FC2ブログ

投げ友の記事 (3/14)

勝てません

投げ友達と定例の練習会に行ってきました

いつもは隣県のTボウルへ行くのですが、この日は私が夜勤に当たったため、投げ友達にお迎えに来てもらいました。
ここで行き先が問題となります。
私が夜勤の時のパターンは、私のホームへ行くのが定番だったのですが
最近の夜のホームは若者たちでいっぱい。
しかもマナーとかルールとか関係の無い、いわゆる「無茶をする行為」が目立つので、
落ち着いてボウリングをする環境ではありません
(ボールをサッカーのスローインで投げていたのを見た時には、ひっくり返りそうになりました

そこで行ってきたのは、サブホーム
私たちがレーンに入ったときは、ハウスボウラーばかりでしたが
ホームの若者ほど無茶をする人はいないようだったので、一安心

前置きが長くなりました。投げてきた結果です

AVE:196.3 ST:50.0 SP:31.7 OP:16.7


この日は、前回の練習で肘がスイング中に回っていたことを念頭に入れて、肘の使い方に専念
あまり幅を取れないラインを使いながらも序盤は191、222とプラスペース
しかし3ゲーム目から、内ミス・外ミスともに酷くなりはじめ、ストライクは出るもののスコアメイクができません

このミスの原因は「力み」であることに気付いたのは6ゲーム目。 (←いつまで経っても進歩が無い)
肘を真っ直ぐ前へ出すことに集中しすぎたのか、スイング全体に力が入っていたようです。
力みが入るとボールの回転・勢い・曲がり全てに影響が出てしまい、内ミスにも繋がります。
(要は、サムが抜けないってことネ
もっとこう、「ゆったり」「フワっと」投げる習慣を常に身に着けていたいものです

さて投げ友達はと言うと、「普段投げていないセンターやから感覚がわからへん」と言いながら、
2ゲーム目までの合計300ピン。
投げ友達にしてはローゲームばかりを打っているな…と思った矢先、どうやら雰囲気に慣れてきたのか
240台、250台と連発
最初のマイナス100ピンも最終的にはプラスまで持ってこられ、トータル負け
彼には絶対勝てません。

ここまでの腕を持っている彼ですが、何故か競技会等には全く出ようとしません。月20ゲームで十分だそうです。
なおかつ、「俺はそんなに上手くないから・・・」って言います。
トータルプラス&240?250台連発で、「上手くない」って言われた日にゃ…。どう思います?
(25年来の付き合いなので、「遠慮」とか「謙遜」は抜きの話ですよ)

彼の言うことをまともに受け止めていたら、一生懸命練習しても勝てない自分に腹が立ちますね

原因は何か?

先週の金曜日、投げ友達が「次は飲み会が入るかもしれない・・・」と言っていたので
昨日の定例練習会はスキップの予定だったのですが、
投げ友達からの「今日はいけるで」(原文のまま)とのことで、2週間ぶりにTボウルで投げてきました。
(投げ友達の予定に振り回されている自分が、少し嫌になります

毎度のことながら、負けた結果(スコアシート)からです

AVE:193.0 ST:51.7 SP:24.0 OP:22.0


投げ始めはポンポンとストライクが取れ、いつものハイスコレーンを想定しました。
投げ友達もストライクを重ね、「パーフェクトが出るかも」と大きいことを言い出しました
しかしこの後に連続2回もイージーミスをしてしまい、パーフェクトどころではありません
でもまぁ、前半の貯金が効いて210UP。まずまずの滑り出しです。

と、良かったのはココまで

2ゲーム目に入り、突然、レーンの様相が変化してしまいます。
左のレーンはオイルが延びてしまったのか薄目を付くようになり、
また右のレーンは遅くなってきたのか、厚めへボールが集まりだしました
2-4-5スペアミス、そしてビッグ4。極めつけは7-10の連荘。これではスコアメイクができません

3ゲーム目、厚めに入っていた右側のレーンはスタンスアジャストでなんとか調整ができたのですが
左レーンはどうしても曲がりが少なく、ワッシャー、バケット、2-4-5の繰り返し
また2投目にオイルの厚い所を通してしまい、曲がりが得られずスペアミス。 ←本当に下手くそですね。

4ゲーム目、苦労していた左のレーンも5枚目からややクロスに入れることにより、ようやくポケットへ
頭からフォースが来て、このゲームで巻き返しの予定でしたが…
直後に連続スプリットが来て200ジャストがやっとのこと

最終ゲーム、なんとかマイナスを減らしたい所でしたが、今度は右のレーンが更に遅くなったようで
アジャストに手間取ってしまいました。また左のレーンでやってはいけない外ミス
このゲームもなんとか200UP できたものの、借金返済には至りませんでした

投げ友達は苦労しながらも、なんとかプラスをキープ。
私のように大崩れしなかったところが、勝負の分かれ目だったようです。

帰りの車の中での反省会
投げ友達曰く、「良いときに比べ、フィンガーがボールの下に入ってなかった」とのこと。
確かに薄めに入ったときのボールの威力が無く、バケットや2-4-5を多発していました。
自分の意識の中ではフィンガーへの乗りが弱かったような感覚でしたが、これはどこが悪いのか原因不明

それでも、ストライク率は50%超えを達成しているんですよね。
でも、なんか上手く投げれていない感じが拭いきれません。どこかのタイミングが悪いのでしょうけど・・・
果たしてどこなのか?・・・悩みは尽きません。

色々な反省

投げ友達と2週間ぶりに定例練習会に行ってきました
今回のセンターはハイスコレーンが多いTボウルです。

投げ友達は少々投げない日が続いても、しっかりプラスを打ってくる“ツワモノ”です。
対する私は休みとなればボウリングの練習に費やし、プロレッスンや競技会にも勤しんでいる身です。
何度もこのブログで書いていますが、これがまた勝てない…

ということで、負けた結果です

AVE:190.8 ST:40.0 SP:44.0 OP:18.0


今回はレジャーボウラーさんたくさん投げられていたということで、いつものハイスコレーンと様相が違い
所々にオイルの伸びを感じました。

1ゲーム目の1投目から割ってしまい、その後もパッとしないまま終了。
いわゆる「どこに投げて良いのかわからない」状態でした

2ゲーム目、あれこれ立ち位置を替えたり板目を替えたりしていたら、なんとか7フレからオールウェイ
借金返済です。

3ゲーム目、ダブルからノーミスでつなぎ、なんとかプラス
しかしここで投げ友達は240UPを打ち、簡単に追い抜かれてしまいました

4ゲーム目、レーンが遅くなってきたようでしたが、対応が遅れてしまいました。3スプリットで撃沈

5ゲーム目。隣で投げていた外国人のカップルからジュースマッチを挑まれました
流暢な日本語で気さくに話しかけてきてくれるのですが、私は初対面が大の苦手…。なんとも情けない
投げ友達は人懐っこい性格なので、電話番号の交換までしていました

そしてジュースマッチ開始。

結果は、投げ友達:220ピン(1位)、隣の外国人:193ピン(2位)、私:170ピン(ドベ)

あ?、もう情けないことこの上無しです。
投げ友達は「こういうの挑まれたら気合が入る」とのことでしたが、私はというと初対面の苦手意識と気合の空回り。
まさに「チキン」という呼び名が相応しいですね

帰り際フロントでのこと。
スタッフの兄ちゃんから「僕のチャレンジコンペがあるので良かったら出てください」と営業トークを受けました。
平日でなかなか出ることもできないので適当に断われば良いものを、また余計な一言を言ってしまいました

「3,300円は高いで。いつも出てる他のセンターの競技会は2,000円やもん。」

なんとかコミュニケーションを図ろうとして、言った言葉がコレです。
こんなこと言うから、店員も嫌な顔をするんでしょうね・・・。

ボウリングも自分の性格も、反省しきりの一幕でした。

憂い

金曜日の夜、投げ友達と定例練習会に行ってきました。
この日は私の仕事が遅くに終わったため、いつものTボウルではなく、私のホームへ

BOXに入ると、レーンのオイルはファールラインから1メートル位、剥ぎ取られているような状態で
しかもアプローチは靴の痕だらけ…猫足
たまらず投げ友達が店員に言って、アプローチを掃除してもらいました。

しかしレーンのオイルの剥ぎ取られた所は、どうしようもなくこのまま投げることに…絵文字名を入力してください

まずは結果です

AVE:210.8 ST:50.0 SP:45.0 OP:5.0


レーン状態があまり良さそうでないので、古い方のボールである「MaxZone」を選択。
しかし投げ始めると、若干遅いものの真ん中にはオイルを感じることができ、まずまず良い感じ。
全体を通して10ピンタップが多かったですが、なんとか対応することもできプラスアベで終わることができました

とまぁこういう感じだと気分良く投げれたと言うことになりますが、実はそうではありませんでした
6ゲームのパックでしたが、早々に切り上げて帰った訳ですから…。

原因は、4ゲーム目の途中から隣に入ってきた若者の集団(12?3人いました)。
これは酷いと言う次元ではありませんでしたね。
騒ぐとかマナーが悪いとか言う問題を飛び越えていました。
ピンセットの途中で投げるわ、ボールをサッカーのスローインのようにして投げるわ、店員に絡むわ…。
こんな状態では、横にいる我々がボウリングになりません。

身なりや格好を見ていると中高生風でした。
大阪府の条例では18歳未満は22時以降、ボウリング場への出入りは禁止されているはずです。
センターもこのような行為は、器物破損や営業妨害にも繋がるので、警察へ通報すれば良いのですが…。

こういった若者たちの将来が心配です。
良いことと悪いことの区別を、我々大人が示しをつけなければならないのですが、如何せん直接注意しようものなら
逆切れされるのがオチですからね。
有り余ったエネルギーを違う方向へ、向けられないものでしょうか??

投げ友達がポツリと言いました。
「もうこのセンターで投げるのは止めよう。お前もこんな所ホームするのは辞めとけ」…と。
確かに、こんな状態が続くとボウラーが離れてしまっても仕方が無いと思います。
レジャーとスポーツ、マナーとルール。ボウリングはこういった意味でも難しいですね。

ノリで投げる

新年初めて投げ友達と練習会に行ってきました
センターは、練習会で良く使う隣県のTボウル。ハイスコレーンが多いセンターです。

投げ友達は3週間ぶりのボウリングながらも、前回このセンターで230アベの大打ち驚く
行きの車の中で散々褒め称えていたのですが、投げ友達は「ノリで投げているだけやから…」との応え。
(だから“ノリ”って何やねん

まずは、結果からです

AVE:225.4 ST:63.3 SP:32.0 OP:6.0


ハイスコレーンに助けられて、気持ち良く投げることができました。
内ミスは危なっかしいですが、外ミスはしっかり帰ってきてくれましたので、安心投球
なんか怖いくらいストライクが量産できてしまいました。
きっと後で反動が来ることでしょう…絵文字名を入力してください

投げ友達は、珍しく苦戦。
彼曰く、「ボールの軌道と回転を見ていると、10ピンが残りそうな気がして仕方がない」とのこと。
私には「言ってることが、サッパリわからない」と伝えると、
「俺のボウリングはノリで投げているから、イメージが狂うと全然あかんねん…」
(全然わかりません汗

私が見た限りでは、いつもの彼らしいスイングとタイミング。そしてボールの回転も申し分なし。
ただライン取りが悪く、内ミスが多かったように見えていました

そのことを投げ友達に伝えると、「内ミスはわかってるんやけど、思った所に投げられへんねん」
そして「コントロール重視で行くと、置きに行ってしまって回転が悪くなる」とのこと。

これまで投げ友達のことを「ネ申」と思っていたのですが、結構同じ事で悩むんやなぁ…と感じました。
しかしそんな彼も、最終ゲームは“ノッてきた”ようで、240台のビッグゲーム。
なんやかんや言っても、最後には打ってくるのでした汗

しかし今回は100ピン以上の差をつけて、私の勝利 
まぁタマには勝たせてください…

さて私の内容は、自分でもビックリする位の安定感でした絵文字名を入力してください
だいたいロースコアを最低1回は叩き出すのですが、この日はしっかりと投げきることができたのです。
投げ友達も「迷いが無い投球」と言ってくれ、「そういう状態を“ノッている”って言うねん」とのこと。
(だから、もう少し具体的に言えっちゅーのソ猝ヨ

自分自身の感覚としては少々の外ミスがOKということで、スパットを広く使うことができました。
そのためか、落ち着いて力み無くノビノビと投げられたように思いますのんびり
ちょっと嬉しかったのは、3ゲーム連続のノーミス達成

さて当面の課題である「安定感」ですが、「この調子なら…」と思いたいものの
難しいレンコンに当たると、今回のようにノビノビとは投げるのは100%不可能でしょう汗;
やはり如何にレンコンを把握し、「対話しながら投げる」「仲良くする」「チョロまかす」ことができるのか
まだまだ精進が必要です。