクを着用すること

すぐさま思いましたよ 「はぁ? なんじゃこれ?」って。

で、ちょっと情報を収集してみると、水曜日に窓口でちょっとしたトラブルがあったことが発覚。

どうやら、お客さんが

「俺らはマスクを手に入れることができへんのに、お前らだけしてるのはおかしい」

と長時間ゴンタを張ったらしい・・・。 (「ゴンタ張る」 ってわかりますか??)

まぁ、こんな意味不明の文句を言う人って、どこにでもいますなぁ。

でも、言う方も言う方なら、それで「マスクを外して窓口に出ろ」と命令するうちの職場も職場。

もう、訳の判らんことだらけですわ。。

こりゃあかん、マジで新型に罹るで・・・ (労災なんか出んわなぁ・・・)

厳しい展開

リリースの改造を始めて約3週間が経ち、先週ようやく良い感触で投げることができました。
(自分で思っているだけ?)
しかし、1ゲームに1回か2回あるかどうか?・・・という状況なので
今日は朝から遠い方のR1へ、プロレッスンを受けに行ってきました。

レッスンでは、中野プロから「今日は、どこを重点にみますか?」と尋ねられたので、
先週のレッスンからの経緯と自分なりに良いリリースができたことを報告した上で、
取り組み中のリリースを中心に診てもらうように、伝えました。

そしてフリー投球で投げ始めると、自分でもビックリする位、スムーズなリリースができ
面白いようにストライクが出てくれました
プロも後ろで見て「重心移動もスムーズ」と誉めてくださいました!

・・・と、良かったのはここまで。
フリー投球終盤から、それまでしっかり曲がってくれていた軌道でしたが、
急に曲がりが小さくなり、ノーヘッドとなることがしばしばase
オイルが延びた? と思ったのですが、そうではなさそうです。

するとプロからアドバイスが・・・
「身体に力が入ってるよ。それとオーバーターン。さっきは、あんなにうまく投げれていたのに・・・。」

自分では全然意識していないのですが、カチカチになって投げていたようです。
また曲がりが出なくなったことで、無意識のうちにオーバーターンしてしまっています。
はぁ・・・全く進歩しませんねぇ・・・泣き顔


昼からはホームでの競技会に参戦。
今日のレッスンから、脱力とオーバーターンをしないよう十分注意するのが目標でした。

まずは結果から

AVE:180.5 ST:37.5 SP:37.5 OP:25.0 54位/67人

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ3を加算。

全然あきませんでした。
1ゲーム目から課題を克服すべくチャレンジしたのですが、ノーコン状態がーん
1投目はポケットに運べない、2投目はカバーミス。もうボロボロでした

しかし2ゲーム目、急に投球に張りが出てきます。
手の平(人差し指の付け根)で押すことを意識してリリースすると、コントロールバッチリで
しかもシッカリ走って、ポケットに突き刺さってくれました。最終的に1フレのミスが悔やまれましたが
235ピンと、マイナスをほぼ取り戻せました。

しかし、3ゲーム以降はまた元通りに戻ってしまいました
脱力するため、いろいろ工夫してみるのですが、全部ダメ。
スプリットとイージーミスで撃沈でした。

このように良い時と悪い時が、常に背中合わせの状態です。
自分では特に何も変えていないつもりなんですが、全然違うのでしょうね・・・。
これからも厳しい展開が予想されそうです


---番外編---
インフルエンザが大阪で猛威を振るい始めました。
府内の中学・高校は今日から休校となり、
橋本知事はテレビで「生徒のみなさんは、自宅待機してください」と呼びかけていました。
しかし実際は、ボウリング場には大勢の高校生の姿が・・・
これじゃあ、休校の意味が全く無いやん。。
推測ですが、こうして街中に出かけている高校生に保菌者がたくさん居るんやろうな・・・。

「また大阪か」と言われそうですが、現実はこんなもんです。
日本全国に広がるのは、時間の問題かと思います。

おまけに明日から大阪府下の小学校も一斉休校となりました。
うちは共働きなので、小学一年生の娘・・・どうする??
今週はボウリングどころではなくなってしまいました

3回目の参戦

SBAの月例会に行ってきました

リリースの抜本的改造中なので、玉砕覚悟で挑んだのですが・・・・

案の定、玉砕してきました汗;

AVE:180.3 ST:29.2 SP:47.5 OP:22.5


まぁ散々の結果でしたが、収穫もありました
数少ないのですが、リリース時の感覚がとても良かったことです。
これまでとは全く違う回転軸をボールに与えることができ、しっかりと先で動いてくれました。
これは本当に驚きでした。

しかしまだまだ、オーバーターンしてしまうことがチラホラと顔をのぞかせてしまい、
内ミスすることも多々ありましたが、その修正はこれからの課題にしようと思っています。

発展途上?

今日は練習とレッスンのため、R1中環店へ行ってきました
先日ドリルしてもらった「ブラックウィドーVENOM」の取り扱い(?)と、
バックアップになってしまうリリースの解明が今日の目的でした。

まずはレッスンの前に、投げ放題6ゲーム。
1ゲーム目からメインボールのMaxZoneを投入し、リリースの確認。
しかし前回からリリースを弄っているからか、全くシックリ来ません
変に「押そう」という意識が働き、ボールの回転や軌道が定まらず、コントロールもバラバラ

2ゲーム目の途中に、中野プロが1ポイントレッスンで廻ってきてくれました。
さっそくプロに、ボール購入の経緯やドリラーの方からいただいたアドバイス、
そして自分なりに実践してみての感想、さらに今の状態・・・と矢継ぎ早にぶつけてみました。

それに対してプロの回答は、「力の入れすぎ」「重心の移動」「スムーズなスイングライン」と
これまで教えていただいた基本時事項と、今回の私の疑問とを照らし合わせながら
教えてくださいました。
また、ボールクロスを目標に向かって投げるオプション(?)まで一緒にしていただき、
「どうすればスムーズに目標を捉えることができるのか?」ということを実践してくださいました。

またバックアップボールに関しては、私自身もうすうす感じてはいたのですが
ボールの下へフィンガーを入れることばかり集中し、サムの方向2時でリリースしてたのです。
(これはちょっと恥ずかしい現実

プロからアドバイスをもらい、「とにかくスムーズに投げる」そして「指標として人差し指を使う」
ことに集中して練習再開。
今回ドリルしてもらったブラックウィドーVENOMは、恐ろしくサムの抜けが良くなっています。
抜けすぎのため、手前で落としてしまうことも多々ありました
これまでとは違う感覚、そしてリリース方法も自然に任せようと意識しているので(何か文が変)
投球もマチマチのまま、練習終了。

(と言いながらも、番長は3勝1敗で2つの貯金

この後、レッスンに参加。
内容はワンポイントアドバイスと同じで、やはりスムーズなスイングが課題となりました。
状況としては練習の時と同じで、サムの抜けとリリースのポイントが一定でないため
大変苦労しながらの投球となりました。
プロは「悪いところを、しっかり見せてくれた方が良い」と言ってくださり
私も悪いところをしっかり認識することができました・・・。

(いや、できたでしょう・・・)
(いや、できたと思う・・・)
(いや、多分できたのかと・・・        謎)


とにかく今は「発展途上」という気持ちで、しっかりと前を見据えて、
ボールを前に転がして行きたいと思っています。

理解力不足

前回の記事の中でも触れましたが、自分の理解力不足が情けない?

と言うのは、今日、ボウリングマガジンの6月号が届いていました

先月号から非常に興味深いと思っていました「レッシュ4スタンス理論」。

みなさんは、やってみはりましたか?(関西弁?)

先月号で自分なりにタイプ判定をしてみると「A2タイプ」と判定されました。

6月号では、その続きが読めると思い早速目を通してみると、どうやら今月もタイプの判定の記事。

嫁さんに手伝ってもらい、タイプの判定をしてみると・・・

なんと今月は「B1タイプ」になってしまいました



         前回と全く逆やん・・・



う?ん、これも読解力不足なんですかね・・・

なんか、落ち込むわぁ落ち込み

リリース

面白い動画を発見しました。
今日、たまたま某サイトの掲示板を見ていると、某動画サイトでリリースのスローモーションの
動画が貼ってありました。(「某」ばっかりですみません汗

http://www.youtube.com/watch?v=LOINRpWGrlw

まぁ一般公開なんで、大丈夫でしょう。

この動画を見る限りでは、やはりボールの下にフィンガーが入っていると言うのはありませんね。
私の場合、無理にボールの下へフィンガーを持っていっていたので
「バックアップボール」になるのは必然ですね。
アドバイスに対する理解度の低さが、悩ましいです

あと高回転になるにつれ、フィンガーの引っ掛かりが強いですね(まぁ、当たり前ですけど・・・)。
手首の回し方も、それぞれの特徴が出ていると思います。

さて、この動画を見て、自分はどのタイプになるのが一番良いのか・・・。
前記事の「手を握った状態」が良いのか、はたまた、みなさんがコメントしてくださったことを参考に
それぞれのスタイルを研究するのが良いのか・・・。

実は仕事が忙しく全然投げに行けていないので、答えどころか試すこともできていません
(昨日なんて、朝6時に招集が掛かりましたよ

来週末は、月例会が予定されています。こんな悠長にしていていいのか?俺?

スタートに戻る

話はかなり前後するのですが、4月の末にボールを1つ購入しました。
「ブラックウィドーVENOM」ですクモ

ちょっとした経緯がありまして、とあるプロショップにお邪魔することになり、
投球を見ていただくことに・・・
そして中古ボールを格安でドリルしてもらいました。


                          (中古とは思えないくらいピカピカ

その時のドリラーさんからアドバイスいただいたのが・・・
 1.ボールを投げ終わったら、手は握った状態にすること
 2.リリース時は、ボールの下にフィンガーを入れること
の2点でした。

ドリルしてもらった日は、時間の都合で投げることができなかったのですが、
次の日に投げ友達との定例練習会で、「VENOMデビュー」をしました

投げてみると、しっかり走ってくれます!
いや、走りすぎて奥での曲がりがほとんどありません汗
(もともとVENOMは走るボールのようで、しかもしっかりとポリッシュされているので、当たり前?)

慣らし運転で体も温まってきたので、ドリラーさんからアドバイスいただいたことの実践に入りました。
まずは、「ボールを投げ終わったら、手は握った状態にすること 」の実践です。

確かにこの投げ方をすると、フィンガーへボールの重みがズッシリと掛かります。
その為か、ボールへ与えられる回転数もこれまでとは驚くほど違いがありました。
でも・・・
フィンガーへ掛かる負担は相当なもので、第1間接がすぐに悲鳴を上げましたがーん
人によって感じ方は様々と思いましたが、これ程までのものなのか??
疑問点が残ります

次にアドバイス戴いた2つめの項目、「リリース時は、ボールの下にフィンガーを入れること」を実践。
意識して、リリース時まで手を回さないようにしてボールの下へ・・・
すると、ボールはバックアップの軌道を描き、最後にちょこっとフックしました。
いわば「逆S字」とでも言いましょうか汗;
投げ方が変だったのかと思い、2度・3度とやってみますが、同じような軌道・・・

そういえば、去年から今年の初めにかけて色々試していた頃、バックアップボールになる
という現象で悩んでいたことを思い出しました。
これどうしても解消できなかったので、あきらめて元のリリースに戻したという経緯です。

うーん、これって「スタートに戻る」的なパターンですよね。
でも今までのリリースでは、走りすぎてしまう傾向にありますしね・・・。

また、悩み多き日々の始まりのような匂いがします

2週連続

一昨日、投げ友達との練習会から帰ってきて、お風呂に入っていると・・・お風呂
嫁さんが私の携帯電話を持ってきて 「メールきてるよ?」とのこと。
(風呂まで、持ってこんでも・・・汗;

「こんな時間に誰かいな?」と見てみると、なんとCOVERさんからのボウリングのお誘い!
夜に、しかも家の近くのセンターで、kitappeさんと投げましょう? とのこと

ということで、2週連続でB1南大阪支部(?)のプチオフ会に参加してきました
会名は「河内のおっさんにいやんの集い(kitappe氏命名)」です(笑)

ここのボウリング場…階段でボールカートを 「えっこらさ」 と運ばなければならないので、
今回は気合を入れ、1個入れのバッグにセルを搭載して挑みました
お陰で、楽々と階段を克服音譜

1ゲーム目は練習ということでラインを探ったのですが・・・157ピン
なんか妙に外が早い。

2ゲーム目はジュースマッチ。
終盤まで接戦でしたが、私の「ど真ん中ストライク」が見事に決まり、ジュース“ゲッツ”

で、私のボウリングはここまでase
最後の最後までレーンに翻弄されてしまい、のまま6ゲーム終了?。
このあと2回やりましたジュースマッチは、2回とも“コーラ”を放出。
ちょっと1つのラインにこだわりすぎたかな??(反省)

kitappeさんとは1年ぶりでしょうか?昨年のオフ会と同じく素晴らしい投球を見せていただきました
(投球がブレないんですよ・・・。)
COVERさんとは1週間ぶりでしょうか?勢いのあるボールをポッケにポンポン放り込まれたのが圧巻でした。
(月1ボウラーとは思えない位の良いボウリングでした

そんなこんなで、2週連続のプチオフ会が終了。
みなさんと、ものすごく家が近いことも判明。
(全員の家を1周しても1時間以内…ってか空いていれば30分も可能?)
これからも、プチオフ会が楽しみですにっこり