競技会の記事 (1/62)

懲りない皮算用

土曜日は、アローM原の「おはようボウリング」に参加してきました

9月に入り新しいレンコンです↓
2016-09renkon.jpg

しかし48フィートって、相変わらずこのセンターは、早いコンディションが好きですね。

まずは結果から

AVE:214.5 ST:47.9 SP:37.5 OP:10.0 7位/31人

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ7を加算。

48フィートということで、迷わず「サファイヤジャッカル」が先発です。
練習投球は、自ずと外から外から…。
しかし3枚目を通しても、ヘッドピンに薄く当たるのが精一杯で、なかなかポケットに運べません
(「サファイヤジャッカル」も、へたってきているかな
こうなると、クロスで内側に入れる方針となり、ゲームスタート。

1ゲーム目、5-7や2-8、1-2-4-10と薄めに入ると、ことごとく嫌な残り方になりました
しかし、まぐれにも全てスペアすることができ、我慢我慢のボウリングで194ピン。

2ゲーム目、ボールを「プライマルレイジ」にチェンジ。それが功を奏したのかストライクが出てくれました
4thとダブルで233ピン。借金を一気に返済できました。

3ゲーム目、1フレオープンの後、4thで取り戻すことができたのですが、その後10ピン残り・厚めを繰り返し。
10フレで、とうとう割ってしまいました。これが痛かったですが、なんとか200ピンジャスト。

4ゲーム目、3フレの失投を除いては、良い感じの投球を続けることができました
ただ続けば続くほど欲が出てしまい、9フレで失投&スペアミス。完全に自滅です
どうも「このまま続けば、入賞&ハイゲームが貰える」と思ったのが間違いでした。
いつもながらの皮算用。反省です

これまではロングオイルと言えば「サファイヤジャッカル」でしたが、今回は昔のような曲がりが出てくれませんでした。
現在の使ったゲーム数は370ゲーム位。まだもう少し使いたいところです。
とりあえず表面をアブラロンしてみます

チキンは続く

日曜日は、ボウリングでよくご一緒いただいている「パジャマさん」が主催されている
「5656(ごろごろ)会」に参加しました

まずは結果です

AVE:222.5 ST:56.3 SP:35.0 OP:7.5 8位/23人

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ-31を加算。

前回とても気持ち良く投げれたため、今回は驚愕の「-31」ハンデを頂戴いたしました
(※この会は、180ピンが基準となっています)

センターに到着して雑談をしていると…
「龍田さんの入るBOXは、タイプの違う2人がヨーロピアンで投げて荒らしておきましたからw」という
あまり有り難くない情報をキャッチしました

そして練習投球。
恐らく荒れていないであろう外側を中心に投げましたが、あと1ピンが飛ばない状況
「スタンスをずらして、どないかするしかないか」というところで、練習終了。

1ゲーム目、いきなり内ミスで大きく割ってしまいました。その後もイージーミスをしてしまう悪い流れ。
7フレからダブルが来たものの、10フレノーヘッドでダメダメなボウリング。168ピン。
ハンデを考えると絶望的なスタートです

2ゲーム目、1ゲーム目の反省点からスタンスを少しだけ内側へ。
すると、パタパタと倒れるラッキーなストライクが多いながらも、後半まで続いてくれました
昨日の土曜日、○尾アローでは8フレまで続きながら、9フレで割ってしまった苦い経験をしただけに
今回は気合で9フレをストライク!
しかし久しぶりのナインコールで、ビビってしまい…
10フレ1投目は中途半端なスイングで6本カウント ←チキンたる由縁です
3投目が完ぺきなストライクだっただけに、勿体ない。276ピン。

その後は若干遅くなっていったものの、あと1ピンが飛ぶか飛ばないかという感じで
スイスイ投げることができました
結果、4ゲームで900ピンには少し届かなかったものの、満足のいくものとなりました。 ←マイナスハンデは置いといて…

そして、主催者さんのお心遣いで出していただいている「ハイゲーム賞」
今回もゲットさせていただきました
2016-08-28 17 10 31

昨日は8フレ迄、今回は9フレ迄繋ぐことができました。
次は10フレ1投目迄でしょうか・・・。
パーフェクトは暫く出せていませんので、久しぶりに出したいものですね

ショートフック

土曜日は、アローM原の「おはようボウリング大会」に参加してきました

まずは結果です

AVE:182.8 ST:37.5 SP:32.5 OP:22.5 順位確認せず

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ12を加算。

スコアが示す通り、全く対応することができませんでした
(今回の記事は、いつもと違って、ゲームの進行は追いません)

練習ボールは最近好調の「プライマルレイジ」を選択。
中はビクとも動かないため、自ずと外へと追いやられることに…
結局、5枚目より外を通しても、ヘッドピンに当たらなかったため、ボールを「サファイヤ・ジャッカル」にチェンジ。
しかしサファイヤ・ジャッカルに変えて、5枚目より外を投げても3番直撃になる始末

こうなると、ヘッドピンに当てるためにはクロスで狙うしか方法が思いつかないため
結局ボールを「プライマルレイジ」に戻し、ゲームスタート。

ゲームがスタートしてストライクはポツポツ来るものの、かなりのコントロール精度が要求され
ゲーム展開は四苦八苦でした
とにかくフックイングポイントが掴めないため、ほぼ直線的にヘッドピンを狙っている感覚でした

そして2ゲーム目。
同じBOXのYさんがパーフェクトを達成されました
Yさんのラインは、7枚目から外に出し戻し。
私がサファイヤ・ジャッカルで5枚目より外を真っすぐ通しても、ヘッドピンにすら当たらないのに対し
Yさんは茶色のネクサス(ヒカリ系)で、外から出し戻してのパーフェクト。
この曲がりの違いは、一体何なんでしょう…
Yさんは、メカテクを付けられているものの、私と同じストローカー。グリグリ回している感じではありません。

そういえば先日、ABBFでお世話になっているAさんに、「龍田さんはショートフックだから…」と
声をかけられました。
ショートフックはショートフックの良いところもあるので、悲観することはないのですが
如何せん、ロングオイルのコンディションに当たると、たちまち苦戦することになります

サムの抜けや回転軸が要因なんでしょうか?
はたまた、あまりこういったことは意識すべきではないのでしょうか?
疑問が残った週末でした。

低めの完成度

土曜日は年に数回当たる「日直」のため、全く投げることができませんでした
なので日曜日は、早朝練習からスタート。
いつもの中環店で14ゲーム
Cパターンとのことでしたが、5枚目付近で何とか対応できたため、気持ちよく練習できました

お昼からは、八尾へ移動して競技会に参戦です

結果です

AVE:194.5 ST:39.6 SP:50.0 OP:12.5 6位/29人

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ4を加算。

練習ボールでは「プライマルレイジ」を選択。
内から外へと探っていくのですが、どうもアンバランスな感じでした
とにかくプライマルレイジでは、キレが大きすぎるため「アルティメットニルバーナ」にチェンジ。
しかしボールを変えても狙いが定まらないまま、ゲームスタート

1ゲーム目、幸先よくストライクスタートでしたが、この後が全く続きません。
特に左右のレンコンが大きく違い(←練習ボールで気づくべき)、対応に四苦八苦
2つオープンしてしまいましたが、10フレパンチアウトで、なんとか179で留まりました。

2ゲーム目、偶数レーンは何となく攻め口(7枚目真っすぐ)が掴めたうえ、奇数レーンもラッキーが続き
中盤に4thがきました。また、終盤にもラッキーなダブルが来て、このゲームは234ピン
一気にプラスに転じました

3ゲーム目、偶数レーンは先ほどからのラインでストライクが出てくれるのですが、
奇数レーンが、かなり遅くなってしまい全く対応が追いつきませんでした
なのでストライクが全く続けることができず、2つのスプリットを出してしまい186ピン。

4ゲーム目、何とかトータルプラスにできるよう目論んだのですが…。
奇数レーンは、かなり遅くなってしまい、もはや対応不能状態。また合っていた偶数レーンも変化が始まり
ストライクがパッタリ来なくなりました。こうなるとプラスどころではありません
スペアで繋ぐべきところも、繋ぐことができず、179ピンでフィニッシュでした。

いやぁ難儀なレーンでした。左右で全く違う上に、変化が早すぎでした。
他のBOXの方も苦労されていたようで、結局私の順位はマイナスフィニッシュだったのですが
6位でした。このセンターは7位表彰があるので、完全な抜けロクでしたが
マイナスなので、まぁ仕方ないところでしょう

午前中の練習では、しっかり自分の投球ができたのですが、午後の競技会で難しいレンコンに当たると
まったくフォームまでギクシャクしてしまいました。
まだまだ完成度が低い証拠。これは練習あるのみですね

滑り込み出場権獲得

隔週日曜開催のプライベート競技会「HFC」に参加してきました

結果です

AVE:229.2 ST:56.7 SP:34.0 OP:8.0 優勝/43人

※点数はスクラッチ。競技会ではハンデ1を加算。

レーンとボールがバッチリ合ってくれ、優勝することができました
(最近はバッチリ合えば打てますが、そうでない時はボロボロ…
ボールは「プライマルレイジ」を選択。練習投球では、中にオイルがしっかり入っていることを確認。
5枚目真っすぐが良さそうな感じで、ゲームスタート。

1ゲーム目、プライマルレイジが軽快に走って、鋭いキレを見せてくれました
途中4フレのジャスト8が痛かったですが、ストライクを量産。
2つ向こうのBOXのSさんとのハイゲーム(候補)争いとなり、10フレ1投目で途切れた私の負けでしたが
このゲームは248ピンと絶好の好スタートを切れました

2ゲーム目、10ピンが全く飛ばなくなりました。途中でダブルが来たものの、その後も10ピンが残り
また7-10まで出してしまい、全くわからなくなってしまいました
189ピン。

3ゲーム目、先ほどのゲームで全く10ピン対処ができず、さらに1フレも10ピン
ここでしっかり頭を働かせ、伸びたオイルのさらに外を走らせることを選択。
するとまた、ストライクが連続して来てくれました。ハムボーン2回で257ピン。
1ゲーム目でSさんが出したハイゲーム(候補)も抜くことができました

4ゲーム目、奇数レーンは同じ方針のままでしたが、どうも偶数レーンが怪しくなりはじめ
2フレで10ピン(ミス)、4フレで厚め。
ここで、中のオイルを使ってクロス気味のラインを引くとストライクになってくれました
これで中盤から6thを出すことができ、このゲームは236ピン。

ここまでくると、やはり優勝を意識してしまいます。周りではハンデが厚いKさんとほぼ同ピンとの情報。
またハイゲーム争いをしたSさんも2マークほどの差だったため、気が許せない状況でした。

5ゲーム目、先ほどクロス気味に替えた偶数レーンでスプリット。10フレ2投目で伏線があっただけに残念
また奇数レーンも厚めに入りだしたので、ここでまたラインの引き直し。今度は内側へのラインへ。
これがまた功を奏し、3フレからターキー
6フレの7ピンミスは痛かったですが、9フレからオールウェイで気持ち良く終了することができました。216ピン。

所々ミスがあったものの、オイルの変化にも対応することができました。
またハイゲーム争い等、わくわくする展開もあり、とても楽しくボウリングすることができました
この優勝で、再来週行われるチャンピオン大会の出場権を獲得
1ゲーム勝負ですが、是非とも手に入れたいタイトルです。
(竹原三貴Pと山田幸Pのチャレンジと重なってしまいましたが、こちら優先します